公開ワークショップ「 図書館は #オープンガバメント に貢献できるか?」

http://user.keio.ac.jp/~lis_m/


慶應義塾大学学事振興基金による開催
book

公開ワークショップ

図書館はオープンガバメントに貢献できるか?

ー行政情報提供と行政支援ー

  • 日時:2018年3月25日(日)13時〜16時(開場12時30分)
  • 場所:慶應義塾大学三田キャンパス第1校舎3階131-B教室  https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html  (キャンパスマップの9番の建物)
  • 参加:無料

  • プログラム

    • 基調報告:根本 彰(慶應義塾大学文学部教授)

    • 講演:豊田高広(愛知県田原市図書館長)

    • コメンテータ:伊藤丈晃(東京都小平市企画政策部秘書広報課)

    <休憩>

    • 議論 (休憩時間にご意見を書いていただきます)

  司会:松本直樹(慶應義塾大学文学部准教授)

  • 開催趣旨

オープンガバメント・オープンデータとは、デジタルネットワークを用いて政府機関の透明性を高め、情報やデータを市民に提供して政府機能への参加を推進する考え方である。オープンガバメントはオバマ前米国大統領が就任当初に提唱して話題になった。日本では経済産業省が音頭を取って推進しようとしたが、トランプ政権に代わってからこの用語はあまり使われなくなっている。オープンデータは、政府機関のデータに限らず、さまざまな機関がデータをネットで相互に交換できるようにする考え方であるが、とくに「官民データ活用推進基本法」(平成28年法律第103号)が制定されて、中央政府、地方公共団体が積極的に機関内のデータを公開していく方針が示されている。(参照:政府CIOポータル「オープンデータ」

このワークショップでは、ビッグデータ時代のための使い勝手のよい データの公開推進という立場ではなく、政府・自治体の透明性や行政の効率性を進展させ、市民の政府・自治体への情報アクセスと職員の職務情報へのアクセスを向上させるのに、図書館がもつ資料や情報・データを収集し、蓄積し、提供する機能の再評価が有効であるととらえる立場に立つ。従来から図書館は、地方行政資料を収集してきたし、近年ではボーンデジタルの行政情報を収集しているところも増えている。日野市の市政図書室や鳥取県県庁内図書室を始め、庁内に図書館機能が組み込まれているところもある。また、地方自治法で議会図書室の設置が規定され、庁内に行政資料室が設置されている自治体も少なくない。オープンガバメント、オープンデータ時代において、これらが果たす図書館的機能について考えてみたい。

<想定している参加者>

  • 図書館関係者:地域行政資料担当、課題解決支援担当、レファレンス担当など
  • 自治体関係者:情報システム、広報、情報公開、行政資料室、議会事務局担当者など
  • それ以外:地域情報、行政情報、オープンガバメントに関心をもつ市民の方

<参考文献>

  • 全国公共図書館協議会『公立図書館における地域資料サービスに関する実態調査報告書』2016年度
  • 全国公共図書館協議会『公立図書館における課題解決支援サービスに関する報告書』2015年度
  • 日本図書館協会図書館の自由に関する調査委員会編 『情報公開制度と図書館の自由』 (図書館と自由 第8集) 日本図書館協会, 1987.
  • 片山善博・糸賀雅児『地方自治と図書館:「知の地域づくり」を地方再生の切り札に』勁草書房, 2016.
  • 根本彰『続・情報基盤としての図書館』勁草書房, 2004
  • 根本彰「政府情報の提供体制と図書館:その法的根拠の検討」 『図書館研究シリーズ』 no.37, 2002. p.1-33.
  • 三多摩郷土資料研究会編 『地域資料入門』 日本図書館協会, 1999. (共著)
  • 豊田高広「成熟期にして転換期 : 田原市図書館の実践」『図書館界』vol. 64, no.3, 2012, p. 206-211
  • 竹内比呂也, 豊田高広, 平野雅彦著『図書館はまちの真ん中-静岡市立御幸町図書館の挑戦』 勁草書房 2007
  • 豊田高広「私の「図書館経営学」事始」『現代の図書館』 vol.39, no.2, 2001, p.78-82

  • 問い合わせ:anemoto@keio.jp (根本まで)
  • 本ワークショップは慶應義塾大学学事振興資金にて実施します。

第6回CODHセミナー歴史ビッグデータ〜〜過去の記録の統合解析に向けた古文書データ化の挑戦〜

http://codh.rois.ac.jp/seminar/historical-big-data-20180312/#

テーマ

古文書にはさまざまな過去の情報が記録されています。それらの情報が、地震学、気候学、天文学などの科学研究をはじめ、歴史学以外の分野にも利用されてきました。これらの多種多様なデータを多角的な視点で統合解析することで、自然と人間の連関についての時系列的な分析が進み、新たな知見の創出が期待されます。しかし、古文書からの情報は現代の「ビッグデータ」と違った特性を持つため、それを統合解析に向けてどのように構造化するかが大きな課題となっています。

そのような背景の中、さまざまな分野の研究者より、これまで進められてきた古文書を利用した研究について紹介いただき、今後、「歴史ビッグデータ」をどう活用していくかについて意見交換を行います。

基本情報

日時 2018年3月12日(月) 13:30-18:00(13:00開場)
会場 国立情報学研究所 1208/1210会議室
参加登録 参加費は無料、定員は約80名です。事前登録をお願いします。
言語 講演はすべて日本語です。
主催 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)
研究プロジェクト 若手研究(B)16K16350 日本の歴史天候記録による19世紀前半以降の夏季気温変動の復元(代表:平野淳平)
基盤研究(B)16H03116 19世紀の全国灯台気象観測記録にもとづく天気図と台風経路の復元(代表:財城真寿美)
企画 増田耕一(首都大学東京・客員教授)、庄 建治朗(名古屋工業大学・助教)、平野淳平(帝京大学・講師)、市野美夏(CODH)
プログラム

13:00 開場
13:30-13:45 歴史ビッグデータと歴史的状況記録 北本 朝展(CODH/NII)
13:45-14:15 みんなで翻刻と古地震研究 加納 靖之(京都大学防災研究所)
14:15-14:45 古文書調査と自然現象 吉川 聡(奈良文化財研究所)
14:45-14:55 休憩
14:55-15:25 古文書の気象・災害記録をどう活かすか―仙台・宮城での史料保全をふまえて 佐藤 大介(東北大学災害科学国際研究所)
15:25-15:55 株井戸-気候復元を活用した地下水管理制度の研究― 遠藤 崇浩(大阪府立大学)
15:55-16:25 近世日本の中央市場と気候変動 柴本 昌彦(神戸大学経済経営研究所)
16:25-16:35 休憩
16:35-16:55 古気候復元のための日記天気記録の定量化に向けて 庄 建治朗(名古屋工業大学)
16:55-17:25 ミレニアム大気再解析への挑戦〜古日記に記載された天気情報のデータ同化〜 芳村 圭(東京大学生産技術研究所)
17:25-18:00 ディスカッション 講演者全員
なお18:30-20:30には、別会場にて情報交換会を開催します。参加費は5000円(学生1000円)を予定しています。お申し込みは先着順で締め切りますので、新規登録の方は上記のフォームから入力ください。また「未定」から「参加」に変えたい方は codh-event (at) nii.ac.jp までご連絡下さい。

発表概要

当日の発表資料は、原則として人文学研究データリポジトリで公開します。

歴史ビッグデータと歴史的状況記録
みんなで翻刻と古地震研究
古文書調査と自然現象
古文書の気象・災害記録をどう活かすか―仙台・宮城での史料保全をふまえて
株井戸-気候復元を活用した地下水管理制度の研究―
近世日本の中央市場と気候変動
古気候復元のための日記天気記録の定量化に向けて
ミレニアム大気再解析への挑戦〜古日記に記載された天気情報のデータ同化〜
講演者概要

北本 朝展(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所)
researchmap
加納 靖之(京都大学防災研究所)
京都大学防災研究所
吉川 聡(奈良文化財研究所)
researchmap
奈良文化財研究所
佐藤 大介(東北大学災害科学国際研究所)
東北大学災害科学国際研究所
遠藤 崇浩(大阪府立大学)
大阪府立大学
柴本 昌彦(神戸大学経済経営研究所)
神戸大学経済経営研究所
庄 建治朗(名古屋工業大学)
名古屋工業大学
芳村 圭(東京大学生産技術研究所)
東京大学生産技術研究所
関連記事

CODHセミナー

2018-03-12
第6回CODHセミナー 歴史ビッグデータ〜過去の記録の統合解析に向けた古文書データ化の挑戦〜

2017-12-04
第5回CODHセミナー 信頼できるデータリポジトリ 〜CoreTrustSeal認証に関する実践的情報共有の場〜

2017-07-27
第4回CODHセミナー デジタルアーカイブにおける画像公開の新しいトレンド~IIIFが拓く画像アクセスの標準化と高度化~

2017-05-30
第3回CODHセミナー 人文学でのDOI活用 〜研究データや所蔵品など研究資源へのDOI付与〜

2017-02-10
第2回CODHセミナー くずし字チャレンジ 〜機械の認識と人間の翻刻の未来〜

2017-01-23
第1回CODHセミナー Big Data and Digital Humanities

デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会

digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/2nd_program#

デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会
「デジタルアーカイブの産業化」

2018 年 3 月 9 日 (金)

東京大学本郷キャンパス鉄門記念講堂

開会挨拶 (14:00 – 14:15)

会長 長尾 真

基調講演 (14:15 – 15:15)

「コンテンツ産業とデジタルアーカイブ (仮題)」
角川 歴彦 (株) KADOKAWA 取締役会長

パネルディスカッション (15:30 – 17:30)

デジタルアーカイブ産業の未来を拓く (仮題)

  • 緒方 靖弘  (寺田倉庫メディアグループリーダー)
  • 高野 明彦 (国立情報学研究所 教授) (モデレーター)
  • 野口 祐子  (グーグル合同会社 法務部長)
  • 他 1 名予定

懇親会

中国料理 後楽園飯店 (後楽園ホールビル2階) (18:30-20:00)

2018 年 3 月10 日 (土)

東京大学法学政治学系総合教育 (ガラス棟)

 研究発表セッション 1 (10:00 – 11:40)

A2: 人々の営みのデジタルアーカイブB1: ミュージアムとデジタルアーカイブC1: グローバルな視点とローカルな視点
A11: Web ラジオによる社会デザインとソーシャルイノベーションの可能性 (長坂 俊成 立教大学)B11: 自然史標本データベース「サイエンス・ミュージアムネット」の現状と課題 (細矢 剛 国立科学博物館)C11: オープンソースを使用した市町村立図書館におけるデジタルアーカイブ構築 (山口 学 佐野市立図書館)
A12: “災害アーカイブを用いた地域コミュニティの再生の取り組み (北村 美和子 東北大学)B12: 江戸時代の歌舞伎興行に関する資料のデジタルアーカイブの充実化を目指して (木村 涼 岐阜女子大学)C12: 佐賀デジタルミュージアムの構築 (河道 威 佐賀大学)
A13: 地方大学の歩みを記録するデジタルアーカイブ (皆川 雅章 札幌学院大学)B13: ウェブブラウザでの3Dデータ資料表示(土屋 紳一 早稲田大学演劇博物館)C13: 地域学習を遍く支援する分散型デジタルコモンズの概念 (前川 道博 長野大学)
A14: 地域新聞からみる地域特有のメタデータ (石橋 豊之 稚内北星学園大学)B14: デジタル・アーカイブがもたらす「博物館資料」x「学術成果情報」間のクロスリファレンスの可能性 (大西 亘 神奈川県立生命の星・地球博物館)C14: 国際的な画像共有の枠組みIIIFの課題と展望 (永崎 研宣 人文情報学研究所)

ライトニング・トーク (11:40 –  12:10)

プロダクト・レビュー、ポスターセッション発表者

 休憩・昼食 (12:10 – 13:30)

研究発表セッション 2 (13:30 – 15:10)

A1: コミュニティとアーカイブB2: デジタルアーカイブの活用C2: 市民から見たデジタルアーカイブ
A21: 労働史オーラルヒストリー・プロジェクト (谷合 佳代子 エル・ライブラリー)B21: IIIFの研究活用と課題 「顔貌データセット」構築を事例に (鈴木 親彦 人文学オープンデータ共同利用センター)C21: 「日本ニュース」は何を伝え、何を伝えなかったのか (宮本 聖二 ヤフー株式会社)
A22: 地域文化資源デジタルアーカイブの方法論 (宮本 隆史 東京大学)B22: 子どもデジタルアーキビスト講座の取り組み (塩 雅之 常磐大学)C22: デジタ地域資料をアーカイブする手法としてのウィキペディアタウン、またはウィキペディアとウィキメディア・コモンズ (日下九八)
A23: 伝統技術継承者によるデジタルアーカイブ化の実例と課題 (金城 弥生 日本織物文化研究会)B23: 地域デジタル映像アーカイブの教育活用に関する実践的研究 (北村 順生 立命館大学)C23: Lesson learned from the Aceh Tsunami of 2004: (Nurjanah Jane Tokyo Metropolitan University)
A24: 自然災害により被災した動的映像資料の災害対策 (鈴木 伸和 株式会社東京光音)B24: 日本語デジタルテキストの「正書法」を探求した青空文庫 (大久保 ゆう 本の未来基金/青空文庫)C24: 市民とデジタルアーカイブの関係性構築 (田村 賢哉 首都大学東京大学院)

 休憩 (15:10 – 15:20)

 研究発表セッション 3 (15:20 – 16:10)

A3: デジタルアーカイブの理論 (1)B3: デジタルアーカイブの手法 (1)C3: デジタルアーカイブの手法 (2)
A31: オープンサイエンス政策と研究データ同盟(RDA)が進める研究データ共有とデジタルアーカイブの接点に関する一考察 (林 和弘 科学技術・学術政策研究所)B31: 非接触式イメージスキャナ「オルソスキャナ」の開発 (一ノ瀬 修一 アイメジャー株式会社)C31: 地方自治体が公開する例規集アーカイブの構築と横断検索システムの構築 (原田 隆史 同志社大学)
A32: デジタルアーカイブに関する評価方法の検討 (西川 開 筑波大学大学院)B32: Cyberforest: 原生自然の環境感性情報の配信とアーカイブの利用 (下徳 大祐 東京大学大学院)C32: 飛騨高山匠の技デジタルアーカイブを活用した地域課題の解決手法の実践的研究 (久世 均 岐阜女子大学)

 休憩 (16:10 – 16:20)

 研究発表セッション 4 (16:20 – 17:35)

A4: デジタルアーカイブの理論 (2)
A41: コミュニティアーカイブの現状と課題 (坂井 知志 常磐大学)
A42: アーカイブズの語源アルケイオンをオンライン・ソースで調べてみる (筒井 弥生)
A43: 服飾分野における機関横断型デジタルアーカイブ構築に向けて (金井 光代 文化学園大学)

 企画パネル (16:20 – 17:35)

    1. デジタルアーカイブ機関の評価手法を考える
      後藤真 (国立歴史民俗博物館) 田良島哲(東京国立博物館)
    2. 資料発掘と利活用 -アーカイブサミット2017in 京都へのリプライ-
      福島幸宏(京都府立図書館)、江上敏哲(国際日本文化研究センター)

 ラップアップ (17:35 – 18:00)

ポスター・セッション (ライトニングトーク 11:40-12:10)

      • P01: 我が国における地方紙のデジタル化状況に関する調査報告 (平野 桃子 東京大学大学院情報学環)
      • P02: 日本古典籍に関する総合データベースの構築と展開 (岡田 一祐 国文学研究資料館)
      • P03: 自然史博物館で動画をアーカイブする際に想定される課題 (石田 惣 大阪市立自然史博物館)
      • P04: 半世紀前の岩波科学教育映画、保存と活用 (長谷川 智子 映像と科学教育の研究会)
      • P05: マンガ・アニメ・ゲーム作品の横断的アーカイブのための作品間関係LODデータセット開発 (大石 康介 筑波大学)
      • P06: デジタルアーカイブにおけるDOI活用の可能性 (住本 研一 国立研究開発法人科学技術振興機構<)/li>
      • P07: 若年層の地域理解を促進するためのシリアスゲームの提案 (山浦 徹也 首都大学東京大学院)
      • P08: 米国大学に所蔵されている対日文化政策に関する占領期資料のデジタル化及び公開 (小泉 真理子 京都精華大学)
      • P09: デジタルアースを用いた地域におけるドローン活用を支援するコンテンツの提案 (渡邉 康太 首都大学東京)
      • P10: 戦争を日中両国の視点から捉えるためのデジタルアーカイブ (シン テンカ 首都大学東京)
      • P11: 学び手志向の平和学習教材の制作 (秦 那実 首都大学東京大学院)

ウィキペディアタウンin安曇野松川村

http://www.pref.nagano.lg.jp/kitachi/kitachi-kikaku/pressreleases/300131.html#

松川村の魅力を世界に発信!ウィキペディアタウンin安曇野松川村の参加者を募集します

地域について学び、愛着を高めることで、地域で生まれ育った若者や管内に在住している方の地域への定着に繋げるため、地域に存在する文化財や歴史的建造物等についての記事を作成し、インターネット上の百科事典である「ウィキペディア」に投稿する「ウィキペディアタウン」を開催します。

日 時

平成30年3月3日(土) 午前9時~午後5時

場 所

松川村多目的交流センターすずの音ホール 2階研修室(北安曇郡松川村84-1)

主催/共催

北アルプス地域振興局/松川村・松川村教育委員会・県立長野図書館

当日の流れ 

・オリエンテーション
・講 義  講師:さかおり氏(ウィキペディア日本語版執筆編集者)、県立長野図書館職員
           「ウィキペディア」について
           「ウィキペディアに記事を作成・投稿する際の注意事項」 等
・まち歩き(松川村の観光ガイドに案内してもらいながら村内を回ります)
・文献調査、記事の作成及び投稿
・成果発表、講評

募集人数

30名(要予約 先着順)

参加対象 

・大北地域に在住している方または通勤・通学している方

・ウィキペディアタウンに興味がある方 等

ウィキペディアアカウントの事前取得について

ウィキペディアに記事を作成・投稿するためには専用のアカウントが必要です。アカウントをお持ちでない方は事前に取得していただき、ご参加くださるようお願いします。

【参考ページ(外部リンク・Wikipedia)】
・アカウント作成方法(外部サイト)
・アカウント作成ページ(外部サイト)

【注意事項】
※アカウントは無料で取得することができます
※実名で登録する必要はありません。また、一度作成したアカウントを消去することはできません
※公序良俗に反するアカウント名を取得することはできません
※複数人でアカウントを共有することはできません

申込方法・その他

・Eメール・FAX・電話または直接窓口へお申込みください。(参加申込書がHPに掲載されていますので、ダウンロードしてご利用ください) 

・申込期間:平成30年1月31日(水)~2月26月(月) ※定員(30名)になり次第募集を締め切ります

・申込先や注意事項等、詳細につきましては募集チラシをご覧ください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

北アルプス地域振興局企画振興課

電話番号:0261-23-6501

ファックス:0261-23-6504



第12回日本ITS推進フォーラム

www.its-jp.org/katsudou2014/tabid_150/its_forum12/


第12回日本ITS推進フォーラム

開催概要

ITS Japanでは、ITSのより一層の普及促進のため関係府省庁、関係団体と連携して日本ITS推進フォーラム」を毎年開催しています。
第12回日本ITS推進フォーラムでは、ITSによる安全・安心で活力ある社会を実現する統合的アプローチ、内閣官房・関係省庁のITSの取組みをはじめ、注目の自動走行システム(内閣府SIP-adus※と共同企画)、などのテーマが登場します。

※SIP-adus:
 Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program-Innovation of Automated Driving for Universal Services

日時/会場

日時:2018年2月28日(水)10:00~18:00
会場:メルパルク東京 5F瑞雲の間 (東京都港区 芝公園2-5-20)
           アクセス:http://www.mielparque.jp/tokyo/access/

プログラム 印刷用     ※登壇者については、変更となる可能性もありますがご了承願います。

■10:00 開会挨拶

天野 肇 ITS Japan専務理事

■10:05~12:00 ITSによる安心・安全で活力ある社会を実現する統合的アプローチ

・統合的移動サービスの実現に向けて :大月 誠(ITS Japan常務理事)
・社会課題を解決するオープンな連携基盤
    :風間 博之氏(株式会社NTTデータ 技術革新統括本部 技術開発本部長)
・地域まちづくりの取り組みとオープンデータ活用
     :庄司 昌彦氏(国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 准教授)
・オープンデータでカジュアルITS
    :太田 恒平氏(株式会社トラフィックブレイン 代表取締役社長)

■13:00~14:30 内閣官房・関係省庁のITSの取組み

八山 幸司氏 内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 内閣参事官
垣見 直彦氏 経済産業省 製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室 室長
佐野 裕子氏 警察庁 長官官房 参事官(自動運転担当)
中里 学 氏 総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課 新世代移動通信システム推進室 室長
西尾 崇 氏 国土交通省 道路局 道路交通管理課 高度道路交通システム(ITS)推進室 室長
佐橋 真人氏 国土交通省 自動車局 技術政策課 国際業務室/自動運転戦略室 室長

■14:45~18:00 自動走行システム
   共同企画:内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム 自動走行システム推進委員会(SIP-adus)

【第1部】
  ・SIP-adus全体進捗報告
    内閣府からの報告:伊沢 好広氏(内閣府 企画官)
  ・SIP-adus各領域報告
    国際連携活動概要:内村 孝彦 (ITS Japan)
    大規模実証実験:南方 真人氏(トヨタ自動車株式会社)
    Dynamic Map:中條  覚 氏(東京大学)
    Security:今井 孝志氏(株式会社トヨタIT開発センター)
    歩行者保護:金光 寛幸氏(トヨタ自動車株式会社)

【第2部】
  Human Factors:北﨑 智之氏(国立研究開発法人産業技術総合研究所)
  Next Generation Transport:川本 雅之 氏(筑波大学)
  Connected Vehicles:小川 伯文氏(マツダ株式会社)
  Impact Assessment(交通事故削減):内田 信行氏(一般財団法人日本自動車研究所)
  Impact Assessment(社会的影響) :三好 博昭氏(同志社大学)

■参加申し込み 参加費:無料

一般公開シンポジウムです。どなたでもご参加いただけます。
(但し収容人数を超えた場合、早めに締め切らせていただきます。)

img_registration

お問い合せ先

特定非営利活動法人 ITS Japan
総務グループ
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館ビル 3階
TEL: 03-5777-1011 FAX:03-3434-1755
Webからのご連絡には問合せフォームをご利用下さい。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR