『地域情報利活用アプリ開発講座』

https://www.e-topia-kagawa.jp/kouza/towndata2018.asp

まちのデータを可視化し、利活用する 地域情報利活用アプリ開発講座を開催いたします。
日時:平成30年8月18日(土)~平成31年3月9日 定員20名 


主催:情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)、国立大学法人香川大学 共催:かがわ情報化推進協議会
協力:スマートシティたかまつ推進協議会/日本電気株式会社 後援:高松市

 

                               チラシPDFはこちら


                                        


わたしたちの住むまちに流通する様々なデータの利活用を想定したアプリ開発を通じて、データの取り込みから、蓄積・加工・可視化および、データに基づく知識発見に至るまでの一連のデータの利活用プロセスを体験します。高松市や香川県が提供しているオープンデータ等の地域情報(データ)を利用し、様々な視点から可視化できるソフトウェア(アプリ)の開発を全12回のコースで学びます。データを地域課題の分析や理解に利用し、その課題解決の方法としてのアイデアを考案するきっかけに本講座をご活用ください。

 

<スケジュール>
2018年8月18日(土)~2019年3月9日(土)全12回
各日13:30~15:00(講義90分)

 

<講師/アシスタント>
香川大学創造工学部 創造工学科・助教 米谷雄介(専門:ソーシャルシステムデザイン)
香川大学工学研究科 大学院生

 

<対象>
中学生以上 ※18才以下は保護者の同意が必要です。

 

<定員>
20名 ※応募者多数の場合は抽選

 

<受講料>
無料(ただし教材費として1,000円必要)

 

<参加条件>
・データやアプリによる地域課題の発見・解決に興味・関心のある方で、全12回のうち、8回程度参加できる方
・Word、Excel等を使用できるPCスキルを持っている方
・Word、Excelが利用でき、Wi-Fiにてインターネットに接続可能なノートPCを持参できる方(OS、バージョンは問いません)
・技術者だけでなく、クリエーターや非エンジニアの方々の参加を歓迎します
・Facebookページにより各種連絡を行う場合があります。アカウントの取得を推奨します

※ノートPCをお持ちでない方へ。当館のwindowsノートPCを用意いたしますので、お申込みの際、備考欄または欄外にその旨を記載ください。(※台数限定となります) 【0708追記】

<申込方法>
①当館のホームページ「体験講座・講座一覧」から  申し込みは>>>こちら<<<
②チラシをダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、FAX:087-822-0112 まで
③チラシをダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、下記まで郵送
〒760-0019 香川県高松市サンポート2番1号高松シンボルタワー タワー棟4階 情報通信交流館

 


※応募多数の場合は抽選となり、受講が確定した方には8月10日頃までに「講座参加証」をお送りいたします。抽選にもれた場合の通知はいたしませんのでご了承ください。
※ 申込み締め切り後も定員に満たない場合は、引き続きお申込みいただけます。お問い合わせください。


<申し込み締め切り>  7月31日(火)


<開講スケジュール/カリキュラム>

※講義はWEB教材により実施します。 
※参加できなかった場合、WEB教材および講義ビデオによる補講が可能です。

コース
開講日
トピック
活動内容
データ利活用アプリ
ハンズオン
H1
8月18日(土)
30分で作れる
地域情報可視化アプリ
オープンデータとは?データプラットフォームとは?キーワードを知り、その上で駐輪場のオープンデータを用いて地域に役立つアプリを参加者自らが作成できることを体感してもらう。
H2
9月8日(土)
データの関連性を
探ろう(地域比較)
瀬戸内海に面し津波の影響が少ないだけでなく、年間降水量も少ない香川県であるが、浸水率には地域差がある。避難所データを可視化し、地域の差を比較することで香川県の防災の現状を知る。
H3
9月22日(土)
データの関連性を
探ろう(時点比較)
異なる時点でのデータを比較することで変化を見つけることができる。香川県の教育施設が時を経て増えてきた様子を見える化することで香川県の教育を再考する。
H4
10月6日(土)
データの関連性を
探ろう(異種比較)
複数のデータを重ね合わせて表示させることで新たな発見をしてみせる。香川県のバリアフリー、セーフティネット施設を重ね合わせ、サービス改善に向けた課題を検討する。
データ利活用アプリ
カスタマイズ
C1
10月20日(土)
データ取込・蓄積過程を
理解しよう
データの入力方法およびデータがどのような形式(データモデル)で蓄積されているのかを確かめる。地域の駐輪場、駐車場をテーマとして、レンタルサイクルポートの増設やタイムシェアリング駐車場の設置検討を行う。
C2
11月3日(土・祝)
様々なデータ加工法を
試そう
データの加工法を切り替えて結果を確かめる。運動施設、都市公園施設、教育施設等の香川県の教育・文化・スポーツ・子育て・健康・福祉の状況といった多量のデータを効率的に把握できるようになる。
C3
11月17日(土)
様々な可視化パターンを
試そう
データの可視化方法を切り替えて結果を確かめる。C2で加工したデータをよりわかりやすくするために、グラフやアイコンを用いたデータ表現を学ぶ。
C4
12月1日(土)
データモデルを
カスタマイズしよう
データモデルを修正することの意味(アプリができることを広げる)を体験する。キーワードは「メタデータ」。公園のテラスや公共トイレの設備(赤ちゃんベッドあり等)など付帯情報を増やし、香川県の施設の価値を高める。

データ利活用アプリ
デザイン

 

(グループワーク)

D1
2019年
1月12日(土)
課題設定と
ダーティプロトタイプ
地域活性化をテーマにグループでアイデア出しを行い地域課題を設定する。本課題に対するアプローチをアプリとしてどのように実装するかをダーティプロトタイプとして実現する。
D2
2月2日(土)
データモデル設計・
入力実装
ダーティプロトタイプに基づきデータモデルを設計する。データモデルをFIWAREに実装し、入力およびデータの蓄積がうまく動作するかを確かめる。
D3
2月23日(土)
出力実装
データ加工法や可視化パターンを実装し、アプリとして完成させる。
D4
3月9日(土)
作品体験会
完成したアプリは作品体験会と称して、ワールドカフェ形式で紹介しあう。
まちづくりICT
アイデアソン
Opt
12月15日(土)
アイデアソンへの
参加・体験
ICTアイデアソンに参加し、協働によるアイデア出しの方法論を経験する。
※35歳以下のみ参加可能。35歳以上はオブサーバーとして参加できます。

 

FIWAREとは?

EUが開発した、社会・公共分野における横断的なデータ活用を実現する基盤ソフトウェア。データを利活用し都市が抱えるさまざまな課題を解決するようなスマートシティの実現のためのIoTプラットフォームとして世界各都市に導入され始めています。2018年に日本では高松市で初めて導入されました。



ウィキペディアタウン南山城村 魅力発掘!むら歩き

https://wikipediatownminamiyamashiro02.peatix.com/view

2018年7月22日(日) 9:00 - 17:00
南山城村のことを、ウィキペディアに書いてみませんか?
第2回となる南山城村ウィキペディアタウン、今回はウィキペディアへの書き込みだけではなく、Stroly地図化も同時並行で挑戦します!

「ウィキペディアタウン」とは?
南山城村をむらあるきして、南山城村の魅力をみんなでインターネット百科事典 ウィキペディアやローカルウィキに書き込んでいくイベントです。
※wikipedia 南山城村
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E6%9D%91)
※南山城村LocalWiki
(https://ja.localwiki.org/myama/)

「Stroly地図化」とは?
ユーザ投稿の地図サイトStroly(ストローリー)は、様々な地図を位置情報(GPS情報)と連携して見ることができるサービスです。
今回は、皆さんが実際に村あるきで得た情報を地図に落とし込み、新しい「むら歩きマップ」を完成させます!
※Stroly : https://stroly.com/


日時:平成30年7月22日(日) 9時00分~17時00分
場所:南山城村移住交流スペース 「やまんなか」
(京都府相楽郡南山城村田山上フケ10-4 map→https://goo.gl/maps/mfLbH5NkQnu)
参加費:無料  どなたでも参加可
※パソコンをお持ちの方はご持参ください

お問い合わせ:0743-93-0560 (南山城村むらづくり推進課 岸田まで)

【プログラム】
【午前 むらあるき】
9:00 やまんなか集合 イベント説明・自己紹介など
9:50 やまんなか出発

12:00 やまんなか帰着 ・昼食(600円にてお弁当)

【午後 ウィキペディアと地図の編集作業】
13:00~13:30 編集作業の説明 byMiya Muh(ウィキペディア講師)・青木 和人(code for 山城)・明主 那生(Stroly)
13:30~14:30 むらあるきの成果を発表
14:30~16:30 ウィキペディア編集チーム、Stroly地図編集チームに分かれて編集作業
16:30~17:00 ウィキペディアと地図の編集成果を発表
17:00 解散


【むらあるき予定コース】
1.童仙房・野殿コース(車)・・・山のテーブル、二番の茶畑、六所神社その他
ウィキペディア記事 六所神社
2.高尾コース(車)・・・春日神社、その他
ウィキペディア記事 春日神社


主催:南山城村むらづくり推進課 移住・定住推進員
コード フォー 山城  アーカイブ・ファシリテーター協会
後援:南山城村
協力:KEYDESIGN(スミカズキ)  http://keydesign.jp/
   Stroly  https://stroly.com/
同志社大学政策科学部・同志社大学院総合政策学研究科
合同会社むら村 https://muramura.kyoto.jp/aboutus
京都府コミュニティコンビニ公共員 山崎 洋平

Asia Open Data Hackathon

http://odhack.asia/

Asia Open Data Hackathonとは?

2015年に初開催されたアジアオープンデータハッカソンは、アジアのオープンデータを活用して共通課題の解決を目指しています。
2017年からは日本も参加し、素晴らしい存在感を示しました!(昨年のレポートブログ››

2年目となる本年のハッカソンでは、日本、台湾、韓国のオープンデータを使って、「観光」と「市民の安全」をテーマにした課題解決を目指します。 日々の生活で感じているモヤモヤ。
旅行に行った時に感じた不便だったこと。

自分の中に眠っていたそんな小さな"問題意識"を育てて、初めて出会うエキサイティングなチームで、形にしてみませんか?

ハッカソンに初めて参加する方、非エンジニアの方でも大歓迎!
エンジニアはもちろん、データサイエンティスト・デザイナー・プランナー・ディレクターの方の挑戦を、お待ちしています!

テーマ

本ハッカソンの目的はアジア共通の課題を解決することです。
各国共通テーマは、「観光」と「市民の安全(地震・火山噴火・干ばつ・大気汚染などからの安全、日常生活の中での子供の安全など)」

「言葉の壁がある現地の人とのコミュニケーションを促進するには?」
「被災した時にオープンデータをどう活用するのか?」

など、両テーマに5つずつ設定されたお題から、好きなものを選んで解決に取り組んでいただきます。

Citizens Safety

Utilize open data to create some innovative service, in order to prevent and protect citizen from disaster and danger, as well as to improve life quality. Please also consider business oppotunities of this service

  • How to improve Early-Warning system for earthquake, tsunami and volcaniceruption?
  • How to improve air pollution (eg.fine dust) forecast skill and takeactions?
  • How to utilize open data to disaster?
  • How to apply open data to drought prevention?
  • How to utilize open data to prevent safety accident of children?

Tourism

To fully understand the demand for sightseeing behavior, in order to create some innovative sertvice, as well as to promote tourism industry business opportunities.

  • How to utilize open data to experiential tourism?
  • How to utilize open data for individual customized travel?
  • How to utilize open data to language barriers?
  • How to utilize open data to help travelers who got sick while traveling?
  • How to utilize open data to boost tourism industry of Asia?

賞金

最優秀チーム
US$ 1000
優秀チーム
US$ 700
チームズチョイス賞
US$ 100
台湾国際スポンサー賞
US$ 1000

その他、各国の1位・2位のチームから一名ずつ、11月の韓国での表彰式にご招待します。


※7/21-22のイベントでは賞金は発生しませんのでご留意ください。

スケジュール

  • 2018/7/21・7/22

    Hackathon(渋谷・流山)

  • 2018/9/1

    Demo Day(東京)

  • 2018/11 予定

    Summit(韓国)

ハッカソンは、東京(渋谷)と千葉(流山)での同時開催となります。
なお、全国から参加したい方のためにオンライン公募も実施します。
流山会場では託児も受け付けていますので、子連れの方や女性のご参加もぜひ!

  • 渋谷会場Branding Engineer

    • DAY1(7/21)

      10:30
      開場・受付
      11:00
      イントロダクション
      11:15
      提供Data、API(台湾提供)の説明
      11:30
      個人エントリー者向けアイデアソン&チームビルド
      18:00
      進捗発表
      21:30
      退出
    • DAY2(7/22)

      11:00
      再開
      16:40
      終了
      17:00
      プレゼン&デモ
      19:00
      懇親会
      20:00
      解散
  • 流山会場Trist Airport

    • DAY1(7/21)

      9:30
      開場・受付
      10:00
      イントロダクション
      10:30
      提供Data、API(台湾提供)の説明
      11:00
      個人エントリー者向けアイデアソン&チームビルド
      18:00
      進捗発表
      21:30
      退出
    • DAY2(7/22)

      10:00
      再開
      16:40
      終了
      17:00
      プレゼン&デモ
      19:00
      懇親会
      20:00
      解散

参加方法

ハッカソンへ直接参加いただく方法と、オンラインで成果物をお送りいただく方法があります。
詳しくは下記をご参照ください。

ハッカソン参加申し込み(別ウィンドウで申し込みページが開きます)
渋谷会場 流山会場
オンライン参加
オンラインでの参加方法

参加者への提供資料

当日使用するデータセット等、7/10公開予定

政府が各自治体に対し明示している「推奨データフォーマット」で収集されたデータを英語に直したものをサンプルデータとして公開する予定です。
さらに、参加国のオープンデータを活用するにあたり、日本国内予選会場では、台湾語と韓国語をサポートできるスタッフをアサインします。

審査基準

審査員

審査員情報は7/10公開予定です

作成物の国際水準

1
自国のオープンデータと台湾または韓国のデータを組み合わせることを推奨しています
2
日本会場予選では選考を実施し、5チームのみデモデイに進出していただきます(都内開催)
3
国内ハッカソンのスクリーニング結果は8月10日頃までに発表します
4
原則チームエントリーです(2名ー5名)
5
デモデイは英語で実施します
6
他の大会等で表彰を受けたものを提出してはいけません

オンライン公募について

オンライン提出も募集しています!
東京・千葉で開催する国内予選ハッカソンへの参加が難しい方も、オンラインでのご応募が可能です。
ハッカソン終了時間までに、
・スライド
・ソースコード
・説明動画
をアップし、facebook group上にリンクを記載してポストして下さい。
チームでのお申し込みはもちろんのこと、団体や企業様で、独自にハッカソンを開催して連携することも可能です(zoomルームを共有するので、会場を連携させながら進めましょう)。
その際はぜひ運営までご連絡下さい。

オンラインエントリーからは1チームを選考します(選考結果ゼロである可能性もあります)。
なお、選考をクリアされたチームの代表者1名は東京で実施するDemoDayへの旅費を実費支給します(上限往復5万円以内)

運営お問い合わせ先:infohackcamp.jp


続きを読む

「バイオ・ナノ分野でのオープンデータサイエンス」

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/media/events/2018/180720_1500.html

 学術情報メディアセンターでは、各分野でご活躍の講師を招き、それぞれの研究開発活動の内容や現在抱えている課題について紹介いただき、参加者を含めて広く議論を行う機会として、月例セミナーを開催しています。

 今回の学術情報メディアセンターセミナーでは、五斗進 情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設教授および谷藤幹子 物質・材料研究機構 材料データプラットフォームセンター長に講演していただきます。

 学内外を問わず多数の方のご参加をお待ちしています。
開催日
2018年07月20日 金曜日
時間 16時30分~18時00分
開催地 学術情報メディアセンター北館4階 404大会議室
本部・西部構内マップ[42]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
対象 教職員、学生、一般の方
詳細等
 研究成果を多くの人物が利用できるよう公開し、新たな知見を生み出そうとするオープンサイエンス活動は、我が国においても広がりを見せつつあります。特に長年の研究成果をデータとして蓄積してきた学問分野では、単なるデータベースの構築にとどまらず、データベース間の連携・統合、利活用のためのサービス設計、アウトリーチ活動による利活用機会の向上などの取り組みが精力的に進められています。そこで今回のセミナーでは、バイオサイエンス、ナノサイエンスの2分野におけるオープンデータサイエンスの進展について講演していただきます。

16時30分~17時15分
講演者
五斗進(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 ライフサイエンス統合データベースセンター 教授)

講演題目
ライフサイエンス分野におけるオープンサイエンスの推進

講演概要
ライフサイエンス分野ではゲノムプロジェクトなどで産生される大規模データを共有する文化があり、公開されているデータベースも数多くあります。一方で多様であるためにデータベースを共有して統合的に扱うことが困難になっているという問題がありました。ライフサイエンス統合データベースセンターでは、このような状況下でデータを有効に共有し活用するための技術開発や標準化に取り組んできました。その一つの方法として採用してきたセマンティック・ウェブ技術の応用について紹介します。

17時15分~18時00分
講演者
谷藤幹子(物質・材料研究機構 材料データプラットフォームセンター長)

講演題目
オープンサイエンスとデータ駆動型材料研究

講演概要
材料科学では、近年のデータ駆動型材料研究という新しい研究手法により、インフォマティクスという情報科学の材料科学を融合したデータ解析と予測、機械学習を取り入れたデータマイニングなどが進展しています。オープンサイエンス時代の到来で、データ利活用が進みやすくなり、様々に展開しつつある研究環境を「材料データプラットフォーム」という観点から紹介します。

申し込み 不要
問い合わせ 学術情報メディアセンター 青木学聡
Tel: 075-753-7408
E-mail: aoki.takaaki.6v*kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)
関連リンク http://www.media.kyoto-u.ac.jp/
備考(その他) お身体の不自由な方はエレベーターをご利用いただけますので、事務室にお申し付けください。

IoTとビッグデータ・オープンデータを考える ~IoTとデータ活用で価値創造への挑戦~

www.mimos.jp/eve/2018/0718.html


IoTとビッグデータ・オープンデータを考える
~IoTとデータ活用で価値創造への挑戦~

IoTやビッグデータ・オープンデータの話題が盛んになっていますが、しかしながらどのように活用していけばよいか、また、どのような効果が得られるのかなど、理解はしているものの実際に活用しきれていないことも事実です。
 今回のセミナーでは、ゲストをお招きして、実際にIoTとビッグデータ・オープンデータを活用した取り組み事例などを伺いながら、今後の展望を描きます。

開催要領

          
日 時平成30年7月18日(水) 
 14時40分~17時00分 (開場:14時20分)
場 所enspace 2F イベントスペース(仙台市青葉区国分町1-4-9 芭蕉の辻AGOビル)
 https://www.enspace.work/about/access
プログラム14:40-14:50 開催の挨拶

14:50-15:10 enspace 事業説明(株式会社エンライズコーポレーション)

15:10-15:40 講演1「塩釜・桂島の海苔養殖業者 千葉さんのお悩みに我々のIoTは貢献できるのか」 
  土谷信雄 氏(株式会社日立産業制御ソリューションズ 組込みエンジニアリング事業部 事業企画統括センタ 統括センタ長)

15:40-16:40 講演2「IoT時代の位置・空間情報サービスの存在感 ~製造・医療・小売の“現場”から地域・観光サービスまで~」
 那須俊宗 氏(マルティスープ株式会社 代表取締役)

16:40-16:50 閉会の挨拶

※セミナー閉会後、enspace内覧会を希望者にて行います。
対 象IoTビッグデータを活用した新たなビジネスの創出やグローバル展開を考えている企業、またそれらに興味のある個人、学生等
参加費無 料
主 催みやぎモバイルビジネス研究会、宮城県
申込み方法7月12日(木)まで下記お問い合わせ先あてに電子メールまたはFAXでお早めにお申し込みください。
 お申込み用紙はこちら
 http://www.mimos.jp/pdf/20180718.pdf

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR