FC2ブログ

2018 Art+Feminism Wikipedia Edit-a-thon 東京会場

baexong.net/2018-af-wiki/


2018 Art+Feminism Wikipedia Edit-a-thon

calltoedit2016

アート+フェミニズム」をテーマにした初心者向けのウィキペディアの書き方講座を、3月10日は京都、3月8日は東京で行います。当日は講師の方がゆっくり教えてくださるので、Wikipediaの編集経験のない人も、安心してきてください。

アート+フェミニズムは、フェミニズムをテーマにしているアーティストや作品だけを取り扱うのではなく女性やトランスジェンダーのアーティストや作品を扱います。自分が女性だったり、女性のアーティストについて書いてみたいという人々を募集しています。歴史に残るアーティストの8割は男性で白人だと言われています。Wikidediaに書き記されているアーティストもしかり。そしてそれを書き記すのも男性です。Wikipediaの女性編集者はわずか10%以下。

もしあなたがアーティストなら、その作品の写真をCC(クリエイティブコモンズ)としてWikipediaにアップしてください。もしあなたが今までに掲載された雑誌や新聞をお持ちならそれは裏付けする資料になるかもしれません。それらは美術史の動向を編集する際に重要な資料として残るかもしれません。そして編集技術を身につければ、重要な事柄をどのように残していけば良いのかがわかります。現在、日本のWikipediaのアートのページには資料が不足しています。そして書き方のルールを知る人も不足しています。

2013年にアメリカで発足したArt+Feminismは、CISとトランスジェンダーの女性、フェミニズム、アートの報道を向上するキャンペーン。カフェやコミュニティセンターから大きな美術館/博物館、大学まで世界中で、DIY(do-it-yourself) そしてDIO(do-it-with-others)で、ジェンダーアイデンティティと表現を、Wikipediaの編集で教育していくキャンペーンです。

京都ではベクソン・アーツ・京都で、今年5回目となるアート+フェミニズムウィキペディアのエディタソンに参加します!女性やトランスジェンダーはもちろん、男性の参加も歓迎します。年齢や性別問わず参加を受け付けています。京都会場はお手伝いをしてくださる人も大募集です!!!

アート+フェミニズムは、女性のウィキペディア編集者の人数と、女性アーティストページの質の向上を専門としたグループです。エイダ・ラブレスデー/女性のSTEM(科学・テクノロジー・工学・数学)イベントの次の段階として、アート+フェミニズムは、技術の知識と女性の認識を改善するために国際女性デー(3月8日)を中心に開催しています。

Wiki編集や芸術史学の経験に関係なく、興味を持っている人なら誰でも参加できます。 Wikipediaとアート+フェミニズムの共同グループは、少しの権威よりも、多くの集合知で成長します。私たちは、彼/彼女たちのどんな寄稿でも、誰でもが歓迎する雰囲気を求めます。ページを必要とするアーティストの名前、編集のスキル、研究資源、原因への普遍的な熱意。彼/彼女たちのするどんなことも貢献します。

参加前にご自身でWikidediaのアカウントを事前に登録して、参加当日はパスワードとアカウントを忘れずにきてください。


京都会場

日程:3月10日(土) 14時から18時
料金:無料(食べ物は持ち寄り)
場所:ベクソン・アーツ・京都(京都市南区東九条中札辻町27-3)
言語:日本語
持ち物:ノートパソコン、必要な方は筆記用具、ご自分の食べ物(一部シェアできるものがあると嬉しいです)
〒601-8026 京都市南区東九条中札辻町27-3(googleマップで検索するときは東九条中札辻町26で検索してください)
Phone:050-5857-8454


東京会場

日程:3月08日(木) 11時から18時
料金:無料
場所:テンプル大学ジャパンキャンパス(〒106-0047 東京都港区南麻布2丁目8−12)
言語:日本語
詳細:https://www.eventbrite.com/e/tuj-artfeminism-2018-tickets-42863797773
持ち物:ノートパソコン、必要な方は筆記用具
*東京会場はBaexong Artが主催ではありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR