FC2ブログ

明治期の土木遺産を巡る「どぼくウォーキング」

http://www.city.kyoto.lg.jp/yamasina/page/0000226803.html#


明治期の土木遺産を巡る「どぼくウォーキング」
明治150年・京都の奇跡プロジェクトのプレイベントです
 来年,平成30年は,明治改元から満150年の節目の年に当たります。

 京都にとって,明治時代は,都市衰退の危機に直面した困難な時代でしたが,私たちの先人は,力を合わせてこの困難を克服し,今日の発展の礎を築きました。

 このことを踏まえ,本市では,明治以降の京都の歩みを見直し,学び,未来に活かしていくため,「明治150年・京都の奇跡プロジェクト」として積極的な取組を展開することになりました。

 山科区では,この「明治150年・京都の奇跡プロジェクト」のプレイベントとして,山科疏水に架かる明治時代に建造された日本最初の鉄筋コンクリート橋(11号橋),明治時代には国道であった三条通などを巡るウォーキングを「土木の日(※)」に開催しますので,お知らせします。



※「土木の日」の由来

土木の2文字を分解すると十一と十八になることと,土木学会の前身である「工学会」の創立が明治12年(1879)11月18日であることから,11月18日を「土木の日」と制定されています。



1 日時
平成29年11月18日(土曜日)午後1時15分~(午後4時終了予定)(雨天決行)

2 集合場所
地下鉄山科駅改札口前「音の広場」

3 行程
地下鉄山科駅~山ノ谷(黒岩)橋~日本最初の鉄筋コンクリート橋(11号橋)等~地下鉄御陵駅 約5km

行程
行程

日本最初の鉄筋コンクリート橋(11号橋)
日本最初の鉄筋コンクリート橋(11号橋)

山ノ谷(黒岩)橋
山ノ谷(黒岩)橋

4 参加費
無料
5 定員
20名(申込先着順。参加者には,後日改めて「参加証」を送付します。)

6 講師
高橋良和氏(京都大学工学研究科教授)

【講師プロフィール】

耐震工学が専門。土木分野のスポークスマンを自認し,ドボクマニアが集い熱いトークを繰り広げる「どぼくカフェ」を全国で年に数回開催。土木を巡る街歩きも案内されるなど,「土木」に関して幅広く活躍されている。近著に「ようこそドボク学科へ!」。関連Web 「探検!京都大学 京大先生図鑑 高橋良和先生」

7 注意事項 
歩きやすい服装・靴でお越しください。(雨天決行ですが,当日午前11時現在で気象警報が発令された場合は中止します。)

8 申込み方法
ハガキ又はFAXで(1)参加者全員の氏名(ふりがな)(2)年齢(3)住所,(4)電話番号を御記入のうえ,お申込みください。

9 申込み期限
平成29年10月31日(火曜日)(当日消印有効)
10 問合せ・申込み先 
山科区役所地域力推進室総務・防災担当(☎592‐3065,FAX502‐1639,郵送先〒607‐8511(住所不要))

広報資料
広報資料(PDF形式, 527.29KB)
Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
お問い合わせ先
京都市 山科区役所地域力推進室総務・防災担当
電話:庶務担当:(1)~(2)592-3065 地域防災担当:(3)592-3066 調査担当:(4)~(5)592-3066 企画担当:(6)~(7)592-3066
ファックス:502-1639
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR