FC2ブログ

オープンデータ・アイデアソンin東京

http://opendata-contest.jp/tokyo.htm

オープンデータとは行政機関や自治体が保有するデータを公開し、民間がそれを活用することで地域振興やビジネス創出を促進するものです。経済産業省では、オープンデータを有効活用するために欠かせない「地域視点」と「ビジネス感覚」から生まれるアイデアを広く募るために「オープンデータ・アイデアソン」を開催します。

開催概要
名称 : オープンデータ・アイデアソンin東京
〜オープンデータでルールを超える〜
日時 : 2013年11月21日(木)13:30〜17:40
会場 : 東京大学 駒場キャンパス 生産技術研究所 An棟3階大会議室An301,302
(東京都目黒区駒場4-6-1)
主催 : 経済産業省・一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
共催
(順不同、敬称略) : 東京大学、LODチャレンジ実行委員会、社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)
後援
(順不同、敬称略) : 総務省(予定)、国土交通省(予定)、国土交通省国土地理院(予定)、高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(予定)、オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(OKFJ)、NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)、オープンデータ流通推進コンソーシアム、gコンテンツ流通推進協議会
募集期間 : 2013年10月15日(火)〜10月31日(木)(予定)
参加費 : 無料
定員 : 80名程度(申込み多数の場合は抽選し、当選者へ連絡します)
アイデアソンとは?
アイデアソンとは、複数のメンバーでグループを作り、メンバー全員で「アイデア」を出し合い、練り上げていく参加型のイベントです。今回のアイデアソンは、地域の中で人々が日頃から「これってできないかな」「こんなことってわからないのかな」と考えている課題をテーマに選び、行政機関や自治体が保有するデータを使って「こうやれば解決できるかもしれない」と、地域の課題と解決に必要なデータを結びつける「課題解決型アイデアソン」を目指します。

プログラム
13時より受け付けを開始します。なお、プログラムの内容は調整の上、一部変更となる場合があります。

13:30  開始挨拶(経済産業省)
13:35  オープンデータ・アイデアソンの主旨説明
13:50  ライトニングトーク
<ライトニングトークモデレータ(予定)> (順不同、敬称略)
藤村 良弘(オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン) 東 修作(オープンストリートマップ・ファウンデーションジャパン) 他
14:30  休憩
14:40  ディスカッション
16:20  休憩
16:25  結果発表(実施結果は、終了後ホームページにて公開)
17:30  閉会挨拶
17:30  交流会
(希望者のみ参加費用3千〜4千円を予定。アイデアソンへ申し込みの方には後日、ご案内します)
募集対象者
オープンデータに関心があり、地域に根ざした課題の解決や地域の活性化に貢献したいと考えている方なら、どなたでもご参加いただけます。

申し込み方法
10月15日から本ページにて募集を開始する予定です。今しばらくお待ちください。

問い合わせ先
オープンデータ・アイデアソン事務局(JIPDEC内) od-tokyo@tower.jipdec.or.jp

本アイデアソンは「平成25年度電子経済産業省構築事業(オープンデータの利用に係る民間、地方公共団体の連携基盤の開発・活用実証事業)」において実施されるものです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR