FC2ブログ

報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201610rda.html#


報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」

研究データ同盟(Research Data Alliance: RDA)第8回総会は、本年9月15日から17日にかけて米国デンバーで開催されます。日本でも研究データに関する動きが加速するなか、会議参加者の発表を中心に、研究データを取り巻く国際情勢にスポットをあて、最新動向の共有を図ります。ディスカッションでは、研究者、図書館員をはじめとする様々な人々が、研究データの共有がもたらすイノベーションの創出について共に考える場にしたいと考えています。

なお、この報告会は、ジャパンリンクセンター(JaLC)「研究データ利活用協議会」の第1回研究会として開催します。研究データ利活用協議会は、本年6月、国立国会図書館を含む4つの国内学術機関が共同運営するJaLCに設置され、研究データの共有・利活用に向けた取り組みを推進しています。

プログラム

  • 講演
    • 「RDAの概要とJaLC研究データ利活用協議会について」(仮)
      • 武田 英明(国立情報学研究所教授、協議会会長)
    • 「オープンサイエンスを巡る世界の最新動向」
      • 村山 泰啓(情報通信研究機構統合ビッグデータ研究センター研究統括、協議会副会長)
  • 第8回RDA総会参加報告
    • 報告者(発言順)
      • 蔵川 圭(国立情報学研究所特任准教授)
      • 込山 悠介(国立情報学研究所助教)
      • 小賀坂 康志(科学技術振興機構知識基盤情報部長)
      • 田辺 浩介(物質・材料研究機構技術開発・共用部門科学情報プラットフォームエンジニア)
      • 山口 聡(国立国会図書館電子情報部電子情報企画課)
  • Digital Infrastructures for Research 2016参加報告
    • 報告者
      • 山地 一禎(国立情報学研究所准教授)

(休憩)

  • 講演
    • 「研究データと国の科学技術政策の観点からRDA総会を見る」(仮)
      • 林 和弘(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)
  • フロアも交えたディスカッション
    • 司会
      • 林 和弘(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)
日時2016年 10月3日(月) 14時00分~17時30分 (13時30分開場)
会場国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
募集人数200名(先着順。定員に達し次第、募集は終了いたします。)
参加費無料
申込方法次のリンク先の申込みフォームからお申し込みください。
申込み画面
申込み締切2016年10月2日(日)
お問い合わせ先国立国会図書館電子情報部 電子情報企画課 連携協力係
電話: 03-3506-5239(直通)
メールアドレス: jalcアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR