FC2ブログ

CIVIC TECH FORUM 2016 〜 ローカル、ビジネス&テクノロジー 〜

http://civictechforum.jp/#

CIVIC TECH FORUM 2016 〜 ローカル、ビジネス&テクノロジー 〜
日 程 3月27日(日)10:30-20:00 (10:00より受付開始)
会 場 建築会館 建築会館ホール・イベント広場
〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号 http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm
最寄り駅:JR線・田町駅、都営浅草線及び三田線・三田駅
参加費 ¥3,000(税込/昼軽食・懇親会費込)
※領収書がご入用の方は、当日会場受付にて発行をさせていただきます。
定 員 300名(先着)
主 催 CIVIC TECH FORUM2016 運営委員会

昨年初めて開催したCIVIC TECH FORUMではテーマ「公共とITの新しい関係」で、シビックテックの可能性と課題について触れた。また、ローカルコミュニティの歴史について知り、公共サービスの隙間を埋めるべく活躍しているシビックテックの事例を知ることができた。 そして、ビジネスの側面から取り組むシビックテックのあり方や、それらの支援環境などにも言及する機会を得た。 それはシビックテックが、「公共」に触れる最初のだ一歩だったかもしれない。 それから1年経ち、様々なシビックテックが引き続き実践されている。

ローカル

シビックテックとはテクノロジーのちからを得た「市民の手」で、社会・地域を改善していく取り組みである。もちろんそこには既に活動を広げている様々なステークホルダー(NPO、行政、ボランティア、民間企業)が存在し、それらのステークホルダーとの連携なしには、シビックテック活動に広がりをもたせにくいのが現状である。サブテーマ「ローカル」ではそれぞれのステークホルダーと共に、ローカルにおける「シビックテック」のあり方を模索したい。

ビジネス&テクノロジー

国内のシビックテックは、その経済システムが完成しているとは言いがたい。テクノロジーを活用するソーシャルアントレプレナーは、現在どのように活動を広げていっているのだろうか。資金調達方法や海外事例などを織り交ぜながら、シビックテック分野のビジネスのあり方について言及し、一定の認識を共有したい。また、新しいテクノロジーを用いた実証実験も数多く行われている。テクノロジーが社会課題を解決する、その最前線の事例にも触れておきたい。

PROGRAM

ローカル

シビックテックとはテクノロジーのちからを得た「市民の手」で、社会・地域を改善していく取り組みである。もちろんそこには既に活動を広げている様々なステークホルダー(NPO、行政、ボランティア、民間企業)が存在し、それらのステークホルダーとの連携なしには、シビックテック活動に広がりをもたせにくいのが現状である。サブテーマ「ローカル」ではそれぞれのステークホルダーと共に、ローカルにおける「シビックテック」のあり方を模索したい。

ビジネス&テクノロジー

国内のシビックテックは、その経済システムが完成しているとは言いがたい。テクノロジーを活用するソーシャルアントレプレナーは、現在どのように活動を広げていっているのだろうか。資金調達方法や海外事例などを織り交ぜながら、シビックテック分野のビジネスのあり方について言及し、一定の認識を共有したい。また、新しいテクノロジーを用いた実証実験も数多く行われている。テクノロジーが社会課題を解決する、その最前線の事例にも触れておきたい。

PROGRAM

10:00

開場

10:30〜11:00

基調講演:「ローカルに変革を」

シビックテックに限らず、ローカルの課題を解決する手法は様々存在する。 本基調講演で、全国における補助金に頼らない事業を通じたエコシステムの構築により、ローカルの課題に取り組む木下斉さんをお呼びし、ローカルにおける変革のあり方について講演をいただく。シビックテックに関連する活動に取り組まれる方全てに、今向き合うべき姿勢を知ってもらいたい。

◆登壇者

木下斉
Hitoshi Kinoshita
木下斉

一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス

1982年東京生まれ。05年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、07年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。全国で補助金に依存しない地域再生事業を立ち上げ、事業連携・政策提言組織として一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスを設立。内閣官房地域活性化伝道師。著書「稼ぐまちが地方を変える」など。

11:00〜12:15

シビックテックの資金調達環境、「今」と「これから」

◆パネルディスカッション
2015年のアメリカにおけるシビックテック市場は64億ドル(約8,000億円)だったと言われている。一方、ビジネスとしてのシビックテックは、国内ではまだまだ産声を上げたばかり。 公共性の高いシビックテック事業における資金調達環境に関して、社会的な課題の解決に取り組むソーシャルベンチャーにおける資金調達事例を参考にしながら、本セッションを展開したい。投資サイドと起業家サイドの双方から、最前線で活躍するゲストに登壇いただき、事業フェーズごとの資金調達戦略を具体的にお伝えするとともに、資金調達の「課題」、そして「未来」について語る。 シビックテック・エコシステム形成のきっかけとなるセッションになれば幸いである。

◆登壇者

加藤たけし
Takeshi Kato
加藤たけし

NPO法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー、株式会社ループス・コミュニケーションズ コンサルタント
[モデレーター]

岡本 拓也
Takuya Okamoto
岡本 拓也

ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)代表理事

玄正 慎
Makoto Gensho
玄正 慎

Coaido株式会社 代表取締役 CEO

甲田恵子
Keiko Koda
甲田恵子

株式会社AsMama 代表取締役社長

12:30〜13:30

テクノロジー × シビックテック の最前線 実証実験・スタートアップの発表

◆セミナー
新しいテクノロジーやサービスモデルをシビックテックの現場で実践しているプレイヤー(スタートアップや大学の研究機関など)から実践内容を紹介して頂く。シビックテックビジネスの胎動を感じて頂き、彼らが更に課題解決を促進していくために必用な要素を共に考えていただきたい。

◆登壇者

鯉渕美穂
Miho Koibuchi
鯉渕美穂

MIKAWAYA21株式会社 代表取締役社長

13:30〜14:30

米国シビックテックをめぐるエコシステムとコミュニティの可能性

◆セミナー
eガバメント、Gov 2.0、そしてシビックテックへ。過去5〜6年間の米国における政治・行政・市民参画のトレンドを振り返ると、呼び方は変われどもデジタル、モバイル、ソーシャルテクノロジーによる大きなイノベーションが生まれています。時にそれは寄付や助成金に頼る草の根の活動であり、時に投資家から出資を受けたビジネスとしての事業まで形態は様々であるものの、その全体像は日本国内では掴みにくいのではないでしょうか。毎年6月にニューヨークでは政治・行政・市民参画とテクノロジーに関する国際会議「パーソナル・デモクラシー・フォーラム(PDF)」が2004年から既に12年継続開催されており、毎回1,000人を超える技術者、行政担当者、投資家、起業家が参加しています。過去3年継続してPDFに参加し、今年も参加予定で海外のトレンドを見つめてきた立場で、海外事例のトレンドをご紹介しつつ、日本のシビックテックを盛り上げるために必要なエコシステム、持続的なコミュニティつくりの議論を深めたいと思っています。

◆登壇者

市川裕康
Hiroyasu Ichikawa
市川裕康

ソーシャルカンパニー

柴田 重臣
Shigeomi Shibata
柴田重臣

Code for Ibaraki

14:45〜15:15

ローカルと大企業のシビックテック リクルートの事例

◆セミナー
ローカル課題に対し、大企業はシビックテックを通してどのように関わっていけば良いのか。三重県の街ではじまった、リクルートによる社会課題解決型新事業の実証実験などの事例を通し、シビックテックを通じた企業とローカルの新しい関わり合い方について紹介する。

◆登壇者

麻生要一
Yoichi Aso
麻生要一

株式会社リクルートホールディングス Media Technology Lab. 室長/株式会社ニジボックス 代表取締役社長 兼 CEO/Tech Lab Paak 所長

15:15〜16:15

ローカルシビックテック実践

◆セミナー
ローカルにおけるシビックテック活動事例を4件ご紹介。
地域のタクシー会社の人手不足をテクノロジーを使って支援した徳島市のエンジニア、オープンな地図を利用して防災の意識を高めた会津若松市、限界集落の高齢者をテクノロジーを利用しながら見守る肝付町、まちの課題を市民からレポートしてもらっている千葉市。
テクノロジーを使ってローカルにおける課題にチャレンジしている事例を、「交通」「防災」「高齢者」「市民協働」など、様々な角度からご紹介します。

◆登壇者

坂東勇気
Yuki Bando
坂東勇気

Code for Tokushima エンジニア兼代表、㈱GTラボ 代表、㈱電脳交通 CTO

村川彰久
Akihisa Murakawa
村川彰久

千葉市役所市民局市民自治推進部広報広聴課 主任技師

目黒 純
Jun Meguro
目黒 純

会津若松市市民部危機管理課

16:30〜17:30

ローカルにおけるシビックテックの哲学

◆トークセッション
ローカルな課題を改善するという活動の中で、シビックテックに期待する役割、役回りについて議論をしたい。実践を続けながら確実に前に進んでいる行動 for 会津のメンバーであり、株式会社デザイニウムのオープンデータ推進員、西本さんをお迎えし、現状と課題についてお聞きする。行動 for 会津では個人や大学、民間、行政が課題を解決しようとする活動が起こり、その活動に感化された人がまた活動を起こしていて、その活動や成果が、別の課題当事者とのマッチングを起こしつつある。手法が確立しない中、トライアンドエラーを繰り返す個別の取り組みを紹介し、リアルな現場でわきおこる多様な感覚についてお話いただく。また、今後の課題についてもお聞きする中で、ローカルに活動するシビックテックのリアルを各自が疑似体験し、ヒントとなるものを持ち帰ることが出来るようにしたい。 課題が山積し、課題先進国と呼ばれる日本においてシビックテックは求められているのだろうか。

◆登壇者

西本 浩幸
Hiroyuki Nishimoto
西本 浩幸

株式会社デザイニウム オープンデータ推進員

17:30〜18:30

まるごと金沢市 ローカルにおけるシビックテックの役割

◆パネルディスカッション
シビックテック活動では国内有数の地「金沢」を中心に石川県内で活動をする様々なプレイヤー(大学、NPO、行政、街づくり)の方々に登壇を頂き、シビックテックとの関わり、現場での成果や課題、未来への期待感など、活動して感じる今を紹介する。そして、金沢で誕生して石川県全体で活動するCode for Kanazawaというシビックテックコミュニティの特徴を明らかにし、なぜ、今、Code for Kanazawaが求められているのかを明らかにしていく。

◆登壇者

福島健一郎
Kenichiro Fukushima
福島健一郎

一般社団法人コード・フォー・カナザワ 代表理事
[モデレータ]

松田俊司
Shunji Matsuda
松田俊司

金沢市市長公室情報政策課 ICT推進室室長

18:30-19:00

クロージング

19:00-20:00

懇親会

BUY TICKET

CIVIC TECH FORUM 2016 〜 ローカル、ビジネス&テクノロジー 〜
日 程3月27日(日)10:30-20:00 (10:00より受付開始)
会 場建築会館 建築会館ホール・イベント広場
〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号 http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm
最寄り駅:JR線・田町駅、都営浅草線及び三田線・三田駅
参加費¥3,000(税込/昼軽食・懇親会費込)
※領収書がご入用の方は、当日会場受付にて発行をさせていただきます。
定 員300名(先着)
主 催CIVIC TECH FORUM 2016 運営委員会
  • ここから先はOrinoco Peatix株式会社のウェブサイトに遷移します。
  • 申し込みは先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。
  • お申し込み後のキャンセル及び返金はお受けいたしかねます。
  • 当日の模様を記録する画像および映像は、『CIVIC TECH FORUM 2016 運営委員会』に帰属いたします。
  • ご記入いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、『CIVIC TECH FORUM 2016 運営委員会』のメンバーおよびメインスポンサーである株式会社リクルートホールディングスからの事務連絡に使わせていただくことがございます。
  • 株式会社リクルートホールディングスより製品やサービス、イベント、展示会、刊行物などの各種ご案内をお送りする場合がございます。
  • 株式会社リクルートホールディングスの個人情報取り扱いにつきましては、下記ウェブサイトに記載されているプライバシーポリシーをご覧ください。
    http://www.recruit.jp/privacypolicy.html
  • お問い合わせ: info@civictechforum.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR