FC2ブログ

オープンデータ活用歴史ハッカソンin 松江

www.shimane-u.ac.jp/docs/2015100800045/#





島根大学ではオープンデータ(行政等が保有するデータを利用しやすい形で公開し、民間機関等の二次利用が可能なデータ)を活用して地域マネジメント(街づくり・健康福祉)の事例調査や、オープンデータを活用した経済効果に関する研究を進めています。今回は松江市の松江歴史館が所有する歴史情報を、「松江ソーシャルネットワークマップ」を通じてオープンデータ化を進め、そのデータを活用した街づくりにつながるアプリケーションのアイデアや開発を学生や市民の手で進めるイベント(オープンデータ活用歴史ハッカソン in 松江*)を下記日程で開催します。アプリケーションの開発を行うのはエンジニアだけではありません。歴史や街づくりに関心のある皆さま、アプリに使うイラストを描いてみたい皆さま、エンジニアと一緒に学びたい学生の皆さまなど、多くの方のご参加をお待ちしております。

 

■日時

 1031日(土) 10:0017:00

 111日(日)  10:0017:00

■場所

 松江歴史館 歴史の指南所

  松江歴史館:〒690-0887 島根県松江市殿町279番地

■スタッフ

 ファシリテータ 本田正美氏(島根大学RubyOSSプロジェクトセンター・特任助教)

 技術指導

   郡司 哲也 氏 JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)主任研究員

   本多 展幸 氏 株式会社ネットワーク応用通信研究所研究員

■参加者 募集(30名程度)

 島根大学学生 地元ITエンジニア オープンデータや歴史、地域振興に興味がある市民のみなさん

■主催 島根大学RubyOSSプロジェクトセンター

 共催 松江市(予定) 後援 アーバンデータチャレンジ2015実行委員会(予定)

 

〈ロゴ〉地(知)の拠点.gif〈ロゴ〉しまだいCOC.gif

 

※参加無料・参加を希望される方は下記URLDoorKeeper

https://e1814a1ccb3512624bd909cb8e.doorkeeper.jp/events/32597

 

または下記お問合せ先までご連絡をお願いいたします。

●お問合せ先  野田哲夫 TEL&FAX 0852-32-6164 e-Mail: nodat@soc.shimane-u.ac.jp

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR