FC2ブログ

第2回 Wikipediaタウン函館

https://www.facebook.com/events/848105731948133/

★Wikipediaで記録するまちの歴史「Wikipediaタウン」
第2弾を10月17日に開催します★

※イベントページ掲載更新用案(Ver.151010)
https://www.facebook.com/events/848105731948133/


「第2回 Wikipediaタウン函館」
Code for Hakodate (杉本、工藤、兵藤、前田、木塚、中村)
= == == == == == == == == == == == == == == == == == =

<趣旨>
2001年から始まった誰もが編集に参加できるオンライン百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」。現在では日本語版だけでも97万もの記事(2015年8月12日時点)が存在し、函館にまつわる「榎本武揚」など幕末・明治の人物のほか、「いか踊り」、「函館市中央図書館」の記事などもあります。

ですが、まだまだ多くの過去の出来事・人物が記事になっていないのも事実です。
今回は、歴史を深く知る人、IT技術者が一緒になりWikipediaの記事を作る「Wikipediaタウン」の開催を計画中です。Wikipediaの使い方を学びながら、それぞれ交わることの少なかった分野の交流と、未来へ繋ぐアーカイブを継続的に作っていくためのきっかけづくりになればと考えています。

<「Wikipediaタウン」とは>
横浜市や京都府、北海道では森町などの全国各地で開催されているイベントです。グループに分かれて地域にまつわるWikipediaの記事を作ったり、既にある記事に写真を追加したり、加筆修正したりして、地域の記憶を積み上げていき、その地域を「Wikipediaタウンのまち」にしていきます。

<概要>
■名称:「第2回 Wikipediaタウン函館」
■日時・場所:2015年10月17(土) 10:00~17:00
 ※雨天時、会場変更の可能性有(雨が降った場合は以下主催までお電話ください)
 ● (午前の部) 函館市地域交流まちづくりセンター 3階(※)+西部地区
 ※今回はまちづくりセンターの駐車場は利用不可。近隣駐車場をご利用ください。
 ● (午後の部) 函館市中央図書館 2階 中研修室

■参加費:無料 (※交通費、資料代、食事代、懇親会費は実費負担です)
■参加対象:20名定員(先着順)、4チームに分けます
 ・ 函館市内の歴史に詳しい方(IT知識は無くても問題なし!)
 ・ Wikipediaに興味のある方、使い方を学びたい方(学生含む)

■プログラム:
 ・ 午前の部:西部地区でまちあるき「旧ロシア領事館」「函館大火(の項目の中に耐火建築の項を入れる)」(※写真撮影や書籍・資料集めをします)
 ・ 午後の部:出典元となる資料を調べながら、記事の作成上記の記事に加え、「FMいるか」「殺生釘」を扱う予定
 (※他に編集したい記事があればご相談ください)
■ゲスト:日下九八(くさか・きゅうはち)氏
 (Wikipedia日本語版 管理者・編集者/OpenGLAM Japan)
■お申し込み Code for Hakodate 中村までお電話かメールにてお願いいたします。
 ・電話:050-5579-0613
 ・メール:code4hakodate@googlegroups.com
 ※メールでのご参加の際は「お名前」「緊急連絡先」「Wikipediaで書いてみたいテーマ」を本文にご記入願います。

■あればお持ちください:
デジタルカメラ、記事に使えそうな写真(紙でお持ちのものでも良いです)、関連する書籍や新聞記事、動きやすい服装、筆記用具、PCなど

■告知ページ :https://www.facebook.com/events/848105731948133/

■主催:Code for Hakodate (コード・フォー・ハコダテ)
■協賛:ハコレコドットコム株式会社、山田圭飛
■後援:函館市、函館市教育委員会

= == == == == == == == == == == == == == == == == == =

<ゲストプロフィール>
日下九八(くさか・きゅうはち)氏
Wikipedia日本語版 管理者・編集者 / OpenGLAM Japan

2005年12月が初編集。2006年11月から管理者。
2013年のインターナショナル・オープンデータ・デー in YOKOHAMA での初開催以来、二子玉川、伊那・高遠、国会図書館、富山のウィキペディアタウンおよびウィキペディア街道に参加。
https://meta.wikimedia.org/wiki/User:Ks_aka_98/outreach

= == == == == == == == == == == == == == == == == == =

<スケジュール>
(※天候等の条件により変更がある場合は随時上記告知ページにてお知らせいたします)

09:45 【開場】函館市地域交流まちづくりセンター 3階 (北海道函館市末広町4番19号)
 ※施設の駐車場はご利用になれませんので、近隣の駐車場をご利用ください

10:00 【開始】趣旨説明
10:15 15秒自己紹介。チーム分け、作戦会議

10:30 西部地区まち歩き開始(資料集め・写真撮影)
・(1)旧ロシア領事館チーム(担当工藤)
・(2)耐火建築チーム(担当前田)
・(3)(調整中)

※途中で適宜昼食を済ませておいてください

- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -
※14:10から中央図書館で午後の部です。
※公共交通機関をお使いの方は以下を参考にしてください。
13:15 まちづくりセンター目の前「十字街」電停から「函館駅前」まで向かう。
13:35 函館駅前からバスに乗る(函館駅前5番のりば、「106ループ27系統」)
13:56 「中央図書館前」バス停着。
http://www.hakobus.co.jp/search/
- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -

14:10 午後の部開始
※随時、使い方が分からない方のサポートをスタッフがいたします。

14:15 講演・レクチャー:「あなたの街と、オープン、そしてウィキペディア」
    日下九八(くさか・きゅうはち)氏(Wikipedia日本語版 管理者・編集者/OpenGLAM Japan)

14:35 発表方法の説明
14:40 資料集め(30分)
15:10 編集タイム(記事を印刷したものを御配りしますので、そこに赤ペンで書き込み、もしくはパソコンで編集していきます。)

15:45 ライトニングトーク/ピッチ/宣伝タイム(市内で活動やアプリなど、それぞれ1分程度で自由に告知や活動紹介をしてください!資料をプロジェクターで投影するのも可能です。※希望者はその場でお声がけください)

16:25 最終発表タイム (3分×4チーム)
 ・編集前と編集後の比較画面を出して口頭で説明。

16:37 日下九八氏による講評
16:45 終了。懇親会開始。希望者は1階の喫茶ボルヤンさんへ。
 ※ボルヤンさんは貸切ではありませんので、ご注意ください
 ※お菓子などが販売されています。こちらは自己負担でお願いいたします。

17:40 懇親会終了。現地解散。

※引き続き18:00から中会議室にて「オープン・アーカイブ・サロン」を行うことになりました。
 公立はこだて未来大学の川嶋稔夫教授 と本イベントゲストの日下九八氏が講演とトークを行い ます。はこだて未来大と中央図書館で行ってきた古地図や古写真などをデジタルデータに保管して、長期保存を可能にし、様々な用途に使えるようにした「デジタルアーカイブ」の事例を振り返りながら、今後のデジタルアーカイブの可能性を国立国会図書館の事例や「OpenGLAM」の取り組みを交えながらについて話し、交流のできる場とします。
 https://www.facebook.com/events/754413258019746/

= == == == == == == == == == == == == == == == == == == == == == == == =
■お問い合わせ先
Code for Hakodate 中村拓也
電話 050-5579-0613 / メール code4hakodate@googlegroups.com
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR