FC2ブログ

連続自治体特別企画セミナー(KPIセミナー) 『地方自治体におけるオープンデータの活用』

http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=4478&frmCd=26-2-0-0-0#

概要
  近年、ますます急ピッチで進む情報化の波は、国、自治体等が保有する膨大な公共データのビジネス活用等の期待を高めるに至っています(オープンデータ活用)。平成25年6月に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」にオープンデータ活用推進が位置づけられています。オープンデータは、公共データの民間等による二次利用を推進し、官民の情報共有による多様な公共サービスが効率的に提供されること、さらに新ビジネスの創出や自治体における政策決定等に公共データを用いた分析等が容易になる等の効果が期待されています。
 本セミナーでは、福井県鯖江市情報統括監 牧田泰一氏と国際大学グローバルコミュニケーションセンター客員研究員 林雅之氏をお招きし、公共データのオープンデータ化の実践例に学ぶとともに、自治体にとってのオープンデータの効用、各地における取組み事例、国際的な動向等について議論を進めたいと思います。ぜひご参加ください。

【日 時】平成27年8月20日(木)15:00〜17:15(受付開始14:30)
【場 所】京都府立大学稲盛記念会館1F 106講義室(左京区下鴨半木町1−5)
【対象者】自治体職員・議員、研究者、学生 ほか広く府民一般
【申し込み期限】平成27年8月17日(月)
参加をご希望の方は、申込フォーム/下記の申込用紙によるFAXにてご連絡ください。

※バイク・自転車でお越しの方は京都府立大学の駐輪場をご利用ください。なお、自動車はご遠慮ください。


■講師
 牧田 泰一(まきた やすかず)氏 (福井県鯖江市 政策経営部情報統括監)
 林  雅之(はやし まさゆき)氏 (国際大学GLOCOM客員研究員)


<牧田氏プロフィール>
2011年4月から情報統計課長、2012年から現職。
鯖江市民主役条例に基づき市民との情報共有を図るためのXMLによるオープンデータの取組みを進める。ITによる市民福祉の向上が課題、鯖江市として2013年3月にはオープンデータ流通推進コンソーシアムで最優秀賞、google賞、2012年3月 Lod Challenge Japan 2011 公共LOD賞を福野泰介さんと受賞、2013年3月同 ”人の流れ賞”受賞。

<林氏プロフィール>
政府のクラウドおよび情報通信政策案件などの担当を経て、2011年6月からクラウドサービスのサービス開発やマーケティングを担当。
ASPIC オープンデータ研究会 有識者委員 2014。データサイエンス・アドベンチャー杯 2014審査委員。「総務省情報通信白書2014(第3章第2節オープンデータ活用の推進)」編集の一部を担当。
主な著書『オープンデータ超入門(インプレスR&D)』『クラウドビジネス入門(創元社)』など。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR