FC2ブログ

第4回 OpenGLAM JAPAN シンポジウム 「ウィキペディアタウン・ファシリテーター養成講座」が行われました!

IMG_20150329_092408.jpg

2015/3/29(日)9:30~18:00
第4回 OpenGLAM JAPAN シンポジウム 「ウィキペディアタウン・ファシリテーター養成講座」が横浜で、行われました!
https://www.facebook.com/events/719997324783746/

**************************************************
※ウィキペディアタウンとは?
https://www.facebook.com/events/719997324783746/
より

文化財や観光名所など、その地域の情報がインターネット上の百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」に掲載され、容易にアクセスできるまちを「ウィキペディアタウン」と呼びます。実際のまちと結びついた情報が世界中に公開されるので、地域をより活性化させることが可能となります。

このようなウィキペディアタウンを広めるため、実際にまちを歩いて情報を集め、その場でウィキペディアを編集するイベントが各地で開催され始めています。OpenGLAM JAPANは、このようなウィキペディアタウンの活動を支援しています。

ウィキペディアには「検証可能性」という方針があり、書かれている内容に対応する情報源を示さなければなりません。そうした情報源をなる書籍や雑誌を保有しているのは、図書館です。百科事典に掲載する図版の多くは、著作権が切れた歴史的な資料や美術作品であり、そうした資料を多く所蔵しているのが美術館や博物館です。これにより、GLAM/文化施設の持つ情報が二次活用され、オープン化を促進する機会となるのです。

プログラム:
午前
・オープニング
・ウィキペディアの概要と編集の基礎
・街歩き
・資料収集
・記事作成の実践(編集と写真のアップロード)

午後
講演
・ウィキペディアタウンの概要と事例報告(横浜、二子玉川、京都ほか)
・なぜオープンGLAMとウィキペディアタウンが繋がるのか
・ウィキペディア以外のオープンなプロジェクト
ワークショップ
・私達のまちでウィキペディアタウンをやってみよう!
・クロージング

■講師:
・日下九八(Wikipedia日本語版管理者・編集者
  /User:Ks aka 98)
・小林巌生(ウィキペディアタウン横浜
  /特定非営利活動法人リンクト・オープン・
  データ・イニシアティブ 副理事長
  /有限会社スコレックス代表取締役)
・高橋陽一(Wikipediaタウン二子玉川プロジェクト)
・青木和人(京都まちあるきオープンデータソン
  /オープンデータ京都実践会
  /立命館大学院公務研究科
  /立命館大学歴史都市防災研究センター
  /あおきgis研究所)
・是住久美子(京都まちあるきオープンデータソン
  /オープンデータ京都実践会
  /京都府立図書館・ししょまろはん)
・高橋徹(ちずぶらり/ATR Creative
  /特定非営利活動法人リンクト・オープン・
  データ・イニシアティブ 関西支部長)
・山下康成@京都府向日市
 (京都まちあるきオープンデータソン
  /オープンデータ京都実践会)
**************************************************

IMG_20150329_094201.jpg
OpenGLAM JAPANさんからの旅費補助もあり、約50名の北海道や佐賀など全国各地でウィキペディアタウンを開催したいと考えている方々が一堂に会しました。

午前中の会場となった「横浜開港資料館」は、横浜の歴史に関する資料を収集し、閲覧・展示・出版などにより一般に公開する施設です。
http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

IMG_20150329_092347.jpg
この横浜ならではの「横浜開港資料館」で、「ウィキペディアタウン・ファシリテーター養成講座」が行われました。

IMG_20150329_094201.jpg
まずは日下九八さんのオープニングから

IMG_20150329_095320.jpg
ほんとは怖いウィキペディアのお話も、サンドボックスで確認してから、投稿しましょうね。


IMG_20150329_094914.jpg
とても参考になる概念図ですね。

IMG_20150329_101013.jpg
「横浜開港資料館」館長さんが横浜の歴史についてご講演くださいました。
その土地ならではの専門家にお話をお聞きできるのが、ご当地ウィキペディアタウンの醍醐味ですね。
偽物の硯の話はとても面白かったです。ありがとうございました。

IMG_20150329_103615.jpg
IMG_20150329_111007.jpg
約1時間ほどの講義の後、11時頃から、早速にウィキペディア記述体験ということで、テーマごとにチーム分けを行い、資料確認や現地調査に向かいました。

IMG_20150329_111600.jpg
IMG_20150329_111943.jpg
私達のチームは、先日惜しくも解体されてしまった旧三井物産横浜支店生糸倉庫の項目を記述するために跡地と三井物産横浜支店の事務所棟の現地調査を行いました。

IMG_20150329_112540.jpg
現地調査終了後、「横浜開港資料館」の地下にある資料室を使わせていただき、関連資料を集めました。

b.jpg
d.jpg
c.jpg
11時から13時までの2時間で、現地調査、資料収集、ウィキペディア記述という殺人スケジュールでしたが、なんとか各チームそれぞれでウィキペディア記述体験を行って、発表を行いました。



IMG_20150329_143954.jpg
午後からは会場を「さくらWORKS<関内>」へ移動して、
・ウィキペディアタウンの概要と事例報告(横浜、二子玉川、京都ほか)
・なぜオープンGLAMとウィキペディアタウンが繋がるのか
・ウィキペディア以外のオープンなプロジェクト
ワークショップ
・私達のまちでウィキペディアタウンをやってみよう!
・クロージング
が行われました。

IMG_20150329_144653.jpg
IMG_20150329_145636.jpg
日本でのウィキペディアタウンは横浜で始まり、二子玉川で「wikipediaタウン」+「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」が初めて行われ、それらに刺激を受けて、京都や高遠で開催されている事例や経緯、気をつけていることなどの報告がありました。

IMG_20150329_145944.jpg
IMG_20150329_151240.jpg
また、ウィキペディアタウンと関連して開催されているプロジェクトである「OpenStreetMap(OSM)」や「ちずぶらり」についての説明もありました。

IMG_20150329_170102.jpg
IMG_20150329_170057.jpg
その後、ワークショップとして、各チームに分かれて、
本日の感想の共有
ウィキペディアタウンをどんなところでやってみたいか?
どんなテーマで書きたいか?
どんな方々と連携してできそうか?
について、話し合いました。

IMG_20150329_170100.jpg
IMG_20150329_170057.jpg
IMG_20150329_171423.jpg
ほんとは怖いウィキペディアの話
自分たちの街をPRしたいからといって、好き勝手に書いてはいけません!
ウィキペディアはきちんと資料にもとづいて書かないといけない!
コピペはダメ!
などウィキペディアを編集する際に、口を酸っぱくして心得ておかないといけない点を学んで、若干、元気がなくなっていたところもありましたが。。
ワークショップで、いろんな地域でウィキペディアタウンにこんなにたくさんの方々が興味を持っているんだ!ということの共有ややっぱり街のことを知ってそれをみんなに伝えていくのはやっぱり楽しいね!
というところを話をして、是非、来年度は今回の参加者の各地でウィキペディアタウンをやってみよう!というように盛り上がりました!

IMG_20150329_172012.jpg
IMG_20150329_171728.jpg
IMG_20150329_172152.jpg
各グループでの意見を発表して共有化しました。


IMG_20150329_172420.jpg
・クロージング
日下九八さんとOpenGLAM JAPANの岡本さんのクロージングで
全国のウィキペディアタウンへの熱い想いをもった方々が一堂に会した
第4回 OpenGLAM JAPAN シンポジウム 「ウィキペディアタウン・ファシリテーター養成講座」は
充実した内容で終了しました。

来年度はさらに各地でウィキペディアタウンが開催されそうですね!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR