FC2ブログ

オープンデータと情報地質の新たな展開 日本情報地質学会シンポジウム2014

http://www.jsgi.org/symposium2014.html#





日本情報地質学会シンポジウム2014

 

主催:

  日本情報地質学会

共催:

  独立行政法人 産業技術総合研究所

  一般社団法人 全国地質調査業協会連合会

  一般社団法人 資源・素材学会探査工学部門委員会

  特定非営利活動法人 地質情報整備活用機構

後援:

  公益社団法人日本地質学会情報地質部会

2014/10/08 

オープンデータと情報地質の新たな展開

 

2014年11月21日(金)  13:00~

 

国学院大学  横浜たまプラーザキャンパス 講堂

 

PDF 案内PDF

シンポジウムに先立ち、同会場にて、次の講演を行います(参加費無料)

 

10:10~10:40 学術会議地球惑星科学委員会IUGS分科会CGI小委員会 主催

『Representing and Sharing Geoscience Information using GeoSciML』

Joel Bandidas(産業技術総合研究所)

 オープンデータはビッグデータと共に最近の世界的な動向です。公共性のあるデータを誰でも自由に使用し,再利用・再配布できることを総称してオープンデータと呼ぶ事が多いと思われます。このオープンデータの概念では,アクセス制限や著作権・特許・利用料などを通じた様々な制限を,公共的な利益をはかる目的で取り払うことを目指していますが,一方,形式的に無料のライセンス・著作権の下に利用可能とする制約を設けることで,データの質を保持しようともしています。
 既に,地球科学では1957-58年の国際地球観測年で科学データのオープン・アクセスの概念が確立されていました。これが拡大して,2004年に至って,OECD加盟国の全科学担当大臣が,公的資金によるアーカイブデータは公的に利用可能であるべきとの宣言に署名して後,オープン・アクセスが加速的に世界に普及するようになりました。現在では,政府や自治体の保有するデータを一切の著作権・特許の制約なしで利用・再掲載できる形で幅広くアクセスすることが世界で進行しており,日本でも政府・自治体に急速に普及・拡大しつつあります。WEBを利用することにより,低コストのオープンデータの提供が普及すると共に,無料のアクセス化が増えてきましたが,様々な課題も見えてまいりました。
 情報地質分野では,国土交通省のボーリングデータなど防災等に重要な地盤情報や地質情報の公的データが無償オープン化され,5万分の1地質図幅説明書も本年7月から無償閲覧可能となりました。本シンポジウムでは,オープンデータを情報として広く活用するため,データプロバイダ側,データ保存側,データ利用側の異なる立場から最近の動向をご紹介いただき,特別講演として,オープンデータによる社会イノベーションへの貢献についてご紹介いただく予定です。
 なお,当学会は2014年8月(NPO)地質情報整備活用機構との間で事務局の委託契約を締結すると共に本部住所を同機構内に移転いたしました。この関係により,特別講演は同機構が主催致します。

講演要旨集は発行いたしません.発表者が作成した配布用文書をPDFファイルとして掲載いたします。

出席される方は各自、ダウンロードまたは印刷してご持参ください。

(学内にはフリーWiFi環境はございません)

プログラム
13:00~13:05主催者 開会挨拶以下、PDF
掲載予定
 13:05~13:45地盤情報のオープンデータ化について -電子納品対応ガイドブックとの関連において-
坂森 計則(日本工営(株))
 
 13:45~14:25地盤情報と三次元モデルについて -CIM対応ガイドブックとの関連において-
秋山 泰久(国際航業(株))
 
 14:25~14:35~休憩~ 
 14:35~15:15各国の地質情報整備とその周辺の動向及び産総研地質図のオープンデータ化について
田中 明子((独)産業技術総合研究所)
 
 15:15~15:35東京地学協会出版物のオープンデータ化について
加藤 茂(日本水路協会常務理事(東京地学協会 理事))
 
 15:35~15:45~休憩~ 
 15:45~16:55特別講演『オープンデータから社会イノベーションへ』
川島 宏一((株)公共イノベーション代表取締役 )
 
 16:55~17:00閉会挨拶 
 

意見交換会(17:15~18:30) 

国学院大学 横浜たまプラーザキャンパス内 カフェラウンジ「万葉の小径」  【意見交換会参加費:2,000円】

 


連 絡 先:

  日本情報地質学会  連絡窓口 

参加ご希望の方は,件名に「情報地質シンポジウム参加申込」と明記して,御名前・御所属・電話番号・e-mailアドレスを上記アドレスにお送り下さい】

◎人数の把握をするために、見込で構いませんので、参加申し込みをいただければ幸いです。

◎懇親会への申し込みも同時にお知らせいただければ、幸いです。

◎当日の急なキャンセルの場合、メールにてお知らせいただけると助かります。キャンセル料など一切不要です。

◎申込なしの当日参加も承ります。

 


 

参加費 :  1,000円

意見交換会 :  2,000円

 



CPDH: 4  (Geo-Schooling NET

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR