京都オープンデータ活用イベント「まちづくりにオープンデータは使えるの?」

http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000163119.html

京都オープンデータ活用イベント「まちづくりにオープンデータは使えるの?」の開催について
 国や自治体が持っている人口,予算,税収入,防災,観光施設,子育て,介護・福祉などの情報を,誰もが自由に加工・利用できるようにして公開する,オープンデータの取組が,全国で進められています。

 オープンデータの推進により,新しいサービス・商品やビジネスを創出して,経済の活性化や行政の透明性を向上させ,市民の信頼を高めることが期待できます。

 この度,京都市では,オープンデータの意義や有効性を知り,オープンデータとして公開した京都市が持っている様々な情報の有効な活用方法について,市民が自由な発想で意見交換,アイデア出しを行うイベントを開催しますので,お知らせします。

1 日時
平成26年3月23日(日曜日) 午前10時~午後4時
2 会場
京都御池創生館 地下1階 研修室(中京区御池通柳馬場東入)
3 内容
内容
時間 内容
10時~12時
「オープンデータを知ろう!」
  ~オープンデータについて,いろいろな人の話を聴く~
 オープンデータの意義や有効性を知ることを目的に,データの提供者・利用者,IT企業,大学教授などによる会議を開催します。
 午後から行うワークショップに参加する方が,この会議を傍聴・参加して,オープンデータに関する理解を深めます。
12時~13時 休憩
13時~16時
「アイデアを出し合うワークショップ」
  ~オープンデータの使い方を考えよう!~
 あらかじめ設定したテーマごとのグループに分かれて,「こんな情報が,こんな形であれば,こんなことができる!」と,オープンデータの利活用について意見交換,アイデア提案を行います。
テーマ
 1 観光・国際交流,2 安心安全,3 環境,4 子育て・教育,
 5 介護・福祉・医療,6 交通,7 文化,8 建設・産業,9 その他
 ※興味のあるテーマを二つまで選んでいただき,同じテーマを選んだメンバーごとのグループに分かれて話し合いを行います。
4 参加費
無料
5 定員
50名(先着順)

※託児可能(先着10名。対象年齢は原則として生後6ヵ月~小学校3年生とします。)

6 募集期間
平成26年3月4日(火曜日)~平成26年3月18日(火曜日)
7 申込方法
 催し名(京都オープンデータ活用イベント),郵便番号,住所,氏名,電話番号,託児の希望の有無(希望する場合は,利用する子どもの氏名,性別,年齢を明記),ワークショップで参加したいテーマを下表から2つまでを選択のうえ,申込先まで電話,FAX又はメールでお申し込みください。
テーマ
1 観光・国際交流
  観光案内,外国人・留学生との交流 など 2 安心安全
  防災,防犯 など 3 環境
  ごみ減量,温暖化対策 など
4 子育て・教育
  育児支援,学校教育 など 5 介護・福祉・医療
  高齢者,障害者支援,疾病予防 など 6 交通
  バス,地下鉄 など
7 文化
  文化芸術,スポーツ など 8 建設・産業
  道路,公園,商業振興 など 9 その他
  1~8以外の関心あるテーマ
8 申込先
京都いつでもコール(受付時間:午前8時~午後9時)
 電話 075-661-3755
 FAX 075-661-5855
 メール 下記ホームページの送信フォームを御利用ください。
      http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html
9 問合せ先
総合企画局情報化推進室(電話075-222-3257)
10 主催
ITコンソーシアム京都,京都市,(公財)京都高度技術研究所
11 共催
(一社)京都府情報産業協会
12 後援
京都コンピューターシステム事業協同組合
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR