FC2ブログ

「透明で開かれた政府を求めて〜オープン・ガバメント・パートナーシップの可能性〜」

http://www.jclu.org/file/140320ogpflyer.pdf

公益社団法人自由人権協会(JCLU) 3 月例会

オバマ大統領は、2009年の就任後、「透明性のある開かれた政府の実現」を目指す宣言に署名し、米国では?透明性、?国民参加、?政府内外の機関との協働の 3 原則に基づく改革が進められてきました。
世界でも、2011年9月、「オープンガバメント・パートナーシップ(Open Government Partnership:OGP)」が創設され、透明で開かれた政府の形成に向け、共同で取組みを行っています。
OGPには、米国、ブラジル、インドネシア、メキシコ、ノルウェー、フィリピン、南アフリカ、イギリス等約60カ国が参加しており、日本は数少ない不参加先進国です。
日本でも、政府の持つデータの活用を進めるための取り組みも始まりましたが、他方で、昨年末にはOGP参加国が目指す、“開かれた政府”に逆行する「特定秘密保護法」が成立しました。
情報公開制度の深化が足踏みするなかで、秘密保護法によって情報の流通が閉ざされる危険が生まれた日本で、OGPの理念と日本が参加する意味、OGPが私たちにもたらすものは何かについて、OGPにつき研究、検討されてきた講師の方々のお話を伺い、考えたいと思います。

日時:2014 年 3 月 20 日(木)午後 6 時 30 分〜
場所:弁護士会館 10 階 1003CD(東京都千代田区霞が関 1 丁目 1 番 3 号)
講師:ジョエル・ルーベンさん(オーストラリア弁護士)
庄司昌彦さん(国際大学 GLOCOM 講師、主任研究員)
ローレンス・レペタさん(明治大学特任教授、JCLU 理事)
※予約不要・参加費無料

東京メトロ「霞ヶ関駅」B1-b 出口より直通
東京メトロ「桜田門駅」5 番出口より徒歩 8 分
都営三田線「日比谷駅」日比谷公園を通り徒歩 8 分
JR「有楽町駅」日比谷口よりお堀沿い徒歩 10 分

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR