FC2ブログ

インターナショナルオープンデータデイ2014@千葉「データでつなぐ現在・過去・未来」

http://atnd.org/event/IODD2014chiba#

インターナショナルオープンデータデイ2014@千葉「データでつなぐ現在・過去・未来」
開催日時 2014 02/22(土)10:002014 02/22(土)17:00
開催場所 千葉県千葉市中央区大巌寺町200淑徳大学千葉キャンパス 3号館アネックス
チケット
チケット名 受付期間 チケット価格 販売状況
IODD2014@千葉 02/03(月)23:55 〜
02/21(金)17:00まで 無料 販売中
チケットを申し込む
※参加申し込み後のキャンセルが可能です
Facebookシェア

イベント情報

「オープン!ちば」では、2014年2月22日(土)に開催される「インターナショナルオープンデータデイ2014」に、千葉市を会場として参加します。
「インターナショナルオープンデータデイ」とは、世界中の国や都市などの公共機関が取り組んでいるオープンデータ政策をサポートし、公共データ利用を促進するためのイベントを世界で同日開催するもので、2013年は千葉市を含む世界102地域、国内8地域で開催されました。
当日は、産・官・学・民、さまざまな立場の方々がオープンデータを通じて街や地域と向き合い、仲間を作り、新たな一歩を踏み出す機会として、公共データを活用したアプリケーションの開発や、データの発掘・公開・可視化・分析を行い、その結果を公表します。
千葉市会場では、“データでつなぐ現在・過去・未来”をテーマに、
○ Historypinを使った街のアーカイブ“まちラブ・ちば”
○ 千葉市の都市形成過程を財政データで再現する“Finantial Data & History of the Ctiy(FD&HC)”
○ 人と人のつながりを可視化する“地域の絆マップ”
の作成に取り組みます。
それぞれのプログラムでは、エンジニアを中心に参加者の知恵を結集して、2/9に開催したプレイベントでのアイデアの実現をめざします。オープンデータに興味のある方、千葉に愛着のある方、地域の課題をICTを使って解決したい方、エンジニア・デザイナーのみなさん、ぜひ、ご参加ください!
日時:2014年2月22日(土)10:00〜17:00
場所:淑徳大学千葉キャンパス 3号館アネックス(千葉市中央区大巌寺町200)
http://www.shukutoku.ac.jp/university/access/rosenchiba.html
定員:60人(先着申込順)
参加費:無料
スケジュール:
  9:30       開場
 10:00〜11:20 開会・趣旨説明・オリエンテーション・グループ紹介など
 11:30〜15:30 グループワーク(1)
            ○まちラブ・ちば →白旗思い出ポスト づくり(登録・まとめ)など
            ○Finantial Data & History of the Ctiy(FD&HC) →ハッカソン・まとめ
            ○地域の絆マップ →ハッカソン・まとめ
 15:30〜17:00 発表・意見交換・講評
 18:30〜20:30 懇親会(蘇我駅周辺に移動後、希望者で開催。懇親会費¥3,500。申込は当日会場で)
主催:オープン!ちば(県内でオープンデータ推進を目的に活動する市民有志の団体)
共催:淑徳大学コミュニティ政策学部
連絡先:オープン!ちば 担当:松島 openchiba@gmail.com
※ 会場には駐車場はありませんので、公共交通機関でお越しください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR