FC2ブログ

公共交通を便利にするアイディア検討会(アイディアソン)

https://udc2018takaoka.code4toyama.org/

アーバンデータチャレンジ2018
県民発公共交通オープンデータ利活用事業
公共交通を便利にするアイディア検討会(アイディアソン)

今、バスの時刻表や走行位置の情報活用して、暮らしを便利にしようという取り組みが、全国各地で行われています。富山県でも今年度中に、バス停の位置、時刻表のデータを公開して、民間事業者が無償で活用できるようにする計画です。
このイベントでは、日本全国の事例紹介や県内の様々な取り組み事例をお伝えし、富山県の鉄道・バスなどの公共交通をもっと便利に使えるアイディアを参加者全員で考えます。

日程:平成30年10月20日(土) 13:30〜17:00
参加費:無料 / 定員:30人
場所:高岡駅地下 Crun高岡B1ステージ

ページ下部のボタンよりお申込みください

スピーカー/ファシリテーター

諸星 賢治

株式会社 ヴァル研究所 セールス&アライアンスチーム 公共交通企画担当。
乗換案内サービス「駅すぱあと」におけるバスデータ等の情報収集、データ制作等の実務を10年以上担当。データを利用したサービス企画の他、オープンデータに関する活動として、民間、行政のアドバイザー、データ制作業務や全国各地における講演、イベント企画等を実施。 専門知識を活かし国土交通省「標準的なバス情報フォーマット」の仕様策定にも関与。

web site

堀田 裕弘

富山大学 都市デザイン学部 副学部長、大学院理工学研究部 教授。
主な研究分野は、マルチメディア・データベース、画質・映像評価、ITS、生体情報計測(NIRS, EEG)、バスナビゲーションシステム。
2017年 道の駅「たいら」を拠点とした自動運転サービス地域実験協議会会長, 2015年 電子情報通信学会 イメージメディアクオリティ研究会 委員長, 2015年 国土交通省 北陸圏広域地方計画有識者懇談会 副委員長, 2012年 計測自動制御学会 北陸支部長 など。

web site

東出 賢一

IT×地域×モビリティを切り口に、2016年より Code for Takaoka で活動中。
毎年、公共交通アイディアソンのファシリテーターを務めながら、富山県高岡市の新幹線駅エリアを盛り上げる「シン・タカオカ・ランド」を開発。
また、地域のバスのオープンデータ化の活動も行う。

web site

会場

curun高岡B1ステージ

JR/あいの風とやま鉄道 高岡駅 地下1F

お店のサイトはこちら



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR