FC2ブログ

MLAデータアイデアソン

https://mukai-lab.info/event/mla-ideathon/

MLAデータ
アイデアソン

博物館(Museum),図書館(Library),文書館(Archives)のオープンデータを活用したアイデアソンを実施します.文化的・歴史的な情報を知ることで,普段の生活が少し違ったものに見えてきます.より豊かな生活を送るためのアプリやサービスを共に考えましょう.

開催日時:2019年11月30日(土)
会場:椙山女学園大学 文化情報学部棟 メ324・メ325室
主催:アーバンデータチャレンジ 愛知ブロック
協力:椙山女学園大学 文化情報学部
参加費:500円(一般),無料(学生)

参加申し込み

学生のお申し込みは下記フォームより受け付けています.申し込み〆切は11月16日(土)です.一般のご参加は招待制となりますのでご理解ください.また,一般でのご参加には500円の参加費が必要となりますので,当日にご持参ください(参加費は運営費に充当します).

アイデアソン

アイデアソンはアイデアとマラソンを組み合わせた造語です.多様なバックグラウンドを持つ人達でチームを編成し,制限時間の中で,サービスやアプリなどのアイデア出しをします.本イベントでは,MLAデータを利用したアイデアを競います.

MLAデータ

博物館(Museum),図書館(Library),文書館(Archives)で記録・保存されている文化的・歴史的な情報資源のことです.近年,組織の枠組みを超え,資料をデジタル化して統合的に情報提供を行う仕組みが整いつつあります.

アーバンデータチャレンジ(UDC)

本イベントは,アーバンデータチャレンジ2019・愛知ブロックの一環として開催されます.アーバンデータチャレンジは,公共データを活用したアプリやサービスの一般参加型のコンテストです.

タイムテーブル

時刻内容
09:30受付開始
10:00開会挨拶
10:05MLAデータアイデアソンについて
10:15招待講演
「タイトル(仮)」
奥田 倫子(国立国会図書館 電子情報部電子情報流通課主査兼標準化推進係長)
11:00ハンズオン
ジャパンサーチからSPARQLでデータ取得
向 直人(椙山女学園大学 文化情報学部文化情報学科 准教授)
12:00昼食
13:00チームビルディング
14:00ブレインストーミング
16:00アイデアの発表
17:00表彰・閉会挨拶
18:00懇親会

会場
椙山女学園大学 星ヶ丘キャンパス 
文化情報学部棟 メ324・メ325室
(上記リンクのCの建物の3階)

住所
〒464-0802
愛知県名古屋市千種区星が丘元町17-3



スポンサーサイト



Japan Searchハッカソン in UDC2019大阪

Japan Searchハッカソン in UDC2019大阪

開催概要
イベント名称:Japan SearchハッカソンinUDC2019大阪
開催日程:2019年11月16日(土)10:00~18:00(9:30開場予定)
会場:貸し会議室レン太本町A(大阪府大阪市中央区本町3-4-11)
主催:アーバンデータチャレンジ大阪ブロック(LODチャレンジ関西支部)
   アーバンデータチャレンジ実行委員会
   Code for OSAKA
データ提供・支援:国立国会図書館
参加費:無料(参加申し込みをお願いします)

開催趣旨:
ジャパンサーチ(Japan Search,https://jpsearch.go.jp/)は,さまざまな分野のデジタルアーカイブと連携して,我が国が保有する多様なコンテンツのメタデータをまとめて検索できる「国の分野横断統合ポータル」です.ジャパンサーチ(試用版)では,50の連携データベースに含まれる170万点を超えるコンテンツのデータが公開されており,これらのデータは,文化的な発信のみならず,観光や地方創生,教育研究,ビジネスへの利用など,新たな価値創出,イノベーション推進にも貢献することが期待されています .

本イベントでは,ジャパンサーチが提供するデータ,および,開発用APIを利用し,新たなイノベーションにつながるサービスの提案・開発を目指します.提案・開発されたサービスは,イベント後のブラッシュアップを技術的にサポートした上で,アーバンデータチャレンジ2019 への応募につなげます.

これにより,本イベントのみにとどまらず,イベントで創出されたアイデアや作品が,新たな展開へとつながることが期待されます.

プログラム(予定)
9:30 開場
10:00 オープニング・開催趣旨説明
10:10 インプットトーク
 「Japan Searchを用いたデジタルアーカイブの活用方法」
  国立国会図書館 職員
10:40 アイデアソン
12:00 チームビルディング
12:20 昼食休憩
13:30 ハッカソン(各チームごとに開発)
17:00 成果発表
17:45 クロージング
18:00 終了・解散
 

Japan Searchハッカソン in UDC2019大阪

https://udc2019osaka.peatix.com/

開催概要
イベント名称:Japan SearchハッカソンinUDC2019大阪
開催日程:2019年11月16日(土)10:00~18:00(9:30開場予定)
会場:貸し会議室レン太本町A(大阪府大阪市中央区本町3-4-11)
主催:アーバンデータチャレンジ大阪ブロック(LODチャレンジ関西支部)
   アーバンデータチャレンジ実行委員会
   Code for OSAKA
データ提供・支援:国立国会図書館
参加費:無料(参加申し込みをお願いします)

開催趣旨:
ジャパンサーチ(Japan Search,https://jpsearch.go.jp/)は,さまざまな分野のデジタルアーカイブと連携して,我が国が保有する多様なコンテンツのメタデータをまとめて検索できる「国の分野横断統合ポータル」です.ジャパンサーチ(試用版)では,50の連携データベースに含まれる170万点を超えるコンテンツのデータが公開されており,これらのデータは,文化的な発信のみならず,観光や地方創生,教育研究,ビジネスへの利用など,新たな価値創出,イノベーション推進にも貢献することが期待されています .

本イベントでは,ジャパンサーチが提供するデータ,および,開発用APIを利用し,新たなイノベーションにつながるサービスの提案・開発を目指します.提案・開発されたサービスは,イベント後のブラッシュアップを技術的にサポートした上で,アーバンデータチャレンジ2019 への応募につなげます.

これにより,本イベントのみにとどまらず,イベントで創出されたアイデアや作品が,新たな展開へとつながることが期待されます.

プログラム(予定)
9:30 開場
10:00 オープニング・開催趣旨説明
10:10 インプットトーク
 「Japan Searchを用いたデジタルアーカイブの活用方法」
  国立国会図書館 職員
10:40 アイデアソン
12:00 チームビルディング
12:20 昼食休憩
13:30 ハッカソン(各チームごとに開発)
17:00 成果発表
17:45 クロージング
18:00 終了・解散
 

2019アーバンデータチャレンジ京都 in NDL関西館 アイディアソン

https://udc-kyoto.connpass.com/event/152526/

1 趣旨

地域課題解決のためのオープンデータの利活用を目的として、自治体の継続的なデータ公開や企業の参画を促進するコンテスト「アーバンデータチャレンジ2019」への応募を目指したイベントが全国各地で行われています。

UDC京都府ブロックでは、国立国会図書館(NDL)との共催で、国立国会図書館関西館(京都府精華町)においてアイデアソン、ハッカソンを開催します。京都府や京都市など京都府内の自治体が公開するオープンデータに加え、NDLが提供する「レファレンス協同データベース」に登録された全国の図書館・公文書館等についてのデータ、「国立国会図書館デジタルコレクション」に登録された古書等の画像データ、さらには2019年2月に公開された国の分野横断統合ポータル「ジャパンサーチ(試験版)」(https://jpsearch.go.jp/ )が提供する日本国内の美術館・図書館・公文書館・博物館分野のデータを利用して、地域課題解決のためのサービスのアイデアを練り、実際にアプリケーションやツールを試作します。

様々な分野・立場の人によるオープンコラボレーションで、より面白くより楽しくGLAMデータやオープンデータ使い倒しましょう!

2 主催及び協力(予定)

主催:国立国会図書館、アーバンデータチャレンジ2019 京都府ブロック

後援:京都府、京都市、精華町

3 日時・場所

<アイデアソン>

11月9日(土)10時から17時まで

https://connpass.com/event/152526/

<ハッカソン>

12月7日(土)10時から17時まで

https://connpass.com/event/152528/

場所 両日とも、国立国会図書館関西館(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)

アクセス https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/route.html

イベント当日は、正面の「利用者入口」から入りください。

4 定員・対象

30名程度

※応募者多数の場合は調整させていただきます。

※特に、以下のような方の参加を歓迎します!

京都地域の課題解決のために、自治体や図書館・公文書館・博物館等のオープンデータを使った新しいウェブサービスやスマートフォン用アプリを開発したいエンジニアの方京都地域の課題解決のために、自治体や図書館・公文書館・博物館等のオープンデータを使ってデータの可視化やマッシュアップを試みたい方

オープンデータを使った作品で「アーバンデータチャレンジ2019」に応募したい方 (NDLはデータ提供・支援拠点として、参加しています。)

5 参加費

無料

ただし、旅費や昼食費など参加に伴う費用は、参加者の負担となります。

6.参加条件

下記に同意の上、本イベントにお申込みください。

・ 本イベントで出されたアイデアについては、参加者の誰でもが利用できる公共財として取り扱います(公共財として取り扱うことを希望しないアイデアは出さないでください)。

・ 作成されたアプリケーションやサービスの知的財産権は、作成された方に帰属します。ただし、作成されたアプリケーションの名称・概要・作成者名等を、国立国会図書館が後日、国立国会図書館ホームページや刊行物等で紹介する場合があります。

・ 作成されるアプリケーションやサービスが、公序良俗に反する、あるいは第三者の知的財産権その他の権利を侵害することのないようにします。

・ 作成されるアプリケーションやサービスの形式は問いません(スマートフォンアプリ、ウェブアプリ、Windowsアプリ等、得意なプラットフォームで開発してください)。

・自由にご利用いただけるサーバ等は用意しておりませんので、ウェブサービスの開発公開に当たっては各自でインフラを用意してください。

7. プログラム(予定)

○11月9日(土)アイデアソン

9:30 受付開始

10:00-10:10 アイデアソン開会、イントロダクション

10:10-11:30 データ、データ活用事例の紹介

NDLデータ、ジャパンサーチ

NDLデータ等を活用した作品

レファレンス協同データベース

国立国会図書館デジタルコレクション

京都府のデータ

京都市のデータ

精華町のデータ

11:30-12:00 チーム分け、自己紹介、アイデア共有

12:00-13:30 関西館活用案内、昼食

13:30-16:00 アイデアソン

16:00-16:30 各チームの成果発表

16:30-17:00 ハッカソンに向けたツール紹介、アーバンデータチャレンジ2019の紹介

17:00 アイデアソン閉会

※タイムスケジュールは、変更することがあります。

8. 持ち物・その他

パソコンは、原則として、各自でご用意いただいたものをご使用下さい。Wi-fiはゲスト用のものをお使いいただけます。作業用モニタ、電源、筆記用具はご用意いたします。

昼食は、カフェテリアをご利用いただくことができます。ご持参のお弁当等をカフェテリアでお召し上がりいただくこともできます。

当日は、閲覧スペースも利用する予定です。登録利用者カードをお持ちの方は、ご持参ください。当日ご登録いただくことも可能です。ご希望の方は、本人確認書類が必要となりますので、必ずご持参ください。利用者登録に関する詳細は以下のページをご確認ください。 https://www.ndl.go.jp/jp/registration/index.html

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR