FC2ブログ

#WikiGapイベント@東京

https://wikigap.jp/%EF%BC%99%E6%9C%88%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

#WikiGapイベント@東京

インターネット上の男女格差を埋めましょう!

在日スウェーデン大使館は日本で初めての公式#WikiGapイベントを開催します。9月に行いますので、参加して一緒にウィキペディアに有名な女性についての記事を書き公開しましょう。

#WikiGapエディタソン2019東京

日時:2019年9月29日(日)10時~16時(予定)16時~BBQパーティー

場所:スウェーデン大使館

参加費:無料(ただし事前登録が必要。)

エディタソンの作業中は飲み物と軽食が提供されます。

エディタソンに参加するには以下の用意をしてください。

  • 大使館のエディタソン参加者登録 <リンク作成中>を済ませておいてください。
  • ウィキペディアのアカウントを作成しておいてください。
  • 自分が記事を書きたい女性(または翻訳したい記事)を決めておいてください。
  • 記事が書けるよう参考資料を用意しておいてください。

#WikiGap Edit-a-thon 2019 in Tokyo

Let’s close the Internet gender gap!
The Embassy of Sweden in Tokyo arranges will arrange the first official #WikiGap event in Japan. Join us in September and help us write and publish articles about prominent women on Wikipedia!

When: 29 September 2019 (Sun) 10:00 – 16:00 (TBC) followed by BBQ party from 16:00
Where: Embassy of Sweden
Admission: Free (registration required)

Drinks and light snacks provided.

To participate in our edit-a-thon you will need the following:

  • Sign up with us here <link TBD>
  • Create a Wikipedia account (link TBD)
  • Pick a female person (or an article to translate) you wish to write about
  • Prepare information


スポンサーサイト



Code for Japan Summit 2019

www.code4japan.org/

www.facebook.com/events/285470072093237/



国内最大級のシビックテックイベント「Code for Japan Summit 2019」は千葉で開催することが決定しました!
開催日時は、9月28日と9月29日です!
今後、海外ゲストや各種プログラム等を調整・発表していきますが、まずは日程を抑えてください♪

【イベント概要】
日時:9月28日(土)、9月29日(日)
会場:神田外語大学(予定)
https://goo.gl/maps/u1Niy9p46kz

参加予定人数:1,000名
主催:一般社団法人 コード・フォー・ジャパン
共催:Civic Tech Zen Chiba
ウェブサイト:準備中

〜一般社団法人 コード・フォー・ジャパン(Code for Japan)〜
Code for Japanは、市民が主体となって自分たちの街の課題を技術で解決するコミュニティ作り支援や、自治体への民間人材派遣などの事業に取り組む非営利団体です。
より良い未来に向けて、立場を超えてさまざまな人たちと「ともに考え、ともにつくる」ための活動を行っています。
Web: http://code4japan.org/
Facebook: https://www.facebook.com/groups/codeforjapan/
(参考)Code for Japan Summit 2018:
https://summit2018.code4japan.org/

ウィキベースワークショップ

https://wikibase.peatix.com/?lang=ja


ウィキベース (Wikibase) はMediaWikiで構造化データを格納したり、アクセスしたりできるようにするソフトウェアです。ウィキベースはウィキデータ (Wikidata) の基盤ソフトウェアとなっています。今回はウィキベースの開発者の一人であるAndra氏をお招きして、ウィキベースについての説明、インストール、データ活用などについてワークショップを行います。言語は英語になります。

講師: Andra Waagmeester氏
場所: 国立情報学研究所 15階 1512部屋
スケジュール (予定):
10:30-12:30 ウィキベース 入門編
12:30-14:00 ランチ
14:00-16:00 ウィキベース 上級編

注: 土曜日のため、正面玄関からではなく、施設北側の通用口から入っていただくことになります。

GLAMデータを使い尽くそうハッカソン

https://lab.ndl.go.jp/cms/hack2019?fbclid=IwAR2JkWUZnlc5JvODblBZU_sc3oQRCUtHv905fHbHH9lcxIzOHZKeyaVk3n0

GLAMデータを使い尽くそうハッカソンのご案内


イベント概要

2019年2月に、「ジャパンサーチ」の試験版が公開されました。ジャパンサーチは、国立国会図書館(NDL)が開発を担当しているポータルサイトで、日本国内の図書館・博物館・美術館分野のコンテンツ及びメタデータ、すなわちGLAMデータを集約し、横断検索やAPIを提供しています。これらのデータの利活用をテーマとしてハッカソンを実施します。
ハッカソンでは、GLAMデータの活用法についてアイデアを練り、アプリケーションやツールを試作する作業を、2日間かけて、参加者がチームに分かれて行います。GLAMデータの利活用に関心のあるすべての方のご参加をお待ちしています。様々な分野・立場の人によるオープンコラボレーションで、より面白くより楽しくGLAMデータを使い尽くしましょう!
※「国立国会図書館サーチ」「Web NDL Authorities」「NDL東日本大震災アーカイブ」「国立国会図書館デジタルコレクション」「国会会議録検索システム」等、NDLのオンラインサービスが提供するデータやAPIもご利用いただけます。
※イベント中、希望する方を対象に、国立国会図書館の書庫見学を行います。

案内チラシ[pdf:421KB]


過去のイベントや既存の活用事例については以下をご参照ください。

目次

  1. 開催日時・場所
  2. 定員・対象
  3. 参加費
  4. 参加条件
  5. 申込み方法
  6. プログラム(予定)
  7. 持ち物
  8. 技術情報
  9. お問い合わせ先


1. 開催日時・場所

2019年9月14日(土)10:00~17:00
2019年9月15日(日)10:00~17:00 
※ハッカソンは2日かけて実施しますので原則として両日参加いただきます。1日のみ参加を希望する場合は申込時にお知らせください。
国立国会図書館東京本館 新館3階 大会議室
アクセス http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/route.html 

2. 定員・対象

20人程度
※応募者多数の場合は調整させていただきます。両日参加できる方を優先します。
※特に、以下のような方の参加を歓迎します!
     
  • GLAMデータを使った新しいウェブサービスやスマートフォン用アプリを開発したいエンジニアの方
  •  
  • GLAMデータを使って仕事に役立つツールやコンテンツを試作したい学芸員や図書館員の方
  •  
  • データの可視化やマッシュアップを試みたい方
  •  
  • オープンデータを使った作品で各種のコンテストに応募したい方(NDLは、「LODチャレンジ2019」にパートナーとして、「アーバンデータチャレンジ2019」にデータ提供・支援拠点として、参加しています。)

3. 参加費

無料
ただし、旅費など参加に伴う費用は、参加者の負担となります。

4.参加条件

下記に同意の上、本イベントにお申込みください。
  • 本イベントで出されたアイデアについては、参加者の誰でもが利用できる公共財として取り扱います(公共財として取り扱うことを希望しないアイデアは出さないでください)。
  • 作成されたアプリケーションやサービスの知的財産権は、作成された方に帰属します。ただし、作成されたアプリケーションの名称・概要・画面例(動画を含む)作成者名等を、国立国会図書館が後日当日の様子を撮影した写真や動画等とともに、国立国会図書館ホームページや刊行物等に掲載します。
  • 作成されるアプリケーションやサービスが、公序良俗に反する、あるいは第三者の知的財産権その他の権利を侵害することのないようにします。
  • 作成されるアプリケーションやサービスの形式は問いません(スマートフォンアプリ、ウェブアプリ、Windowsアプリ等、得意なプラットフォームで開発してください)。

5. 申込み方法

参加条件」をご確認いただき、GLAMデータハッカソン申込フォームから、以下の必要事項を記載の上、お申し込みください。なお、お申込みをされた方は、「参加条件」に同意していただいたものとみなします。
※申込後3日以内(土日祝を除く)に自動返信にて申込受付をお知らせします。3日以内に連絡がない場合は、「お問い合わせ先」までお知らせください。
※応募多数の場合には、調整いたします。全申込者に対して、参加の可否を2019年8月30日(金)までにお知らせします。30日までに連絡がない場合は、「お問い合わせ先」までお知らせください。

6. プログラム(予定)

  • 1日目:9月14日(土)
    9:30 受付開始
    9:50 開会あいさつ・オープニング
    10:00 インプットタイム
    10:40 進行概要・チームビルディング
    昼食
    12:10 チーム調整/確定・アイデア検討・試作品の開発
    希望者は書庫見学(20分程度)
    16:30 各チームの状況報告
    17:00 初日終了(※希望者には21時まで会場を開放。作業が可能。)
  • 2日目:9月15日(日)
    9:30 受付開始
    10:00 オープニング
    10:10 試作品の開発
    昼食
    15:30 チームごとにデモ/成果発表・参加者からのコメント・総評
    16:45 閉会あいさつ・クロージング
    17:00 閉会
※タイムスケジュールは、変更することがあります。

7. 持ち物

パソコンは、原則として、各自でご用意いただいたものをご使用下さい。Wi-fiはゲスト用のものをお使いいただけます。作業用モニタ、電源、筆記用具はご用意いたします。
昼食は、両日とも軽食と飲み物を用意しますが、持参いただいてもかまいません。土曜日は館内の売店も営業しています。

8. 技術情報

準備中

9.お問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部 電子情報企画課次世代システム開発研究室・電子情報流通課標準化推進係
メールアドレス:opendata(at)ndl.go.jp
※(at)は半角記号の@に置き換えてください。 電話:03-3581-2331(内線:40230 標準化推進係)


2019年 社会情報学会(SSI)学会大会 連携発表1 オープンデータ・オープンガバメント

http://sil.tamacc.chuo-u.ac.jp/ssi2019/program/?fbclid=IwAR350gDyDORah86fLDjs-ARpv4IfDpxNWUVEgKaKE8Mh6rA6DnDIp_njRko

日程:2019年9月14日(土)、15日(日)
場所:中央大学 市ヶ谷田町キャンパス(iTL)
大会テーマ:「これからの社会を作る情報教育」


2019年9月14日(土):中央大学 市ヶ谷田町キャンパス(iTL)
10:00~12:00 第二セッション 701教室 
連携発表1 オープンデータ・オープンガバメント 
青木和人(京都府立大)、遠藤守(名古屋大)、庄司昌彦(武蔵大)

**************************************
連携報告
「オープンデータ・オープンガバメント」

司会
武蔵大学社会学部教授 庄司昌彦

2016年12月7日の参議院本会議にて成立した官民データ活用推進基本法ではオープンデータも含めた官民データ活用施策について,政府だけでなく地方自治体も実施していくことが規定されている.本法を受けて,2017年5月30日に閣議決定された世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画では,2020年度までに地方自治体のオープンデータ取組率100%を目標にすることが明記されている.現在、オープンデータの提供を通じて,政府・行政の透明性の向上を図り,市民の政治への参画を促すオープンガバメントが進められている.さらには,オープンデータの活用による民間事業者の参入により,付加価値をつけたデータコンテンツが提供され経済の活性化につなげていくことが期待されている.
そこで本セッションでは,今,注目されている「オープンデータ・オープンガバメント」をテーマとした連携報告を行う.
オープンデータ、オープンガバメント、シビックテック、電子自治体

オープンデータ取り組み自治体の変遷に関する点分布分析
青木 和人 京都府立大学
本稿では2012~2017各年度ごとにオープンデータに取り組み始めた地方自治体の時系列での点分布分析を行い、その分布の推移と定量的な集中度合いを明らかにした.その結果(1)取り組み自治体の地域は2011年度に北陸から始まり、2015年度に全国の地域での取り組みが始まった.(2)2014年度から集中する傾向となり,最も集中していたのは2017年度の基準化後E(W)0.48であった.(3)2014年度に関西の中心,大阪市周辺で最も集中したホットスポットが確認できた.
地域情報化 オープンデータ 地方自治体 点分布分析 カーネル密度推定

モノづくり×オープンデータ推進による地域活性化
遠藤守 名古屋大学大学院情報学研究科
2012年初期から,オープンデータ推進に対する期待が高まっている.本稿ではモノづくり分野の知見を活かしたオープンデータ推進によって地域活性化を実現することを目的とする.具体的な3事業の実践により,提案手法の有効性を確認した.
オープンデータ, 情報化推進, LinkData, 長野県須坂市, モノづくり

都市データ活用・シェアリングエコノミーと生活様式の変容
庄司昌彦 武蔵大学
本稿では、はじめにシェアリングエコノミーの概念や具体的事例の分析・考察から、シェアリングエコノミーと官民データ活用との関わりを検討する。その後、今後の日本の地方自治体におけるシェアリングエコノミーの重要性を検討する。そしてこの2つの検討を踏まえて、「日本の地方自治体における官民データの活用推進には、生活協同組合型シェアリングエコノミーの推進が重要な役割を果たす」という仮説の妥当性を考察する。
スマートシティ, 官民データ, オープンデータ, シェアリングエコノミー

**************************************

2019年 社会情報学会(SSI) 学会大会 プログラム
9月13日(金)
17:00~20:00

プレカンファレンス(1F エントランスホール)

9月14日(土)
09:30〜 受付開始 (1F エントランスホール)
10:00~12:00 自由論題、連携報告、ワークショップ1(5F~9F各教室)
12:00~13:00 理事会(15F 大会議室)
13:00~14:00 基調講演(3F 301)
14:15~17:15 シンポジウム(3F 301)
17:15~18:10 表彰(3F 301)
18:30~

懇親会(1F コミュニケーションホール)

9月15日(日)
09:00〜 受付開始 (1F エントランスホール)
09:30~11:30 自由論題、連携報告、ワークショップ2(5F~9F各教室)
13:15~14:00 会員集会(3F 301)
14:15~16:15 自由論題、連携報告、ワークショップ3(5F~9F各教室)
16:25~

各種委員会 [研究発表賞選考委員会を含む] (10F 1001〜1004)

詳細プログラム
基調講演(9/14, 13:00〜14:00)  301教室

タイトル「小学校のプログラミング教育必修化時代における情報教育のあり方」

講演者 岡嶋裕史(中央大学国際情報学部教授)
司会  飯尾淳(中央大学国際情報学部教授)
開催校挨拶(13:00~13:10) 平野晋(中央大学国際情報学部長)
シンポジウム(9/14, 14:15~17:15)  301教室

タイトル「社会情報学と情報教育」

趣旨:
2016年,日本学術会議は「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準 情報学分野」を公開した。そこでは,「情報学を学ぶすべての学生が身に付けることを目指すべき基本的な素養」として,工学的な知識だけでなく,「情報一般の原理」や「情報を扱う人間社会」の知識が取り上げられている。今回のシンポジウムでは,AIリテラシー教育が政府を中心に叫ばれているなかで,またプログラミング教育が本格的に始まろうとしているなかで,改めて「情報」の教育とはなにかを考え,いかに社会情報学が情報教育に資するかを議論する。

登壇者(敬称略)
  司会・趣旨説明:河島茂生(青山学院女子短期大学准教授,理化学研究所客員研究員)
  報告:阿部圭一(静岡大学名誉教授)
     西垣通(東京大学名誉教授)
     筧捷彦(早稲田大学名誉教授,情報科学国際交流財団理事長)
  コーディネーター:伊藤守(早稲田大学教授)
9/14, 10:00~12:00 第一セッション 501教室
WS5 社会情報学と芸術論
大井奈美(山梨英和大)
西垣通(東京大)、難波阿丹(聖徳大学)、原島大輔(東京大)、中村肇(東京大)

9/14, 10:00~12:00 第二セッション 701教室
連携発表1 オープンデータ・オープンガバメント
青木和人(京都府立大)
遠藤守(名古屋大)、庄司昌彦(武蔵大)

9/14, 10:00~12:00 第三セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
理論  801教室
ネットワーク社会における〈告白〉の不可能性 山口達男(明治大)
サイバースペースにおける言説的インターフェース 福森憲一郎(日本大)
1990年代以降のメディア研究における公共圏概念の受容と展望 崔昌幸(京都大)
財政危機の認識に関する社会情報論的考察 阿部圭一(元静岡大)

9/14, 10:00~12:00 第四セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
社会基盤と情報  802教室
つくば市におけるLINEを活用した学生による道路破損報告の検討 太田和志(筑波大)
社会基盤施設のアセットマネジメントにおける実効的なコミュニケーションとそのツールの提案 前田典昭(山口大)
高齢者の認知・視覚機能を考慮したテレビ放送CCのモデル提案  稲瀬達也(芝浦工大)
介護業界とIT業界連携の課題と相互作用についての調査研究 王斌宇(島根大)

9/14, 10:00~12:00 第五セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
産業と情報  901教室
ICTの導入がスキル別雇用に与える影響に関する時系列変化の研究 陳欣瑩(東京大)
過去のオリンピックのチケット売上実績から算出した観光消費予測額をレオンチェフ逆行列に適用した2020年東京オリンピックの経済波及効果分析 工藤夏実(日本大)
観光促進におけるソーシャルメディアデータの活用可能性 谷口悠(東京大)
デジタルトランスフォーメーション時代のIT経営の課題 目黒雅昭(群馬大)

9/14, 10:00~12:00 第六セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
社会と情報1 902教室
地方自治体によるシェアリングエコノミー政策の可能性と課題 章立(島根大)
シェアリングエコノミー進展による課題と政策対応 王皓(島根大)
新元号「令和」に対する中国の報道とソーシャルメディア上のリアクションに関するテキスト分析 裘尋(名古屋大)
Seismic Intensity Area Rapid Assessment Methods Based on Mobile Phone Base Station Data CAO Shuang(電通大)

9/15, 9:30~11:30 第七セッション 901教室
WS4 災害と情報の関係を捉えなおす
岡田彩(東北大)
松浦さと子(龍谷大)、北村順生(立命館大学)、松本早野香(大妻女子大)、三浦伸也(防災科学技術研究所)、坂田邦子(東北大)

9/15, 9:30~11:30 第八セッション 501教室
WS1人工知能(AI)技術の発展と社会の変容
河又貴洋(長崎県立大)
篠﨑彰彦(九州大)、井上知義(総務省)、久保田茂裕(東北文化学園大)、鷲尾哲(情報通信総合研究所)

9/15, 9:30~11:30 第九セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
メディアと情報行動1 701教室
高校生世代におけるスマートフォン・携帯電話の利用状況および18年間の推移に関する調査研究 毛利康秀(静岡英和学院大)
高校生におけるネット依存とゲームのヘビーユーザーの実態 伊藤賢一(群馬大)
ゲームによる学力低下に閾値はあるか 田中辰雄(慶応大)
モバイルゲームのプレイ状況と幸福感の関係 山口真一(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター)

9/15, 9:30~11:30 第十セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
コミュニティと情報 801教室
家庭防災とパーソナル・ネットワーク特性 遠山茂樹(高知大)
山江村情報化推進員における地域の共助 並木志乃(東京大)
中山間地域における高齢者のメンタルヘルスに関する研究 中野邦彦(島根大)
クラウドファンディングにおけるプロジェクト提案者の実態とコミュニティ活性化への意義 中村雅子(東京都市大)

9/15, 9:30~11:30 第十一セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
政治行動と情報 802教室
日本銀行による情報発信と市場との対話 本田正美(東京工業大)
地方議会議事録分析に基づく文化政策の説明責任に関する考察 渡部春佳(津田塾大)
選挙におけるファクトチェックの課題 藤代裕之(法政大)
ソーシャルメディア時代の官邸戦略PR 西田亮介(東京工業大)

9/15, 9:30~11:30 第十二セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
教育と情報 902教室
中国におけるスマートライブラリ研究の現状と課題 張一丹(島根大)
IT技術者における学習意欲を高める要素の分析 中村絵理子(中央大)
PBL型授業における週報の効果とGoogle Drive導入に関する考察 熊丸雅大(青山学院大)
ビッグデータとAIの時代に活躍できる人材の育成の在り方について 天野徹(明星大)

9/15, 14:15~16:15 第十三セッション 901教室
WS3 CBPR(コミュニティを基盤とした参加型研究)に基づく地域におけるメディア・デザイン
坂田邦子(東北大)
柴田邦臣(津田塾大)、伊藤昌亮(成蹊大)、阿部純(福山大)、土屋祐子(広島経済大)

9/15, 14:15~16:15 第十四セッション 902教室
WS2 民主制下における地方自治体の情報公開・オープンデータと情報セキュリティとの交錯に関する研究
本田正美(東京工業大)
木村泰知(小樽商科大)、内田ゆず(北海学園大)、高丸圭一(宇都宮共和大)、河村和徳(東北大)

9/15, 14:15~16:15 第十五セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
メディアと情報行動2  701教室
ネットを介した出会い経験者と非経験者の差異 加藤千枝(金沢大)
現実逃避型ネット利用が新型うつ傾向へ及ぼす悪影響と予防策の縦断研究 坂部創一(創価大)
個人のアイデンティフィケーションと「情報化」された青少年の構成 北嶋健治(早稲田大)
行動経済学の立場からの刈谷市児童生徒愛護会のインターネットの青少年保護の取組の考察 齋藤長行(慶応大)

9/15, 14:15~16:15 第十六セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
数理・データ解析 801教室
言語と経済の数理的手法 村舘靖之(内閣府)
ICT及びR&Dへの投資が日本の経済成長に及ぼす効果の分析:生産関数モデルを用いた検証 久保田茂裕(東北文化学園大)
Twitterトレンドの分析 飯尾淳(中央大)
我々は誰に何を監視されたいのか: 情報社会における監視と信頼を巡って 後藤晶(明治大)

9/15, 14:15~16:15 第十七セッション
座長:調整中  コメンテーター:調整中
社会と情報2  802教室
芸術作品の価格形成要素に関するレビュー 原翔子(東京大)
ゲノム編集の社会応用に対する公衆の態度と意見 吉永大祐(早稲田大)
社会データ共有・共同利用に向けた社会調査における個人情報保護に関する課題 田中康裕(情報・システム研究機構)
AI化する間メディア社会の〈真実〉とは 遠藤薫(学習院大)


考古学・文化財データサイエンス研究集会「考古学ビッグデータの可能性と世界的潮流」

https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/event/332


考古学・文化財データサイエンス研究集会「考古学ビッグデータの可能性と世界的潮流」

【開催趣旨】
現代は高度情報化社会と言われています。情報化社会では、日々大量の情報が生み出され、物財にかわって情報や知識が重要な価値を占めます。日本考古学は着実な調査研究の推進によって膨大な成果を蓄積しました。情報や知識が重要となる情報化社会にとって、大きな情報資産群であるといえます。今まではストックに重点が置かれてきましたが、今後はフロー(情報流通)に着目することで、情報の「価値」が増し、さらなる社会還元や学術発展を見込めるようになります。昨今、ITの技術環境が急速に大衆化し、簡単に処理・情報検索・分析できるようになってきました。しかしデータを管理していくうえで思想をしっかりと確立し、デジタルデータならではの注意点を考慮する必要があります。
本研究集会では、ワシントン大学のBen Marwick氏を迎えて、今後の可能性と世界的潮流を講演いただき、全員参加型で可能性と課題を議論し共有します。

【日 時】
2019年9月10日(火)・11日(水)

【プログラム】
9月10日(火)
10:00~ 開会の辞 渡辺晃宏(奈良文化財研究所)
10:05~ 「考古学デジタルデータの課題と可能性」 高田祐一(奈良文化財研究所)
10:40~ Modern tools and approaches to scientific data management, analysis, visualization,
collaborationin archaeology and cultural heritage   Ben Marwick(逐次通訳あり)
12:00~ 休憩
13:15~ 「考古学のためのデータビジュアライゼーション」石井淳平(厚沢部町)
14:00~ Open science, transparency, reproducibility in archaeology and cultural heritage  Ben Marwick(逐次通訳あり)
15:00~ 休憩
15:20~ Workshop: Introduction to Git for science  Ben Marwick(逐次通訳あり)
※Workshopに使うPCはご持参ください。必要ソフトは後日ご案内します。

9月11日(水)
10:00~ 「遺物台帳・可視化・出版-「発掘調査報告」をめぐる課題/ Database, visualization and publication: the issues on archaeological excavation reports」野口 淳(奈良文化財研究所)
10:20~ Workshop: Reproducibility and transparency in archaeological science using R and related tools Ben Marwick(逐次通訳あり)

※アシスタント:Wan Liying(University of Washington)
※発掘調査・整理作業を通じて取得された遺物データ(分類、素材、計測値、位置座標等)をもとに、Rを利用して、透明性・再現性の担保された表・グラフを作成し、Gitにより公開・共有する手順をハンズオン形式で学びます。
※途中休憩1時間含みます。

【講 師】
Ben Marwick(University of Washington)
現在ワシントン大学教授(考古学)、オーストラリア出身
2008年 オーストラリア国立大学 博士号 (考古学・自然史)
専門:東南アジア・中国の旧石器時代、ジオアーケオロジー、統計解析 

【主 催】
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

【共 催】
考古形態測定学研究会、国立大学法人島根大学附属図書館

【会 場】
奈良文化財研究所 本庁舎
<ご来場には、公共交通機関をご利用ください>

【情報交換会】
 9月10日(火)17:30~ 参加費4000円程度
*情報交換会への参加は任意です。

【定 員】
・考古学研究や埋蔵文化財調査に従事する研究者・学生向けの研究集会です。
・参加受付者数:各日30名程度(予定)
※定員オーバーの場合、両日参加者を優先する場合があります。

【参加費】
無料

【申込方法】
8月31日(土)までにE-MAILにて 下記事項をご連絡ください。
氏名・所属・E-MAIL・参加する日程・情報交換会の出欠

E-MAIL soran★nabunken.go.jp (★を@に変更してください)
※事前申し込みをされていない場合は、ご参加いただけません。

Banner
主催独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
連絡先
【お問い合わせ先】
国立文化財機構 奈良文化財研究所 企画調整部 文化財情報研究室
E-MAIL soran★nabunken.go.jp (★を@に変更してください)

内容が似ている報告書

Code4Lib JAPAN Conference 2019

http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2019http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2019

Code4Lib JAPANカンファレンス2019 概要

日程
2019年9月7日(土)、8日(日)
場所
大阪市立中央図書館
〒550-0014 大阪市西区北堀江4-3-2
(Osaka Metro 千日前線・長堀鶴見緑地線西長堀駅下車 7号出口すぐ)
アクセス
主催
Code4Lib JAPAN
共催
大阪市立中央図書館
協賛(募集中)
株式会社カーリル / アカデミック・リソース・ガイド株式会社 / DAYPLA株式会社 / 株式会社メタ・インフォ
後援(募集中)
一般社団法人情報科学技術協会(INFOSTA) / 情報知識学会 / デジタルアーカイブ学会 / 一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン
宿泊について
宿泊については参加者各自でご手配ください。

会議関連情報

発表者名、発表タイトル、発表概要など

お知らせ

◆参加者募集

参加者募集を開始しました!以下のフォームよりお申し込みください。

◆基調講演企画

2019年度のカンファレンスでは、松原茂樹氏(大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻 准教授)、山川みやえ氏(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 准教授)と原田祐馬氏(UMA/design farm 代表)、中川和彦氏(スタンダードブックストア代表)に基調講演をいただきます!

  • 松原茂樹氏(大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻 准教授)、山川みやえ氏(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 准教授)
講演予定日:2019年9月7日(土)
講演タイトル:図書館環境の評価手法の開発ー 「キャプション評価」の方法とデジタル化の開発に向けてー
講演概要:「キャプション評価」は、評価する人がそれぞれ気になる場所の写真を撮って、その写真にキャプションを付ける環境評価の手法である。様々な属性の方に参加いただくことで、多角的に図書館を見直すことができる。また、地域を巻き込んで図書館のあり方を考える契機としても期待できる。福祉施設や図書館等の建物におけるキャプション評価法の実践報告を行い、認知症の人をはじめ、多様な人々の“居場所”となる図書館のハード面でのデザインを考え、さらにより手軽に行えるアプリ等の活用の可能性についても議論したい。
  • 原田祐馬氏(UMA/design farm 代表)、中川和彦氏(スタンダードブックストア代表)
講演予定日:2019年9月8日(日)
講演タイトル:“中の人”じゃない人と考える 図書館×本×デザイン
講演概要:図書館の本棚には出会いはあるか? 評価される図書館とは? そもそも「公共の場」としての図書館とは…。図書館と「デザイン」にまつわる話題を糸口に、本とデザインに関わられる講師ととともに、図書館や公共空間の可能性について考える。

2019年9月7日(土): 1日目

時間帯プログラム会場
10:00~12:00チュートリアル大阪市立中央図書館
12:30~13:00受付
13:00~13:10開会のあいさつ:常川真央
13:10~13:15諸連絡
13:15~14:15基調講演①: 松原茂樹氏(大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻 准教授)、山川みやえ氏(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 准教授)「図書館環境の評価手法の開発ー 「キャプション評価」の方法とデジタル化の開発に向けてー 」
14:15~14:30休憩
14:30~15:25通常発表
15:25~15:40休憩
15:40~16:25Lightning Talk
16:25~16:30諸連絡
16:30~16:40写真撮影
16:40~18:00移動
18:00~20:00懇親会

[編集]2019年9月8日(日): 2日目

時間帯プログラム会場
9:30〜 9:45受付開始大阪市立中央図書館
9:45〜 9:50諸連絡
9:50〜10:45通常発表
10:45〜10:55休憩
10:55〜11:50通常発表
11:50〜12:00写真撮影
12:00〜13:15昼休憩
13:15〜14:00Lightning Talk
14:00〜14:10休憩
14:10〜15:10基調講演②: 原田祐馬氏(UMA/design farm 代表)、中川和彦氏(スタンダードブックストア代表)「“中の人”じゃない人と考える 図書館×本×デザイン」
15:10〜16:10アンカンファレンス
16:10〜16:20休憩
16:20〜16:35アンカンファレンスセッション報告
16:35〜16:40閉会のあいさつ:江草由佳
16:40〜16:50解散 or 片づけ

[編集]エクスカーション(任意参加)

カンファレンス翌日(9月9日)に以下のエクスカーションを実施します(参加受付はカンファレンス開催中に会場にて受け付けます)。

  • 大阪市立中央図書館(9:30 - 10:30)定員30名
  • 大阪市公文書館(10:00 - 10:30)定員7名限定
    ※市立中央図書館と公文書館の人は合流して一緒にエル・ライブラリーに移動
  • エル・ライブラリー(11:00 - 12:00) 定員10名


カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR