FC2ブログ

とよ散歩 ~ウィキペディアタウン in 豊中~ 

http://www.lib.toyonaka.osaka.jp/information/okamachi/archives-hokusetsu/archives_2018.html


2018年度北摂アーカイブス presents

2018年度北摂アーカイブス presents

とよ散歩 ~ウィキペディアタウン in 豊中~ 

昨年度の様子「高校野球発祥の地記念公園」

地域情報アーカイブ化事業では「みんなでつくる地域の百科事典」づくりをめざし、市民ボランティア・地域フォトエディターが豊中・箕面を中心とする北摂地域の写真を収集・整理して、ウェブサイト「北摂アーカイブス」で公開しています。
この事業では写真展や地域の魅力をより深く知るための講演会、まちを歩いて体験して残したい地域の風景や情報を発見するためのイベント「とよ散歩」を開催しています。
昨年度の様子はこちら→ブログ2017年「とよ散歩」開催報告(北摂アーカイブスサイト)


今年、北摂アーカイブスでは「穂積村囲堤(かこいづつみ)跡」に注目し現地調査をして写真パネルを作成しました。この囲堤は旧穂積村にあった東西約1km、南北約0.8kmにもおよぶ方形の堤で水害から農地を守っていました。住宅が建ち並びあたりの様子がすっかり変わった今でも、この名残を見つけることができます。

「とよ散歩」でも囲堤界隈をテーマにインターネットの百科事典「ウィキペディア」に記事を書くウィキペディアタウンを開催します。案内人とまち歩きの後,調べて記事を書き、写真とともに発信しましょう。

グループになって資料で調べる人、文章を考える人、パソコンで入力する人、写真をアップロードする人など役割分担して作業をすすめますので、パソコンが苦手な方でも大丈夫です。

豊中のことをもっと知りたい方、ウィキペディアに興味のある方、自分が撮影した写真をウィキペディアにアップしてみたい方、ぜひご参加ください。


開催日

2018年10月28日日曜日 10時から17時



会場・場所

豊島体育館(服部西町)、穂積囲堤跡(服部西町)、阪急宝塚線服部天神駅界隈


当日のプログラム(予定)


9時45分から10時: 豊島体育館会議室で受付

午前: 穂積村囲堤跡について、ウィキペディアと写真撮影について説明を聞いた後、まち歩きに出発

13時頃から昼食 

午後: 調査用の資料やウィキペディアの編集方法について説明を聞いた後、調査・編集作業開始

17時: 解散          

・ 閉会後、希望者による懇親会を予定しています。
・ 天候等の事情で予定の変更や中止となることがあります。
・ 傷害保険に加入します(自己負担なし)が、事故やケガのないように各自で注意をお願いします。


参加費 

無料。 懇親会に参加される方は4000円程度。


持ちもの

○ 参加者全員
・ 2時間30分程度まち歩きをしますので歩きやすく、天候にあわせた服装や装備(雨具など)
・ 筆記用具
・ 昼食(会場の近くにコンビニエンスストアはあります)

○ お持ちの方はご持参ください
・ ノートパソコン(タブレットでも可)
・ デジタルカメラ(スマホ、タブレットでも可)とPC接続ケーブル
・ モバイルルーターなどインターネット接続環境


事前にしていただきたいこと(ウィキペディアの編集をしたい方のみ)

ウィキペディアの編集をしたい方はアカウントを登録してログインできるようにしておいてください。

利用されているSNS等のアカウント名と同じものや実名での登録はおすすめしません。一度作成したアカウントを消去することはできません。
登録にあたってはこちら「アカウントの作成」(外部サイト・Wikipediaへ)を参考にしてください。


申込み方法 


○ 参加資格 どなたでも

○ 定員 15名(先着順)

○ 申込み 10月7日日曜日午前10時から受付開始。定員に達した時点で受付を終了します。

○ お名前、メールアドレス、電話番号、お住まいの市町村名を申し込みフォームまたはFAXでお知らせください。

・ 申し込みフォームはこちら。(10月7日10時から)
・ FAX用紙はこちら(Fax.docx 21kbyte)


申込受付を完了しましたら折り返しメールで連絡いたします。申し込みから3日たっても連絡がない場合は、お手数ですが以下のお問い合わせ先までご連絡ください。


お問い合わせ

豊中市立岡町図書館(地域情報アーカイブ化事業実行委員会事務局) 電話:06-6843-4553

※ポスターはこちら(PDF482kbyte)です


主催: 地域情報アーカイブ化事業実行委員会、豊中市立図書館
協力: NPO法人とよなか・歴史と文化の会、オープンデータ京都実践会、諸国・浪漫

スポンサーサイト



図書館と地域がつくる物語

https://www.facebook.com/events/269745313829319/

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━■□

  10/28(日)13:00~16:00

  図 書 館 × 地 域 ラ ボキックオフイベント
  
  図書館と地域がつくる物語
  
■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━■□

地域に住む様々な世代、職業、興味関心を持つ人々が
ちょっと前に進む、元気になる、新しい視点を得て創造
しながら生きていくための「情報」

そして地域の様々な人々の「困った」や「こうだといいのにな」
を助けるNPOや様々な組織に必要な「情報」

人や組織がよりよく生きていく、発展していくために、
それぞれの場所に立つ人に必要な「情報」があります。

そんな「人」と「情報」が出会う場としての図書館の姿、
「情報」の意味をそれぞれの世界に立つ方をゲストに招き
会場の皆さんと一緒に考えたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:10月28日(日)13:00~16:00 
   終了後、希望者で交流会(16:15〜17:30)
   (本を持ち寄り紹介しあいます)
   
場所:アンフォーレ本館1階・多目的室
   〒446ー0032 安城市御幸本町12番1号
   JR安城駅より徒歩10分
 
ゲスト

・県立長野図書館長 平賀研也さん
1959年生まれ。法務及び経営企画マネージャーとして企業に勤務。その間に米国イリノイ州にくらし経営学を学ぶ。2002年長野県伊那市に移住。公共政策シンクタンクの研究広報誌編集主幹を経て、2007年〜15年の間、公募により伊那市立伊那図書館館長。2015年4月より現職。実感ある知の獲得と世界の再発見に寄り添い、多様なコミュニティを育む共知・共創の公共空間を目指す。

・特定非営利活動法人 せき・まちづくりNPOぶうめらん
 代表理事 北村隆幸さん
岐阜県関市出身 1980年生まれ。。2007年ふるさと関市でまちづくりNPOを立ち上げ、市民参加型フリーマガジン「ぶうめらん」を創刊。2013年6月にはコミュニティブックカフェ「ブックエカ」を開店し本によるまちづくり取組んでいる。NPO法人ぎふNPOセンター副理事長、岐阜医療科学大学非常勤講師。


◇参加費:1500円

◇持ち物:終了後の交流会に参加する方は、
    今回のイベントの内容を見て、ピンときた本、漫画、
    冊子をお持ちください。交流会で紹介しあいます。

◇懇親会について
当日18:00より近隣のお店で懇親会を予定しています。
参加希望の方は予め出欠のご連絡をお願いいたします。

◇定員:50名

◇参加申し込み
フェイスブックの参加ボタンでは正式な申し込みとはなりません。
こくちーずまたは、メールでお申込みお願いします。
https://kokucheese.com/event/index/532390/
又は、
氏名、連絡先(携帯電話・メール)ご所属
18:00〜の懇親会への出欠を明記してお送りください。

にんげん図書館 info.ningentosyokan@gmail.com

協力:安城市図書情報館

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

図書館×地域ラボとは

にんげん図書館が図書館と地域の多様な主体をつなげるコーディネーター
となり、図書館の学びの機会を企画し、図書館と地域がどうつながる
のかを考える社会実験です。
実施に必要な費用をみなさまから寄付をいただいて行います。
2018年10月より1年間の期限で行い、その成果を成果報告書
にまとめ成果報告会を行います。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

にんげん図書館とは

出版、図書館、書店関係者、読者とが「本が好き」でつながり、
本に出会う機会をつくるイベントを実施しています。
本をテーマにしたイベントを定期的に行っています。
ウェブサイト :http://peoplelibrary.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/peoplelibrary
ブログ    :http://blog.canpan.info/future-l

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

公共交通を便利にするアイディア検討会(アイディアソン)

https://udc2018takaoka.code4toyama.org/

アーバンデータチャレンジ2018
県民発公共交通オープンデータ利活用事業
公共交通を便利にするアイディア検討会(アイディアソン)

今、バスの時刻表や走行位置の情報活用して、暮らしを便利にしようという取り組みが、全国各地で行われています。富山県でも今年度中に、バス停の位置、時刻表のデータを公開して、民間事業者が無償で活用できるようにする計画です。
このイベントでは、日本全国の事例紹介や県内の様々な取り組み事例をお伝えし、富山県の鉄道・バスなどの公共交通をもっと便利に使えるアイディアを参加者全員で考えます。

日程:平成30年10月20日(土) 13:30〜17:00
参加費:無料 / 定員:30人
場所:高岡駅地下 Crun高岡B1ステージ

ページ下部のボタンよりお申込みください

スピーカー/ファシリテーター

諸星 賢治

株式会社 ヴァル研究所 セールス&アライアンスチーム 公共交通企画担当。
乗換案内サービス「駅すぱあと」におけるバスデータ等の情報収集、データ制作等の実務を10年以上担当。データを利用したサービス企画の他、オープンデータに関する活動として、民間、行政のアドバイザー、データ制作業務や全国各地における講演、イベント企画等を実施。 専門知識を活かし国土交通省「標準的なバス情報フォーマット」の仕様策定にも関与。

web site

堀田 裕弘

富山大学 都市デザイン学部 副学部長、大学院理工学研究部 教授。
主な研究分野は、マルチメディア・データベース、画質・映像評価、ITS、生体情報計測(NIRS, EEG)、バスナビゲーションシステム。
2017年 道の駅「たいら」を拠点とした自動運転サービス地域実験協議会会長, 2015年 電子情報通信学会 イメージメディアクオリティ研究会 委員長, 2015年 国土交通省 北陸圏広域地方計画有識者懇談会 副委員長, 2012年 計測自動制御学会 北陸支部長 など。

web site

東出 賢一

IT×地域×モビリティを切り口に、2016年より Code for Takaoka で活動中。
毎年、公共交通アイディアソンのファシリテーターを務めながら、富山県高岡市の新幹線駅エリアを盛り上げる「シン・タカオカ・ランド」を開発。
また、地域のバスのオープンデータ化の活動も行う。

web site

会場

curun高岡B1ステージ

JR/あいの風とやま鉄道 高岡駅 地下1F

お店のサイトはこちら



「オープンデータアイデアソンキャラバン2018」

www.city.minato.tokyo.jp/ictsuishintan/opendata/opendata_ideathon.html


「オープンデータアイデアソンキャラバン2018」を開催します

区は、行政情報をコンピュータが判読しやすい形式で公開し、民間事業者等がアプリ等を開発することで区民の利便性の向上をめざす、オープンデータの取組を推進しています。

10月14日(日曜日)に、多様な参加者によるグループディスカッションを通じて、オープンデータを活用して行政や地域の課題解決策やアプリのアイデアを生み出す「オープンデータアイデアソンキャラバン」を東京都と共同で開催します。

※アイデアソンとは「アイデア」と「マラソン」を掛け合わせた造語で、特定のテーマ・課題についてグループでの情報収集やディスカッション等を通じ、短期間で課題解決に向けた新たなアイデアを生み出す手法です。

開催日時

平成30年10月14日(日曜日)

午前10時~午後5時(午前9時30分開場)

開催場所

グランパークカンファレンス401ホール (芝浦3-4-1 田町グランパークプラザ棟)

  • JR田町駅 徒歩5分
  • 都営地下鉄三田駅 徒歩7分

テーマ

「スポーツを通じて、人もまちも輝く東京へ」

  • 今年のテーマは、東京2020大会が2年後に迫る中、関心が高まっている「スポーツ」です。スポーツが持つ力とオープンデータを組み合わせて、人もまちも元気で輝くために、地域が抱える課題の解決に向けた自由な発想やアイデアをお待ちしています。

全体進行(ファシリテータ)

庄司 昌彦 氏 (国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授)

募集概要

対象者

区内・区外在住、在勤、在学を問わずどなたでも

募集定員

100名

  • 応募者多数の場合は抽選となります。

申込方法

お持ちのパソコン・スマートフォン・携帯電話により、東京都オープンデータカタログサイトからお申込みください。詳細は以下のホームページをご覧ください。

tokyobanner(外部サイトへリンク) 

 

参加費

無料

  • 交通費、昼食等は各自ご負担ください。

一時保育

定員10人

  • 生後6カ月から就学前までの乳幼児が対象です。

事前申込制

  • 利用を希望される方は参加申込時に申請してください。

募集締切日時

平成30年9月28日(金曜日) 午後9時まで 

その他

アイデアの表彰と記念品贈呈

当日は、優秀なアイデアを生み出したグループを表彰し、参加者には記念品を贈呈します。

オープンデータアプリコンテスト

今回、皆様に創出していただいたアイデアは、今年度に実施を予定している「東京都オープンデータアプリコンテスト」において開催テーマ等として設定することで、その活用や具体化を目指していきます。

また、港区においては平成31年度(2019年度)に応募者から幅広くアプリやアプリのアイデアを募るアプリコンテストを開催予定です。

「東京都オープンデータ アイデアキャラバン2018」

http://www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/opendata.html#caravan

「東京都オープンデータ アイデアキャラバン2018」を開催します!

 今年度も昨年度に引き続き、様々な参加者によるグループディスカッションを通じて、オープンデータを活用した行政や地域の課題解決と、そのためのアプリのアイデアを生み出す、「東京都オープンデータアイデアソン」を開催します。

 

 今年のテーマは、東京2020大会が2年後に迫る中、関心が高まっている、「スポーツ」です。スポーツが持つ力とオープンデータを組み合わせて、人もまちも元気で輝くために、各地域が抱える課題の解決に向けた自由な発想やアイデアをお待ちしています。ぜひ、奮ってご応募ください。

 

日時:平成30年10月14日(日)午前10時~午後5時(午前9時30分開場)
場所:グランパークカンファレンス401ホール(芝浦3-4-1田町グランパークプラザ棟)
対象:どなたでも
定員:100人(応募者多数の場合は抽選)
費用:無料(交通費、昼食等は各自負担)
申込:9月28日(金)午後9時までに、東京電子申請・届出サービス(外部ページへリンクします)からお申込みください。 

問合せ先:東京都オープンデータカタログサイト(外部ページへリンクします)から東京都総務局情報通信企画部企画課へお問合せください。

 

※アイデアソンとは、「アイデア」と「マラソン」を掛け合わせた造語で、特定のテーマ・課題について、多様な方々をメンバーとしたグループでの情報収集やディスカッション等を通じて、短期間で課題解決に向けた新たなアイデアを生み出していくための手法です。

 

 

 募集チラシ(表)募集チラシ(裏)


第2回wikipediaブンガク in 神奈川近代文学館

https://www.facebook.com/events/456657478078146/

神奈川近代文学館を会場に、ウィキペディアの記事の編集作業をしてみよう、というイベントです。

第2回は、特別展「寺山修司展 ひとりぼっちのあなたに」を観覧し、展示内容にちなんだ記事の編集を行います。
http://www.kanabun.or.jp/mob/t50.html

午前中は「ウィキペディアとは何か?」の説明、特別展についての解説をしていただいた後、展示を観覧します。午後は閲覧室の資料を活用して文献調査と執筆作業を行います。

どなたでもご参加いただけます。

初心者の方にも、リピーターの方にも、楽しんでいただけるワークショップを目指しています。こわくないですよ〜

【アクセス】
みなとみらい線「元町・中華街」駅下車 徒歩10分
http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/

【タイムテーブル】
10:00〜
・開会ご挨拶
・wikipediaとは? 講師:海獺 さん
・神奈川近代文学館 施設紹介 神奈川近代文学館スタッフ
・【寺山修司展 ひとりぼっちのあなたに】ギャラリートークと観覧
 (イベント参加者は観覧料無料)

昼食

13:00〜16:00
・執筆項目確認、チーム分け
・文献調査、執筆作業
・振り返り

【定員】10名
(先着順、ウィキペディアンの方は別途カウントいたします)

【参加費】500円
神奈川近代文学館の後援(予定)により、企画展観覧料は無料となります。ただし、会議室使用料がかかるため、会場費を集めさせていただきます。

【申し込み】
イベントページで「参加」をクリック、または担当・田子までメールでお知らせください。 kipring@mcn.ne.jp
(「参加」をクリックした方には、こちらから折り返しご連絡させていただくことがございます。ご了承ください)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR