FC2ブログ

ウィキペディアにゃウン Wikipedia town in 丹後峰山

https://www.facebook.com/events/2087783064794440/


こまねこまつりさんの写真
9月8日

ウィキペディアにゃウン Wikipedia town in 丹後峰山

公開
 · 主催者: こまねこまつり



京都北部初!!
世界に発信!!

誰でも編集できるインターネット上の百科事典であるウィキペディアに、地域の記事を作成・投稿尾するワークショップ型のイベントです。

古くから「丹後のこんぴらさん」と親しまれてきた峰山金刀比羅神社を皆で歩いて、地域の魅力を再発見し、ウィキペディアを通して世界に向けて発信してみませんか。

日時 2018年 9月8日(土)10時15分より17時
   受付 9時45分より

場所 金刀比羅神社境内および金刀比羅会館2F

定員 20名(先着順 要申し込み) 
   ※未成年者の参加も可能ですが、乳幼児は保護者が監督してください。

参加費 無料
   ※こまねこまつり特製弁当を1000円でご注文できます。申し込みの際にお伝えください。

申し込み 2018年 8月31日(金)まで
①お名前
②当日連絡の取れる連絡先
③パソコン持参の可否
④ウィキペディア執筆経験およびアカウントの有無
⑤お弁当注文の有無
⑥懇親会参加の有無
を明記の上、
 こまねこまつり実行委員会 にゃウン事務局
  wikipedianyawn@yahoo.co.jp 
までメールでお申し込みください。
イベントページに参加表明だけでは申し込み完了となりませんのでご注意ください。

講師およびファシリテーター
青木 和人氏(京都府立大学講師、「Code for 山城」主宰)
Miya.m氏(オープンデータ京都実践会)
かんた氏(東京ウィキメディアン会)
坂ノ下勝幸氏(諸国・浪漫、オープンデータ京都実践会)  他ウィキペディア日本語版執筆編集者

まち歩きガイド
小山元孝氏(NPO法人TEAM旦波)

調査協力
京都府立図書館/京丹後市立図書館/金刀比羅神社

スケジュール
9 : 45 〜     受付開始
10 : 15 〜 10 : 45 金刀比羅神社社務所前集合 会場へ移動 ウィキペディア、及びウィキペディアタウンについての説明。注意事項の確認。
10 : 45 〜 12 : 00 神社境内等を散策・取材(ガイド付き)
12 : 00 〜 13 : 00 昼食
13 : 00 〜     ウィキペディア編集方法の説明
13 : 10 〜     班分けし、編集(執筆経験豊富なファシリテーターがサポートします)
16 : 00 〜 17 : 00 成果発表、講評
※ 18 : 30 〜 会場を変えて、交流会を予定しています(希望者のみ、実費負担4000円程度)

準備するもの
※ 可能な方のみで結構です。ご用意が難しい場合でもご参加いただけます。
★ Wi-Fi接続が可能なノートパソコンまたはタブレット端末(操作性の観点からノートパソコンをお勧めします)
★ デジタルカメラ・スマートフォンなど写真撮影ができるもの
★ パソコンの電源ケーブル、デジタルカメラとパソコンを繋ぐケーブル
★ 筆記用具
★ ウィキペディアのアカウント

その他
★ 昼食のお弁当を1000円でご注文できます。この日限りのこまねこスペシャル弁当を予定しています。希望の方はお申し込みの際にお知らせいただき、当日現金でお支払いください。また、当日の飲食物の持ち込みは自由です。
★ いただいた個人情報は、今回のイベント以外には使用しません。

Code4Lib JAPANカンファレンス2018

http://www.code4lib.jp/
http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2018/program

Code4Libは、アメリカを中心に活動する図書館関係のプログラマ、システム技術者を中心としたコミュニティです。Code4Lib JAPANは日本支部となることを目指す団体です。

Code4Libは、図書館の情報技術活用に関するエキスパートたちの集まりですが、Code4Lib JAPANでは、日本の図書館における情報技術活用の停滞という現実を踏まえ、エキスパートに限らず、一般のライブラリアンに広く門戸を開放することで図書館における情報技術活用を促進し、図書館の機能向上と利用者の図書館に対する満足度向上を目指します。

第6回となる今回は、県立長野図書館にて2018年9月1日(土)・2日(日)に開催します。

Code4Lib (code for libraries)は、図書館やアーカイブ、ミュージアムなどに関わるさまざまな人々(ライブラリアン、デザイナー、ハッカー、アーキテクト、etc.)が自発的に集い、技術を通じてさまざまな課題に取り組むという世界的なコミュニティです。Code4Lib JAPANは、Code4Libのムーブメントを日本にも広げていくことを目指して結成され、2013年からは年1回のカンファレンスを開催しています。

昨年のカンファレンスでは、のべ100名以上の参加者にお越し頂き、図書館サービスと情報技術にかかわる先端的でユニークな取り組みが多数紹介されました。今年は、基調講演、ロング発表、ライトニングトーク、プレカンファレンス、アンカンファレンスなどを実施し、多数の取り組みを共有していただくとともに、参加者間の交流を深めます。多数の皆様のご参加をお待ちしております!

名称:Code4Lib JAPAN カンファレンス 2018
日程:2018年9月1日(土), 9月2日(日)
場所:県立長野図書館
アクセス:JR長野駅 東口より徒歩10分。(詳細な地図はこちら。)
主催:Code4Lib JAPAN
協賛: アカデミック・リソース・ガイド株式会社 / 株式会社カーリル / DAYPLA株式会社 / 株式会社隼斗 / Project Next-L / (募集中)
後援: 情報知識学会 / (募集中)
詳細URL:http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2018

C4ljp2018/program

[編集]発表プログラム

[編集]2018年9月1日(土): 1日目

時間帯プログラム会場
9:30~11:30プレカンファレンス県立長野図書館
12:30~13:00受付
13:00~13:10開会のあいさつ
13:10~13:15諸連絡
13:15~14:15基調講演①: 兼宗 進氏(大阪電気通信大学)「データ教育の出番! 2020年度からはじまる小中高の情報教育」
14:15~14:30休憩
14:30~16:00プレゼンテーション【オープンデータ】
16:00~16:15休憩
16:15~17:15プレゼンテーション【新たな図書館の役割】
17:15~17:30休憩
17:30~18:05ライトニングトーク
18:05~18:15諸連絡
18:15~18:25写真撮影
18:25~19:00懇親会会場への移動
19:00~21:00懇親会(4,500円程度)信州長屋酒屋

[編集]2018年9月2日(日): 2日目

時間帯プログラム会場
8:45〜 9:00受付開始県立長野図書館
9:00〜 9:05諸連絡
9:05〜10:05基調講演②: 渡邉 匡一氏(信州大学)「寺社資料の電子化・共有による新たな研究の展望と課題」
10:05〜10:20休憩
10:20〜10:40協賛団体セッション
10:40〜11:15プレゼンテーション【ショート】
11:15〜11:30写真撮影&諸連絡
11:30〜12:30昼休憩
12:30〜14:00プレゼンテーション【コレクションの構築と検索】
14:00〜14:35ライトニングトーク
14:35〜14:50休憩
14:50〜15:35アンカンファレンス
15:35〜15:50休憩
15:50〜16:05アンカンファレンス報告
16:05〜16:35Ask Anything
16:35〜16:45閉会の挨拶
16:45〜17:00解散 / 片付け
17:00〜18:00ポストカンファレンス(今後のカンファレンス)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR