FC2ブログ

北海道のオープンデータを活用したアイディアソン&ハッカソン - 北海道が抱える問題の解決 -

opendata.doorkeeper.jp/events/70342


北海道のオープンデータを活用したアイディアソン&ハッカソン - 北海道が抱える問題の解決 -

2018-03-17(土)09:00 - 2018-03-18(日)18:00

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 

札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル11F


(2018/03/09 11:00 情報更新)
上位優秀者への賞金 情報追加
17日のみ参加OK 情報追加
イベント当日の 情報更新

北海道のオープンデータを活用した、アイディアソン・ハッカソンを開催します。
テーマは、「北海道が抱える問題の解決」です。

ハッカソンでは、アプリケーションを開発するに加えて、データの利活用を促進するにあたり、
データ分析や解析、オープンデータ利活用におけるツール開発なども対象として開催致します。

ハッカソン&アイディアソンは、2018/03/17-18 2日間、
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 会議室にて行い、
約1か月間の企画・開発期間を経て、2018/04/14 発表&表彰式を行います。

イベント初日の17日(土)に基調講演として、
札幌市 まちづくり政策局 政策企画部 ICT戦略推進担当 課 長 中村 敦哉 氏
室蘭市役所 企画財政部 ICT推進課 課長 丸田 之人 氏
北海道森町役場総務課情報管理係 係長 山形 巧哉 氏
をお招き致しまして、各自治体におけるオープンデータ利活用の取組についてご講演いただきます。

(アイディアソン・ハッカソンにおけるサポート)
・アィディアソン・ハッカソンでは、本イベントで活用可能な、GitHub(ソースコード共有)やSlack(メッセージ、チャット、コミュニケーションツール)※1を準備する予定です。
・アィディアソンでの参加者はアイディアのみのエントリー可能ですが、1日目の基調講演後参加者同士のマッチングを行う予定です。
・オープンデータの使い方などガイドラインを準備する予定です。
※1 2018/04/14 発表&表彰式迄利用公開致し、ご不明な点等ありましたら運営がサポート致します。

[NEW 上位優秀者(グループ)に賞金と賞状を授与]
【賞金】
ハッカソン部門
最優秀賞 \30,000-
優秀賞 \10,000-

アイディアソン部門
部門賞 \10,000-

【対象者】
オープンデータを利用した社会課題の解決に関心がある方
(学生、エンジニアやデータサイエンティスト等大歓迎)

【参加費】
無料
※昼食、ドリンク、お菓子、懇親会費用全てご用意しています。

【参加方法】
ご参加には本ページ(DoorKeeper)よりお申込み下さい

【日程】
■2018/03/17-18 2日間 基調講演、アイディアソン・ハッカソン
※17日のみ参加頂く事も可能です。

会場:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 会議室
□2018/03/17
09:00 開場
09:30-13:00 基調講演、パネルディスカッション
09:30-10:00 - 札幌市 まちづくり政策局 政策企画部 ICT戦略推進担当 課 長 中村 敦哉 氏
10:00-10:30 - 室蘭市役所 企画財政部 ICT推進課 課長 丸田 之人 氏
10:30-11:40 休憩
10:40-11:10 - 北海道森町役場総務課情報管理係 係長 山形 巧哉 氏
11:10-11:20 休憩&切替
11:20-11:50 - 札幌市、室蘭市、森町、パネルディスカッション
11:50-13:00 昼食
13:00-13:30 千歳科学技術大学 深町先生のお話し
13:30-14:00 テーマ確認、マッチング
14:00-17:00 ハッカソン&アイディアソン
17:00-18:00 途中経過発表
18:00-20:00 会場内懇親会(キンキンに冷えたビールをご用意!)

□2018/03/18
1000- 開場
1030-1200 ハッカソン&アイディアソン
1200-1300 昼食
1300-1600 ハッカソン&アイディアソン
1600-1700 中間発表と今後の説明
※18日は合わせて「GitHUBなどの開発ツール講座」も予定しています。

■2018/04/14 発表&表彰式
会場:調整中
15:00-17:00 発表&表彰式

【主催】
一般社団法人北海道オープンデータ推進協議会

【共催】
一般社団法人LOCAL

【後援】
札幌市、室蘭市、森町、一般財団法人 札幌産業振興財団


スポンサーサイト



第1回 富洲原マッピングパーティ

https://connpass.com/event/81126/preview/

第1回 富洲原マッピングパーティ
万葉の松風、浜辺の潮風、街角のおいしい風を楽しみながら、富洲原の魅力を発見しませんか
ブックマークする
主催 : 富洲原地区まちづくり委員会 歴史部会
募集内容
一般
無料
先着順
0/10人
富洲原地区
無料
先着順
1/10人
イベントの説明
イベント紹介
三重県四日市市の北部にある富洲原地区のまちを歩いて、歴史・文化資産などをみんなでオープンデータにして、富洲原のお宝を世界に発信してみませんか?
万葉集の聖武天皇の御詠「妹に恋い吾乃松原見渡せば潮干の潟にたづ鳴渡る」に由縁のある聖武天皇社や、勇壮なけんか祭りの舞台となる飛鳥神社、漁師町の面影を残す町並み、明治から昭和の工業化の時代や自然災害の痕跡などをたどり、昼食をはさみながら約5キロのコースを写真やメモをとりながら歩きます。
その後、郷土史などの参考文献を頼りにインターネット上の百科事典であるウィキペディア「Wikipedia」や、世界地図であるオープンストリートマップ「OpenStreetMap」に情報を書き込み、世界へ向けて発信します。
最後に、エッセンスをUmapに落とし込んで「富洲原のお宝マップ」として完成させます。

初心者向けなので、WikipediaやOpenStreetMapなどを知らなくても大丈夫。 みなさんのご参加をお待ちしています。

名前はマッピングパーティですが中身はオープンデータソンとお考えください。 今回は、さらにUmapにも挑戦します。

開催概要
日時:2018年3月17日(土曜日) 10:30~18:00
会場:松原地区公会堂
参加者:小学生以上でパソコンの使える人(小学生は保護者同伴)
定員:20名程度(一般10名、地元10名)
費用:無料
主催:富洲原地区まちづくり委員会 歴史部会
協力:code for 山城

講師
Wikipedia講師
 Miya Masaさん、青木和人さん
OpenStreetMap講師
 西田隆人さん、瀧口典子さん  

行程
JR富田駅(集合)⇒聖武天皇社⇒飛鳥神社⇒富田一色の街並み⇒
富双地区(昼食各自 まぐろレストラン、ひもの食堂など)⇒
⇒富洲原漁協⇒天カ須賀の街並み⇒松原公会堂(作業会場)

持ち物
パソコンとマウス(Macユーザーはマウス必須です)

以下はあればお持ちください。
OSMマッピングパーティをする人はバインダーと赤ペン(地図にメモして現地調査します)
デジカメ(撮影した写真を Wikimedia commonsに掲載する場合)
Wi-Fiルータ

参加時のアンケート
「Wikipedia」と「OpenStreetMap」のどちらに参加するか、アンケートに回答してください。
(懇親会の参加可否も合わせてお願いします)

・Wikipediaタウン
   地域の史跡や歴史的建造物を歩き、文献資料を元にWikipediaページを作成・更新します。
   撮影した写真をWikipedia姉妹プロジェクト「Wikimedia Commons」への掲載を行います。

・OpenStreetMap(以下OSM)マッピングパーティ
   地域の史跡や歴史的建造物を歩き、現地調査(サーベイ)した情報を元に地図を書き込みます。

ウィキペディアタウンin瑞穂〜みんなでつくる街図鑑〜

www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_event/entries/20180210_02.html 

www.facebook.com/events/2026104190736485/

⬜︎⬛︎ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3/17(土)10:00~17:00

名古屋市瑞穂図書館
×にんげん図書館コラボイベント
ウィキペディアタウンin瑞穂
~み ん な で つ く る 街 図 鑑 ~ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー⬛︎⬜︎
ウィキペディアタウンは、web上の百科事典である
「ウィキペディア」に、街の文化・歴史について
みんなで調べたことを書いて、ウィキペディア上の
「街」をみんなで編集するというものです。

今回は名古屋市瑞穂区南西部が舞台。
熱田区や南区に隣接するエリアです。

現在の住宅や商店が立ち並ぶところも昔は、海岸線が
迫っていたというところもあります。

そんな海抜の低いところもありながら、井戸田地区には、
瑞穂台地という高くなっている地域もあります。

また、平安時代の公卿の藤原師長が、流刑後、一時期滞在
していたというスポットもあります。
そんな地形の面白さと意外と知られていない?歴史上の
人物の所縁あるスポットを巡る「地域に潜む物語」
に出会う旅です。

名古屋に住んでいる人も、名古屋以外の人も、街の魅力
を再発見し、知る楽しさにワクワクすることでしょう。
ウィキペディアを編集したことがなくても大丈夫です!

~~下記のような方もぜひご参加ください~~

⬜︎地域の歴史・文化について学ぶ機会づくりや街づくり
に取り組む、行政・NPO・街づくり・教育施設の職員
⬜︎地域の歴史について楽しく学ぶ授業に興味がある教育関係者
⬜︎調べ学習・探求型授業に関心がある教育関係者
⬜︎郷土資料の効果的な活用について考えている図書館員

⬛︎⬜︎開催概要ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇日時:3月17日(土)10:00~17:00
   開場:9:45( 雨天決行)

◇集合場所:
 名古屋市瑞穂生涯学習センター 視聴覚室
 (地下鉄「妙音通」駅から徒歩8分
  名鉄名古屋本線「堀田」駅から徒歩9分)
 瑞穂図書館ではありませんのでご注意ください!

◇スケジュール
 午前中 瑞穂生涯学習センターで簡単なレクチャー後、街歩き
 お昼は各自とってから図書館に集合してください。
 午後  瑞穂図書館 集会室にて調査・記述を行います。  

◇保険代として当日30円徴収します。

◇定員:30名

◇持ち物:
 カメラ付き携帯、デジカメ、ノートパソコン(なくてもOK)
 当日、パソコンを持参、使用できる方はウィキペディア
 アカウントをとってご参加いただけるとスムーズに記述
 行えます。

◇コーディネーター:にんげん図書館 山本茜
      案内人:みずほ史跡ウォーカーの皆様

◇申し込み・お問い合わせについて

⚫︎フェイスブックの「参加ボタン」ではなく、
メール・電話での申し込みを正式な申し込みとして承ります。

⚫︎下記の内容を記載の上、メールか携帯電話にご連絡ください。
※保険加入のため、お手数ですが、電話番号・ご住所もご記入ください。
・氏名・ふりがな
・電話番号
・住所
・連絡先(携帯電話・メール)

※当日の運営のため下記の項目についてもご記入ください
・所属
・ウィキペディアタウンへの参加:(初めてor参加経験あり)
・ウィキペディアの編集:(初めてor経験あり)
・ノートパソコンの持参:(可能・不可)

⚫︎宛先
ehon.akane@gmail.com にんげん図書館 山本茜
090ー9938−5175
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◇個人情報の取り扱いについて
・申込情報は、本イベントにのみ使用します。
・申込情報は、図書館に提供します。図書館から連絡する場合もあります。
◇本イベントの情報は図書館のHPにも掲載され、図書館でも
申し込み受付可能です。
HP:https://www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_event/entries/20180210_02.html

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR