FC2ブログ

見る編「大阪ウィキペディアエディタソン」

www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php


Library of the Year 2017優秀賞サミット 見る!やってみる! ウィキペディアタウン
見る編「大阪ウィキペディアエディタソン」


Library of the Year 2017優秀賞受賞機関が大阪に集まり、3者の共通点であるウィキペディアタウンを開催します!

「見る編」では、ベテランのウィキペディア編集者が記事を編集する過程を、
資料の選択から文章の作成まで、余すことなく「観覧」できます。
大阪関係の項目を予定です!白熱の編集作業は必見です!!

「大阪ウィキペディアエディタソン」チラシ.pdf

【日時】平成30年3月11日(日) 午前10時から午後4時30分
【場所】大阪市立中央図書館 5階大会議室
【解説】ウィキペディア日本語版編集者
【司会】宮澤優子氏(飯田市立川路小学校・三穂小学校司書、ウィキペディアタウン運営スタッフ)
【定員】50名程度 (当日先着順・観覧無料)

【主催・問合せ】大阪市立中央図書館 電話06-6539-3326
【協力】オープンデータ京都実践会OpenGLAMJapan(Facebookページ)・瀬戸内市民図書館もみわ広場NPO法人知的資源イニシアティブ

【同時開催】
やってみる編「ウィキペディアタウン in 大阪」はこちらから

Library of the Year とは…
 これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関に対して、NPO法人 知的資源イニシアティブ(IRI)が毎年授与する賞で、2006年より、図書館総合展のフォーラムとして開催されています。
 今年度は、IRIメンバーおよび外部推薦で寄せられた40施設・団体・サービスの中から第1次選考会、第2次選考会を経て、大阪市立図書館・瀬戸内市民図書館もみわ広場・ウィキペディアタウン(各地でウィキペディアタウンを企画実施したみなさんとこれをサポートしたウィキペディアンのみなさん)が優秀賞を受賞しました。また、11月7日に行われた最終選考会で、大賞、オーディエンス賞は瀬戸内市民図書館もみわ広場が選ばれました。

スポンサーサイト



やってみる編「ウィキペディアタウン in 大阪市立中央図書館」

www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php


Library of the Year 2017優秀賞サミット 見る!やってみる! ウィキペディアタウン
やってみる編「ウィキペディアタウン in 大阪市立中央図書館」


Library of the Year 2017優秀賞受賞機関が大阪に集まり、3者の共通点であるウィキペディアタウンを開催します!

やってみる編は、インターネット上のフリーの百科事典「ウィキペディア」に、地域の記事を作成・編集するイベントです。
西区の街を実際に歩きながら、歴史や文化を学んだあと、図書館資料で調べてウィキペディアの記事を書きます。
初めての方へ編集方法のレクチャーもあります。どなたでもお気軽にご参加ください!
「ウィキペディアタウン in 大阪市立中央図書館」チラシ(表).pdf
「ウィキペディアタウン in 大阪市立中央図書館」チラシ(裏).pdf

【日時】平成30年3月11日(日) 午前10時から午後4時30分
【場所】大阪市立中央図書館 5階中会議室(集合:午前10時)
【講師】青木和人氏(オープンデータ京都実践会 代表)
    Miya.m氏(オープンデータ京都実践会)
【まち歩きガイド】高橋俊郎氏(大阪文学振興会総務委員・帝塚山派文学学会副代表)


【定員】25名 (事前申込・先着順・参加費無料)
【申込】(インターネット)大阪市立図書館ホームページから
            申し込みフォームからお申込みください

    お申込の受付後、担当者からご連絡いたします。

【締切】3月7日(水)午後5時まで
    ※申込み締切前でも、定員になり次第、募集はしめきります。

【持ち物】
 ・パソコンまたは電子タブレット(お持ちの方)
 ・デジタルカメラ(スマートフォン可)(お持ちの方)
 ・モバイルルーター(お持ちの方)
 ・電源タップ(お持ちの方)
 ・事前にウィキペディアのアカウントを作成しておいてください。
  参考:ウィキペディア日本語版のヘルプページ
 (当日作成できない場合があります。事前の作成にご協力をお願いします。)

【注意事項】
 ・まち歩きをしますので、動きやすい服装でお越しください。
 ・損害保険に加入します。(自己負担なし)
 ・昼食・交通費は各自でご用意ください。
 ・天候の条件により変更がある場合があります。

【主催・問合せ】大阪市立中央図書館 電話06-6539-3326
【協力】オープンデータ京都実践会OpenGLAMJapan(Facebookページ)・瀬戸内市民図書館もみわ広場NPO法人知的資源イニシアティブ

【同時開催】
見る編「大阪ウィキペディアエディタソン」はこちらから


Library of the Year とは…
 これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関に対して、NPO法人 知的資源イニシアティブ(IRI)が毎年授与する賞で、2006年より、図書館総合展のフォーラムとして開催されています。
 今年度は、IRIメンバーおよび外部推薦で寄せられた40施設・団体・サービスの中から第1次選考会、第2次選考会を経て、大阪市立図書館・瀬戸内市民図書館もみわ広場・ウィキペディアタウン(各地でウィキペディアタウンを企画実施したみなさんとこれをサポートしたウィキペディアンのみなさん)が優秀賞を受賞しました。また、11月7日に行われた最終選考会で、大賞、オーディエンス賞は瀬戸内市民図書館もみわ広場が選ばれました。

情緒ある高山の「情景写真」を投稿しよう

iodd2018gifu.peatix.com/


情緒ある高山の「情景写真」を投稿しよう

詳細

プレイベントは総勢18名の参加がありました。ありがとうございました。
地域の魅力を発信する「情景写真」の撮り方ワークショップ

International Open Data Dayの開催に合わせて飛騨高山の情緒ある風景の写真を撮影し、経済産業省が運営するフォトアーカイブプロジェクト「FIND/47」に投稿します。美しい風景や残したい伝統を撮影したい方はもちろん、高山でおいしいものを食べたい方も参加できますよ。自分らしい視点で切り取った「情景写真」をたくさん撮影し、FIND/47に参加して、全世界へ岐阜の魅力を発信しましょう!

※FIND/47とは?

クリエイティブコモンズライセンスに従い、高画質・高品質な写真データが公開され、世界中の人が使える形に整備されている「FIND/47」。経産省が運営する、日本各地の歴史的な建造物、地域のお祭りや行事などの「情景写真」を自由にダウンロードすることができるフォトアーカイブサイトです。

※ IODD(インターナショナル・オープンデータ・デイ)とは?

誰もが自由に使うことができる「オープンデータ」について、作ったり、使ったり、考えたりするイベントを世界中の都市で同日開催するお祭りです。昨年は国内で65箇所の会場で開催されました。

オープンデータとは?

誰でも自由に再利用も出来て再配布できるようなデータのこと

- http://opendatahandbook.org/guide/ja/what-is-open-data/


【開催概要】

 2018/ 3/ 11(日) 13:30 - 17:30

 場所:まちスポ飛騨高山

    http://machispo.org/space/hidatakayama/

 参加募集数:15名

 ※小雨決行、天候により中止する場合は当日9時までに連絡します


【参加費】

・無料


【交通アクセス】
 高山駅東口より徒歩15分、お車で6分
【駐車場】  フレスポ飛騨高山内に駐車頂けます(373台収容)
 まちスポ飛騨高山は、フレスポ飛騨高山の敷地内にあります。


【イベントの目的】

・FIND/47に採択される写真を撮ろう!あわよくば賞をとろう!

・写真を通じて手軽にみんなでオープンデータをつくろう


【持ち物】

・スマホ1台から参加可能です

あるといいもの

・カメラ・三脚・自撮り棒

・パソコン


【プログラム】

13:15 受付開始

13:30 ご挨拶・FIND/47の説明

13:40 撮影するコツを紹介

   「スマホアプリでの撮影方法」「構図のコツ」「レタッチのコツ」

14:20 休憩

14:30 撮影スポットの紹介

    高山散策・撮影会

16:30 FIND/47に投稿

17:10 成果発表会

17:30 終了


18:30 懇親会(自由参加。別途費用が必要です。)

※プログラムは変更になる可能性があります。



【主催】CODE for GIFU

【協賛】Code for Japan

FIND/47の投稿写真

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR