FC2ブログ

官デ法の勝手ガイドラインを作ろう

https://www.facebook.com/events/2132959660265051/

本イベントでは、国のガイドラインを補足する「官デ法勝手ガイドライン」を皆で作り上げることを目的としています。

※本イベントにはオンラインでの参加も可能です。当日になったらこのイベントページで、参加用のURLを公開します

昨年12月に施行された、行政や民間のデータ活用を推進し、官民の協創を目指すための法律「官民データ活用推進基本法(官デ法)」
の中で、県や自治体に対して、データ活用のための基本計画を作ることが指示されました。
参考:3分で分かる「官民データ活用推進計画」
http://kozatori7.hatenablog.com/entry/2017/10/19/203321

10月10日に内閣官房が県や自治体向けの計画づくりのガイドラインを提示した状況ですが、一部の積極的な自治体を除き、多くのところではまだ様子見の状態です。
また、重い腰を上げて着手したとしても、他の自治体のものをベースに、形だけの計画が出てきそうな予感もしています。

データ活用や協創という目的を達成するには、計画自体を民間や市民と作る「プロセス」が重視されるべきです。
そこで、計画倒れにならないような計画を作るためのガイドラインを、有志で作成することにしました。

本イベントでは、国のガイドラインを補足する「官デ法勝手ガイドライン」を皆で作り上げることを目的としています。

計画作りに興味のある方であればどなたでも参加できます。
特に、エンジニア、行政マン、地域事業開発プロデューサーなどの参加を期待しています。

■日時、場所
12月21日 16時〜21時
場所:SENQ霞が関
https://senq-web.jp/office/kasumigaseki

■スケジュール(仮)
15:30 開場
16:00-16:10 開始、イントロ
16:10-16:40 官デ法についておさらい
16:40-16:50 勝手ガイドラインについて
16:50-17:20 ガイドラインたたき台の紹介
17:20-18:10 グループに分かれてディスカッションしながらアップデート(Github使い方講座あり)
18:10-18:40 まとめ
19:00-21:00 食事をしながらもくもく会(ピザかなにかを取ります。参加される方は2000円いただきます。)

■参加者
Code for Japan 有志、太田直樹 元総務大臣補佐官、他

■FAQ
Q:オンラインでの参加は可能ですか?
A:可能です。当日イベントページで参加用のURLをお伝えします。

Q:途中参加、途中退出は可能ですか?
A:可能です。

Q:ガイドライン作成までは手伝えないかもしれませんが、興味があります。
A:大丈夫です。是非お気軽にご参加ください。

Q:Githubとかわかりません
A:大丈夫です。当日使えるようにサポートいたします。

Q:自治体職員も参加できますか?
A:よろこんで!是非ご参加ください。
スポンサーサイト
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR