オープンデータソン2017 in 宇治 vol.3

https://opendatakyoto.connpass.com/event/63564/

2017/08/26(土)10:00 〜 17:00

宇治のまちを歩いて、歴史・文化資産をみんなでオープンデータにして、
宇治の魅力情報を世界に発信してみませんか?

オープンデータソン2017 in 宇治は、6月~9月にかけて全4回のイベントを予定しています。
日程は6月18日(日)、7月23日(日)、8月26日(土)、9月30日 (土)です。
今回は第3回目!
共通のテーマは観光ガイドに載らないアッと驚く知られざる宇治の歴史。
日本書紀ゆかりのスポットや知ってると自慢できるような場所を巡りながら、
インターネット上のの百科事典であるウィキペディアや、ウィキペディアの地図版と言われる
オープンストリートマップに宇治の情報を編集し、世界へ向けて発信します。

「Wikipedia」や「OpenStreetMap」は誰でも自由に利用が出来るオープンデータの仲間です。
地域の歴史や文化を学びながら、みんなでオープンデータを作りませんか?

宇治のまちをご案内いただくのは、京都巽庵代表の西田尚武さん。
知られざる宇治の歴史や魅力をたっぷり教えていただきます。
今回は、藤原家の貴人たちが眠る宇治陵と宇治の古代史の鍵を握る許波多神社を巡ります。

初心者向けなので、WikipediaやOpenStreetMapを知らなくても大丈夫。
みなさんのご参加をお待ちしています。

開催概要

オープンデータソン2017 in 宇治 vol.3
会場宇治市木幡公民館
参加者どなたでも参加出来ます
定員30名程度
費用無料
主催「オープンデータ宇治の歴史・文化」プロジェクト
(同志社大学大学院総合政策科学研究科「キャップストーン」担当教授:新川達郎)
ちはやぶる宇治の未来をつくる会、オープンデータ京都実践会
後援京都府
協力株式会社Stroly、NPO法⼈まちづくりねっと・うじ

懇親会

イベント終了後、希望者による懇親会を開催します。

会場:大阪じゅうべい
予算:4000円程度
開始:18:00 ~ 20:00 

参加時のアンケート

「Wikipediaタウン」と「OpenStreetMapマッピングパーティ」のどちらに参加するか、
アンケートに回答してください。(懇親会の参加可否も合わせてお願いします)

  • Wikipediaタウン
       地域の史跡や歴史的建造物を歩き、文献資料を元にWikipediaページを作成・更新します。
       撮影した写真をWikipedia姉妹プロジェクト「Wikimedia Commons」への掲載を行います。 
  • OpenStreetMap(以下OSM)マッピングパーティ
       地域の史跡や歴史的建造物を歩き、調査結果を元にみんなで使える自由な地図を作ります。 
       作った地図は、世界中のアプリやサービスで使われるので、宇治の魅力をアピール出来ます。

事前準備

スケジュール

時間内容
9:50JR木幡駅集合 木幡公民館へ
主催者挨拶 概要説明
班分け お昼ご飯
12:00まち歩き 宇治陵総拝所〜宇治陵巡り〜松殿山荘〜浄妙寺跡〜許波多神社
14:00木幡公民館で編集 世界に発信!
16:00成果発表会
17:00終了 希望者は懇親会へ

持ち物

  • 昼食をご持参ください(集会所の近くにもコンビニがあります)
  • OSMマッピングパーティの希望者はバインダーと赤ペン(地図にメモして現地調査します)
  • パソコンとマウス(Macユーザーはマウス必須です)

以下はあればお持ちください。

  • デジカメ(Wikimedia commonsに写真を掲載したり、OSMマッピングパーティの現地調査で使います)
  • Wi-Fiルータ(主催側でもいくつか用意しているので、無ければ結構です)
スポンサーサイト

UDC2017 データビジュアライズマッピング in Otsu アイデアイベント

udc2017otsu.connpass.com/event/63260/


UDC2017 データビジュアライズマッピング in Otsu アイデアイベント

キックオフイベント&アイデアイベント ~大津の○年後をビジュアライズ!~

主催 : 大津市情報システム課

募集内容

アイデアイベント

無料

先着順
1/30

イベントの説明

イベント趣旨

アーバンデータチャレンジ滋賀ブロックの活動も今年で3年目。 今年はのテーマは「大津駅前を盛り上げる!」です。 アイデアイベントとテクニカルイベントの2回のイベントを通して、大津の未来を考えよう!

1回目のイベントは「キックオフイベント&アイデア提案イベント」

オープンデータや公共データを活かして、41年ぶりにリニューアルされた大津駅周辺のエリアを中心に、大津市中心市街地がもっと魅力的な街になるための課題と解決策を考えます。

大津市のオープンデータの取り組みや、データ利活用についても、ぜひ知ってください!

市長ミーティングも開催!

越直美大津市長が提案する「ジュネーブ構想」をテーマに、市長と語らう「市長ミーティング」を開催!大津駅前の活性化について、実際に越市長と意見交換をしていただく場を設けます。

ジュネーブ構想

JR大津駅から琵琶湖岸までの中央大通りの地形、琵琶湖岸からの景観は、スイスのジュネーブを連想させるものがあります。このことから、「ジュネーブ構想」として「世界から人が集まる駅、まち」を目指し、大津駅周辺から湖岸の賑わいの創出を進めていく構想です。JR大津駅を拠点として、駅に集まった方々が気軽に、歩いて楽しく湖岸へ行ける動線づくりにも取り組みます。

プログラム

講演1 :「アーバンデータチャレンジについて」 アーバンデータチャレンジ事務局

講演2 :「調整中」 滋賀大学データサイエンス学部 教授 高田 聖治氏

講演3 :「大津市のオープンデータの取り組み」 大津市CIO補佐官 木下 克己

講演4 :「調整中」 滋賀銀行 執行役員 システム部長 中島 浩之氏

企画 :「市長ミーティング~ジュネーブ構想について~」 大津市長  越 直美

~昼食・休憩~

インプットセミナー:「大津の歴史とまちづくりについて」 株式会社まちづくり大津 事務局長 元田 栄三氏

ワークショップ: チームに分かれて大津駅前を盛り上げるアイデアを考えよう!

発表

詳細

定員

30名程度

参加費

無料

持ち物

会場内でWi-Fiをご利用いただけますので、ご自身のノートパソコン等をぜひお持ちください。

お申込み方法

「このイベントに申し込む」をクリックしてお申し込みください。

(SNSからログイン、または、会員登録してお申し込みください)

会員登録を希望されない場合は、大津市電子申請サービスからお申込みください。

※8/26・9/24のいずれか一日だけの参加も大歓迎です!


主催:大津市

共催:滋賀大学、滋賀銀行、Code for Shiga/Biwako、アーバンデータチャレンジ2017実行委員会

協力:大津商工会議所

後援:(公社)びわこビジターズビューロー、オープンガバメント推進協議会

わかやま地域データ活用セミナー2017

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020100/data/seminar2017.html


わかやま地域データ活用セミナー2017

 地域活動やボランティア活動は、身の回りにある色々な「地域データ」を活用することで、より効果的・効率的にすすめることができます。本セミナーでは、地域データの集め方や活用方法について、講演とワークショップを通して分かりやすく解説していきます。

 普段、様々な活動に参加されている皆さんはもちろん、データの活用方法や情報発信に興味のある皆さんの積極的なご参加をお待ちしています。

※「地域データ」とは、公的機関や民間企業のホームページのほか、個人のSNSなどで公開されている、地域に関する様々な情報のことです。

○主催 和歌山県・和歌山大学   ○協賛 和歌山県情報化推進協議会

○開催日時 8月26日(土)13:00~16:30(受付12:30~)

○会場 和歌山県JAビル

13:00 ◆ 講演 「データから見えるまちの経済」
~14:00 岡山大学大学院社会文化科学研究科
中村 良平 教授

14:15 ◆ 地域データ活用ワークショップ
~16:30 和歌山大学システム工学部准教授 満田 成紀

OSM作成の予定とのこと

 ◆ チラシ(PDF)     ◆申込用紙(エクセル)
 
【担当及び問い合わせ先】 
 和歌山県企画部企画政策局企画総務課
  電 話:073-441-2334(直通) 
  FAX:073-422-1812

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR