第3回CODHセミナー人文学でのDOI活用 〜研究データや所蔵品など研究資源へのDOI付与〜

codh.rois.ac.jp/seminar/doi-for-humanities-data-20170530/#


第3回CODHセミナー
 人文学でのDOI活用 〜研究データや所蔵品など研究資源へのDOI付与〜

テーマ

DOI (Digital Object Identifier)はこれまで論文などの研究成果に付与されてきましたが、この仕組みを研究データや所蔵品などの研究資源にも拡大する動きが広まりつつあります。こうした潮流の背景には、研究の入力から出力までを一意に特定・追跡し、研究に関する資料へのアクセスを永続的にするとともに、研究成果を他者が検証できるようにしようという考え方があります。

しかし人文学分野における研究資源の公開には、大規模な組織から小規模なプロジェクト、そして個人の研究者や愛好家まで様々な主体が関わりますので、DOIの導入方法も違ってくるでしょう。そこで人文学に関連する分野におけるDOI導入の先行事例を集め、現状と今後の課題を議論する場を設けました。

DOIの導入をお考えのデータ利活用関係者(研究者、図書館員、アーキビスト、情報システム構築者など)の情報収集の場としてだけではなく、質問と議論の時間も十分に確保して、参加者の理解を深める場にしたいと考えています。

基本情報

日時2017年5月30日(火) 13:00-15:40
会場国立情報学研究所 1208/1210会議室
参加登録参加費は無料、定員は約40名です。参加ご希望の方は、5月29日(月)までに参加登録をお願いします。
言語講演はすべて日本語です。
主催情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)
後援研究データ利活用協議会
研究プロジェクト検索機能の高度化に係る総合的研究, 日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築事業 研究開発系共同研究, 国文学研究資料館

参加登録

下記のフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

なお、上記のフォームがお使いになれない場合は、codh-event (at) nii.ac.jp まで、(1) 氏名、(2) 所属、(3) メールアドレスの3点をご連絡下さい。

プログラム

発表概要

DOI概論―研究基盤のオープン化に向けたIDの活用

「DOI (Digital Object Identifier)とは何か?」を改めておさらいするとともに、従来の論文と比べて研究資源へのDOI付与ははなぜ難しいのかを論点とともに紹介し、その活用の見通しについても触れる。

人文学を検証可能に―DOIへの取り組み・国文研

国文学研究資料館は、この春、全冊画像のある古典籍の検索のために新日本古典籍総合データベースを試験公開する。ここでは1点ごとの典籍にDOIを付与するが、研究者がこのDOIを活用することの有用性について考えてみたい。

Re*poNからみたJAIRO Cloudの可能性

学術資源リポジトリ協議会(Re*poN)における博物館資料へのDOI付与事例をもとに、研究資源公開プラットフォームとしてのJAIRO Cloudの可能性を検討する。

歴史的モノ資料をどのようにデジタルで認識するか

国立歴史民俗博物館の館蔵資料におけるDOIの付与に関する課題について検討する。歴史的資料がどのように認識されるのかー言い換えればどのように発見されることが望まれているのか―についての諸課題を検討する。

講演者概要

北本 朝展、情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所

山本 和明、国文学研究資料館

林 正治、国立情報学研究所

後藤 真、国立歴史民俗博物館

関連記事

CODHセミナー

2017-05-30

第3回CODHセミナー 人文学でのDOI活用 〜研究データや所蔵品など研究資源へのDOI付与〜

2017-02-10

第2回CODHセミナー くずし字チャレンジ 〜機械の認識と人間の翻刻の未来〜

2017-01-23

第1回CODHセミナー Big Data and Digital Humanities

スポンサーサイト

第1回 南山城村ウィキペディア・タウン

wikipediatownminamiyamashiro01.peatix.com/view#

第1回 南山城村ウィキペディア・タウン

日本初!! 村でウィキペディアタウンを開催します!
南山城村のことをウィキペディアに書いてみませんか?

日時:平成29年5月28日(日) 9時30分~17時00分
場所:南山城村移住交流スペース 「やまんなか」
http://concierge.kyoto-iju.com/event/minamiyamashiro_yamannaka
京都府相楽郡南山城村田山上フケ10-4
map→https://goo.gl/maps/mfLbH5NkQnu


南山城村をむらあるきして、南山城村の魅力をみんなでインターネット百科事典 ウィキペディアやローカルウィキに書き加えていくイベントです。参加費:無料 
どなたでも参加可
パソコンをお持ちの方はご持参ください。

【プログラム】
9:30 南山城村移住交流スペース 「やまんなか」 集合 

【午前 むらあるき】
南山城村をむらあるきします。

【午後 ウィキペディア編集】
南山城村 「やまんなか」にて、ウィキペディアの書き方を説明した上で、みんなで南山城村のことを書いていきます。


主催:南山城村むらづくり推進課 移住・定住推進員
コード フォー 山城  アーカイブ・ファシリテーター協会

後援:南山城村  協力:同志社大学政策科学部・同志社大学院総合政策学研究科 合同会社むら村・京都府コミュニティコンビニ公共員 山崎 洋平
お問い合わせ: 0743-93-0560 (南山城村むらづくり推進課 野崎まで)
申し込み : 電話、電子メール(murapura163@gmail.com )
Webサイト(http://wikipediatownminamiyamashiro01.peatix.com) よりお申し込みください。

オープンデータを分析する 〜 ミクロの世界編

https://connpass.com/event/57217/?utm_campaign=event_publish_to_official_twitter&utm_medium=twitter&utm_source=notifications

日本オラクル発の新シリーズ「オープンデータを分析する」は、最新の科学を「クラウド」を通して伝える市民講座です。第二弾「ミクロの世界編」では、顕微鏡のデータから手に取れるサイズの模型を作るために、機械学習や3Dプリンティングがどのように活用されているか、わかりやすく解説します。

2017/05/26(金)18:00 〜 20:00

概要

この勉強会ではインターネットに公開されているデータの分析方法を考えます
今回は顕微鏡の画像から手に取れるサイズの模型を3Dプリンティングする取り組みを紹介します
画像の補正のために使われる「機械学習」という手法についてわかりやすく説明します
プログラム

18:00-18:10 市民科学とデータ分析(10分)
18:10-18:40 顕微鏡の世界を3Dプリンティングする(30分)
18:40-18:55 機械学習とは(15分)
18:55-19:05 休憩(10分)
19:05-19:20 画像の補正に機械学習を利用する(15分)
19:20-19:35 参加者で「教師データ」を作成する(15分)
19:35-19:50 学術系クラウドファンディングとその成功例(15分)
参加方法

オラクル青山センターの 2F ロビーからエレベーターにて直接 22F のカフェまでお越しください
受付票は不要です。カフェにて登録時のご氏名とご所属がわかるお名刺を戴ければと存じます
会場の受付時間は 17:45-18:15 とさせて頂きます。それ以降に入場される場合は開催者にご連絡ください
関連サイト

顕微鏡のなかのミクロな世界を3Dプリンタで出力する!

WikiCite 2017

meta.wikimedia.org/wiki/WikiCite_2017#Attendees


WikiCite 2017

WikiCite 2017 Vienna banner
File:WMF Metrics and Activities Meeting - September 2016.webm
Why WikiCite? Watch a 10-minute introduction.
Read the complete report from WikiCite 2016.
For the parent page, see WikiCite

WikiCite 2017 is a 3-day conference, summit and hack day to be hosted in Vienna, Austria, on May 23-25, 2017. It expands efforts started last year with WikiCite 2016 to design a central bibliographic repository, as well as tools and strategies to improve information quality and verifiability in Wikimedia projects. Our goal is to bring together Wikimedia contributors, data modelers, information and library science experts, software engineers, designers and academic researchers who have experience working with Wikipedia's citations and bibliographic data.

Program[edit]

This is the provisional structure of the event. Additional details will be communicated later.

22 May 2017
Travel day, attendees arrive in Vienna
23 May 2017
Day 1. (Conference) – present progress on existing work and initiatives for citations and bibliographic data across Wikimedia projects
24 May 2017
Day 2. (Summit) – discuss technical, social, outreach and policy directions
25 May 2017
Day 3. (Hack) – get together to build, based on new ideas and applications
26 May 2017
Travel day, attendees leave

Attendees[edit]

This is the final list of participants, as of May 1, 2017 (see also this list of Twitter handles)

  1. Marcel R. Ackermann
  2. Vladimir Alexiev
  3. Henrique Andrade
  4. Thomas Arrow
  5. Phoebe Ayers
  6. Raphael Berchie
  7. Geoffrey Bilder
  8. Greg Boustead
  9. Terry Catapano
  10. Victoria Coleman
  11. Sjoerd de Bruin
  12. Antonin Delpeuch
  13. Fereshteh Didegah
  14. Eamon Duede
  15. Jonathan Dugan
  16. Muhammad Elhossary
  17. Asura Enkhbayar
  18. Rachel Farrand
  19. Robert Fernandez
  20. Besnik Fetahu
  21. Katie Filbert
  22. Heather Ford
  23. James Forrester
  24. Konrad Förstner
  25. Andrea Forte
  26. Marco Fossati
  27. Mauricio Genta
  28. Guilherme Gonçalves
  29. Mark Graham
  30. Aaron Halfaker
  31. James Hare
  32. Mahmoud Hashemi
  33. Lambert Heller
  34. Lucie-Aimée Kaffee
  35. Avner Kantor
  36. Stefan Kasberger
  37. Jiro Kikkawa
  38. Meen Chul Kim
  39. Samuel Klein
  40. Peter Kraker
  41. Jonas Kress
  42. Léa Lacroix
  43. Rachael Lammey
  44. Stephen LaPorte
  45. Maxime Lathuilière
  46. Mairelys Lemus-Rojas
  47. Andrew Lih
  48. Lorenzo Losa
  49. Andy Mabbett
  50. Lauren Maggio
  51. Luca Martinelli
  52. Michele Mauri
  53. Raffaele Messuti
  54. Daniel Mietchen
  55. Katie Mika
  56. Eric Miller
  57. Pru Mitchell
  58. Jonathan Morgan
  59. Cameron Neylon
  60. Finn Nielsen
  61. Kaltrina Nuredini
  62. Jake Orlowitz
  63. Mathieu Orban
  64. Roderic Page
  65. Silvio Peroni
  66. Lydia Pintscher
  67. Merrilee Proffitt
  68. Florian Reitz
  69. Sian Roderick
  70. User:Sahehco
  71. Mohses Salek
  72. Jodi Schneider
  73. Elizabeth Seiver
  74. Adam Shorland
  75. David Shotton
  76. Arthur Smith
  77. Chiara Storti
  78. Carly Strasser
  79. Studio Calibro
  80. Dario Taraborelli
  81. Katherine Thornton
  82. Gergő Tisza
  83. User:Tpt
  84. Jesús Tramullas
  85. Jure Triglav
  86. User:TweetsFactsAndQueries
  87. Giorgio Uboldi
  88. Sahar Vahdati
  89. Andra Waagmeester
  90. Joe Wass
  91. User:WikiAnika
  92. Sam Wilson
  93. Olga Zagovora
  94. Andrea Zanni
  95. Philipp Zumstein

Attending the event[edit]

So you're interested in participating but are unsure if your profile fits with the scope of the event?

WikiCite is a hands-on event. These are examples of skills we're looking for:

  • I am a regular Wikipedia contributor
  • I have contributed data, data models, or new property proposals to Wikidata
  • I am a regular contributor to other Wikimedia projects
  • I write code and web applications
  • I have experience with SPARQL
  • I have experience writing bots / automated agents
  • I have experience writing text and markup parsers
  • I have worked with tools and applications for citations
  • I have written tools to extract or analyze citations
  • I have translated technical documentation
  • I have experience visualizing data
  • I have experience with bibliographic / citation standards and data models
  • I work for an organization that will directly benefit from these efforts

These are examples of contributions we expect from participants:

  • defining a technical roadmap / strategic directions for efforts focused on citations and source metadata
  • mapping Wikimedia source metadata and Wikidata properties to existing bibliographic data models
  • designing, product managing or developing tools/software
  • conducting research and data analysis on citation and bibliographic data in Wikimedia projects
  • performing user testing and/or writing documentation
  • review existing quality control mechanisms
  • organizing community outreach and engagement within Wikimedia communities

How to apply[edit]

Applications for the event are closed, and so is the waitlist.

Important dates[edit]

  • February 9, 2017: applications open
  • February 27, 2017: applications close, waitlist opens
  • March 10, 2017: all final notifications of acceptance are issued, waitlist processing begins
  • March 31, 2017: attendee list is finalized

Venue[edit]

WikiCite '17 will be held at JUFA Wien City Hotel in Vienna, Austria.

JUFA Wien City Hotel Gnome-globe.svg on OpenStreetMap
Mautner-Markhof-Gasse 50, 1100 Wien
Nearest underground station: Enkplatz Enkplatz underground station on Wikidata of line U3

People attending the Wikimedia Hackathon 2017 – held at the same location on May 19-21 – are encouraged to apply and extend their stay.

Travel support[edit]

Like last year, limited funding to cover travel costs of prospective participants will be available. Based on the travel support requests we received, we have informed applicants as to whether we can provide them with travel support. As of the end of April, these arrangements have been finalized.

Funding[edit]

WikiCite '17 is hosted by the Wikimedia Foundation and logistically supported by Wikimedia Austria. The event is generously supported by:

These restricted gifts to cover the cost of the event, and related development and outreach activities, have been approved by the Wikimedia Foundation Board of Trustees.

Organizing committee[edit]

  • Dario Taraborelli
  • Jonathan Dugan
  • Lydia Pintscher
  • Daniel Mietchen
  • Cameron Neylon
  • Elizabeth Seiver

You can contact the organizers via wikicite@wikimedia.org

Social media[edit]

Mailing lists[edit]




WikiCite 2017、2017年5月23-25日にオーストリアのウィーンで開催される3日間のカンファレンス、サミット、ハックの日です。WikiCiteプロジェクトの情報品質と検証可能性を向上させるためのツールと戦略だけでなく、中央書誌リポジトリを設計するために、WikiCite 2016で昨年開始された取り組みを拡大しています。私たちの目標は、ウィキメディアの貢献者、データモデラー、情報と図書館の科学の専門家、ソフトウェアエンジニア、デザイナー、Wikipediaの引用や書誌データを扱った経験のある学術研究者を集めることです。

プログラム[ 編集]

これはイベントの暫定的な構造です。追加の詳細については、後ほど説明します。

2017年5月22日
旅行日、ウィーンに出席者が到着
2017年5月23日
1日目(会議) - Wikimediaプロジェクト全体の引用や書誌データの既存の作業とイニシアティブに関する進捗状況を提示する
2017年5月24日
2日目(サミット) - 技術的、社会的、奉仕的、政策的方向について話し合う
2017年5月25日
3日目(ハック) - 新しいアイデアやアプリケーションに基づいて、一緒にビルドする
2017年5月26日
旅行日、出席者は出る

出席者[ 編集]

これは2017年5月1日現在の参加者の最終リストです(このTwitterのリストも参照してください)

  1. マルセル・アッカーマン
  2. Vladimir Alexiev
  3. ヘンリク・アンドラーデ
  4. トーマス・アロー
  5. フィービー・エアーズ
  6. ラファエル・ベルチ
  7. ジェフリーの写真
  8. グレッグ・ブーディッド
  9. テリー・カタパロ
  10. ビクトリアコールマン
  11. Sjoerd de Bruin
  12. Antonin Delpeuch
  13. Fereshteh Didegah
  14. Eamon Duede
  15. ジョナサン・ドゥガン
  16. ムハンマド・エルハッサリ
  17. アシュラエンケバヤル
  18. レイチェルファランド
  19. ロバートフェルナンデス
  20. ベスニクフェタフ
  21. ケイティ・フィルベール
  22. ヘザーフォード
  23. ジェームス・フォレスター
  24. コンラッド・フォースター
  25. アンドレアフォルテ
  26. マルコフォッサーティ
  27. マウリシオジェンタ
  28. GuilhermeGonçalves
  29. マーク・グラハム
  30. アーロン・ハルファーカー
  31. ジェームスハレル
  32. マフムード・ハシェミ
  33. ランバート・ヘラー
  34. ルーシー=アイメー・カフェー
  35. アヴナーカンター
  36. ステファン・カスバーガー
  37. 吉川次郎
  38. Meen Chul Kim
  39. サミュエル・クライン
  40. ピータークラッカー
  41. ジョナス・クレス
  42. レアラクロア
  43. レイチェル・ラミー
  44. スティーブンラポート
  45. MaximeLathuilière
  46. マイレリスレムス - ロハス
  47. アンドリュー・リー
  48. ロレンツォ・ローザ
  49. アンディ・マベット
  50. ローレン・マッジョ
  51. ルカ・マチェッテッリ
  52. ミシェル・マウリ
  53. ラファエッレ・クスティ
  54. ダニエルミーテチェン
  55. ケイティミカ
  56. エリックミラー
  57. プルミッチェル
  58. ジョナサン・モーガン
  59. キャメロン・ナイロン
  60. フィンニールセン
  61. カルトリーナヌレディニ
  62. ジェイク・オーロウィッツ
  63. マチューオーバン
  64. Roderic Page
  65. シルヴィオペローニ
  66. リディア・ピンチャー
  67. Merrilee Proffitt
  68. フロリアン・レイッツ
  69. シアン・ロデリック
  70. ユーザー:Sahehco
  71. Mohses Salek
  72. ジョディシュナイダー
  73. エリザベス・セイバー
  74. アダムシャーランド
  75. デビッド・ショーントン
  76. アーサー・スミ​​ス
  77. キアラ・ストルティ
  78. Carly Strasser
  79. スタジオカリブロ
  80. ダリオタラボレッリ
  81. キャサリンソーントン
  82. GergőTisza
  83. ユーザー:Tpt
  84. ヘスス・トラマラス
  85. ジュールトリグラフ
  86. ユーザー:TweetsFactsAndQueries
  87. ジョルジョ・ウボルディ
  88. Sahar Vahdati
  89. アンドラ・ワイグミスター
  90. ジョー・ワース
  91. ユーザー:WikiAnika
  92. サム・ウィルソン
  93. オルガザゴヴォーラ
  94. アンドレア・ザニー
  95. Philipp Zumstein

イベントに出席する[ 編集]

参加に興味がありますが、あなたのプロフィールがイベントの範囲に合っているかどうかは不明です。

WikiCiteはハンズオンイベントです。これらは私たちが探しているスキルの例です:

  • 私は定期的なWikipediaの貢献者です
  • 私はWikidataにデータ、データモデル、または新しいプロパティ提案を提供しました。
  • 私は他のウィキメディアプロジェクトに定期的に貢献しています
  • 私はコードとWebアプリケーションを書く
  • 私はSPARQLの経験があります
  • 私はボット/自動エージェントを書く経験があります
  • 私はテキストとマークアップパーサーを書く経験があります
  • 私は引用のためにツールやアプリケーションを扱ってきました
  • 私は引用を抽出または分析するツールを書いています
  • テクニカルドキュメントを翻訳しました
  • 私はデータを視覚化した経験があります
  • 私は書誌/引用基準とデータモデルの経験があります
  • 私はこれらの取り組みから直接利益を受ける組織のために働いています

参加者から期待される貢献の例です:

  • 技術ロードマップの定義/引用とソースメタデータに焦点を当てた取り組みの戦略的方向性
  • WikimediaソースメタデータとWikidataプロパティを既存の書誌データモデルにマッピングする
  • ツール/ソフトウェアの設計、製品管理、開発
  • Wikimediaプロジェクトにおける引用と書誌データに関する研究とデータ分析
  • ユーザテストの実施および/またはドキュメントの作成
  • 既存の品質管理メカニズムを再検討する
  • Wikimediaコミュニティ内でのコミュニティアウトリーチとエンゲージメントを組織する

応募方法[ 編集]

イベントの申し込みは終了し、待機リストも終了します。

重要な日付[ 編集]

  • 2017年2月9日:アプリケーションオープン
  • 2017年2月27日:アプリケーションが終了し、待機リストが開きます
  • 2017年3月10日:承認の最終通知がすべて発行され、待機リストの処理が開始されます。
  • 2017年3月31日:出席者リストが確定されました

会場[ 編集]

WikiCite '17 はオーストリアのウィーンにあるJUFA Wien City Hotelで開催されます。

JUFA Wien Cityホテル on OpenStreetMapGnome-globe.svg
Mautner-Markhof-Gasse 50、1100 Wien
最寄りの地下鉄駅:WikidataのEnkplatz地下鉄駅 U3のEnkplatz 

5月19-21日に同じ場所で開催されるWikimedia Hackathon 2017に参加している人は、滞在を延長し、延長することが奨励さます。

旅行サポート[ 編集]

昨年と同様に、参加予定者の旅行費用をカバーするための限られた資金提供が可能になります。私たちが受け取った旅行サポート要求に基づいて、旅行者に旅行サポートを提供できるかどうかを申請者に通知しました。4月末現在、これらの取り決めは確定しています。

資金調達[ 編集]

WikiCite '17は、によってホストされているウィキメディア財団とロジスティックでサポートされているウィキメディアオーストリア。このイベントは、

イベントの費用と関連する開発とアウトリーチ活動をカバーするこれらの制限された贈り物は、ウィキメディア財団理事会によって承認されています。

組織委員会[ 編集]

  • ダリオタラボレッリ
  • ジョナサン・ドゥガン
  • リディア・ピンチャー
  • ダニエルミーテチェン
  • キャメロン・ナイロン
  • エリザベス・セイバー

wikicite@wikimedia.orgから主催者に連絡することができます。

ソーシャルメディア[ 編集]

メーリングリスト[ 編集]

ウィキペディアタウン丸亀城下町

https://www.facebook.com/events/422998131383422/


インターネット百科事典であるウィキペディアに自分の街の歴史、情報についての新規記事作成など、活用の仕方を解説する、講演とワークショップを香川県丸亀市で行います。
参加可能な方はイベントページにて「参加」をお願いいたします。

【次第】
日程:2017年5月21日(日) 9時30分から17
会場:丸亀市城乾コミニティセンター1階小会議室
(丸亀市南条町34 TEL:0877-21-0012
マピオンでの会場情報:(https://goo.gl/kR3x54
次第:第一部 9:30~12:00 ウィキペディアンの海獺さんの講演+会場周辺の記事関連まち歩き
   第二部 13:00~16:30 ウィキペディアンMiya.mさんによる記事作成の説明とワークショップによる編集作業及び成果発表   16:30 古地図的なサプライズゲスト
進行:中俣保志(香川短期大学教授)
会費:500円
定員:15名
主催:シロシタラボ
後援:丸亀市

【ご参考】
・当日はウィキペディアの編集ワークショップもございますので、wifi環境や簡単なPC,タブレット類は準備いたしますが、ご自身でお使い勝手がいいものが用意できる場合はそちらを持参いただけますと助かります。
・『Newsな2人11月11日』でインターネット検索しYouTubeの動画を見ておいていただければ当日の参考になります。

・ウィキペディアのアカウントをお持ちでない方は、なるべく事前にアカウントを取得してきてください。SNSと同様にアカウント作成は簡単に作成できます。
アカウント作成はこちらのURLから行えます。↓
https://goo.gl/UP0800

・ウィキペディアタウンの概略はこちらをご参照下さい。
https://goo.gl/HIbdjB


※※当イベントページ画像内の「ウィキペディアのロゴ(https://goo.gl/sDrQbp)」は「ウィキメディア・コモンズ(https://goo.gl/VaQ75Z)」から引用しています。「CC 表示-継承 3.0(https://goo.gl/31a9aB)」 

第11回ウィキペディア街道「大山道」

wikipedia-road-11.peatix.com/#

第11回ウィキペディア街道「大山道」は、5月21日(日)の現地調査と、5月27日(土)のウィキペディア執筆の2回に分けて開催します。どちらかのみの参加も可能です。

ウィキペディア街道は、旧街道沿いの名所旧跡などの歴史・文化情報をインターネット上の百科事典「ウィキペディア」に掲載して世界に発信するプロジェクトです。2015年5月からこれまでに計10回開催して、世田谷区、川崎市、横浜市、海老名市、厚木市、伊勢原市の大山街道沿いにある寺社、資料館、宿場等についてウィキペディアの新規記事を執筆してきました。

今回は伊勢原市の上糟屋〜大山のこま参道を舞台に開催します。


【1日目:現地調査】

日時:5月21日(日) 10:00~17:00 (雨天決行)

集合場所:小田急小田原線 伊勢原駅 改札前
 ※伊勢原駅北口10:05発のバスで出発しますので時間厳守でお願いします

スケジュール(予定):
 10:00~13:00 現地探索(上糟屋から大山のこま参道まで歩きます)
 13:00~14:00 お昼
 14:00〜17:00 文献探し
 17:00 解散、その後は有志で懇親会を予定

【2日目:ウィキペディア執筆】

日時:5月27日(土)10:00〜17:00 (雨天決行)

集合場所・会場:川崎市大山街道ふるさと館 第1会議室
        http://furusatokan.web5.jp/

スケジュール(予定):
 10:00~10:15 ウィキペディア執筆ガイダンス
 10:15~16:30 ウィキペディア記事執筆(途中、お昼休憩をとります)
 16:30~16:45 成果発表
 16:45~17:00 後片付け
 17:00 解散、その後は有志で懇親会を予定


【参加要項】

定員:15名
※参加者多数の場合は募集期限前に締め切りとさせて頂く場合があります

参加対象者: ウィキペディア街道の趣旨に賛同し、記事執筆に協力頂ける方
※ 今後も大山街道沿いの各地で開催予定です。今後のウィキペディア街道の執筆活動に協力していただける方の参加もお待ちしています

参加費:
 1日目:無し
 2日目:200円程度(当日徴収します)

持ち物:
 1日目
  ・カメラ(あれば可。写真をアップロードして記事に掲載します)
 2日目
  ・ノートPC
  ・WiFiルータ(できるかぎり)
  ・テーブルタップ(あれば可)
  ・執筆対象の文献(任意)

ウィキペディアアカウント:
事前にウィキペディア編集用のアカウントを取得して下さい
・実名で登録する必要はありません。
・アカウントを他人と共有することはできません。

記事執筆の対象候補:
・上粕屋神社
洞昌院

主催:ウィキペディア街道運営事務局(https://wikipedia-kaido.github.io/
協力:Code for Setagaya、オープン川崎、Code for Kanagawa


第11回ウィキペディア街道「大山道」

wikipedia-road-11.peatix.com/#

第11回ウィキペディア街道「大山道」は、5月21日(日)の現地調査と、5月27日(土)のウィキペディア執筆の2回に分けて開催します。どちらかのみの参加も可能です。

ウィキペディア街道は、旧街道沿いの名所旧跡などの歴史・文化情報をインターネット上の百科事典「ウィキペディア」に掲載して世界に発信するプロジェクトです。2015年5月からこれまでに計10回開催して、世田谷区、川崎市、横浜市、海老名市、厚木市、伊勢原市の大山街道沿いにある寺社、資料館、宿場等についてウィキペディアの新規記事を執筆してきました。

今回は伊勢原市の上糟屋〜大山のこま参道を舞台に開催します。


【1日目:現地調査】

日時:5月21日(日) 10:00~17:00 (雨天決行)

集合場所:小田急小田原線 伊勢原駅 改札前
 ※伊勢原駅北口10:05発のバスで出発しますので時間厳守でお願いします

スケジュール(予定):
 10:00~13:00 現地探索(上糟屋から大山のこま参道まで歩きます)
 13:00~14:00 お昼
 14:00〜17:00 文献探し
 17:00 解散、その後は有志で懇親会を予定

【2日目:ウィキペディア執筆】

日時:5月27日(土)10:00〜17:00 (雨天決行)

集合場所・会場:川崎市大山街道ふるさと館 第1会議室
        http://furusatokan.web5.jp/

スケジュール(予定):
 10:00~10:15 ウィキペディア執筆ガイダンス
 10:15~16:30 ウィキペディア記事執筆(途中、お昼休憩をとります)
 16:30~16:45 成果発表
 16:45~17:00 後片付け
 17:00 解散、その後は有志で懇親会を予定


【参加要項】

定員:15名
※参加者多数の場合は募集期限前に締め切りとさせて頂く場合があります

参加対象者: ウィキペディア街道の趣旨に賛同し、記事執筆に協力頂ける方
※ 今後も大山街道沿いの各地で開催予定です。今後のウィキペディア街道の執筆活動に協力していただける方の参加もお待ちしています

参加費:
 1日目:無し
 2日目:200円程度(当日徴収します)

持ち物:
 1日目
  ・カメラ(あれば可。写真をアップロードして記事に掲載します)
 2日目
  ・ノートPC
  ・WiFiルータ(できるかぎり)
  ・テーブルタップ(あれば可)
  ・執筆対象の文献(任意)

ウィキペディアアカウント:
事前にウィキペディア編集用のアカウントを取得して下さい
・実名で登録する必要はありません。
・アカウントを他人と共有することはできません。

記事執筆の対象候補:
・上粕屋神社
洞昌院

主催:ウィキペディア街道運営事務局(https://wikipedia-kaido.github.io/
協力:Code for Setagaya、オープン川崎、Code for Kanagawa

MyDataJapan2017

http://okfn.jp/2017/04/05/mydata-japan-2017/#

パーソナルデータに関しては、従来の個人情報保護の観点に加えて、市民・消費者が自らのデータを集約し自らの意思で利活用することが重視され始めています。国際的には、EU一般データ保護規則(GDPR)の適用が2018年に迫っており、2016年にはパーソナルデータの保護と活用について議論する「MyData 2016」がOpen Knowledge Finlandの主催によりヘルシンキで開催されました。

現在、日本国内においても内閣官房や産業競争力懇談会などで「個人主導のデータ流通」の促進が検討されています。そこでOpen Knoeledge Japanはさまざまな団体とともに「MyData Japan 2017」シンポジウムを開催することとしました。ここでは、このような動きが社会や産業、政府や行政にいかなるインパクトをもたらすのか、どのような未来を拓くのか、そのために何をすべきかなどについて情報を共有し、議論を広げまた深めていきます。

■イベント名:MyData Japan 2017

■日時:2017年5月19日(金)10:30 ~ 18:00  (18時以降、懇親会あり)

■会場:秋葉原コンベンションホール

    http://www.akibahall.jp/data/access.html

■定員:400名(先着順)

■参加費:無料(※懇親会は有料になります)

■主催:一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン

■共催:国際大学グローバル・コミュニケーション・センターほか(調整中)

※最新情報は随時更新します。

■プログラム

<午前の部>

10:30-12:30

■イントロダクションセッション:マイデータのビジョンと、昨今の情勢

(東京大学 柴崎亮介、東京大学 中川裕志 ほか)

12:00-12:30

■基調講演 衆議院議員平井たくや

12:30-13:30

■休憩

<午後の部>

13:30-14:30

■事例:ヘルスケアとおもてなし

(東京大学 橋田浩一、徳島大学 玉木悠 ほか)

14:30-15:00

■パネル展示の見学時間

15:00-16:00

■展望と課題

(ラウル・アリキヴィ、富士通研究所 石垣一司、オプト 寺田真治 ほか)

16:10-17:50

■パネルディスカッション

(NEC 若目田光生、GLOCOM/OKJP 庄司昌彦ほか)

17:50-18:00

■Closing

(東京大学 柴崎亮介)

■参加申込み

下記URLにアクセスしお申込みフォーム(Peatix)よりご登録ください。

http://peatix.com/event/254166

*本シンポジウムは無料でご参加いただけます(懇親会は有料になります)。

*定員に達しましたら、お申込み受付を終了いたします。お早めのお申し込みをお待
ちしております。

*アクセス元の環境によっては、上記URLの申込みフォームが表示されない場合がご
ざいます。その場合はお手数ですが、電子メールにてお問い合わせください。

■お問合わせ先

MyData Japan 2017 事務局

MyDataJapan2017[at]glocom.ac.jp

Wikipedia GEO -地質の日2017-

https://www.facebook.com/events/1213921028726824/

2017年5月14日 10:00 - 16:00

5/10の”地質の日”に合わせて「ジオパークぶらり」とともに開催します。
今回は、前日の”ぶらり”したエリアや昨年のWikipediaGEOなどで作成した記事を、1日かけて新規追加や加筆していきます。

10:00-10:15 挨拶・自己紹介
10:15-10:45 ウィキペディア執筆方法など
10:45-15:30 ウィキぺディア編集(お昼につきましては、この中で1時間ほど時間をとります。)
15:30-16:00 成果発表・解散

◯ 開催概要
会場:伊那市立高遠町図書館図書館2F 視聴覚室
参加費: 無料(お昼代別途)
主催:Wikipedia TOWN in INA Valley
   伊那市立図書館
   高遠ぶらり制作委員会

◆お問い合わせ◆
高遠ぶらり制作委員会 諸田
TEL:0265-94-3698 (高遠町図書館気付)
E-mail:takato.burari@gmail.com


☆Wikipedia GEOとは・・・
豊かな自然や、暮らしの中には「知る」楽しみが溢れており、
地域の情報に多く残されている情報たちは、現在の姿では一握りの方々に利用されるだけの情報になってしまっています。
情報を「調理(編集)」「提供(発信)」することは、現在では「食べること(扱うこと)」と同じくらい、人々にとって重要な位置になっています。
Wikipedia TOWN in INA Valleyは、地域の情報をみんなで調べて、Wikipediaの記事にまとめもう一度、情報の整理や発信の仕方を学び、誰でも使える情報(オープンデータ)にして発信していくプロジェクトです。

Wikipedia GEO -地質の日2017-

https://www.facebook.com/events/1213921028726824/?active_tab=about

2017年5月14日 10:00 - 16:00
高遠図書館
長野県 伊那市 396-0211

5/10の”地質の日”に合わせて「ジオパークぶらり」とともに開催します。
今回は、前日の”ぶらり”したエリアや昨年のWikipediaGEOなどで作成した記事を、1日かけて新規追加や加筆していきます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR