和束町ウィキペディア・タウン

http://peatix.com/event/231154

和束町のことをウィキペディアに書いてみませんか?
和束町ウィキペディア・タウン

平成29年2月26日(日)10時00分~16時45分
場所:てらす和豆香
〒619-1222 京都府相楽郡和束町白栖猪ケ口
(和束町へのアクセス )

主催:和束町地域おこし協力隊、コード フォー 山城(京都府地域力再生プロジェクト支援事業受託団体)
後援:和束町  
協力:同志社大学院 総合政策科学研究科

和束町をまちあるきして、和束町の魅力をみんなでインターネット百科事典 ウィキペディアに書き加えていくイベントです。
参加費:無料 
どなたでも参加可
パソコンをお持ちの方はご持参ください。

昼食について
イベント参加は無料ですが、ご希望の方は、お昼のお弁当+お茶を800円で承ります。
昼食を持参、もしくは近くにあるローソン 和束南店
〒619-1213 京都府相楽郡和束町南下河原15−1
にて、入手いただいても結構です。


【プログラム】
10:00
和束茶カフェ 集合
(〒619-1222 京都府相楽郡和束町白栖大狭間35 ) 

【午前 まちあるき】
・和束町をまちあるきします。

【午後 ウィキペディア編集】
・てらす和豆香にて、ウィキペディアの編集方法を説明した上で、みんなで編集作業を行います


お問い合わせ: 080-4019-9361 (和束町地域おこし協力隊:増田)
050-3580-8065 (コード フォー山城 代表:青木)

申し込み : 電話、電子メール(wazuka.c@gmail.com)、Webサイト ( 「ウィキペディアタウン 和束町」で検索 ) よりお申し込みください。


************************************
みなさん、インターネット百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)をご覧になられたことがありますか?

インターネットの検索サイトから多くの方がご覧になられたことがあるのではないでしょうか?
でも、ウィキペディアは無料で見るだけだはなくて、誰もが自由に編集に参加して、ウィキペディアに書き加えていくことができるんですよ。

和束町地域おこし協力隊とIT技術を使って地域を元気にすることを目指すCode for 山城では、
和束町をまち歩きして、みんなで和束町の情報を
ウィキペディアに書き加えていくイベント
「和束町ウィキペディア・タウン」を行います。

和束町のまちを歩いて、和束町の歴史・文化を学びながら、
みんなで和束町のことをウィキペディアに書いてみませんか?
みなさんのご参加をお待ちしております。

*****************************************************
持ち物など
・天候、気候に応じた歩きやすい服装、運動靴、雨具など
日中、2時間程度まちあるきを行います。
防寒対策をお願いいたします。

・パソコン
作業はパソコンとインターネットを通じて行います。
各自パソコンをご持参ください。
ない方もタブレット端末やスマホ、デジカメで写真撮影
まちあるきと見学だけでも結構です。

・wifiルータ
会場にはwifiも用意いたしますが、wifiルータお持ちであれば、ご持参ください。

・Wikipediaアカウント取得
事前にWikipediaのアカウント作成をしてもらった上で、当日参加いただきますようお願いします。
ウィキペディアのアカウント作成ページ

ウィキペディアのアカウントの作り方

上記から各自登録をお願いします。
会場で当日、同じネットワークIPから多数のアカウント登録を行うと怪しまれてアカウント作成に制約がかかる可能性がありますので、事前に登録をお願いします。

・デジカメ/スマートフォンのカメラ
・昔の和束町の風景を撮影した写真
パソコン作業はあまり得意でないので、作業ができるかどうか不安な方も、ご安心ください。
「ウィキメディア・コモンズ」への画像登録なら簡単です。
お家に昔の和束町の風景を撮影した写真などありましたら、是非、お持ちください。
この写真やまちあるきの途中で撮影した和束町の写真をアップロードすることで、和束町の風景を世界中から見てもらえるようになります。
現地調査で撮影した現地の写真の画像登録であれば、とっても簡単ですので、デジタルカメラをご持参いただき、写真を撮影しましょう。
ご家族で来ていただいて、こどもたちに登録してもらってもいいですねー。

「ウィキメディア・コモンズ」
は、Wikipediaと同じウィキメディア財団による姉妹プロジェクトで,誰でも自由に利用できる画像・音声・動画,その他あらゆる情報を包括し供給することを目的とするプロジェクトです。

・電源テーブルタップ

・筆記具


*****************************************************
参考資料
ウィキペディアのアカウントの作り方
ウィキペディアって何?京都市版(Masa M講師)
Wikipediaを執筆しよう(Masa M講師)
コモンズへ投稿しよう(Masa M講師)

和束町のwikipediaページ


*****************************************************
これまで京都市や精華町で行われてきた「ウィキペディア・タウン」の取り組みは、
以下をご覧ください。

第1回 精華町ウィキペディア・タウン

第2回 精華町ウィキペディア・タウン

カレントアウェアネス-E No.313 2016.10.20 E1852
「ウィキペディア・タウン by京都府立南陽高等学校」

高校生がウィキペディア編集に挑戦 国会図書館関西館で資料使い

日経新聞Webサイト オープンデータ情報ポータル
地域の独自色前面に オープンデータデイ開催:オープンデータ情報ポータル:


スポンサーサイト

和束町ウィキペディア・タウン

peatix.com/event/231154/view


和束町ウィキペディア・タウン

詳細
和束町のことをウィキペディアに書いてみませんか?
和束町ウィキペディア・タウン

平成29年2月26日(日)10時00分~16時45分
場所:てらす和豆香
〒619-1222 京都府相楽郡和束町白栖猪ケ口

主催:和束町地域おこし協力隊、コード フォー 山城(京都府地域力再生プロジェクト支援事業受託団体)
後援:和束町  
協力:同志社大学院 総合政策科学研究科

和束町をまちあるきして、和束町の魅力をみんなでインターネット百科事典 ウィキペディアに書き加えていくイベントです。
参加費:無料 
どなたでも参加可
パソコンをお持ちの方はご持参ください。

昼食について
イベント参加は無料ですが、ご希望の方は、お昼のお弁当+お茶を800円で承ります。
昼食を持参、もしくは近くにあるローソン 和束南店
〒619-1213 京都府相楽郡和束町南下河原15−1
にて、入手いただいても結構です。


【プログラム】
10:00
(〒619-1222 京都府相楽郡和束町白栖大狭間35 ) 

【午前 まちあるき】
・和束町をまちあるきします。

【午後 ウィキペディア編集】
・てらす和豆香にて、ウィキペディアの編集方法を説明した上で、みんなで編集作業を行います


お問い合わせ: 080-4019-9361 (和束町地域おこし協力隊:増田)
050-3580-8065 (コード フォー山城 代表:青木)

申し込み : 電話、電子メール(wazuka.c@gmail.com)、Webサイト ( 「ウィキペディアタウン 和束町」で検索 ) よりお申し込みください。


************************************
みなさん、インターネット百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)をご覧になられたことがありますか?

インターネットの検索サイトから多くの方がご覧になられたことがあるのではないでしょうか?
でも、ウィキペディアは無料で見るだけだはなくて、誰もが自由に編集に参加して、ウィキペディアに書き加えていくことができるんですよ。

和束町地域おこし協力隊とIT技術を使って地域を元気にすることを目指すCode for 山城では、
和束町をまち歩きして、みんなで和束町の情報を
ウィキペディアに書き加えていくイベント
「和束町ウィキペディア・タウン」を行います。

和束町のまちを歩いて、和束町の歴史・文化を学びながら、
みんなで和束町のことをウィキペディアに書いてみませんか?
みなさんのご参加をお待ちしております。

*****************************************************
持ち物など
・天候、気候に応じた歩きやすい服装、運動靴、雨具など
日中、2時間程度まちあるきを行います。
防寒対策をお願いいたします。

・パソコン
作業はパソコンとインターネットを通じて行います。
各自パソコンをご持参ください。
ない方もタブレット端末やスマホ、デジカメで写真撮影
まちあるきと見学だけでも結構です。

・wifiルータ
会場にはwifiも用意いたしますが、wifiルータお持ちであれば、ご持参ください。

・Wikipediaアカウント取得
事前にWikipediaのアカウント作成をしてもらった上で、当日参加いただきますようお願いします。
ウィキペディアのアカウント作成ページ

ウィキペディアのアカウントの作り方

上記から各自登録をお願いします。
会場で当日、同じネットワークIPから多数のアカウント登録を行うと怪しまれてアカウント作成に制約がかかる可能性がありますので、事前に登録をお願いします。

・デジカメ/スマートフォンのカメラ
・昔の和束町の風景を撮影した写真
パソコン作業はあまり得意でないので、作業ができるかどうか不安な方も、ご安心ください。
「ウィキメディア・コモンズ」への画像登録なら簡単です。
お家に昔の和束町の風景を撮影した写真などありましたら、是非、お持ちください。
この写真やまちあるきの途中で撮影した和束町の写真をアップロードすることで、和束町の風景を世界中から見てもらえるようになります。
現地調査で撮影した現地の写真の画像登録であれば、とっても簡単ですので、デジタルカメラをご持参いただき、写真を撮影しましょう。
ご家族で来ていただいて、こどもたちに登録してもらってもいいですねー。

「ウィキメディア・コモンズ」
は、Wikipediaと同じウィキメディア財団による姉妹プロジェクトで,誰でも自由に利用できる画像・音声・動画,その他あらゆる情報を包括し供給することを目的とするプロジェクトです。

・電源テーブルタップ

・筆記具


*****************************************************
参考資料
ウィキペディアのアカウントの作り方
ウィキペディアって何?京都市版(Masa M講師)
Wikipediaを執筆しよう(Masa M講師)
コモンズへ投稿しよう(Masa M講師)

和束町のwikipediaページ


*****************************************************
これまで京都市や精華町で行われてきた「ウィキペディア・タウン」の取り組みは、
以下をご覧ください。

第1回 精華町ウィキペディア・タウン

第2回 精華町ウィキペディア・タウン

カレントアウェアネス-E No.313 2016.10.20 E1852
「ウィキペディア・タウン by京都府立南陽高等学校」

高校生がウィキペディア編集に挑戦 国会図書館関西館で資料使い

日経新聞Webサイト オープンデータ情報ポータル
地域の独自色前面に オープンデータデイ開催:オープンデータ情報ポータル:


隠す

オープンデータソンin和歌山市

オープンデータソンin和歌山市

和歌山市内で初めてとなるマッピングパーティ&ウィキペディアタウンのイベント「オープンデータソン」を実施します。初心者向けなので、OpenStreetMapやWikipediaやを知らなくても大丈夫。みなさんのご参加をお待ちしています。

 まち歩きをしながら、地域の情報を世界へ発信しましょう。

※このイベントは数多くのオープンデータソン主催実績を持つ オープンデータ京都実践会の協力を得て実施するものです。

【開催日時】 平成29年2月18日(土) 10:15~16:00
【集合場所・会場】 和歌山市民図書館 3階ホール(和歌山市湊本町3丁目1番地)

◎スケジュール (当日の天候などにより変更する場合があります)
10:00   受付
10:15~ 主催者挨拶、概要説明
10:25~ オープンデータに関するレクチャー
   - Wikipediaとウィキペディアタウンについて & OpenStreetMapとマッピングパーティについて
11:05~ 班分け,ルート・手順の確認
11:30~ まち歩き(途中昼食)
13:30~ 会場に戻って編集作業開始
15:30~ 成果発表、閉会挨拶,写真撮影,アンケート
16:00 終了

◎持ち物
・パソコンまたはタブレット(ない場合は貸し出しもあります。申込時にご相談ください)
・筆記用具
・(あれば)デジタルカメラまたはスマートフォンのカメラ(必要ならパソコンに接続するためのUSB ケーブル等も)
・(あれば)モバイルルーター
・(あれば)バインダー(まち歩きで地図などをはさみ、メモをとるのに使います)、赤ペン (または赤ボールペン。メモをとるのに使います)
・歩きやすい服装でご参加ください(少雨の際は雨具等をご持参ください)

◎事前準備
・事前に以下のサイトをご覧いただけると作業がスムーズです。
 ・京都オープンデータソン2016 https://opendatakyoto.connpass.com/event/39116/

※参加グループごとに(できるだけ)以下の準備をお願いします。
 ・マッピングパーティー:OSMの編集が初めての方は、事前にOSMアカウント作成等 https://www.netfort.gr.jp/~saka/wiki/wiki.cgi?page=OpenStreetMap
 ・ウィキペディアタウン:Wikipediaの編集が初めての方は、事前にWikipediaのアカウント作成 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=特別%3Aアカウント作成&returnto=ウィキペディア

◎お申し込み方法
・参加資格:どなたでも参加いただけます。
・定員:25名(先着順)
・参加費:無料(現地までの交通費、昼食代等は各自負担)
・申し込み締め切り:2月15日(水)
・必要事項(お名前、メールアドレス、所属またはお住まいの市町村名、電話番号、ご希望のグループ)を添えて、以下の方法でお申込みいただけます。

FAX : 必要事項を明記のうえ、下記番号あてへFAX送信してください。
E-mail : 必要事項を明記のうえ、下記アドレスあてに送信してください。

→申し込みフォーム : http://wida.jp/mailform170218/

→【お申込み先】 和歌山県情報化推進協議会事務局  FAX:073-428-2688  E-mail:info@wida.jp

※Facebook の参加するボタンだけでは、申込みは完了しません。お手数ですが、上記の方法でお申し込みください。

◎お問い合せ
和歌山県情報化推進協議会事務局
和歌山市橋丁23番地N4ビル1F  NPO法人市民の力わかやま内
TEL/FAX : 073-428-2688
E-mail:info@wida.jp

◎WIDAイベントページ http://wida.jp/2017/01/15/odtinwakayama/

【主 催】 和歌山県情報化推進協議会
【後 援】 和歌山市
【協 力】 和歌山市民図書館、オープンデータ京都実践会

第2回 データ流通環境整備検討会 オープンデータワーキンググループ

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/data_ryutsuseibi/opendata_wg_dai2/kaisai.html#

第2回 データ流通環境整備検討会 オープンデータワーキンググループの開催について

日 時:平成29年2月16日(木) 10:00~12:00
場 所:中央合同庁舎第4号館 11階 共用第1特別会議室
(所在地:〒100-8970 千代田区霞が関3-1-1 http://www.cao.go.jp/about/address.html)
議 題(予定):
(1)開会
(2)オープンデータを巡る最近の動き及び今後の推進の方向性について(事務局)
(3)オープンデータに関する関係省庁の最近の取組
(4)意見交換
○ 会議は公開して行われる予定です。傍聴をご希望の方は、氏名、所属、連絡先(電話番号、e-mailアドレス等)を平成29年2月14日(火)午前11時までに電子メールにて下記問い合わせ先まで事前にご登録願います。

○ 席に限りがございますので、傍聴希望者が多数の場合は先着順により傍聴者を決めさせていただきますので、予めご了承ください。(傍聴できない方には、連絡先へご連絡差し上げます。)

○ 企業・団体等において傍聴される場合は、1団体あたり1名とさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(問い合わせ先)
内閣官房IT総合戦略室 富田、菊地、峯苫
TEL : 03-3581-3857
FAX : 03-3581-3966
e-mail :git-opend_core_atmark_cas.go.jp

(注 : 迷惑メール防止対策のため、「@」を「_atmark_」と置き換えて表記しています。
メール送信時は「@」に戻して送信してくださいますようお願いいたします。)

第12回医療オープンソースソフトウェア協議会セミナー

https://moss.connpass.com/event/45649/?utm_campaign=event_publish_to_follower&utm_source=notifications&utm_medium=email&utm_content=detail_btn

日時・場所

日時:2017年2月4日(土)14:00-18:00
場所:京都リサーチパーク9号館5階506号室
演題(調整中)

あいさつ・演者紹介(京都大学 小林慎治)
オープンソースで手軽にデータ分析~「RapidMiner」で始める機械学習・ディープラーニング~(株式会社KSKアナリティクス データサイエンス本部 足立 悠)(講演45分、質疑応答5分)
ORCA Projectの今後(日本医師会ORCA管理機構 上野智明)(講演45分、質疑応答5分)
休憩
ORCAの開発について(仮)
フリーのORCA・ソフトウエア・ネットと共に20年、今後は?スカイ・エス・エイチ 長谷川司)(講演25分、質疑応答5分)
ORCA使用事例
LT(各自5分、飛び込み歓迎)

懇親会も受け付けております。 https://moss.connpass.com/event/45651/

(京都市・京都府共同開催)オープンデータ・ロボット活用イベントin京都~新たなICTを使って未来に繋がるイノベーションを考えよう!

http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000212391.html#
より引用


【広報資料】オープンデータ・ロボット活用イベントin京都~新たなICTを使って未来に繋がるイノベーションを考えよう!~の開催について(京都市・京都府共同開催)

ページ番号212391

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 
twitterでツイートする
 
Facebookでシェア
 

2016年12月16日

広報資料

平成28年12月16日

総合企画局情報化推進室情報政策担当 電話222-3257

オープンデータ・ロボット活用イベントin京都~新たなICTを使って未来に繋がるイノベーションを考えよう!~の開催について(京都市・京都府共同開催)

 京都市と京都府では,オープンデータやロボットなどの新たなICT(情報通信技術)を積極的に活用することで,住民の参加と協働による地域課題の解決や,中小企業の成長促進などに役立てていくこととしています。
 この取組の一環として, ICTの専門家,学識経験者などを交え,京都市オープンデータポータルサイト「KYOTO OPEN DATA」外部サイトへリンクしますやロボット「Pepper(ペッパー)」を活用するイベントを,下記のとおり京都市と京都府で共同開催しますので,お知らせします。

 ※ オープンデータ…誰でも自由に利活用できる形で公開した公共データのこと

 

1 日時

 平成29年2月4日(土曜日) 午前10時~午後6時

2 場所

 Impact Hub Kyoto(インパクト・ハブ・キョウト)

 (京都市上京区油小路通中立売西入ル甲斐守町97 西陣産業創造会館2階)
  アクセス案内ページ http://kyoto.impacthub.net/access/外部サイトへリンクします  
  ※公共交通機関でお越しください。

3 定員

 50名(事前申込,先着順)

4 参加費

 無料

5 プログラム(予定)

プログラム

時間

内容

10:00~10:15

開会挨拶

10:15~11:00

京都における取組紹介 
・京都市のオープンデータの取組紹介 
・スマート京都推進プランの紹介

11:00~11:30

講演「オープンデータの潮流」 
 講師:川島 宏一 氏(筑波大学大学院システム情報系社会工学域教授,ICT地域マネージャー)

11:30~13:00

休憩,参加団体等からの各種告知

13:00~13:30

講演「オープンデータの実践例」
 講師:福野 泰介 氏(株式会社jig.jp代表取締役社長,オープンデータ伝道師)

13:30~17:15

ワークショップ 
・京都市オープンデータポータルサイト「KYOTO OPEN DATA」の活用アイデアの検討

 テーマ (1)観光,(2)産業,(3)文化・芸術,(4)安心安全・防災 
 ※興味のあるテーマを選択いただき,テーマごとのグループに分かれて話し合いを行います。

・ロボットを活用した新たな住民サービスを考えるハッカソン
 「Pepper」を使いながら,ロボットを活用した新たな住民サービスについて考えます。
 ※ハッカソン:ソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”とマラソンを組み合わせた造語で,
  マラソンのように一定期間プログラミングを行い,アイデアや成果を競い合う開発イベント

17:15~18:00

成果共有

6 申込方法等

(1)申込期間
 平成29年1月5日(木曜日)~2月3日(金曜日) 

(2)申込方法
 「Impact Hub Kyoto事務局」に電話かメールでお申し込みください。
 メールの場合は,催し名・氏名・連絡先の電話番号を明記してください。

(3)申込先
 Impact Hub Kyoto事務局
  電話:075-384-0350(月曜日~金曜日(祝日除く) 午前10時~午後8時)
  メール:event24@impacthubkyoto.net

(4)その他
 小学生以下は保護者同伴のこと

7 主催

 京都市,京都府

8 共催

 京都コンピューターシステム事業協同組合,一般社団法人京都府情報産業協会(京都クラウドビジネス研究会)

9 後援(予定)

 内閣官房,総務省,ITコンソーシアム京都

 

広報資料(オープンデータ・ロボット活用イベントin京都~新たなICTを使って未来に繋がるイノベーションを考えよう!~の開催について)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

総合企画局 情報化推進室 情報政策担当
〒604-0931 京都市中京区押小路通河原町西入榎木町450番地2
電話: 075-222-3257
FAX: 075-222-3259


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR