近江八幡漫遊マップづくり 第2回諸国・浪漫マッピングパーティー

http://countries-romantic.connpass.com/event/41236/#Message-complete

近江八幡漫遊マップづくり
第2回諸国・浪漫マッピングパーティー
ブックマークする
主催 : 笹谷康之
募集内容
参加枠1
無料
先着順
0/20人
イベントの説明
ご案内

近江八幡は、豊臣秀吉の甥、秀次が築いた城下町です。琵琶湖の水運の要となる八幡堀が築かれて、江戸時代に近江商人の交易地として発展しました。八幡堀周辺には、日牟礼八幡宮があり、近江商人の旧家や土蔵や残され、映画・番組のロケ地であり、観光地として賑わっています。ヴォーリズが住んで多くの洋風建築を残した町としても有名です。

この八幡堀周辺で、「OpenStreetMap」という自由な地図をみんなの手で作りませんか。「OpenStreetMap」の初心者、大歓迎です。

観光や、安心・安全のまちづくりに役立てたいという地元の人々と交流しながら、八幡堀周辺で楽しいマッピングパーティーをしますので、ぜひご参加ください。

開催概要

日時:2016年10月29日(土)11:00~17:00
集合場所:白雲館(観光案内所)
 JR琵琶湖線近江八幡駅北出口からバス(近江鉄道長命寺線) 大杉町下車
 10時37分のバスにお乗りください
 近江八幡駅北出口からのバス時刻表
  https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00235812/00048326/0/
マッピング場所:近江八幡まちや倶楽部
参加費:無料
参加者:ノートPCをお持ちの方ならどなたでも
主催:諸国・浪漫マッピングパーティー実行委員会
   担当責任者(笹谷康之)
協力:
・八幡学区まちづくり協議会 http://www.zc.ztv.ne.jp/gmy3jsue/
・近江八幡観光物産協会 http://www.omi8.com/
・近江八幡まちや倶楽部 http://www.machiya-club.org/
スケジュール

時間 内容
11:00~11:10 挨拶・自己紹介
11:10~12:10 八幡堀周辺の散策 Part1
12:10~13:00 昼食
13:00~14:00 八幡堀周辺の散策 Part2
14:00〜14:30 OpenStreetMapの説明
14:30~16:30 OpenStreetMapの編集
16:30~17:00 発表・記念写真
希望者による懇親会

会場 調整中
会費 実費5000円程度
時間 17:30~20:00
事前準備

OpenStreetMap(OSM)の編集が初めての方は、事前にOSMアカウントとパソコンの準備をお願いします。
当日の持ち物

バインダーと赤ペンを持参願います(地図にメモしながら現地調査します)
パソコンとインターネットを使って作業するため、パソコンをご持参ください
Wi-Fi(無線LAN)も用意いたしますが、Wi-Fiルータお持ちであればご持参ください
スポンサーサイト

スマホでまちづくりが出来るか?~オープンデータ、シビックテック、地図アプリ等々

http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/a1610/index.htm#


都市環境デザイン会議関西ブロック

 

2016年度第7回都市環境デザインセミナーご案内

スマホでまちづくりが出来るか?

~オープンデータ、シビックテック、地図アプリ等々~

~聞き手:鳴海邦碩  話し手:高橋徹~

16.10.27/大阪

趣旨

 スマホは、暮らしのうえでも遊びにおいても欠かせない装置になりつつある。それを支えているのが、情報のデジタル化とSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)技術である。
 今回お話しいただく高橋さんは、奈良先端科学技術大学院大学で学ばれた後、文化学術情報のユーザーインターフェースのデザインに関わり、民博の資料検索システムの開発ではグッドデザイン賞を受賞した。
 さらにアナログ感覚を重視した情報システムに関心を持ち、古地図やイラスト地図を使ったスマホアプリ「ちずぶらり」シリーズなどを手がけている。
 現在は、市民が行なうエリアマネジメントにおける地域資料アーカイブの活用にも取り組みつつある。
 今回のセミナーでは、まず、鳴海がこのような活動を取り囲む社会状況を概説し、その後に以下のような項目について高橋さんにお話ししていただく。
 都市デザイン、まちづくりにおける可能性について、参集の皆さんと意見交換することに期待している。
 <予定している話題>
 *エリアマネジメントにおける市民共同とIT技術
  -地域資料アーカイブや古地図の活用
 *オープンデータ。オープンガバメントの動向
  -行政サービスをスマホのように使いやすく
 *草の根的に広まる「シビックテック」とは
  -関西イベント<オープンデータがあれば、この街を仕掛けられる>
 *アーバンデザインにおけるIT技術の可能性と限界
 *スマホの問題と限界
セミナー委員長 鳴海邦碩

日時・場所

日時:2016年10月27日(木)
   18時開場、18時半スタート、20時半頃終了
場所:大阪市立総合生涯学習センター 第5研修室
   〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
   電話06-6345-5000

参 加 費

会員500円/会員外1000円/学生500円
定員30名/申し込み先着順
終了後懇親会(場所等は未定です。お店で実費精算、4000円ぐらいまで)

主 催 等

主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
    都市計画CPD申請中

参加申込

2016年都市環境デザインセミナー(第6回に参加)
メールアドレスは正確にご記入ください。数日以内に返信がない場合は、maeda@mbox.kyoto-inet.or.jpにご確認ください
懇親会参加の有無を記した名簿を事前配布しますので、ご確認ください。
お名前の最初の読み
(前田なら「ま」)
お 名 前
所  属
E-Mail
懇親会参加
懇親会・交流会の参加の有無をお選び下さい。
キャンセルの場合は必ず事前にお知らせください
参加する 参加しない

 

    また上記ボックスでの送信に不具合がある時は下記にメールまたは上記をファックスください。
    お申込への返信は、通常、数日以内に行ないます。お確かめください
    前田裕資 maeda@mbox.kyoto-inet.or.jp/FAX 075-342-2605 


講師プロフィール

高橋 徹 さん
株式会社ATR Creative 取締役会長、共同CEO、特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ 理事、関西支部長
関西学院大学理学部卒、奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了、工学博士
地域情報化アドバイザー(総務省)
1974年生まれ、高知県出身。

JUDIホームページへ
学芸出版社ホームページへ

オープンデータシンポジウム2016 データ活用で変わる社会

http://www.vled.or.jp/symposium2016/

オープンデータシンポジウム2016
データ活用で変わる社会
開催趣旨

一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)及び総務省では、オープンデータに関する理解を深め、取組を促進するため、2012年から毎年オープンデータシンポジウムを開催しており、昨年は福岡市で開催いたしました。

今年は舞台を神戸市に移して開催いたします。テーマは「データ活用で変わる社会」です。オープンデータを含むデータ活用が今後社会をどのように変えていくかを、政府の取組や未来社会像、スポーツやシェアリングエコノミーとデータ活用の関係など、様々な観点から見ていきます。
また神戸市では、近年、バルセロナ市との国際連携ワークショップ「WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016」を開催したり、チーフ・イノベーション・オフィサー(CINO)を全国の自治体に先駆けて設置したりするなど、オープンデータやオープンイノベーションに積極的に取り組んでいます。神戸市でのこれらの取組についてもご紹介いただきます。
オープンデータに関心がある、またはオープンデータにこれから取り組みたいと考えている自治体や企業・団体など、多くの皆さんのご参加をお待ちしています。
開催日時

2016年10月21日(金) 13:00〜17:15
開催場所

神戸国際会議場(3F国際会議室)
神戸市中央区港島中町6-11-1(「ポートライナー」市民広場駅下車すぐ)
会場へのアクセス
対象者

オープンデータやデータ活用に関心がある行政関係者、企業・団体など
参加費

無料
主催・協力・後援

主催
一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)、総務省
協力
神戸市
後援
一般社団法人Open Knowledge Japan、一般社団法人Code for Japan、一般社団法人Open Corporates Japan、公共交通オープンデータ協議会
その他

神戸国際会議場で国際セマンティックウェブ会議(ISWC)開催中(10/17(月)-21(金))
お問い合わせ

本イベントの運営者であるVLED事務局(株式会社三菱総合研究所)及び株式会社マルクスインターナショナルまでお問い合わせください。
event-info@vled.or.jp
その他

本シンポジウムの運営は、株式会社マルクスインターナショナルに委託して行います。

ICTトレンドセミナー in 静岡2016

www.siia.or.jp/archives/2556#



~新たなICTが静岡を盛り上げる~

ICTトレンドセミナー in 静岡2016

NTT西日本(株)静岡支店、静岡情報産業協会共催で、毎年ご好評をいただきましたICTトレンドセミナーを本年も開催いたします。
会員企業がイベントを通じて連携を深め、静岡全体のICTに対するモチベーションを向上させること。地元企業の活性化にICTの利用を通じて貢献するためのきっかけ作の場とする。ことが、フェアの目的です。
新たなICTで静岡の経済と地域の活性化を盛り上げるため、ぜひ、ご来場ください。

開催日時

平成28年10月18日(火)
10:30~(受付 10:15から)

開催場所

コンベンションアーツセンター グランシップ
静岡市駿河区池田79-4

  • 講演会場:10階 1001会議室
  • 展示会場:9階 910会議室

チラシ・申込書はこちら(PDF:296KB)

実施概要

講演 (会場:10階 1001会議室)
  • 第1部:「オープンデータ推進による地方創生 ~地方都市の取り組み事例から~」
    11:00~12:00  講師 : 国立大学法人 名古屋大学大学院 准教授 遠藤 守 氏
  • 第2部:「静岡県の経済情勢と今後の展望」
    14:00~15:00  講師 : 日本銀行 静岡支店 次長 久芳 真一郎 氏
展示 (会場:9階 910会議室)

静岡県内最新のICTサービスを扱う企業が出展。
展示商材の実演やコンサルタントによるシステム相談など豊富な内容で皆様のビジネスのお役に立ちます。

講演定員

100名(先着順、参加費無料)

主催

NPO法人静岡情報産業協会、NTT西日本静岡支店

問合せ先

「ICTトレンドセミナー in 静岡」事務局(NTT西日本静岡支店内)
(受付時間:平日10時~17時)
E-Mail: seminar-jimukyoku@ml.shizuoka.west.ntt.co.jp
FAX: 054-654-7644

申込方法

チラシ・申込書(PDF:296KB)

上記チラシ2枚目の申込書を印刷・ご記入のうえ、
E-Mail または、FAX: 054-654-7644 までご送信下さい。


〒424-0821 静岡市清水区相生町6番17号
静岡市清水産業・情報プラザ1階
NPO法人 静岡情報産業協会
理事長 鈴木 佐太郎



東京!街歩き!マッピングパーティ:第1回 哲学堂公園

atnd.org/events/81356

東京!街歩き!マッピングパーティ:第1回 哲学堂公園

  •  
  •  
  •  
  •  
  • ics
  •  
  • RSS
Default latent
日時 :
2016/10/15 (土) 12:00 ~ 17:15
定員 :
10人
会場 :
哲学堂公園
主催グループ :
Atnd latent OpenStreetMap
ハッシュタグ :
#osmjp
住所が入力されていません

概要

東京を街歩きして、楽しみながら 自由な地図である OpenStreetMap に書いていくマッピングパーティ!
第1回は哲学堂公園。七十七場をコンプリートしますよ!!

ゆるーり観光しながらサーベイ
新宿区の会議室に移動して OpenStreetMap にマッピング、
マッピングの後はワイワイと懇親会!!

プログラム

- 12:00 周辺の事前サーベイ歓迎。

せっかく名所に行くのですから周辺の観光(+サーベイ)も楽しみましょう

12:00 ちょっと早いお昼ご飯を済ませて集合
哲学関前 ( http://osm.org/go/7Q5yXKmD~?m= )で
OpenStreetMap のロゴの入った緑色の帽子をかぶっているおじさんを探して下さい
12:00 – 14:30 哲学堂公園 サーベイ
14:30 – 15:15 大久保地域センターへ移動(西武新宿線で新井薬師前駅から高田馬場、JRで新大久保)
15:15 – 15:30 自己紹介
15:30 – 17:00 OpenStreetMap の紹介とマッピング(地図の編集)
17:00 – 17:15 まとめ、片付け

17:30 – 20:00? 希望者による懇親会。
和気あいあいと情報交換をして懇親を深めましょう。
初めての方も怖がらずに(笑)ご参加ください!

準備

経験者の皆様

近辺の事前トレース(写経)をお願いします

未経験者の皆様、自称初心者の皆様

事前にちょっと勉強をしていただいて、予備知識を持って参加いただいたら、より楽しんでいただけるのではないかと思います。

まず、地図を編集するために必要な

OpenStreetMap のアカウント登録と地図編集ツール JOSM のインストール

http://www.yamasita.jp/osm/seminar/OSM_MappingParty/homework.html
は必ず済ませておいてください。

その他資料を紹介しますので、お時間がありましたら、目を通しておいていただけましたら幸いです。

OpenStreetMap のご紹介
http://www.yamasita.jp/osm/seminar/OSM_MappingParty/WhatsOSM.pdf

OpenStreetMapの 地図を編集しよう!(印刷して持参されることをおすすめします)
http://www.yamasita.jp/osm/seminar/OSM_MappingParty/HowToEditOSM.pdf

これらは、マッピングパーティのページにリンクを貼っています。
http://www.yamasita.jp/osm/seminar/OSM_MappingParty/
ぜひ、お気に入りに入れておいて下さい。

持ち物

サーベイ(現地調査)時

  • 歩きやすい服装、気候に応じた装備
  • 両手が使えるように、リュックサックかショルダーバックで

サーベイの道具は各自準備、持参ください。
例:

  • OSM 地図を印刷+クリップボード、赤ペン
  • Field Papers を印刷+クリップボード、赤ペン
  • デジカメ/スマートフォンのカメラ
  • GPSロガー(アプリ)
  • ビデオカメラ/アクションカメラ

よくわからなくても大丈夫。とりあえず以下の準備をお願いします。

  • 筆記具。赤ペン重要
  • デジカメ/スマートフォンのカメラ
  • 台紙、クリップボード:取材の時に地図を挟んで使います

マッピング(編集)時

編集用の機材は各自準備、持参ください。
(サーベイに持っていくのが重かったら新井薬師前駅南口改札内のコインロッカーへ)

  • 必須:PC、ACアダプタ
  • 必須:マウス(タッチパッド/スタイラスでの地図編集は難しいと思います)
  • テーブルタップ(長短問わず。次の人にわけわけできるように、ご自身の必要口数+1以上口数多めのもの)
  • インターネットへの接続環境(モバイルルータ、スマートフォンのデザリングなど:無いかたは当日ご相談下さい)

地元名産品、お土産、おやつの持ち込み大歓迎!!

参加費

無料
参拝費用/交通費/飲食費/通信費は、各自ご負担をお願いします。
懇親会は、4,000円程度の見込みです。

今後の予定

未定!

主催

山下康成(個人)





アーバンデータチャレンジ2016 in Numazu

https://www.facebook.com/events/160887621020673/

Code for Numazu

アーバンデータチャレンジ(UDC)2016 in Numazu
が沼津市で行われることになりました。

○アーバンデータチャレンジとは http://urbandata-challenge.jp/
オープンデータや位置情報の利活用を考えるコンテスト。
交流型のワークショップを通じて、地域課題を解決するための
データの有効な活用事例応募します。

第一回目のテーマは
「課題を転じてアイディアの実現へ!沼津の未来、今変えよう!」

テーマに沿った課題解決のためのアイディアソンを実施します。
参加条件はイベントを終日参加できる方なら誰でもOK!沼津市民じゃなくても大丈夫です。

「地方創生☆RESAS 地域セミナー2016」

http://seminar.resas-portal.go.jp/2016/#

「地方創生☆RESAS 地域セミナー2016」の開催について
内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局
内閣府 地方創生推進室

「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」の目的や概要、今秋新たに追加される
データ、さらには具体的な活用事例について、広く地方自治体職員のみならず、国民の
皆様に知っていただくことを目的とした「地方創生☆RESAS 地域セミナー2016」を、10
月7日(金)より、全国 10 地域で順次開催します。各会場、RESAS のデータホルダーと
交流できるブースセッションもご用意しております。多くの方のご参加をお待ちしてお
ります。

1.開催趣旨
「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」の目的や概要、今秋新たに追加される
データ、さらには RESAS を活用した地域課題の分析、政策検討に取り組んでいる事例に
ついて、地方自治体職員のみならず、広く国民の皆様に知っていただくことを目的とし
た「地方創生☆RESAS 地域セミナー2016」を、10 月7日(金)より、全国 10 地域で順次開催します。各会場、RESAS にデータをご提供いただいている企業等(データホルダー)
の皆様と交流できるブースセッションもご用意しております。多くの方のご参加をお待
ちしております。

2.プログラム
<第一部> 地方創生と RESAS の最新情報の紹介
(1)地方創生に関する情報提供 【内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局】
(2)RESAS 追加データ及び RESAS の普及に関する取組について
【内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局・経済産業省】
(3)地域における RESAS 利活用事例について 【地方自治体等】
<第二部> データホルダーによるブースセッション
データホルダーによる、RESAS 搭載データの活用方法や、その他データホルダーが有し
ている独自のデータの紹介など(1会場あたり複数のデータホルダーが出席)。

3.日時・場所
【北海道】日時:10 月 11 日(火)13:00~16:30
会場:ホテルさっぽろ芸文館 瑞雪の間(定員 500 名)
札幌市中央区北 1 条西 12 丁目
【東 北】日時:10 月 31 日(月)13:00~16:30
会場:TKP ガーデンシティ仙台 ホール A(定員 300 名)
仙台市青葉区中央 1-3-12
【関 東】日時:10 月 17 日(月) 第 1 回 12:30~16:00 第 2 回 15:00~18:30
会場:ベルサール東京日本橋 Room3+4+5(定員 1,000 名(第 1 回、第 2 回計))
東京都中央区日本橋 2-7-1 東京日本橋タワー
【中 部】日時:10 月 13 日(木) 13:00~16:30
会場:吹上ホール メインホール(定員 400 名)
名古屋市千種区吹上二丁目 6 番 3 号
【北 陸】日時:10 月 19 日(水)13:00~16:30
会場:石川県地場産業振興センター 第 1 研修室(定員 100 名)
金沢市鞍月 2 丁目 1 番地
【近 畿】日時:10 月 28 日(金)13:00~16:30
会場:神戸朝日ホール(定員 500 名)
神戸市中央区浪花町 59 番地
【中 国】日時:10 月 27 日(木)13:00~16:30
会場:中国新聞ホール(定員 500 名)
広島市中区土橋町 7-1
【四 国】日時:10 月7日(金)13:00~16:30
会場:松山市総合コミュニティセンター 3 階大会議室(定員 300 名)
松山市湊町七丁目 5 番地
【九 州】日時:10 月 12 日(水)13:00~16:30
会場:福岡県中小企業振興センター 2 階大ホール(定員 500 名)
福岡市博多区吉塚本町 9-15
【沖 縄】日時:10 月 24 日(月)13:00~16:30
会場:那覇第 2 地方合同庁舎 1 号館 2 階大会議室(定員 130 名)
那覇市おもろまち 2 丁目 1-1

4.申込方法
次のサイトからお申し込みください。参加費は無料です。
先着順で定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
自治体職員については、1自治体につき2名までのお申し込みとさせていただきます。

【お問い合わせ先】
地方創生☆RESAS 地域セミナー2016 事務局
電話 03-5817-3302
内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局(ビッグデータチーム)
担当 浜村、堀口 電話 03-3581-4541
【申込サイト】 http://resas-portal.go.jp/

Ict勉強会:官民連携によるICTの利活用推進を考える〜横浜・神奈川の実践例から〜

www.facebook.com/events/643194052524813/

10月3日(月)「ICT勉強会」@さくらWORKS<関内>(ver.1.8)
テーマ:「官民連携によるICTの利活用推進を考える〜横浜・神奈川の実践例から〜」

<趣旨>
関東ICT推進NPO連絡協議会の幹事会メンバー、横浜・神奈川のNPO関係者、自治体関係者らを対象に、横浜・神奈川におけるオープンデータやビッグデータ、IoT、クラウドファンディングを活用した地域課題解決や地域活性化の取り組み事例を紹介し、今後の、官民連携によるICTの利活用推進の取り組みを考える。

<実施概要>
日時:平成28年10月3日(月) 16時〜18時
場所:さくらWORKS<関内>(横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F)http://bit.ly/sakuraworks
参加費:無料
主催:総務省関東総合通信局、関東ICT推進NPO連絡協議会http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ai/npo/
企画運営:NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 
参加申込:このFacebookイベントページで「参加する」を押していただくか、メールでinfo@yokohamalab.jpまで「10/3勉強会参加希望」と書いてお送りください。

<タイムテーブル>
16時00分〜 
1)開催挨拶・趣旨説明

16時05分〜
2)参加者自己紹介

16時10分〜
3)横浜・神奈川のNPO等によるICT利活用の取組紹介(一部調整中)
▽横浜市・鎌倉市・横須賀市連携「三浦半島をハックせよ! 三浦半島魅力最大化!~来てもらい・見てもらい・住んでもらうMIURA~」(アーバンデータチャレンジ2016)
発表者:Code for YOKOHAMAメンバー
http://code4.yokohama/hackathon/

▽「Code for Japan Summit」@横浜市金沢区役所
発表者:Code for YOKOHAMAメンバー
https://www.facebook.com/events/300744356962467/

▽「かなざわ育なび .net」(横浜市金沢区)
発表者:横浜市金沢区役所地域振興課(調整中)
http://kirakana.city.yokohama.lg.jp/

▽一般社団法人リンクデータ(横浜市保土ケ谷区)・LODチャレンジ2016の活動紹介
発表者:下山紗代子(一般社団法人リンクデータ代表理事、LODチャレンジ2016実行委員長)
http://ja.linkdata.org/
http://lodc.jp/2016/

▽港北区「ちょいつまみウォーク」におけるIoT・オープンデータの活用
発表者:横浜市経済局成長産業振興課(調整中)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sinkou/shoutengai/sintyaku4.html

▽「データ活用ビジネスプラン・ブートキャンプ in Yokohama」
発表者:横浜市経済局成長産業振興課(調整中)/NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
http://opendata.yokohamalab.jp/

▽「第1回かんとうNPO映像祭」≪NPOは広くつながる≫
発表者:森康祐(NPO法人湘南市民メディアネットワーク代表理事)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/28/0629re.html

▽「LOCAL GOOD YOKOHAMA」:福岡市、北九州市等の連携展開について
発表者:杉浦裕樹(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ代表理事)/アクセンチュア(株)
http://yokohama.localgood.jp/

▽「YOKOHAMA YOUTH Ups!2016-2017」 
発表者:杉浦裕樹(横浜オープンデータソリューション発展委員会)/関口昌幸(政策局政策支援センター)
https://docs.google.com/document/d/124lEZVAwzIbda-UzIAIMUF0cRGQPVnz24E8J6xjukc8/edit

▽「チャレンジ!!オープンガバナンス(COG)2016」横浜市・神奈川県からの課題等 
発表者:奥村 裕一(COG2016運営コーディネーター、東京大学公共政策大学院客員教授)
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/area/kanto.html#kanagawa

17時30分〜
4)関東エリアの各都県のNPO等による取組紹介
▽NPO法人地域資料デジタル化研究会の活動について
発表者:丸山 高弘(NPO法人地域資料デジタル化研究会 副理事長/山中湖情報創造館 館長) 
http://www.digi-ken.org/
ほか 

17時40分〜
5)意見交換

17時55分〜
6)お知らせ
・「第3回ビジネスモデル発見・発表会」関東大会(募集期間8/1〜11/21)   
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/28/0720re2.html
・「わがまちCMコンテスト2016」《地方発30秒CMで、地域の魅力を再発見!》    
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/28/0826re.html
・「在宅就労支援フォーラム」10/22日(土)13時30分~(宇都宮市)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/28/0923re.html
・インターナショナルオープンデータデイ 2017
http://odd.okfn.jp/about/

<備考>
・勉強会終了後に会場周辺で懇親会を開催予定。18時15分〜、参加費実費。


「関東ICT推進NPO連絡協議会」
関東ICT推進NPO連絡協議会は、関東地域で活動する特定非営利活動法人(NPO法人)相互間等の連携により、ICT(情報通信技術:Information & Communocations Technology)を利活用したNPO法人活動の活性化を図ることによって、地域情報化を推進するとともに、地方自治体や大学等と連携して、地域住民の利便性の向上等、公共の福祉の増進に寄与することを目的に、平成16年6月に設立(設立総会6月24日)。
 関東総合通信局では、地域におけるセミナー等を共同で開催するなど、本協議会への支援を積極的に実施。
▽会員・役員
会員:101団体・個人 (NPO法人、学識者、地方公共団体等)が参加 (H28.4.21現在)
役員:10名 (代表幹事:1名、幹事:8名、顧問:1名)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ai/npo/
▽会員一覧
http://www.soumu.go.jp/main_content/000417170.pdf
▽連絡先
総務省 関東総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課(関東ICT推進NPO連絡協議会事務局)
担当:本郷、真庭 E-mail:it-npo_atmark_soumu.go.jp  電話:03-6238-1682

※関東ICT推進NPO連絡協議会には、地方公共団体を対象とする「準会員」として、神奈川県内では、神奈川県、横浜市、川崎市、藤沢市が参加している。 *会員一覧参照

報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201610rda.html#


報告会「研究データ共有によるイノベーションの創出 ~第8回RDA総会等の国際議論を踏まえて~」

研究データ同盟(Research Data Alliance: RDA)第8回総会は、本年9月15日から17日にかけて米国デンバーで開催されます。日本でも研究データに関する動きが加速するなか、会議参加者の発表を中心に、研究データを取り巻く国際情勢にスポットをあて、最新動向の共有を図ります。ディスカッションでは、研究者、図書館員をはじめとする様々な人々が、研究データの共有がもたらすイノベーションの創出について共に考える場にしたいと考えています。

なお、この報告会は、ジャパンリンクセンター(JaLC)「研究データ利活用協議会」の第1回研究会として開催します。研究データ利活用協議会は、本年6月、国立国会図書館を含む4つの国内学術機関が共同運営するJaLCに設置され、研究データの共有・利活用に向けた取り組みを推進しています。

プログラム

  • 講演
    • 「RDAの概要とJaLC研究データ利活用協議会について」(仮)
      • 武田 英明(国立情報学研究所教授、協議会会長)
    • 「オープンサイエンスを巡る世界の最新動向」
      • 村山 泰啓(情報通信研究機構統合ビッグデータ研究センター研究統括、協議会副会長)
  • 第8回RDA総会参加報告
    • 報告者(発言順)
      • 蔵川 圭(国立情報学研究所特任准教授)
      • 込山 悠介(国立情報学研究所助教)
      • 小賀坂 康志(科学技術振興機構知識基盤情報部長)
      • 田辺 浩介(物質・材料研究機構技術開発・共用部門科学情報プラットフォームエンジニア)
      • 山口 聡(国立国会図書館電子情報部電子情報企画課)
  • Digital Infrastructures for Research 2016参加報告
    • 報告者
      • 山地 一禎(国立情報学研究所准教授)

(休憩)

  • 講演
    • 「研究データと国の科学技術政策の観点からRDA総会を見る」(仮)
      • 林 和弘(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)
  • フロアも交えたディスカッション
    • 司会
      • 林 和弘(文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター上席研究官)
日時2016年 10月3日(月) 14時00分~17時30分 (13時30分開場)
会場国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
募集人数200名(先着順。定員に達し次第、募集は終了いたします。)
参加費無料
申込方法次のリンク先の申込みフォームからお申し込みください。
申込み画面
申込み締切2016年10月2日(日)
お問い合わせ先国立国会図書館電子情報部 電子情報企画課 連携協力係
電話: 03-3506-5239(直通)
メールアドレス: jalcアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー

第8回ウィキペディア街道「大山道」

http://wikipedia-road-08.peatix.com/


第8回ウィキペディア街道「大山道」

詳細

ウィキペディア街道は、旧街道沿いの名所旧跡などの歴史・文化情報をインターネット上の百科事典「ウィキペディア」に掲載して世界に発信するプロジェクトです。2015年5月からこれまでに計7回開催して、世田谷区、川崎市、横浜市、海老名市の大山街道沿いにある寺社、資料館、宿場等についてウィキペディアの新規記事を執筆してきました。

今回はウィキペディア街道で初の厚木市で開催します


日時:10月2日(日) 10:00~17:00 (雨天決行)

集合場所:小田急 本厚木駅 中央改札口 改札前

会場:あつぎ市民交流プラザ(アミューあつぎ) ルーム604

   〒243-0018 神奈川県厚木市中町2-12-15

   http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/facilities/culture/plaza/d026901.html


定員:20名 参加者多数の場合は募集期限前に締め切りとさせて頂く場合があります。

参加対象者: ウィキペディア街道の趣旨に賛同し、記事執筆に協力頂ける方

参加費:200円程度(当日徴収します)

主催:Code for Kanagawa

共催:Code for Setagaya、オープン川崎

協力:Code for YOKOHAMA

後援:厚木市


※ 今後も大山街道沿いの各地で開催予定です。今後のウィキペディア街道の執筆活動に協力していただける方の参加もお待ちしています


スケジュール(予定)

10:00~11:30 集合、現地調査

11:30~12:30 昼食、厚木市立中央図書館に移動

12:30~13:30 図書館で文献探し、あつぎ市民交流プラザに移動

13:30~13:45 ウィキペディア執筆ガイダンス

13:45~16:30 ウィキペディア記事執筆

16:30~16:50 成果発表

16:50~17:00 後片付け

17:00 解散、その後は有志で懇親会を予定しています


持ち物

・ノートPC

・WiFiルータ(できるかぎり)

・カメラ(あれば可。写真をアップロードして記事に掲載します)

・テーブルタップ(あれば可)

・市内の方で持っていれば市立図書館のカード(文献を借りる場合)


ウィキペディアアカウント

事前にウィキペディア編集用のアカウントを取得して下さい

・実名で登録する必要はありません。

・アカウントを他人と共有することはできません。


カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR