市民参加型の地域課題解決アイデアコンテスト  「チャレンジ!!オープンガバナンス2016」 “キックオフ シンポジウム

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/events/2016-05-31/#


チャレンジ!!オープンガバナンス2016 キックオフシンポジウム開催

東京大学公共政策大学院 「行政と情報通信技術」研究プログラム(PadIT)は、オープンガバナンス*を応援する「チャレンジ!!オープンガバナンス2016」コンテスト(COG2016:詳細はコチラ)の開催にあたり、自治体職員/市民らによる実践現場の報告や、同コンテスト審査委員らによるパネルディスカッションを盛り込んだシンポジウムを開催いたします。

*オープンガバナンスとは、市民と自治体がオープンな姿勢で協働しながら地域の課題に取り組んでいく社会の仕組みです。より有効なオープンガバナンスをめざすには、市民が地域の課題に自分ごととして取り組むとともに自治体がプラットフォームとしてそれを支える市民参加型社会の育成と、データや証拠にたちかえって確認する習慣をつけながら相互の協働を地道に進めていくデータ力活用アプローチが大切です。これらの現状把握と将来の課題を検討していく一助として、シンポジウムを企画しました。

本コンテストに参加をご検討の皆様はもとより、オープンガバナンスに興味をお持ちの方々の参加のお申込みをお待ちしております。

日時:2016625日(土)9:30-13:00         

場所:東京大学工学部二号館212講義室

当日の予定 (登壇者の都合により、予定は告知なく変更の可能性があります。)

9:30開始主催者等挨拶COG2016:審査委員長:城山英明
CCパートナー:アクセンチュア株式会社:工藤卓哉
第一部:地域から学ぶ課題解決とデータパワー
(自治体/市民の現場から)
阿部有紀江「公共施設マネジメントにおけるデータ活用〜市民協働の視点から」(新潟市役所)
松崎太亮「震災画像オープンデータとアプリを活用した減災教育の伝承」(神戸市役所)
齋木久美子「わたしから始まるまちづくり」(千葉市役所)
藤井靖史「持続可能なデータ活用」(会津若松市民)
竹部美樹「市民が主役の地域活性化と今後のデータ活用」(鯖江市民)
加藤 彰 「お待ちください」(牧之原市役所)
歓迎メッセージ内閣官房 犬童参事官(オープンデータ担当)
財務省 藤城審議官(元:国と行政のあり方に関する懇談会 事務局次長)
内閣官房 平本政府CIO上席補佐官(経産省担当)
ハーバードアッシュセンター
COG2016のねらいと仕組みCOG2016運営コーディネーター(奥村裕一 東京大学公共政策大学院客員教授)
11:30~
第二部:審査委員を交えたパネルディスカッション
審査委員です)
「市民参加型社会をどうつくる」
司会:庄司昌彦
「データから学ぶ」
司会:川島宏一
・長谷川孝 横浜市参事
・宇野重規 東京大学社会科学研究所教授
・大橋 弘 東京大学大学院経済学研究科教授
・川島宏一 筑波大学システム情報系社会工学域教授
・国谷裕子 元NHK「クローズアップ現代」キャスター
・庄司昌彦 国際大学GLOCOM准教授
・関本義秀 東京大学生産技術研究所 人間・社会系部門 准教授
・林 千晶 マサチューセッツ工科大学メディアラボ 所長補佐
・渡辺美智子 慶応大学大学院健康マネジメント研究科教授(専門:統計科学)
・工藤卓哉 元NY市職員/アクセンチュア(株)データサイエンティスト
 

 

13:00終了

総括 坂井修一 東京大学大学院情報理工学系研究科教授(審査委員)
総括 城山英明 東京大学公共政策大学院・大学院法学政治学研究科教授(審査委員長)

 

参加のお申込み先は コチラ 

お申込みにあたって:

氏名、フリガナ、メールアドレス、職種、所属機関は入力必須項目です

自治体や市民の方の職種はその他でお願いします

所属機関がない場合は、ご自身の判断で適宜現在の状況をお書きください

(先着150名:定員に達し次第締め切ります。申し込みボタンは最下部にもあります。)

 

*「チャレンジ!!オープンガバナンス2016」コンテストとは、市民と自治体がオープンな姿勢で協働しながら地域の課題に取り組んでいくオープンガバナンスを応援するコンテストです。今回のチャレンジではより有効なオープンガバナンスをめざしてデータや証拠にかえって確認する習慣をつけながら協働を進めていくことを課題としています。

コンテストの詳細は コチラ

紹介先:東京大学公共政策大学院 「行政と情報通信技術」研究プログラム(PadIT) admin_padit@pp.u-tokyo.ac.jp

 

主催:東京大学公共政策大学院 「行政と情報通信技術」研究プログラム(PadIT

共催:東京大学ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL

コーポレート・シチズンシップ・パートナー:アクセンチュア株式会社

連携:ハーバード大学ケネディスクールアッシュセンター(通称)


スポンサーサイト

物流オープンデータコンテスト向けハッカソン

microbase.co/news/2016/6/1/tech-lab-paak#

TECH LAB PAAKにて物流オープンデータに関するハッカソンを開催します

このたび物流オープンデータコンテストの開催に連動し、TECH LAB PAAKにてハッカソンを実施することとなりました。

本ハッカソンでは、物流オープンデータコンテストで公開されている物流データ・倉庫データ・人口データを活用した自主的なアプリ開発・データ解析等を実施します。

■日時: 6/12(日) 14:00-20:00
■場所: 渋谷 TECH LAB PAAK

■何つくるの?
スマートフォンアプリ、Webサービス、ガジェット、調査研究レポートの中から任意で選択できます。
■どんな人におすすめ?
・実データを使った業務アプリまたはゲーム開発に興味のあるエンジニア
・データビジュアライズに自信があるデザイナー
・珍しいデータを元に自由に分析してみたいデータサイエンティスト 等
■データを使ったことがないから怖い
最初の時間は、データの使い方のレクチャやアイデアソンに充てようと思います。ご気軽にご参加ください。
■ 参加申し込みやご質問
以下のフォームにご登録ください。
http://goo.gl/forms/M9DZEAtOayc0cUo93


==物流オープンデータコンテストについて==

応募期間:2016年4月18日(月)~2016年7月18日(月)(23:59 JST)
結果発表・表彰式:2016年9月(予定)

<募集部門>
以下の3部門について、募集されています。
・ビジネス部門:物流業務に役立つアプリケーション、倉庫管理業務に役立つアプリケーションなどを募集します。
・研究部門:倉庫や物流のデータを利用した経済や交通等の調査研究レポート、そのような調査研究に役立つアプリケーションを募集します。
・一般・教育・ゲーム部門:一般消費者に役立つアプリケーション、社会科教育やさらには業界での新人教育などに役立つアプリケーション、倉庫や物流のデータを利用したゲームやエデュテイメントなどを募集します。

賞金総額500万(最優秀賞 200万円、優秀賞 50万円×4、審査員特別賞 10万円×10本程度)

コンテストURL: http://contest.frameworxopendata.jp/


本コンテストの特徴として、公開されることが珍しいデータを扱えます。(例:実在倉庫内での仕分け作業のデータ、ウェアラブルデバイスから取得したバイタルデータ、実在物流トラックの走行記録)

皆様のご参加をお待ちしております。






須高情報通信フェア2016『オープンデータとビーコンを使った街づくりを体験しよう!』

http://www.stvnet.co.jp/portal/infomation/%E9%A0%88%E9%AB%98%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A22016%E3%80%8E%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%A8%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B3/


須高情報通信フェア2016『オープンデータとビーコンを使った街づくりを体験しよう!』開催します

平成28年度 情報通信月間参加行事 須高情報通信フェア2016
『オープンデータとビーコンを使った街づくりを体験しよう!』を
下記の日程で開催します。

■日時   平成28年6月11日(土)
■場所   須坂駅前シルキーホール
■参加費  無料
■講師   名古屋大学大学院情報科学研究科准教授 遠藤 守 氏(須坂市出身)
■内容
 13:30~14:00 講演会
         『オープンデータと情報インフラによる街づくりの未来』
           須坂市が先進自治体として推進するオープンデータと、IoT(モノ
           のインターネット)時代を代表するビーコン技術についてわかりや
           すく解説するとともに、これらを活用した未来の街づくりについて
           展望します。
 14:00~16:00 ワークショップ
         『オープンデータとビーコンを使った街づくりを体験しよう!』
           須坂市の観光スポットに設置する「ビーコンポスター」の制作体験
           を行います。参加者が考えた観光スポットのポスターやクイズを
           オープンデータとして蓄積、公開することで、今後の街づくり
           プロジェクトに活用します。

【主催】須高ケーブルテレビ株式会社
【共催】名古屋大学 安田・遠藤研究室
【後援】須坂市、小布施町、高山村、須坂市教育委員会
【協賛団体】情報通信月間推進協議会
【協力】須坂創成高校

お申込み・お問い合わせ
須高ケーブルテレビ TEL.026-246-1222


カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR