北海道オープンデータハッカソン GIS大賞【ハッカソン】

http://kokucheese.com/event/index/374511/#

北海道オープンデータハッカソン サッポロ・オープンデータGIS大賞 in 札幌」のご案内 

札幌市他が提供する地図のオープンデータを活用してのハッカソン、アイディアソンが開催されます。 
このチャンスに、北海道ならではの地図データを活用したアプリを開発してみませんか。 
事前勉強会(「Google Maps API」ではなく、商用利用も可能なオープンなGISデータを活用した地図整形の勉強会)も行われます。 

[イベントのレギュレーションとテーマ] 
札幌市、もしくは他の機関が提供する地図のオープンデータを活用した、「ハッカソン」「アイディアソン(募集)」 
地図を背景に多様な情報をインターネット配信、またはアプリ表示することで観光、防災、教育等に関しての社会的ニーズに寄与するシステム 
「先進性」「地域性(道内)」が加味されているWEBサービス、アプリケーションなど 
※オープンデータを活用するための基盤技術などもOKとします。 

【事前勉強会】 
日時:2016-02-18(木)19:00 - 21:00 
会場:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 会議室 
https://opendata.doorkeeper.jp/events/37638 

【ハッカソン】 
日時:2016-02-27(土)10:00 - 18:00 
会場:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 会議室 
https://opendata.doorkeeper.jp/events/37595 

【アイデアソン(募集)】 
募集期間: 2016/01/15-2016/02/20 
※上記期間中に公式サイトよりメールで応募のこと。詳細は、イベントURLをご参照ください。 

【サッポロ・オープンデータGIS大賞 セミナー&シンポジウム】 
日時:2016-03-18(金)10:00 - 18:00 
会場:札幌・アパホテル(TKPガーデンシティ札幌駅前 ホール2C) 
http://gis-od.jx.org/sapporo_opendata_gis/seminar_and_symposium.html 
※アイデアソン・ハッカソンに参加された優秀者への表彰をパネルディスカッションの方から授与します。 

【運営】 
主催:特定非営利活動法人 Digital北海道研究会 
共催:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 
後援:国土交通省国土地理院北海道地方測量部 
北海道 札幌市 一般社団法人北海道リージョナルリサーチ 
協力:経済産業省北海道経済産業局 NTTグループ 一般社団法人 LOCAL


開催概要

日時2016年02月27日
開催場所クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 会議室
(北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル11F)
参加費無料
定員制限はありません
申し込み開始2016年01月01日 00時00分から
申し込み終了2016年02月27日 00時00分まで
主催

イベント概要

2016年02月27日

北海道オープンデータハッカソン GIS大賞

北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル11F

http://kokucheese.com/event/index/374511/

「北海道オープンデータハッカソン サッポロ・オープンデータGIS大賞 in 札幌」のご案内 札幌市他が提供する地図のオープンデータを活用してのハッカソン、アイディアソンが開催されます。 このチャンスに...

お申込みはこちら



スポンサーサイト

オープンデータ・ビッグデータ カンファレンス

http://www.city.osaka.lg.jp/somu/page/0000334708.html#http://www.city.osaka.lg.jp/somu/page/0000334708.html#


オープンデータ・ビッグデータ カンファレンスへの参加者を募集します

[2016年1月1日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

 
  • Facebookでシェア
  •  
  • twitterでツイートする
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪市では、ICT業界だけにとどまらず、製造、運輸、観光、販売、医療・介護、教育をはじめ各種サービス業を対象に、オープンデータやビッグデータのビジネスにおける活用事例、例えばオープンデータと独自調査データを組み合わせて提供される新たなサービスなどについて紹介し、民間での活用を促すことで新たなビジネス創出につなげることを目的として、オープンデータ・ビッグデータ カンファレンスを開催します。

ICT(Information & Communications Technology):情報通信技術のことを指す。

オープンデータ:行政が保有する地理空間情報、防災・減災情報、調達情報、統計情報などの公共データを二次利用可能な形(二次利用が可能な利用ルールかつ機械判読に適したデータ形式での公開)で民間へ開放したもの。

ビッグデータ:ICT化の進展により生成・収集・蓄積が可能・容易になる多種多量のデータ。

1 日時

平成28年2月24日(水曜日)13時から17時まで

2 場所

グランフロント大阪 北館4階ナレッジシアター

大阪市北区大深町3-1

ナレッジシアターアクセスマップ別ウィンドウで開く

3 プログラム

調整中

4 入場料

無料 ※要事前申込み

5 定員

400名(先着順) ※申込者数が定員の400名を超えた場合のみ、先着順とさせていただきます。

6 申込締切

平成28年2月17日(水曜日)

7 申込方法

ホームページの場合

電子申請・オンラインアンケートシステムポータルページから応募できます。

メール・ファックス・持参の場合

専用申込用紙にてお申し込みください。

はがきの場合

氏名(ふりがな)・電話番号・メールアドレス(法人等にお勤めの場合は勤務先名も)を記入し、下記の申込先までお申し込みください。

【申込先】

〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号 大阪市役所本庁舎4階

大阪市総務局行政部総務課ICT戦略グループ

※ご記入いただいた個人情報は、カンファレンスの運営事務及び大阪市からのICT関連最新情報提供のために利用させていただきます。今後、情報提供を停止されたい方は、大変お手数ではございますが、opendata@city.osaka.lg.jpにメールしていただくか、ページ下部の問合せ先へご連絡ください。



第5回都市セミナー「データドリブン社会の到来」 ~ビッグデータ・オープンデータが切り拓く未来~

urc.or.jp/%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%80%8C%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%96%E3%83%B3%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E5%88%B0%E6%9D%A5%E3%80%8D-%E5%8F%82#Message-complete


都市セミナー 「データドリブン社会の到来」 参 加 者 募 集

平成27年度開催実績

第5回都市セミナー
「データドリブン社会の到来」 ~ビッグデータ・オープンデータが切り拓く未来~

 ICT(情報通信技術)が著しく進歩し、リアルタイムに莫大なデータが蓄積されていく中で、データの利活用に関する取り組みも急速に進み、様々な領域において膨大に蓄積されたデータを利用し、現実の社会的課題を、コンピュータ上の仮想的な社会システムの中で解決するような動きも始まっています。
データが社会を変えるイノベーションのキーファクター(主要因)ともいわれる現在の状況について、有識者の講演や事例報告によるセミナーを開催します。
都市/福岡やデータ利活用の将来などに関心をお持ちの皆様のご参加を、お待ちしています。

日 時:平成28年2月22日(月)13:30~15:30 (開場 13:00)
場 所:アクロス福岡 円形ホール(福岡市中央区天神1-1-1)http://www.acros.or.jp/access 
プ ロ グ ラ ム/登 壇 者:13:30~13:35   開会/あいさつ
(公財)福岡アジア都市研究所 理事長 安浦 寛人

13:35~14:20 基調講演「地域の発展はデータが握る~ データドリブン社会の到来 ~」(仮題)
(一社)オープン・コーポレイツ・ジャパン 常務理事 東 富彦 氏

14:20~14:50 事例報告Ⅰ「オープンデータ×AIで地方を創生する!」(仮題)
BODIK[ビッグデータ・オープンデータ研究会in九州] 代表 村上 和彰

14:50~15:20 事例報告Ⅱ「オープンイノベーションによる公共課題解決手法」(仮題)
(公財)福岡アジア都市研究所 フェロー 天野 宏欣

15:20~15:30 質疑応答/閉会

主 催:ビッグデータ・オープンデータ研究会in九州[BODIK]、(公財)福岡アジア都市研究所[URC]
共 催:福岡市
後 催:(一社)オープン・コーポレイツ・ジャパン、九州大学共進化社会システム創成拠点、地方シンクタンク協議会 九州・沖縄ブロック、福岡地域戦略推進協議会[Fukuoka D.C.] (五十音順)
定 員:100名 *参加無料、申込多数の場合は、先着順とさせていただきます。
締 切:平成28年2月18日(木)まで(※当研究所必着)

・お申し込み…
event5mail 、下記の申込みフォーム、こちらの申込みフォーム 、FAX(092-733-5680)、電話(092-733-5686)のいずれかの方法でお申し込み下さい。

icon_1r_32 チラシはこちら(pdf/852KB) 




ウィキペディアタウン橋本in高野口

https://www.facebook.com/events/827965527314347/


2016年2月13日9:30 - 17:00

高野口地区公民館 2階研修室5(和歌山県橋本市高野口町名倉813-2、JR高野口駅下車徒歩3分)
envelope

寒さも緩み始める立春の空のもと、「橋本観光ガイド」の方と小田井用水路など大畑才蔵の足跡と高野口のまちを歩き、現地調査してみましょう!

新たな発見がきっとあるはず。そこで見つけた「発見」を実際に「ウィキペディア」に書いて、自らが観光に関する情報を提供してみよう!というイベントです。 参加者みなさんで、大畑才蔵など地域の情報を全国へ、そして世界へ発信しましょう!

※Wikipediaタウンは、地域が誇る史跡等を文献資料、及びフィールドワークにより調査し、その調査結果をWikipediaページとして作成し、オープンデータとして公開するプロジェクトです。

主催:橋本市、和歌山県情報化推進協議会
後援:アーバンデータチャレンジ2015実行委員会、
東京大学空間情報科学研究センター「次世代社会基盤情報」寄附研究部門、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会、NPO法人市民の力わかやま、「(仮称)大畑才蔵顕彰事業ネットワーク協議会」「一般社団法人全日本建設技術協会橋本支部」

◎募集要件
・参加費用は無料です。(高野口地区公民館までの交通費、昼食等は各自負担となります)
・橋本市内・市外居住は問いません。
 
◎当日必要なもの
・パソコンまたはタブレット。(ない場合は申込時にご相談ください。)
・デジタルカメラまたはスマートフォン。(パソコンに接続するためのUSB ケーブル等もご持参ください。)
・モバイルルーター(お持ちの方)
・歩きやすい服装でご参加ください。(少雨の際は雨具等をご持参ください)

◎スケジュール(予定)
9:15~:受付開始(高野口地区公民館2階 研修室5)
9:30~:開始、挨拶、簡単なガイダンスと自己紹介、チーム分け等
10:00~:まち歩きIN高野口(途中小田頭首工に立ち寄り、ガイドを受けます)
13:30~:高野口地区公民館に戻り、図書館資料も活用しながらウィキペディアで記事を作成します
※図書館職員やウィキペディアタウン講師による資料の収集法、記事の作成法の解説があります
16:30~:成果発表
17:00~:集合写真、解散

◎申込み方法
・必要事項(氏名、お住まいの市町村名、電話番号、メールアドレス)を添えて、FAX、Email、サイトの申し込みフォーム(http://wida.jp/mailform160213/)のいずれかで申込み。
(このイベントの「参加する」ボタンだけでは申込みにはなりません。)
・申し込み先:
  ・橋本市 企画部 企画経営室    FAX:0736-33-1665、Email:kikakhsy@city.hashimoto.lg.jp
  ・和歌山県情報化推進協議会事務局 FAX:073-428-2688、E-mail:info@wida.jp

◎参考サイト
・橋本市サイト「ウィキペディアタウン橋本IN高野口、開催!」
http://www.chw.jp/guide/kikakubu/kikaku_keiei/annai/1451280527272.html

・WIDAサイト
http://wida.jp/2015/12/29/wikihashimoto/

情報・システム研究機構シンポジウム「オープンサイエンスにおける研究データのオープン化」

http://www.rois.ac.jp/sympo/2015/

当機構は「現代社会が直面する複雑な対象を情報とシステムの観点から捉える」という理念を持ち、いち早く「第4の科学」の重要性を主張し実践してまいりました。
 来る平成28年度から始まる法人第3期には、これまで進めてきたデータ中心科学リサーチコモンズ事業をさらに大きくステップアップして、大学のデータ駆動型学術研究の加速に向けた支援事業を推進する計画です。
 そこで本年の機構シンポジウムは、「オープンサイエンスにおけるオープンデータ」をテーマとして取り上げ、これからの科学方法論に絡む様々な問題と施策について、研究データのオープン化を切り口に考えることにいたしました。
 例えば成果評価として、論文形式以外にデータ生産者の貢献をどう評価するか、など、問題を広い視点で捉え、様々な立場から議論するとともに、世界の最新動向を把握し、今後の方向性を考えていくきっかけになれば幸いです。
 産官学を始め、多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

12:30~
受付

講演
    
13:00~13:05  開会挨拶
情報・システム研究機構 機構長 北川 源四郎
13:05~13:10  来賓挨拶
文部科学省研究振興局学術機関課長 牛尾 則文 氏
13:10~13:55
基調講演:「オープン化による新たなサイエンスの展開」
有川 節夫 氏(前九州大学総長、内閣府 オープンサイエンスに関する検討会 座長)
14:00~14:30
講演:「極域科学とオープンデータ」
村山 泰啓 氏
(国立研究開発法人 情報通信研究機構 統合データシステム研究開発室長)
14:30~15:00
講演:「生命科学とオープンデータ」
高木 利久 氏(東京大学 教授、JST NBDCセンター長、ROIS NIG DDBJセンター長)
15:00~15:30
講演:「データの再現性と再利用を促進するデータジャーナル
~Scientific Dataを例に~」
新谷 洋子 氏(Nature Publishing Group オープンリサーチマーケティングマネージャー)
15:30~15:40 質疑応答

16:00~17:30
パネル討論:「研究現場におけるオープンデータの進め方」
丸山 宏*1、伊村 智*2 、北本 朝展*3 、山下 智志*1 、小出 剛*4 、箕輪 真理*5
(*1統計数理研究所、*2国立極地研究所、*3国立情報学研究所、*4国立遺伝学研究所、
*5ライフサイエンス統合データベースセンター)
17:30~17:40 会場からの質問

17:40~17:45 閉会挨拶




https://storify.com/sabarya/ji-gou-sinpoziumu-opunsaiensuniokeruyan-jiu-detano

情報・システム研究機構シンポジウム「オープンサイエンスにおける研究データのオープン化」
#roissympo

byEriko Amano16 hours ago100 Views
Embed
rois.ac.jp/sympo/2015/
13:10~13:55基調講演:「オープン化による新たなサイエンスの展開」
有川 節夫 氏(前九州大学総長、内閣府 オープンサイエンスに関する検討会 座長)
14:00~14:30講演:「極域科学とオープンデータ」
村山 泰啓 氏
(国立研究開発法人 情報通信研究機構 統合データシステム研究開発室長)
14:30~15:00講演:「生命科学とオープンデータ」
高木 利久 氏(東京大学 教授、JST NBDCセンター長、ROIS NIG DDBJセンター長)
15:00~15:30講演:「データの再現性と再利用を促進するデータジャーナル ~Scientific Dataを例に~」
新谷 洋子 氏(Nature Publishing Group オープンリサーチマーケティングマネージャー)
16:00~17:30パネル討論:「研究現場におけるオープンデータの進め方」
丸山 宏*1、伊村 智*2 、北本 朝展*3 、山下 智志*1 、小出 剛*4 、箕輪 真理*5
(*1統計数理研究所、*2国立極地研究所、*3国立情報学研究所、*4国立遺伝学研究所、 *5ライフサイエンス統合データベースセンター)+

枚方アイデアソン・ハッカソン

https://www.city.hirakata.osaka.jp/site/opendata/opd-event2016.html


枚方アイデアソン・ハッカソン

アイデアソン・ハッカソン開催します!!

 「アイデアソン」とは
 アイデアとマラソンを掛け合わせた造語。特定のテーマについて、アイデア創出やビジネスモデルの構築などを短期間で行うイベントのこと。

 「ハッカソン」とは
 プログラミングに取り組むことを意味する「ハック」とマラソンを掛け合わせた造語。IT技術者やアイデアを持つ方がチームを作り、特定のテーマに対し、技術やアイデアを持ち寄り、短期間(1日~数日)にアプリケーションなどを作り出し、成果を競うイベントのこと。

今回は、今話題のオープンデータを活用した、まちづくりを一緒に考えるイベントを開催します。

  テーマは 《 枚方市の歴史・魅力を世界に発信! 

ITの知識・技術がなくても参加可能です!

omoteura

チラシ (PDFファイル・308KB)


こちらの専用Webサイトにて、参加を受け付けています。

bana

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料) 



婚活ビブリオバトル in 京都市 「ビブリオバトルで、本好きのいい人見つけよう!」

https://b8cabba65bcf97631ab2ef81fd.doorkeeper.jp/events/37212

「婚活ビブリオバトル in 京都市」では、
独身の男女でチームを作って、1st,2stステージにてビブリオバトルを行ってもらい、
本に関する意見交換・発表を通じて、相手の人柄がわかる出会いの機会を提供します。

ビブリオバトルとは、自分のお気に入りの本を書評という形で聞き手に紹介するコミュニケーションを用いた京都大学発祥の読書会ゲームです。
誰でも手軽に参加できます。
ビブリオバトルは、「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに公共図書館、大学図書館、書店等、日本全国に広がっています!

「婚活ビブリオバトル in 京都市」では、ビブリオバトルを独身の男女でチームを作って、1st,2stステージの2回にわたり行ってもらいます。
この2回の本を通じた意見交換・発表で、独身の男女に親密になってもらい,相手の人柄がわかる出会いの機会を提供します。
婚活ビブリオバトルで、本好きのいい人見つけませんか!

みなさまのご参加をお待ちしております。

日時

1stステージ
平成28年2月 7日(日)14時00分(受付13時30分) ~17時00分まで

2stステージ
平成28年2月21日(日)13時30分(受付13時00分) ~17時00分まで
(1stステージと開始時間が異なりますので、ご注意ください)

・本イベントは1stステージにてチーム編成を行い、2stステージまでの2週間に各チームでビブリオバトルの事前準備をしてもらうことで、交流を深めてもらうことを目的としています。そのため、1stステージ、2stステージ共に参加していただくことをお願いいたします。

会場(第1,2stステージ共):京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)第3研修室(3F)

〒604-8401 京都府京都市中京区聚楽廻松下町9-2
電話番号 075-802-3141
ホームページ http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/

主催:Code for 山城(平成27年度 京都市婚活推進事業 受託団体) 

お問い合わせ: 050-3580-8065 (Code for 山城 代表:青木)

協力:京都市図書館

参加費:2000円(会場使用料相当分)

参加条件:

京都市に在住、在勤(在学)の独身の男女で、1st,2st共に参加できる方。

・京都市図書館カードは、京都市にお住まいか,京都市に通勤,通学されている方にお作りいただけます
・独身である旨につきまして、受付時に独身申請書に申請いただきます

参加される方への事前のお願い

1stステージでは自分のオススメ本を紹介いただきます。
紹介本は事前に京都市の各図書館を利用して本を貸出された上で、1stステージに紹介したい本を持参してください。
京都市の図書館カード利用者登録はこちらをご覧ください。
http://www2.kyotocitylib.jp/-page_id=175

ビブリオバトルとは !!

【公式ルール】
1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
2. 順番に一人5分間で本を紹介する.
3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

ビブリオバトルについては以下のサイトを参考にご覧ください
知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト
http://www.bibliobattle.jp/
新しい本の楽しみ方ビブリオバトルの多方面への展開動向 / 吉野英知
http://current.ndl.go.jp/ca1830
奈良県立図書情報館、公共図書館では初の、知的書評合戦ビブリオバトル開催へ
http://current.ndl.go.jp/node/17713

<実施内容>

1stステージ:チーム別ビブリオバトル
スケジュール(予定)
13:00-  会場準備開始
13:30-  受付開始
14:00-  オープニング(主旨・婚活ビブリオバトルの進め方説明)
14:20-  イベント実施者が割り振った男女混成の5つのチーム分け、進め方説明
14:30-  プレビブリオバトル (チーム内でビブリオバトルを行います。)
15:30-  休憩 10分
15:40-  チーム内チャンプ本投票・決定
15:50-  チーム内チャンプ本 各チーム発表 (5チーム×2分=10分)
16:00-  第2回までの進め方説明、各チーム作戦会議(各チームで次回までの打ち合わせ予定などの調整・決定)
16:30-  交流会(お茶とお菓子をご用意いたします。)
16:50-  クロージング・写真撮影
17:00-  終了

終了後、任意参加による懇親会を予定しています。

2stステージまでの2週間の間に各チームでチャンプ本をそれぞれで読み、紹介する内容について打ち合わせをする等、ビブリオバトルの事前準備をしてもらうことで、交流を深めてもらいます。

2stステージ:チーム対抗ビブリオバトル
(2stステージは13:30開始なのでご注意ください)
スケジュール(予定)
12:30-  会場準備開始
13:00-  受付開始
13:30-  オープニング(チーム対抗ビブリオバトルの進め方説明)
13:40-  チーム対抗ビブリオバトル作戦会議(話す内容や進め方、演出方法など)
14:30-  休憩 10分
14:40-  チーム対抗ビブリオバトル
15:30-  チャンプ本投票・決定・発表・表彰
16:00-  交流会(お茶とお菓子をご用意いたします。)
16:40-  クロージング・写真撮影
17:00-  終了

終了後、任意参加による懇親会を予定しています。
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR