第4回 Code for Wakayama オープンデータをクラウドで活用しよう!

 https://codeforwakayama.doorkeeper.jp/events/25009





第4回 Code for Wakayama オープンデータをクラウドで活用しよう!

 2015-05-30(土)13:00 - 17:00


締め切り参加費
募集終了無料

和歌山県は、GitHubでオープンデータを公開している日本で唯一の自治体です。
https://github.com/wakayama-pref-org

今回のイベントでは、Code for WakayamaとJAWS-UGが共同で和歌山のオープンデータとAWSのいろいろなサービスを活用するハンズオンを行います。

オープンデータとクラウドを活用するための勉強をしよう!

  • KinesisやEMRなどをを使ってビッグデータを扱ってみよう!
  • SPARQLを使用してオープンデータの縦断検索
  • CKANやWordPressをつかったオープンデータカタログサイトの作成

などなど、AWS+オープンデータの可能性は無限大です。

時間内容スピーカー
13:00-13:10はじめに
13:10-13:40和歌山県のオープンデータへの取り組みについて和歌山県情報政策課 田中課長
13:40-14:10AWSについての紹介宮内 隆行
14:10-14:40SPARQLでマッシュアップ特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ 上田 洋様
15:00-17:00ハンズオン
  • ハンズオンに参加をご希望の方はノートパソコンのご用意をお願いします。
  • ハンズオンはチームごとに行いますので、見学も可能です。

希望者が多ければ懇親会を行います!

スポンサーサイト

第三回 JAWS-UG Wakayama オープンデータをクラウドで活用しよう!

 https://jawsugosaka.doorkeeper.jp/events/24932






 2015-05-30(土)13:00 - 17:00


締め切り参加費
あと1日23時間無料

和歌山県は、GitHubでオープンデータを公開している日本で唯一の自治体です。
https://github.com/wakayama-pref-org

今回のイベントでは、Code for Wakayamaと共同で和歌山のオープンデータとAWSのいろいろなサービスを活用するハンズオンを行います。

オープンデータとクラウドを活用するための勉強をしよう!

  • KinesisやEMRなどをを使ってビッグデータを扱ってみよう!
  • SPARQLを使用してオープンデータの縦断検索
  • CKANやWordPressをつかったオープンデータカタログサイトの作成

などなど、AWS+オープンデータの可能性は無限大です。

時間内容スピーカー
13:00-13:10はじめに
13:10-13:40和歌山県のオープンデータへの取り組みについて和歌山県情報政策課 田中課長
13:40-14:10AWSについての紹介宮内 隆行
14:10-14:40SPARQLでマッシュアップ特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ 上田 洋様
15:00-17:00ハンズオン
  • ハンズオンに参加をご希望の方はノートパソコンのご用意をお願いします。
  • ハンズオンはチームごとに行いますので、見学も可能です。

希望者が多ければ懇親会を行います!

2015年度 人工知能学会全国大会

 https://kaigi.org/jsai/webprogram/2015/index.html

2015年度 人工知能学会全国大会 2015年5月30日(土)〜6月2(火) 会場:公立はこだて未来大学

1G2-OS-08a オーガナイズドセッション「OS-8 Linked Dataとオープンデータ活用 (1)」

*セッションの無断動画配信はご遠慮下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

05月30日(Sat) 10:20~12:00 G会場(5F北-中講義室 (595)) 
座長 山本 泰智(情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)

発表一覧

時間10:20~10:22
題目趣旨説明
著者

時間11:43~12:00
題目1G2-OS-08a-5 Open Park Yokohama: 公園LODの試作
著者加藤 文彦(情報・システム研究機構)
武田 英明(国立情報学研究所)
論文PDFファイル

1G3-OS-08b オーガナイズドセッション「OS-8 Linked Dataとオープンデータ活用 (2)」

*セッションの無断動画配信はご遠慮下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

05月30日(Sat) 13:20~15:00 G会場(5F北-中講義室 (595)) 
座長 中辻 真(NTTサービスエボリューション研究所)

発表一覧

時間14:45~15:00
題目総括
著者

1G4 「Wikipediaとオントロジー活用」

*セッションの無断動画配信はご遠慮下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

05月30日(Sat) 15:20~16:40 G会場(5F北-中講義室 (595)) 
座長 加藤 文彦(情報・システム研究機構)

発表一覧

2015年度 人工知能学会全国大会

 https://kaigi.org/jsai/webprogram/2015/index.html


1G2-OS-08a オーガナイズドセッション「OS-8 Linked Dataとオープンデータ活用 (1)」

*セッションの無断動画配信はご遠慮下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

05月30日(Sat) 10:20~12:00 G会場(5F北-中講義室 (595)) 
座長 山本 泰智(情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)

発表一覧

時間10:20~10:22
題目趣旨説明
著者

時間11:43~12:00
題目1G2-OS-08a-5 Open Park Yokohama: 公園LODの試作
著者加藤 文彦(情報・システム研究機構)
武田 英明(国立情報学研究所)
論文PDFファイル

1G3-OS-08b オーガナイズドセッション「OS-8 Linked Dataとオープンデータ活用 (2)」

*セッションの無断動画配信はご遠慮下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

05月30日(Sat) 13:20~15:00 G会場(5F北-中講義室 (595)) 
座長 中辻 真(NTTサービスエボリューション研究所)

発表一覧

時間14:45~15:00
題目総括
著者

1G4 「Wikipediaとオントロジー活用」

*セッションの無断動画配信はご遠慮下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

05月30日(Sat) 15:20~16:40 G会場(5F北-中講義室 (595)) 
座長 加藤 文彦(情報・システム研究機構)

発表一覧


日本学術振興会産学協力研究委員会第37回インターネット技術第163委員会研究会 -ITRC meet37-

 http://www.itrc.net/meet37/program.html#





5月29日(金)
9:00-10:20セッション3: [29-AM1] オープンデータとシビックテックデモ展示
「Code for Kanazawa が創るシビックテックの未来」
講演者: 福島 健一郎 (Code for Kanazawa)
講演概要:
"ITを利用して市民参画型で地域課題の解決を行う" という シビックテックの取り組みが今急速にひろまってきています。 2013年、日本で初めての Code for コミュニティとして発足した Code for Kanazawa はその先頭を走りながら、日本のシビックテックを 見つめてきました。 本講演では、Code for Kanazawa の概要とともに国内のシビックテックの 事例について解説し、さらに今後のシビックテックビジネスのひろがりに ついても考察したいと思います。

「オープンデータで仕掛ける脱インターネット1.0 ~データシティ鯖江の次の一手~」
講演者: 福野 泰介 ((株) jig.jp)
講演概要:
jig ブラウザをきっかけに、W3C に加入した 2010年、ティム・パーナーズ=リー氏 の進めるオープンデータに出会い、衝撃を受ける。IT のまち鯖江をかかげる牧野 百男市長への提案から1年、日本の自治体初のオープンデータの取り組みは、 今や国や東京都も含む119都市にまでひろがった。既存ビジネスが次々と置き換わる 現代、オープンデータが切り開く新しいビジネスに向けた挑戦「データシティ 鯖江の次の一手」を紹介します。 

Code for Nagoya 介護ハッカソン in OSC2015 Nagoya

 http://c4n-kaigo-hackathon.peatix.com/





Code for Nagoya 介護ハッカソン in OSC2015 Nagoya

詳細
昨年のOSC2014 Nagoyaでもハッカソンを開催しましたが,今年もやります.
今年は,少子高齢化社会では避けて通れない,介護福祉に役立つサービスやアプリを試作するハッカソンを開催します!
4月25日にもあはーと交流会主催で開催された「介護・福祉×IT アイデアソン」の成果も踏まえて,本当に介護の現場で役立つサービスやアプリを生み出せればと考えております!
日時:2015年5月23日(土) 10:00 ~ 17:00
場所: 名古屋国際センター5F(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)第4, 5会議室

※アクセス: http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/aramashi/nicaccess

主催:

 Code for Nagoya

後援:

 オープンデータ東海 / Code For Tokai

 もあはーと交流会

 LODチャレンジ実行委員会 東海支部


タイムスケジュール

 (調整中)

Civic Hack Night Kanazawa (Code for Kanazawa Civic Hack Night Vol.1)

 https://www.facebook.com/events/351362371740329/








Code for Kanazawa Civic Hack Night Vol.1
"Civic Hack Night Kanazawa"

【イベント概要】
Code for KanazawaのCivic Hack Night(シビックハックナイト)は、毎月第2木曜日に開催される誰でも参加可能な無料イベントで、エンジニアやデザイナーはもちろん、行政職員の方、地域課題に興味がある方、主婦、学生など、広く市民の方が集まって地域課題やシビックテックについての議論やものづくりを行う場です。

基本的に特定のテーマはなく、集まった人たちが自由にそこで議論しあうミートアップの場として考えています。
とにかくここに来れば、シビックテックを知ることができる、地域課題について一緒に考えることができる、Code for Kanazawaやそのメンバーに出会うことができる、というような場を定期的に用意することが一番の目的となっています。

興味がある方なら、どなたでもご参加頂けます。

開催会場は、石川県内各地で行うことを予定しています。「ここで開催してほしい!」などリクエストあれば、イベントページなどにお書き込みください。

【内容】
日時:2015年5月14日(木)19:00〜21:00ごろまで(18:30開場)
場所:ITビジネスプラザ武蔵 5F 第3研修室
定員:25名程度
費用:無料

【申込方法】
facebookイベントに参加申込ください。facebookに参加されてない方々は当日直接ご参加されても結構です。

【注意事項】
商品宣伝やアンケート調査など企業の営業活動に関する活動をイベント中に行うのはご遠慮ください。但し、シビックテックに資する活動という場合は、事前にご連絡ください。

【備考】
※ Code for Kanazawaについて
Code for Kanazawaは、ITとデザインを用いて地域課題を解決しようという非営利コミュニティです。
例えば、Code for Kanazawaが開発した"5374(ゴミナシ).jp"は、いつどんなゴミが自分の住んでいる地域で捨てられるのか分かりづらいという課題を解決しました。現在、5374はオープンソースという無料で誰でも利用できる形式で公開され、各地のコミュニティが自分たちの地域で使えるように改造しています。その結果、全国70都市以上にまで広がりました。

○一般社団法人コード・フォー・カナザワ(Code for Kanazawa)
http://www.codeforkanazawa.org/

○5374(ゴミナシ).jp
http://5374.jp/

※ シビックテックについて
市民参画型でITを用いて地域課題を解決する活動のことを指します。日本でもシビックテック系の多くの団体やコミュニティが生まれ始めています。
会津では消火栓マップをはじめとした様々なアプリを開発し、生駒では地域の育児コミュニティと連携して子育てアプリの開発を始めています。また、札幌でも保育園マップの開発を行いました。
多様な市民が自らが集まって課題に取り組み、ITという道具で地域課題を解決する取り組みは、これからの時代に注目されています。
こうした活動に参加する人は、ITに詳しくなくてもよく、むしろ様々なスキルや役割が必要とされています。

○Code for Aizu
http://aizu.io/

○Code for Ikoma
http://code4ikoma.org/

○Code for Sapporo
http://www.codeforsapporo.org/

外部データ(公共オープンデータ等)収集と分析・活用方法 (4115067)

 https://juasseminar.jp/seminars/view/4115067





外部データ(公共オープンデータ等)収集と分析・活用方法 (4115067)

ビジネスパーソンは、上司や顧客から何らかの課題が提示され、調査・分析し自らの知見を付け加えて報告することを日常的に行っています。また、事業を成功させるために、今までよりも正しい意思決定をすることが求められています。本セミナーでは、下記の業務目的のためのオープンデータの収集と分析・活用方法、オープンデータと社内データを組み合わせた活用方法を紹介いたします。
        ・中期経営計画・予算策定      ・マーケティング
        ・海外事業展開           ・競合分析
        ・出店判断

開催日時

2015年5月12日(火) 10:00-17:00

カテゴリー

IS活用専門スキル

講師

尾田友志 氏
(マネージメントテクノロジーズ,LLC  代表 )
株式会社 日本エル・シー・エー 経営開発部 コンサルタント、青山監査法人/Pricewaterhouse Coopers(現 あらた監査法人)ディレクターを経て、現在、マネジメントテクノロジーズ, LLC 代表。
<専門分野>経営工学(統計・オペレーションズリサーチ)、財務・管理会計

参加費

【早割:2015/3/31まで】
JUAS会員/ITC:29,700円 一般:37,800円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(新堀留ビル2F)

対象

企業においてデータ活用方法を考えている方、その基盤の構築を担当されている方中級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

外部データ(公共オープンデータ等)収集と分析・活用方法

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9239

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

1 業務目的と外部データの情報源
・中期経営計画、予算策定
・マーケティング
・海外事業展開
・競合分析
・出店判断

2 情報収集にあたっての留意点

3 公共オープンデータの収集と活用のノウハウ
・公共データにはどのようなものがあるか。
・どのような公共データがあるかの調べ方
・代表的な公共データと内容
  -統計情報、地理情報、防災関連情報
・各種マーケティングに必要なデータはどこにあるか
  -乗降客数・通行量・入店量
  -人口(男女別・年齢区分別・昼夜別・町別の人口と世帯数)
-各種商品・サービスの市場規模、販売量・販売高
-各種商品・サービスの供給量・生産量
-地域別気象
-マクロ経済データ
-上記についての外国のデータ
・参加者様の業種に必要な公共データ
・公共オープンデータを利用する際の留意点

4 商用外部データ(記事データなど)の収集と活用のノウハウ
・実務に役立つデータベースにどのようなものがあるか
・使い方のプロセス
・新聞・雑誌データベースの活用事例
・分析技法

5 社内データと外部データとの組み合わせ例、活用例
・中期経営計画、予算策定
・競合分析
・商圏分析と出店計画
・販売予測

お申し込み

第2回 オープンデータカフェ@水戸

https://codeforibaraki.doorkeeper.jp/events/23384


第2回 オープンデータカフェ@水戸
2015-05-09(土)13:00 - 15:30
Google カレンダーに追加 #codeforibaraki

締め切り 参加費
2015-05-09 会場払い1,000円
1ドリンクつき
あと10人参加できます。
申し込む
次回イベント情報をメールで受け取る
地図
茨城県 水戸市 文京2-1-1茨城大学図書館1Fサザコーヒー サザコーヒー茨城大学(水戸キャンパス図書館)ライブラリーカフェ
公開された行政データ等を活用し、市民生活を向上させようというオープンデータ。先日、茨城県として初参加したオープンデータに関する世界同時イベント、インターナショナル・オープンデータ・デイ2015 in 茨城も大盛況に終わりました。

今後もオープンデータについて気軽に話が出来る場所があったらという思いから、オープンデータカフェ@水戸を月1回開催することになりました。場所は茨城大学中央図書館1階にあるおしゃれなカフェ、サザコーヒー。土曜日の午後、お茶を楽しみながら気軽にオープンデータについて話しませんか。

テーマ

オープンデータについてなら何でも。
オープンデータに関連する便利なツールについてのレクチャーや最新のオープンデータに関するニュースをお届けします。もちろん、参加する方からの話題持ち込みも大歓迎です。

一回目の様子はこちらです。
http://codeforibaraki.org/?p=268

参加資格

オープンデータについて関心があるなしにかかわらず、どなたでも参加できます。

持ち物

特にありません。

交通アクセス

JR常磐線水戸駅からバス乗車25分
JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます。

主催

コード・フォー・イバラキ(Code for Ibaraki)
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR