企業の即戦力を地域に「研修」として派遣する コーポレート・フェローシップの挑戦

ダイヤモンド・オンラインさんに
自治体のIT活用を支援する人材が足りない!
「企業の即戦力を地域に「研修」として派遣するコーポレート・フェローシップ」の挑戦
の記事が載っていました。
備忘録的まとめ引用と感想を少し記しておきます。

出典
ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/64280?page=2#
2014/12/31(水)確認

*******************************************
備忘録的まとめ引用:
コードフォージャパンでは、高度IT人材を自治体に送り込む仕組みとして、従来から広く人材を公募して各自治体へ派遣する「フェローシップ」の制度を実施してきた。しかしこれは、自治体側の財政負担が大きく、1年間会社を辞めて応募する人材の確保が難しい点などから、利用は限られていた。

コードフォージャパンでは、今年10月、より短期で実現性が高い「コーポレート・フェローシップ」という事業を開始した。これは実施期間を1~3月間として、企業側にとっては「研修」の位置づけて自治体のオープンデータ活用に人を派遣するプログラム。
このコーポレート・フェローシップの第1号の実施案件が、前述の鯖江市で10月中旬~11月中旬に行われた。派遣されたのはSAPジャパンの奥野和弘氏。
このコーポレート・フェローシップのモデルは、SAPジャパンからコードフォージャパンに提案する形で実現した.

コーポレート・フェローシップ
“企業が人を教育目的で貸し出す”というビジネスモデル
企業は研修目的で人材を送り出し、コードフォージャパンはその人材をニーズに応じて自治体などに派遣する

企業のメリット
企業にとっても、まとまった期間の研修を自前で手配するのは費用がかなりかかるため、コードフォージャパンが取り組む地域の課題解決のようなプログラムなら、研修として非常に適している。
新興国のNPOに3月程度出向して、異文化でのプロジェクトを遂行する研修があるが、重要な戦力の若手を長期間研修に出すことは、現場のマネージャーがなかなか許可しないが、国内の地域で、近いことができる。

自治体のメリット
第一線のエンジニアを安価に雇うことができる

それにより、Win-Win-Winの関係ができる


日本のオープンデータではトップランナー的な存在の鯖江市だが、できあがった個別のアプリは優れているものの、やや散発的で「作りました」という段階にとどまるものが多い。さらに市民に活発に利用してもらうには、仕組みを変える必要があった。
そこで奥野氏は、海外事例なども参考にして、現状の鯖江市のオープンデータの一覧とその活用例を棚卸しし、情報をまとめたポータルサイトの構築を提案した。それと同時に、データ公開の手引きについても、誰でも利用ができるように標準化していくことを勧めた。

また、より活発なオープンデータの活用を促すために、市民参加の「アイデアソン」を11月23日に実施した。
アイデアソンには、SAPがグローバルで実施している「デザインシンキング」の手法を取り入れた。参加者の提案に対して、SAPから参加したデザインシンキングの専門家がファシリテーターとして手ほどきしながら進行し、市民のアイデアを形にしていった。

このアイデアソンの結果を鯖江市長に報告し、奥野氏の1ヵ月半のフェローシップは終了した。

奥野氏が派遣されていた間、市民にも新しい刺激が与えられたことは間違いない。今後、コーポレート・フェローシップの活動が定着していけば、市民のアイデアとオープンデータを結びつける仕組みに、企業人による事業化のアドバイスが加えられることになる。それは地方を活性化する起爆剤になるかもしれない。

(取材・文/ダイヤモンド・オンライン編集部 指田昌夫)

*******************************************
感想:
言うまでもなく、オープンガバメントの推進には、行政、市民だけではなく、民、すなわち民間企業の協力も必要になります。しかし、日本におけるこれまでのオープンガバメント活動や議論では、オープンガバメントに参画するのは地域の地元企業で、大手企業は資金をコードフォージャパンのような組織に援助するという枠組みしかなかったように思います。

人材的にも、制度的にも、国主導の金太郎飴的な地域行政政策しかとりようのない地域行政にとって、
「コーポレート・フェローシップ」のような形で、
第1線の優秀な人材が地域行政へ参画し、
地域行政に、海外事例を参考にすることや「デザインシンキング」のような手法や専門家の適用をすることは、
指田氏が指摘しているように
地域の行政、市民、企業の人材へ強烈な刺激を与えることで、短期的には地域の人材育成につながるのではないかと思います。
そして、そのことが将来的な地域行政政策の自立化を果たすのではないでしょうか。

課題は当然ですが、国内の短い期間とはいえ、重要な戦力の若手を長期間研修に出すことを現場サイドは認めたがらないので、“企業が人を教育目的で貸し出す”というビジネスモデルを企業価値として認め、企業全体として共有化していくための文化を確立していく必要があります。そのために、オープンガバメントの議論の中で地域人材育成へオープンガバメントが果たせる役割を意識して活動し、その成果を残していかないといけないのではないかと思いました。

今回の第1号は、SAPさんのようなオープンガバメントの先進地である欧米の外資系企業であることから、行政へ人材を派遣する文化への理解が高いので実現した?のかなと思います。そのため、今後、他の外資系企業さんへの協力や外資系企業さんの派遣実績を積み上げていくことにより、日本の企業においても、地域行政への人材派遣が価値ある企業活動として認められる文化を醸成していくことも、オープンガバメントの大きな目標の1つではないかと考えさせられました。
スポンサーサイト

第4回自治体広報紙オープンデータ推進協議会

明日第4回自治体広報紙オープンデータ推進協議会
第4回の協議会開催します。

【第4回自治体広報紙オープンデータ推進協議会のご案内】
今回テーマは「オープンガバメント、市民参加型行政モデル」です。年末ではありますが、地域・自治体オープンデータを推進する上でとても重要なテーマです。議論納めにぜひご来場ください。
■日時:2014年12月26日(金)10時~12時
■場所:NEC芝倶楽部
    http://jpn.nec.com/ifs/detail/img/20130912_map.pdf
■プレゼンテーション
  Code for Japan (CFJ代表 関さん)
  LocalGoodYokohama (横浜市 関口さん)
  ちばレポ (千葉市 松島さん)
  FixMyStreet (FixMyStreetJapan代表 川人さん)
■その他案内
  JIPDEC、電通&ゼンリンデータコム

Data Visualization Japan meetup#2

 Data Visualization Japan meetup#2

コミュニティData Visualization Japan( https://www.facebook.com/groups/datavizjapan/ )のミートアップを開催します!隣接する多様な職能のコミュニティ参加者による、実務者向け交流イベントです。第二回となる今回は株式会社ソニーさんの新しくできた共創スペースCreative Loungeをお借りして、ミニ・カンファレンス形式でお送りいたします。

■本イベントご参加ご希望の方:
このイベントページの参加ボタンによって申し込みが完了します。
(一般の方向けと、今回/これまで登壇された方向けの二種類チケットがございます)

■懇親会もございます:
本イベント後、同会場内にて懇親会を開きます。費用はチケット代に含まれています。

■ご登壇者の紹介(登壇順)

鈴木 拓生さん(@taquo)

タイトル:アナログとデジタルのヴィジュアライゼーション手法
データの可視化は、これまでも都市計画や建築の設計で使われていました。今回の発表では都市計画や建築で使われていたアナログなヴィジュアライーゼーションの手法がいかに現代のデジタルな手法に引き継がれていったのかをお話します。

櫻田 潤さん(NewsPicks)

タイトル:ビジュアル・コンテンツのデザイン
データや情報をビジュアルで見せる際、どのような点に気を遣っているか。また、意識が必要になってくるモバイルへの対応にあたり、どう取り組んでいったらよいか。オンライン・メディアにおけるビジュアル・コンテンツのあり方をデザインの視点から。

大友 翔一さん(研究者)

タイトル:統計・防災・環境情報が、ひと目で分かる地図の作り方
人間の活動は基本的に地球上で行われている。そのため、地理空間と情報をヒモづけて可視化することで、様々なデータの理解を促進する。また、専用のソフトウェアを用いることで、単なる情報の可視化から、より詳細なデータの表示や分析なども行うことが可能となる。 本発表では、これらに関していくつかの事例を交えて発表したい。

五十嵐 康伸さん(研究者)

タイトル:Graph it forward by using E2D3
「プログラムが全く書けない人でも,D3のグラフをいじれるになったら面白い!」そういう気持ちで始まったグラフ共有コミュニティ E2D3 (Excel to D3)の開発は開始から既に半年以上が経ち,現在ver. 0.3を開発しています.これまでの進捗を時系列的に紹介致しますので,E2D3をより一層発展させるためのアイデアを聴衆の皆様も一緒に考えて頂ければ幸いです.
http://e2d3.org

(15分休憩)

谷口 直嗣さん(フリーランス)

タイトル:バーチャルリアリティを使ったデータビジュアライゼーションの可能性
Oculus Riftから始まったVRの波。今までと違うのは比較的安価な機材で出来る事、圧倒的な没入感。そのVRを使ったデータビジュアライゼーションの可能性についてお話します。

清水 正行さん(研究者)

タイトル:たのしいジオビジュアライゼーション
地理情報を用いたデータ視覚化をGeovisualizationと呼びます。このLTでは、近年話題になったジオビジュアライゼーション作品や世の中に非常に大きな影響を与えた事例などの紹介と、ジオビジュアライゼーションを行う際に気を付けるべきこと、地理情報を視覚化するのに適したライブラリの紹介を行います。

大野 圭一朗さん(カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部/Data Visualization Japan)

タイトル:「数字を見せろ」から「コードを見せろ」へ 〜過程の透明性を確保したデータ可視化を目指す〜

近年、オンラインで利用出来る公的な統計資料や、各種ログから蓄積された生のデータが激増し、それを解析・可視化するニーズが増大しています。これまで一部の自然科学系研究者のみが利用してきたツールが更に幅広い層で利用され始めている今、実際にデータ可視化を行う人々には、ベストプラクティスの蓄積のために分野を超えたノウハウの共有が求められます。この実現には解析と可視化を行う過程をオープンにし、再現性のあるプロセスとして共有することが必要です。これには技術的な困難だけではなく、分野ごとに異なる文化的背景の差異も影響します。

本講演では、可視化の研究者ではない実務家の視点から、このゴールを目指すには何が利用可能で何が欠けているのかを見渡します。ソフトウェアエンジニアから科学者、ジャーナリスト、デザイナまで幅広い方々に向けて、技術的な話題と文化的背景の両面に触れたいと思います。

プロフィール:
カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部にてResearch Associate/Software Engineerとして勤務。オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアCytoscapeのコア開発者。専門はライフサイエンス分野におけるデータの統合と可視化。

スクリプト言語でIoT&オープンデータもくもく会 Vol.2

http://scriptmoku2.doorkeeper.jp/events/18078#

スクリプト言語でIoT&オープンデータもくもく会 Vol.2
2014-12-24(水)18:30 - 21:30
Google カレンダーに追加 #scriptmoku2

締め切り 参加費
2014-12-24 無料
あと6人参加できます。
申し込む
次回イベント情報をメールで受け取る
地図
大阪府大阪市福島区福島6丁目12−13 C7 coworking
JavaScriptを基点としてRuby, Pythonなどスクリプト言語で実用的なWebアプリ作成を学習したいと思っている人々が集まってもくもく&わいわいやる会です。

《もくもく会とは》
やってみたい事があるが日常の中ではなかなか時間を割いて取り組むことができない事はありませんか?もくもく会はそんな事柄を場所と時間を決めて集中して取り組む場です。

スクリプト言語でIoT&オープンデータもくもく会では、スクリプト言語で実用的なWebアプリ作成を考えている以下のような人が集まって、もくもく&わいわい行うことを目的としています。

*なかなか時間が取れずにいる
*取りかかりがわからなくて始めることができない
*つまづいた部分があって進まなくなった
*少し分かったので情報を共有したい
*こんな面白いやり方があるので教えたい
《進行》
18:30-19:30頃まで 最初に自己紹介と合わせて最初に習得したい事柄・テーマを宣言します(ホワイトボードに書き出しておきます=宣言の力w)

19:30頃-20:30頃 作業時間です。キホン黙々と自習ですが、最初に宣言したテーマについて質問したりアドバイスをもらったりしながら進めても構いません。

20:30頃-21:00�頃最後に自分が行ったことの成果を発表します。一言で結構です。しっかりプレゼンしても構いません。次の自分につながるようにもくもくした事で得られた点を把握してください。

《大きいテーマ》

最近IoT(Internet of Things)やオープンデータなどの言葉が飛び交うようになってきました。流行りのコトバだけで話をしても本当のことはわかりません。実際にコードで実装してみてIoTやオープンデータの本質や問題点が見えてくるのではないでしょうか?
JavaScriptを使ってIoTやオープンデータを扱ったソースをかいてみて実感してみたいと思います。とりあえず以下の2名はメンター的に参加します。まだまだ勉強中ですが疑問点があれば一緒に解決したいと思います。

IoT係:吉田
オープンデータ係:中道さん
《とはいえ何でもアリ...》

テーマとしてはIoTやオープンデータではありますが、基礎勉強としてJavaScript, jQueryの勉強、MEANスタックの勉強などに取り組んでも構いません。同時にJavaScriptではないスクリプト言語で同様の実装ができるかなど取り組むのもOKです。気になる方は是非ご参加下さい。

松江まちあるきオープンデータソン

http://www1.city.matsue.shimane.jp/shisei/toukei/toukei_jouhou/od.html#

松江まちあるきオープンデータソン

日  時 : 12月23日(火・祝) 10:00 〜 17:00
集合場所 : 松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)
参 加 費 : 無料
参加方法 : 島根大学Ruby・OSSプロジェクトセンター情報経済研究室
野田 nodat@soc.shimane-u.ac.jp までメールでお申込みください
主  催 : 島根大学Ruby・OSSプロジェクトセンター 情報経済研究室 ・ 松江市
協  力 : アーバンデータチャレンジ2014実行委員会

マッピングアプリを活用して参加者がまち歩きで集めたデータ(今回は主にAEDを予定)をマッピングしていくというプロジェクトです。
併せて誰もが自由に利用でき、地図も作成できるOpenStreetMapを使いまち歩きの結果を地図化します。

スケジュール:
【 9:30 - 10:00】 受付開始
【10:00 - 10:10】 主催者挨拶、注意事項説明
【10:10 - 11:10】 セミナー「オープンデータとOpenStreetMapについて」
【11:10 - 11:40】 セミナー「マッピングアプリの利用方法について」
セミナー講師:一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン 事務局長 東 修作さん

【11:40 - 11:50】 概要説明(各班に分かれて)

(イベント中の昼食費は各自負担)

地 図 班  【12:50 - 14:00】 東さんによる説明@オープンソースラボ
まち歩き班  【11:50 - 14:00】 まちあるき
合   流  【14:00 - 16:00】 データソン(各チームでオープンデータを作成)

【16:00 - 17:00】 発表(各チーム 5分)

詳しくは、こちらから(島根大学のHPへリンクです)


まちあるきの注意事項
※街に出て活動しますので、車道に出たり、他の歩行者の迷惑にならないようにしてください。
※写真を撮影する時は、歩行者や観光客など人がなるべく写らないようにしてください。
※当日作成したデータはすべてオープンデータ(2次利用可能なライセンス)として一般公開します。
※何か問題が発生した時はスタッフへ連絡してください。
【松江市役所の代表連絡先】 庁舎案内 ・電話番号一覧・組織機構図・庁舎位置図
■所在地:690-8540 島根県松江市末次町86
■電話:0852-55-5555(代表)|FAX:0852-55-5530
市政へのご意見は(市民活動推進課)
ホームページの全体構成について(秘書広報課)
各ページの内容について(各課メールアドレス一覧はこちら)
■著作権、リンク等について

EverySense リアルセンサーデータ ワークショップ& ハッカソン

 

続きを読む

Code for Summit NARA 年間成果発表会

https://www.facebook.com/events/1505178029741302/?fref=ts

奈良県内で活動するCode for Xやオープンデータ関連の活動をされている方の年間成果発表会です。
ご飯を食べながら、忘年会も兼ねてゆるく開催できればと思っています。

※LTを募集しますので、LTしたい方がいれば佐藤(CODE for IKOMA)までご連絡ください

■日時:2014年12月22日 19:30〜21:30
■費用:3000円(料理のみ)+お酒はキャッシュオンでお願いします
■場所:choco.cafe(生駒駅 徒歩7分)
http://choco-design.ciao.jp/cafe.html
https://www.facebook.com/chococafenara
◼︎定員:30人

【セッション】
・Code for Summit Naraについて
・CODE for IKOMA活動発表
・CODE for NARA活動発表
・そのほか

主催:NARA Code for Summit(CODE for IKOMA、CODE for NARA)

International Open Data Day 2015 in 関西 プレプレイベント & 2014忘年会

http://peatix.com/event/64186/


2015年のオープンデータの祭典「International Open Data Day 2015」は
2015年2月21日(土)に開催されます。
http://i.impressrd.jp/e/2014/11/15/1265

2015年は関西各地での開催が目白押しとなるでしょう!

2015年2月21日(土)当日は、各地で開催されることとなり、関西各地のオープンデータ関係者は一堂にお会いできませんが、
2015年1月くらいに関西各地の「International Open Data Day 2015」企画者を中心にした「International Open Data Day 2015 in関西プレイベント」を行いたいですね!

ということで、
2014年の関西各地でのオープンデータ活動報告と
2015年1月の「International Open Data Day 2015 in関西プレイベント」の企画会議と
来年の関西各地のオープンデータのさらなる盛り上がりを祈念として
「International Open Data Day 2015 in 関西 プレプレイベント & 2014忘年会」を行いたいと思います。

**************************************************
International Open Data Day 2015 in 関西 プレプレイベント
日時:2014年12月22日(月)17時-19時
会場:Osaka Innovation Hub (大阪イノベーションハブ)
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階
http://www.innovation-osaka.jp/ja/access

定員:50名程度 
参加費:無料
主催:大阪イノベーションハブ, ODI Osaka、関西オープンデータで盛り上がってる有志の会

**************************************************
【プログラム】
17:00~17:10 開会あいさつ・趣旨説明

17:10~18:40  ライトニングトーク 2014年関西各地でのオープンデータの取り組み報告と来年の抱負
※(ライトニングトーク 登壇者 募集中!! ライトニングトークされたい方はujigisまでご連絡ください!)

18:40~18:50 関西オープンデータ盛り上げに向けて万歳三唱??

**************************************************
終了後、

希望者による
2014関西オープンデータ忘年会を開催します。
場所:未定
予算 4,000 円程度
開始 19:30~

**************************************************

International Open Data Day 2015 in 関西 プレプレイベント & 2014忘年会

http://peatix.com/event/64186/

International Open Data Day 2015
企画者 大阪で集まりましょう!


2015年のオープンデータの祭典「International Open Data Day 2015」は
2015年2月21日(土)に開催されます。
http://i.impressrd.jp/e/2014/11/15/1265

2015年は関西各地での開催が目白押しとなるでしょう!

2015年2月21日(土)当日は、各地で開催されることとなり、関西各地のオープンデータ関係者は一堂にお会いできませんが、
2015年1月くらいに関西各地の「International Open Data Day 2015」企画者を中心にした「International Open Data Day 2015 in関西プレイベント」を行いたいですね!

ということで、
2014年の関西各地でのオープンデータ活動報告と
2015年1月の「International Open Data Day 2015 in関西プレイベント」の企画会議を目的として
「International Open Data Day 2015 in 関西 プレプレイベント & 2014忘年会」を行いたいと思います。

**************************************************
International Open Data Day 2015 in 関西 プレプレイベント
日時:2014年12月22日(月)17時-19時
会場:Osaka Innovation Hub (大阪イノベーションハブ)
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階
http://www.innovation-osaka.jp/ja/access

定員:50名程度 
参加費:無料
主催:大阪イノベーションハブ, ODI Osaka、関西オープンデータで盛り上がってる有志の会

**************************************************
【プログラム】
17:00~17:10 開会あいさつ・趣旨説明

17:10~18:40  ライトニングトーク 2014年関西各地でのオープンデータの取り組み報告と来年の抱負
(ライトニングトーク 登壇者 募集中)

18:40~18:50 関西オープンデータ盛り上げに向けて万歳三唱??

**************************************************
終了後、

希望者による
2014関西オープンデータ忘年会を開催します。
場所:未定
予算 4,000 円程度
開始 19:30~

**************************************************

地域課題を解決する地理空間オープンデータを用いたハッカソン

 http://gfuturedesign.doorkeeper.jp/events/17496

域課題を解決する地理空間オープンデータを用いたハッカソン

(参加者多数の場合、抽選とさせていただきます。本登録では参加は確定されません)

日程:2014年12月20日(土)・21日(日)(2日連続)9:00-19:00
場所:カタリストBA(東急大井町線・田園都市線二子玉川駅下車 東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス棟8階)
http://catalyst-ba.com/access.html
参加費無料
定員60名

2014年10月27日(月)に川崎市・宮前区役所で開催した「地域課題を解決する地理空間オープンデータを用いたアイデアソン」で参加者の皆さんが考えたアイデアをもとに、地域課題を解決するアプリケーション・サービス等の開発を目的として、ハッカソンを開催します。
なるべく2日間連続で参加できる方を優先とさせていただきます。
なお、イベントは抽選制をとっているため、本登録では参加は確定されませんので、あらかじめご了承ください。

募集内容:
市民枠=40名(宮前区で開催したアイデアソンに参加された方を中心とさせていただきます)
技術者枠=20名(アプリケーションの開発に携わっていただける方)
(スキルやご経験につき当てはまるものすべてにチェックしてください)
・プログラムができる
・ハッカソン参加経験がある
・ハッカソン受賞経験がある
・社会課題を解決するアイデアソン、ハッカソンへの参加経験がある

アイデアソンとは、アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を合わせた造語で、特定のテーマについてチームごとにアイデアを出し合う参加型のイベントです。
ハッカソンはハック(Hack)とマラソンを合わせた造語で、IT技術者が特定のテーマに沿ってアプリケーションやサービスを開発するイベントです。
マーケソンはマーケティングとマラソンを合わせた、本プロジェクトオリジナルの造語です。
ハッカソンで生み出されたアプリケーションの実用化に向けたマーケティングや普及方策の検討等を行います。マーケソンは来年2月に予定しております。

開発環境は株式会社IDCフロンティア様(ヤフー株式会社のグループ企業)より提供いただく予定です。

主催:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科
共催:株式会社フューチャーセッションズ、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
本プロジェクトは、国土交通省「平成26 年度地理空間情報に関するアプリケーション・サービス普及促進業務」の一環で行っています。
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR