『社外×社内データの分析で変わる! ビジネスの「意思決定」』

http://news.mynavi.jp/ad/2014/enterprise/wingarc_bi/#

東京プログラム

14:00~14:05

ご挨拶

ウイングアーク1st株式会社 代表取締役社長CEO 内野 弘幸 氏
14:05~14:55

【基調講演】オープンデータは企業に何をもたらすのか
~企業を取り巻くデータ活用環境の変化と、データエクスチェンジによる可能性~

本セッションでは、ソーシャルメディア、オープンデータに関する研究に従事するとともに、政府および民間の取り組み双方に有識者として最前線で関与されている、国立情報学研究所准教授大向一輝氏をゲストにお迎えします。
政府、民間団体の取り組みによりもたらされる“データを巡る新しい状況”をご紹介するとともに、“データエクスチェンジにより生み出される価値・可能性”をお伝えいたします。

国立情報学研究所 大向 一輝 氏
国立情報学研究所准教授 大向一輝 氏
国立情報学研究所准教授 大向一輝 氏基調講演 講師プロフィール

国立情報学研究所准教授 大向一輝 氏
2009年11月より国立情報学研究所准教授。セマンティックウェブやソーシャルメディア、オープンデータに関する研究に従事するとともに、国立情報学研究所の学術情報ナビゲータ「CiNii(サイニィ)」を担当する。株式会社グルコース取締役でもある。
14:55~15:40

社外データ×社内データで新たな発見 意思決定の幅を広げる情活®環境の作り方

入手可能な情報が拡大する中、企業のデータ分析のあり方も変える必要がある。競争激化とビジネススピードの高速化が進む中、他社に先行して新たな気づきを得るためのこれからのデータ分析環境とその環境の作り方について解説します。

ウイングアーク1st株式会社 営業本部 ソリューションビジネス推進部 部長 中土井 利行 氏
15:40~15:50

休憩


15:50~16:40

【対談】過渡期を迎えるデータ市場 企業が今目を向けるべき外部データとその活用シナリオとは

政府主導の産業や企業を超えたデータを活用した仕組みづくりとその促進、地方自治体によるオープンデータ利活用強化、民間レベルでの先進的なデータ活用の取り組みなどデータ市場は過渡期を迎えつつあります。社内データの利活用を超え、社外に存在する有益なデータに目を向け活用することで、時代の変化に対応したスピーディーな経営判断、担当レベルでの業務判断が可能となります。
今回の特別講演ではGISマーケティング分野で35年の経験を持つ株式会社JPS様をゲストにお迎えし、これらデータの市場動向や整備状況、また、その有効活用法など企業が持つべき視点を解説するとともに、いくつかの成功事例をウイングアーク1st株式会社代表内野氏とともにご紹介して参ります。

株式会社JPS 代表取締役 平下 治 氏
ウイングアーク1st株式会社 代表取締役社長CEO 内野 弘幸 氏
株式会社JPS 代表取締役 平下 治 氏
株式会社JPS 代表取締役 平下 治 氏特別講演 対談者プロフィール

株式会社JPS 代表取締役 平下 治 氏
35年に渡り一貫してビジネス分野でのGISの運用コンサルタント業務に従事。GIS関連政府委員、各種団体常任講師、GIS学会理事等を歴任現在に至る。GIS学会公認「GIS上級技術者」。GIS関連著書、専門誌への投稿も多数。全国各地で講演活動をはじめ北京、大連、米国、香港、セルビアモンテネグロなど海外での講演も多数。
スポンサーサイト

「地域情報化人材育成セミナー in 秋田」

http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h260625a1001.html#

平成26年6月25日

東北総合通信局

「地域情報化人材育成セミナー in 秋田」を開催

- 番号制度導入とオープンデータ活用事例 -
 東北総合通信局(局長:奥英之)は、東北情報通信懇談会との共催、秋田県の後援により、7月30日(水)、秋田県秋田市において、地方公共団体や民間企業等の地域情報化をご担当されている方を対象として「地域情報化人材育成セミナー in 秋田」を開催します。

 本セミナーは、地域情報化を進める上での共通の疑問や課題を解決することを目的に毎年開催しているもので、本年は「番号制度導入」及び「オープンデータ活用事例」をテーマに開催します。
1.開催日時
平成26年7月30日(水) 13時30分から16時00分まで
2.開催場所
秋田地方総合庁舎 6階 605会議室
(秋田県秋田市山王4丁目1-2)
3.プログラム
(1)「地方公共団体における番号制度への対応準備について」
    講師:地域情報化アドバイザー
       株式会社HARP 常務取締役 白井 芳明 氏
(2)「横手市におけるオープンデータの取組」
    講師:横手市情報政策課情報政策係長 村上 敏幸 氏
4.定員・参加費
80名・無料
5.申込方法
 セミナーに参加を希望される場合は、Eメールにてお申し込み願います。
Eメールには、件名を「地域情報化人材育成セミナーin秋田参加希望」とし、 本文に団体名、所属部署名、参加者氏名、電話番号、Eメールアドレスを記 入し、「sinkokikaku-toh_@_soumu.go.jp」宛て送信してください。

※迷惑メール対策をしております。送信の際は上記アドレスの_@_を@に置き換えて送信してください。
※お申込みに際し収集した個人情報については、本セミナーの参加者の集約及びご連絡を差し上げるためのみに利用し、他の目的で使用することはありません。

6.申込期限
平成26年7月25日(金)
(※定員になり次第、締め切らせていただきます。)

連絡先

  東北総合通信局
  情報通信部情報通信振興課
  TEL 022-221-0708

第3回REC BIZ-NET研究会 「ビッグデータ、オープンデータを企業経営に活かすには」

http://www.ryukoku.ac.jp/event/detail.php?id=1682#

第3回REC BIZ-NET研究会 「ビッグデータ、オープンデータを企業経営に活かすには」

開催日時
2014年7月29日 13:30 〜 2014年7月29日 16:00
開催場所
瀬田キャンパス REC小ホールMAP
お問い合わせ
龍谷エクステンションセンター(REC)
 最近、「ビッグデータ、オープンデータを使った企業経営」という言葉を耳にするようになりましたが、その内容について詳しくご存じない方も多いのではないでしょうか。YouTube,Facebook, Twitterなどインターネットを通じたクラウドコンピューティングの普及により、膨大なデータが蓄積されるようになり、これらのデータを収集・分析することで、経営に役立つ新たな知見を導き出している企業も多くあります。また、国や自治体などが保有する公開データを利用し、新たな価値を創造する取り組みも進められています。
 ビッグデータ、オープンデータを企業や自治体がどのように利活用し、競争力の向上に結び付けているのか、この分野の第一線で活躍される方々と共に考える機会として、このたび、本研究会を開催いたします。企業経営のみならず、自治体運営にも役立つ内容ですので、奮ってご参加ください。

【日時】2014年7月29日(火) 13:30~(受付開始 13:00)
【参加費】無料
※BIZ-NET会員以外の方の情報交換・懇親会(名刺交換会)参加は3,000円
【講演】
1 「ビッグデータで社会価値創造を ~最先端の分析技術によるイノベーションの創出~」(13:35~14:20)
 日本電気株式会社 関西支社 事業推進部 エキスパート 根角 康隆 氏

2 「企業がつながるオープンデータ
    ~データシティ鯖江、官民一体、メガネのまちの挑戦~」(14:25~15:10 )
 株式会社jig.jp 代表取締役社長 福野 泰介 氏

3 「ソーシャルネットワークマイニングの研究」(15:15~16:00)
 理工学部 電子情報学科 教授 木村 昌弘

<懇親・交流会>
■ 情報交換・懇親会(名刺交換会) (16:00~17:00 (予定))
★お車でお越しの方は飲酒を御遠慮くださいますようお願いいたします。

主催 : 龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)

開発者と行政をつなぐ「Code forJapan」の説明と『Code for KINKI』立上げに関して・活動報告

https://www.ospn.jp/osc2014-kyoto/modules/eguide/event.php?eid=66

講師:大田垣 恭子・藏野 文子・青木 和人・佐藤 拓也(Code for KINKI 世話人一同)
担当:Code for KINKI
レベル:入門編
対象者:地域の課題解決に興味のある方・アプリ開発者・行政担当者
前提知識:Code for Japan/X の活動に興味がある方・近畿圏内でCode for X の活動をされている人/希望する人等

開発者と政府・自治体をつなぎ、コードで行政を改善するプロジェクト「Code for America」の日本版として、
2013年11月「Code for Japan」が発足。その趣旨に賛同して近畿圏で活躍している各地のメンバーが、各エリア
をまたいだ連携体勢を作ることを目的に、『Code for KINKI』を立ち上げます。市民のみんなで地域課題を解決しよう!
という「Code for X」の活動に興味がある方は、是非ご参加下さい。

【カテゴリ】公共・自治体/オープンデータ/Web アプリ

Code for SAITAMA ハッカソン

http://atnd.org/events/52446#

日時 :2014/07/26 10:00 to 2014/07/27 17:00
定員 :50 人
会場 :富士通会議室 (さいたま市大宮区錦町682-2 大宮情報文化センター14F)
URL :-
管理者 :ふるた@さいたまっぱー ふるた@さいたまっぱー
ハッシュタグ : -
☞ Google Mapsで表示
Code for SAITAMA ハッカソン
イベント目的

今年も10/25(土)、さいたま新都心にてクリテリウムが行われます。来場者は20万人と主催者からは公表されており、スポーツの振興及びスポーツによる地域経済の活性化を図るまちづくりのためのイベントとなっています。
これだけの観光客が新都心から他地域に呼び寄せることができるような情報発信ができれば、クリテリウムに限らず他のイベントや周辺地域の定常的な活性化につながるものと思われますが、昨年度のクリテリウム開催時の報告によれば、新都心から大宮周辺でさえ観光客の移動は少なかったようです。
今回のハッカソンでは、どのように地図やICTを活用してなにをしたらいいかアイデアを出していただきます。

以下のようなテーマを想定しています。

新都心への観光客を他地域に呼び寄せるためには、どんな情報(観光ガイドなど)が必要か?
海外からの観光客にどのようにして地元の情報を知ってもらうか?
今回のアイデアでできたアプリをどのように平時に利用するか?
イベント詳細について

このハッカソンでは、新都心周辺のオープンストリートマップ、観光データ、飲食店データ、氷川参道観光マップ、、、など様々なデータが提供されます。

こうしたデータを元に、このハッカソンでさまざまなweb、モバイル・アプリをつくり、クリテリウムに参加した観光客にさいたま市に興味を持ってもらうとともに、まちの活性化につながるような動きになることを目指します。

また、ここで開発されたアプリは、10月25日に開催されるクリテリウムやお宮などで開催されるイベントで用いられることも想定しています。

ハッカソンとは

ハッカソンとは様々なスキルを持った参加者が集中的に協働してソフトウェアなどを開発するイベントの総称です。
参加者のみなさんはチームに別れて、ウェブアプリケーション/ウェブサービス開発、スマホ向けアプリ開発、データのビジュアライズなどを協働して行っていただきます。

本ハッカソンでは2日間を通して行います。

プログラムの開発者だけでなく、1日目となる7月26日にはクリテリウムやオープンデータの紹介も行いますので、「オープンデータのことをもっと知りたい」という方も歓迎です。

ハッカソンからの参加の方、全部の時間に参加できなくても、一部だけ参加する方でもかまいません。また、さいたま市民でなくても歓迎です!

提供されるデータ

データとしては以下のような内容のファイルが用意される予定です。これらのデータは、近い将来オープンデータ化が期待されるものですが、現時点では、今回のハッカソンに限定されて2次使用が可能です。

新都心周辺のオープンストリートマップ
クリテリウムコース案
さいたま観光国際協会 観光情報
Yahoo! map プレース情報(予定)
アイデアソンででたアイデア

アイデアシート

コンセプトシート

※コンセプトシートのアイデアを元に開発を行います。

日時

7月26日(土) 10:00-17:00
7月27日(日) 10:00-17:00

会場

さいたま市大宮区錦町682-2 大宮情報文化センター14F
富士通会議室

問合わせ

Code for Saitama
(事務局:立正大学地球環境科学部環境システム学科後藤研究室 
Tel&Fax:048-5391653  E-mail: got★ris.ac.jp (★を@に替えて下さい))
当日の連絡先:合同会社マップクエストソリューションズ 03-5843-5923

プログラム

7/26(土)

10:00-10:10 開会、主旨説明
10:10-11:00 クリテリウムの紹介、データの紹介
11:00-11:30 アイディアまとめワーク
11:30-12:00 アイディア発表
12:00-12:10 グループ分け
12:10-12:20 グループ内自己紹介
12:20-13:30 グループ毎に昼食 ケータリング?
13:30-16:00グループ作業 以降フリータイム
16:00-16:50 中間報告
16:50-17:00 まとめ

17:00 以降はコワーキングスペース office7Fにて残作業を行っても構いません。
(23:00まで)

7/27(日)(前日からのグループ毎に作業継続)

10:00-11:30 グループ作業
27日からの参加者をグループ分け(既存グループへ加入or新グループ設立)
11:30-12:00 中間報告
12:00-13:00 昼食
13:00-15:30 グループ作業(各自適当に休憩)
15:30-16:30 最終発表+質疑応答
16:30-17:00 優勝作品決定、表彰、副賞授与
17:30- 懇親会(別会場にて参加費有)

 データ公開時代、今こそ知りたい「オープンデータ化の価値とは」(神戸)

http://opendatalab.doorkeeper.jp/events/13107#

Fri, 25 Jul 2014 18:30 - 20:00

http://web.hyogo-iic.ne.jp/gaiyo/access ひょうご産業活性化センター7階ホール
Event Description
国や地方自治体による、行政保有データのオープンデータ化が各地で進み始めてきました。
突然はじまったようなこの、情報公開ですが、いったいどのような価値が、そして今後どのような利活用が産まれるのでしょう?

今回は、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター主幹研究員の渡辺智暁さんを講師にお呼して、オープンデータ化によって社会や経済にもたらされる価値を教えて頂きます。

オープンデータで始まる新しい町づくり、   データシティ鯖江の未来

https://www.facebook.com/events/756456327710257/


7月24日 - 7月25日
7月24日 13:30 ~ 7月25日 15:00
地図を表示
福井県生活学習館 ユーアイ福井
〒918-8135 福井県福井市下六条町14-1
福井ライフ・アカデミーふるさと学習講座
「ふるさとの戦略 ~福井の未来を考える~」第2回
http://www.manabi.pref.fukui.jp/db/view.php?seq=20140628cd7dF81403934863f7

会場: 福井県生活学習館(ユー・アイ ふくい)

【主催】
  福井ライフ・アカデミー本部

【第2回】
 7月24日(木) 13:30~15:00
  オープンデータで始まる新しい町づくり、
  データシティ鯖江の未来
  講師 アプリ開発会社 jig.jp 社長
               福野 泰介

【受講料】 無料
【対 象】 一般県民
【定 員】 80名

【申込について】
1電話、FAX、Eメールで下記にお申込みください。
福井県生活学習館(ユー・アイ ふくい)
福井ライフ・アカデミー本部
電話 0776-41-4206  
FAX 0776-41-4201  
E-Mail  f-manabi@pref.fukui.lg.jp

2電子申請 http://www.manabi.pref.fukui.jp/(ユー・アイふくいネット)

【申込期間】
講座当日まで
※電子申請については、講座3日前の17:15まで
https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/PkgNaviDetail.do;jsessionid=5fd10b66e4ebd968a68644f38d1751a70fec318f7c1e714ef3b93ad131c6155e.e38Nbh4Rc30Tc40Lbh0RaxmSax8Te0?lcd=180009&pkgSeq=201341

オープンデータ推進勉強会 in 豊橋

http://atnd.org/events/53552#

日時 :2014/07/23 19:00 to 21:00
定員 :50 人
会場 :トライアルビレッジ会議室 (愛知県豊橋市広小路1丁目18 ユメックスビル8F)
URL :http://uzura.org/
管理者 :うずらインキュベータ うずらインキュベータ
ハッシュタグ : -
☞ Google Mapsで表示
オープンデータ推進勉強会 in 豊橋
うずらインキュベータは、豊橋と東三河周辺のプログラマー、エンジニアの為の勉強会です。
お仕事エンジニア、趣味プログラマー、学生さんなど、どなたでも参加大歓迎です。
今回はオープンデータを主軸に、現在どんな取り組みがあるのか、その実例を取り上げます。

概要

時間 発表者 タイトル
19:00 – 19:10 主催者 開始の挨拶、導入
19:10 – 19:45 静岡県 企画広報部
情報統計局情報政策課 杉本直也様 第一部
静岡県は何でオープンデータに積極的なの?
19:45 – 19:50 — 休憩
19:50 – 20:25 名古屋工業大学
OpenStreetMap Foundation Japan
理事 早川知道様 第ニ部
東海地区でのオープンストリートマップによる地域活性活動
20:25 – 20:35 豊橋市 政策企画課 戸崎真孝様
静岡県 企画広報部
情報統計局情報政策課 杉本直也様
名古屋工業大学
OpenStreetMap Foundation Japan
理事 早川知道様 第三部
豊橋市の取り組みについてパネルディスカッション
20:35 – 20:55 主催者 締めの挨拶
第一部(杉本様)

静岡県は何でオープンデータに積極的なの?
第二部(早川様)

東海地区でのオープンストリートマップによる地域活性活動
第三部(戸崎様)

豊橋市の取り組みについてパネルディスカッション

参加費

無料
諸注意

ネームホルダーを準備致しますので、名刺または氏名を記入した紙をお持ち下さい
会場にインターネット接続環境はありませんので、必要な方は各自ご用意ください
会場に駐車場はございませんので、お車でお越しの場合は近隣の有料駐車場をご利用下さい
アンケート

勉強会終了後, 以下アンケートにご協力をお願い致します

https://mq.typeform.com/to/RMmuP4

しずおかオープンデータ推進協議会 設立記念行事

http://opendata.shizuoka.jp/loanchcrmny/#

設立記念行事開催の御案内
しずおかオープンデータ推進協議会 設立準備会では、設立総会(平成26年7月19日開催)議事により「しずおかオープンデータ推進協議会」の発足を予定しております。

この設立を記念し、オープンデータ推進に関する知識の共有、意見交換のための、設立記念式典、設立記念講演、ワークショップを開催します。

1 開催概要

開催日時  :平成26年7月19日(土) 14:00~17:30
開催場所  :静岡県立大学 小講堂(静岡県静岡市駿河区谷田52-1)
主催    :しずおかオープンデータ推進協議会
定員    : 200名
参加費用  : 無料
プログラム :

14:00 開場

14:30 設立記念式典

会長挨拶:しずおかオープンデータ推進協議会会長 鈴木直義
祝辞  :総務副大臣 上川 陽子 様
挨拶  :静岡県企画広報部部長 白井 滿
15:00 設立記念講演

タイトル:「オープンデータで変える地域社会と静岡への期待」
講師  :川島 宏一 氏

16:00  ワークショップ

“アーバンデータチャレンジ2014”連携プログラム

17:30  閉会

2 設立記念式典、設立記念講演、ワークショップへの参加申込について

設立記念式典、設立記念講演、ワークショップ(以下、設立記念行事)への参加をご希望の場合は、下記のフォームまたはEmailにて、参加登録をお願いします。



Emailでの申込の際には、以下の情報をメール等の本文に記載の上、送信して下さい。
参加者氏名(漢字):
参加者氏名(全角カタカナ):
組織:
部署・役職:
電話番号[半角]:
メールアドレス[半角]:
Eメールのタイトルを「設立記念行事/参加希望」としてください。
ワークショップは、アーバンデータチャレンジ2014静岡会場として開催します。ワークショップで提案されたアイデアは、理化学研究所 LinkData.org への登録公開となり、「文章は(著作権は原著作者が保持したまま)CC-BYでライセンスされます。アイデア自体は(特許出願など無い限り)公開した場合の法的保護は無い(ライセンスも不要)」とさせて頂きます旨、予めご了承下さい。
3 その他

設立記念行事の開催に関しての問い合わせは、以下連絡先にて受け付けております。

連絡先:

しずおかオープンデータ推進協議会 設立準備会 事務局
担当:大石康晴
E-mail:inf/atmark/opendata.shizuoka.jp
(注)スパムメール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。

オープンデータは世界的なムーブメント、第一人者が語る最前線

川島宏一氏の
オープンデータ価値を創出する8つのカタチ
をまとめておきます。

1 わかりやすい可視化型 「税金はどこへ行った?」
2 対話型 国民参加の要素を加味した英国の100以上の自治体が参加する「You Choose」
3 リアルタイム型 英国・ロンドン地下鉄の運行状況をリアルタイムに地図上で表示するサービス
4 悉皆(しっかい)型 全国6000以上の図書館の蔵書や利用頻度を比較できる「カーリル」
5 ハイブリッド型 新サービスを創出して経済を活性化させるという事例。The Climate Corporationが代表的な事例
6 地域パッケージ型 一定の地域に関わる様々な情報を組み合わせることで、国民への情報提供コストを削減しようというもの
7 仲介型 あらゆる交通機関のリアルタイムのデータを第三者機関が一元化し、民間企業を通じてユーザーに提供するというもの。乗り換え案内サービスがこれに近い形
8 コンシェルジュ型 横浜市金沢区の提供する「かなざわ育なび.net」パーソナライズ機能を提供





以下引用:
Lead Initiative 2014 レポート:
オープンデータは世界的なムーブメント、第一人者が語る最前線
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1407/18/news007.html#

政府や自治体などの公共データを利活用することで新たな社会価値を創造しようという「オープンデータ」。IIJが開催した「Lead Initiative 2014」ではこの分野の第一人者として知られる公共イノベーション代表取締役の川島宏一氏が、オープンデータの最新動向を紹介した。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR