WebRTCを使って復興支援アプリを作ろう〜WebRTC アイデアソン〜

http://codefornamie.org/post/85681810970/code

【参加者募集】浪江町の避難住民のためのタブレット活用アイデアソン、ハッカソンを開催します! #codefornamie
アイデアソンとは「アイデア」+「マラソン」の造語。IT技術者だけでなく多様な人々が集い、テーマに沿ってチームでアイデアを出し合い、まとめあげていくワークショップ。今回のアイデアソン・ハッカソンでは、浪江町民、浪江町役場の職員も参加。エンジニアやデザイナーなどIT関係者はもちろん、NPOなど社会課題解決に携わる方など、多様な参加者を募集します!

5/24の福島を皮切りに、6/20の東京まで全6回アイデアソンを開催。そこで生まれたアイデアを元に、エンジニアがプロトタイプを開発する2DAYSイベント「ハッカソン」を6/21〜22に福島、6/28〜29に東京で開催します。
なんと!交通費と謝金が出ます!是非、福島にもご参加ください。

また、NTT コミュニケーションズさんが主催で、WebRTC をテーマに使ったアイデアソン/ハッカソンも合わせて開催していただくことになりました。そちらも是非参加をご検討ください。


 
▽開催スケジュール

アイデアソン in 福島

第1回 5月24日(土)14:00-17:00 (二本松市民交流センター)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11108

第2回 6月14日(土)14:00-17:00 (いわき市生涯学習プラザ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11109
アイデアソン in 東京
第1回 5月29日(木)19:00-22:00 (コクヨ・エコライブオフィス品川)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11110

第2回 6月8日(日) 14:00-17:00 (調整中)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11111

第3回 6月10日(火)19:00-22:00 (KDDIウェブコミュニケーションズ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11112

第4回 6月20日(金)19:00-22:00 (コクヨ・エコライブオフィス品川)
申し込み>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11113
ハッカソン in 東京&福島
6月21日(土)〜22日(日)@福島 (二本松市民交流センター)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11492

6月28日(土)〜29日(日)@東京 (サムライスタートアップアイランド)申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11114

※開催日の約4日前までの受付。
※※ハッカソンは、原則としてアイデアソン参加者対象。


WebRTCを使って復興支援アプリを作ろう〜WebRTC アイデアソン〜
5月31日(土)@東京
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11305

WebRTCを使って復興支援アプリを作ろう〜WebRTC ハッカソン〜
6月7日(土)@東京 (リクルートメディアテクノロジーラボ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11422
▽参考:【浪江町フェローシップについて】2014年4月4日プレスリリース
コード・フォー・ジャパン初、自治体への民間技術者派遣プログラムをスタート

▽参考:【浪江町役場プレスリリース】2014年5月12日プレスリリース
浪江町とコード・フォー・ジャパン、タブレット配布で町民やIT技術者と協働イベント

▽問い合わせ
一般社団法人コード・フォー・ジャパン(関)info@code4japan.org

<ライター:おおのさとみ>
スポンサーサイト

オープンデータ利活用の現状とビジネスの可能性

http://www.takaranoyama.net/tsuna-data/

オープンデータ利活用の現状とビジネスの可能性

平成26年度徳島県オープンデータ・ビッグデータ利活用促進事業「つなげるでぇ〜た・とくしま」 Vol.1

講演概要 / 講師紹介
最近、耳にする「オープンデータ」
どんな意味があるの?
自治体はどのようにかかわっているの?

私たちの疑問をオープンデータ最先端の町 福井県鯖江市で活動する福野 泰介(ふくの たいすけ)氏の利活用事例を聞きながら考えるセミナーです。

福野氏の講演の後には地元徳島でアプリ開発を通してオープンデータ利活用を行っている坂東勇気(ばんどう ゆうき)氏をお迎えし、パネルディスカッションを予定しております。
モノ創りエンジニアの立場からの話が聞ける貴重な時間を楽しみにお越しください。

●開催日時
2014年5月29日(木) 19:00 − 20:30

●対象
自治体関係者、エンジニア、オープンデータ利活用に興味をお持ちの方

●定員
30名 ※満席になり次第に締め切らせていただきます。

●参加費
無料

●場所
とくぎん トモニ プラザ(徳島県青少年センター)
(徳島県徳島市徳島町城内2−1)

●内容
19:00-19:10 オープニング
19:10-19:50 株式会社jig.jp代表取締役社長 福野泰介氏講演 
20:00-20:30 パネルディスカッション
      「地域でのガジェット・物理デバイスの利活用の可能性」
 登壇者
  株式会社jig.jp代表取締役社長 福野泰介氏
  株式会社GTラボ代表取締役社長 坂東勇気氏
 モデレータ
  株式会社たからのやま副社長 本田正浩

●登壇者紹介
福野 泰介氏
国立福井工業高等専門学校電子情報工学科卒業。
2000年に有限会社シャフトを設立しCTOに就任。
2001年に有限会社ユーエヌアイ研究所を設立、代表取締役社長に就任。
2003年5月に株式会社jig.jpを設立し代表取締役社長に就任(現任)。

現在も福井県鯖江市に在住し、鯖江市の発展に貢献するため、地域プログラミング講座開設、地元企業化の交流を目的とした合同会社(LLC)「鯖乃家」のアドバイザーを務める。
地元高専生を積極的にバックアップするなど若者の育成にも貢献。

坂東 勇気氏
国立阿南工業高等専門学校制御情報工学科卒業。
すぐに上京しITエンジニアとして地図やソーシャルゲームなどその時期の先端サービスの会社を渡り歩く。
2010年に子育てのため徳島にUターンし株式会社テクノモバイルに入社。
2013年社内ベンチャーとして株式会社GTラボを設立、代表取締役に就任(現任)。
自身を含めITエンジニアが定年まで働ける環境を徳島に作るのが夢。
登録後の自動配信メールはございません。数日以内に事務局よりご連絡いたします。

●主催
株式会社たからのやま
http://www.takaranoyama.net
徳島県海部郡美波町奥河内寺前228番地

[個人情報取り扱い]
本サイトへご登録いただいた内容は、(株)たからのやまが、本イベントの参加・今後の同プロジェクトのご案内用に使用させていただきます。

つながるでぇ〜た・とくしま 事務局
info@takaranoyama.net

Code for Namie - アイデアソン in 東京 第1回 5月29日(木)

http://codefornamie.org/post/85681810970/code

【参加者募集】浪江町の避難住民のためのタブレット活用アイデアソン、ハッカソンを開催します! #codefornamie
アイデアソンとは「アイデア」+「マラソン」の造語。IT技術者だけでなく多様な人々が集い、テーマに沿ってチームでアイデアを出し合い、まとめあげていくワークショップ。今回のアイデアソン・ハッカソンでは、浪江町民、浪江町役場の職員も参加。エンジニアやデザイナーなどIT関係者はもちろん、NPOなど社会課題解決に携わる方など、多様な参加者を募集します!

5/24の福島を皮切りに、6/20の東京まで全6回アイデアソンを開催。そこで生まれたアイデアを元に、エンジニアがプロトタイプを開発する2DAYSイベント「ハッカソン」を6/21〜22に福島、6/28〜29に東京で開催します。
なんと!交通費と謝金が出ます!是非、福島にもご参加ください。

また、NTT コミュニケーションズさんが主催で、WebRTC をテーマに使ったアイデアソン/ハッカソンも合わせて開催していただくことになりました。そちらも是非参加をご検討ください。


 
▽開催スケジュール

アイデアソン in 福島

第1回 5月24日(土)14:00-17:00 (二本松市民交流センター)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11108

第2回 6月14日(土)14:00-17:00 (いわき市生涯学習プラザ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11109
アイデアソン in 東京
第1回 5月29日(木)19:00-22:00 (コクヨ・エコライブオフィス品川)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11110

第2回 6月8日(日) 14:00-17:00 (調整中)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11111

第3回 6月10日(火)19:00-22:00 (KDDIウェブコミュニケーションズ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11112

第4回 6月20日(金)19:00-22:00 (コクヨ・エコライブオフィス品川)
申し込み>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11113
ハッカソン in 東京&福島
6月21日(土)〜22日(日)@福島 (二本松市民交流センター)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11492

6月28日(土)〜29日(日)@東京 (サムライスタートアップアイランド)申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11114

※開催日の約4日前までの受付。
※※ハッカソンは、原則としてアイデアソン参加者対象。


WebRTCを使って復興支援アプリを作ろう〜WebRTC アイデアソン〜
5月31日(土)@東京
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11305

WebRTCを使って復興支援アプリを作ろう〜WebRTC ハッカソン〜
6月7日(土)@東京 (リクルートメディアテクノロジーラボ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11422
▽参考:【浪江町フェローシップについて】2014年4月4日プレスリリース
コード・フォー・ジャパン初、自治体への民間技術者派遣プログラムをスタート

▽参考:【浪江町役場プレスリリース】2014年5月12日プレスリリース
浪江町とコード・フォー・ジャパン、タブレット配布で町民やIT技術者と協働イベント

▽問い合わせ
一般社団法人コード・フォー・ジャパン(関)info@code4japan.org

<ライター:おおのさとみ>

MarkeZine Day 2014 Premium DMP

http://event.shoeisha.jp/mzday/20140528#

DSPの登場により、デジタル広告業界では「枠から人」へのパラダイムシフトがおきました。
その延長線上として大きな注目を浴びているのが「DMP」です。
企業が顧客や消費者に対して持っているあらゆるデータをマーケティングに活かすという試みは広告配信に限らず、サイト、CRM、メール等あらゆるデータを横断した分析が求められ、企業のマーケティング活動に関して、とても重要な役割を担っています。
マーケティングコミュニケ―ションを根幹から変えるとまでいわれる「DMP」。
その最新動向を共有する場として、MarkeZine Day「DMP」を開催します。

Outline
イベント名 MarkeZine Day 2014 Premium DMP
日時 2014年5月28日(水)13:00〜17:50 (受付開始/12:30)
会場 ラフォーレミュージアム六本木
〒106-6108 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビルB1F
主催 株式会社翔泳社 MarkeZine編集部
参加料 無料 (事前登録制)
注意事項 ※座席は先着順となります。
※混雑が予測されるため、会場内は椅子のみとなっております。机はございません。
(お一人様あたりのスペースが狭くなっております)また、立ち見となる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
※再入場、途中の入退場が可能でございます。
※会場内への飲食物のお持込みはご遠慮ください。

Timetable
13:00〜13:50 オープニング・基調講演(パネルディスカッション)
DMP活用が本格始動、現状と今後の取り組み
トップランナー企業のDMP実装が完了しはじめる今年は本格的なDMP活用が進むことが予想されております。現在、各社の活用状況はどういった状況にあり今後はどのような取り組みが予定されているのでしょうか。キーパーソンをゲストに招き現状とこれからの展望についてディスカッションを行います。

横山 隆治(パネラー)
プロフィール
株式会社デジタルインテリジェンス 代表取締役
82年青山学院大学文学部英米文学科卒。同年株式会社旭通信社入社。96年インターネット広告のメディアレップ、デジタルアドバタイジングコンソーシアム株式会社を起案設立。同社代表取締役副社長に就任。01年同社を上場。インターネットの黎明期からネット広告の普及、理論化、体系化に取り組む。08年株式会社ADKインタラクティブを設立。同社代表取締役社長に就任。11年7月株式会社デジタルインテリジェンス代表取締役に就任。12年4月より株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス 社外取締役も兼任。

調整中(パネラー)
プロフィール
調整中(パネラー)
プロフィール
押久保 剛(モデレーター)
プロフィール
株式会社翔泳社 MarkeZine編集部 編集長
1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトオープン以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。 2011年4月から編集長となり現在に至る。

14:00〜14:50
今話題のDMPとは?最新自社データ活用術
ビックデータやデータサイエンティストなど、様々なところでデータの重要性を聞く機会が多くなりました。お客様がお持ちのサイト閲覧データ、会員データ、購買データなどたくさんのデータは、マーケティング施策を行う上で非常に重要な役割を果たします。しかし、理屈ではわかっていても、いざ自社での利用シーンを考えてみると、導入から運用、プライバシーポリシーといった現実の問題が立ちはだかります。このセッションでは、実際に事業者の皆さんがデータを利用して様々な施策を行なっていく際のイメージをなるべくわかりやすくご紹介したいと思います。

古谷 和幸
プロフィール
株式会社adingo 代表取締役
1970年生まれ、東京都出身。大学卒業後、金融関連企業に7年ほど勤務した後、2002年よりアクシブドットコム(現・株式会社VOYAGE GROUP)に入社。同社おける、広告プロダクトの開発・運営にプロデューサーとして従事。
2008年6月に株式会社adingo設立、代表取締役に就任。
2012年には株式会社VOYAGE GROUP 取締役に就任。

15:00〜15:50
一歩進んだDMP活用 〜ビッグデータ、オープンデータを活用したデータドリブンマーケティング〜
企業のマーケティング・営業活動によって得られる各種データは、新しいビジネスの価値をもたらす資産です。散在するこれらデータを統合するプライベートDMPの価値をさらに高めるのが、分析・可視化によりマーケティング投資の最適化、投資対効果の評価を実現するダッシュボードソリューション「MotionBoard Cloud for DMP」です。本セッションではプライベートDMPの活用を一歩進め、ソーシャル、気象、消費動向データなど、ビジネスを左右しうる外部データを統合分析することにより得られるInsightをダッシュボード上で表現します。

中土井 利行
プロフィール
ウイングアーク1st株式会社 営業本部 ソリューションビジネス推進部 部長
ウイングアーク1st創業以来、自社開発BI製品「Dr.Sum EA」の事業展開に従事。500社を超えるユーザー企業にBIシステムを導入した経験をベースに、2012年よりBI製品のプロダクトマネージャーを務めております。2014年、「MotionBoard Cloud」を核としたソリューション事業の責任者に就任。デジタルマーケティング市場にデータ分析可視化の価値を提案しています。

16:00〜16:50
プライベートDMP最新事例
プライベートDMPは実際どのように活用されているのか。
・プライベートDMPを用いた新たなビジネスモデルの構築
・プライベートDMPとCMSを連携したオウンドメディアの最適化
・アクセスログデータを用いたプライベートDMPの活用
など、実際の事例をもとに、データ活用に関する課題を解決し、ビジネスに繋げていくプライベートDMPの最新事例をご紹介させていただきます。

太田 祐一
プロフィール
株式会社スペイシーズ 取締役
2007年、証券会社に入社、その後独立し、市場データ、ソーシャルデータを利用した分析サービス事業を行う。
2011年、株式会社アドクラウドにて、データマイニングエンジニアとしてデータマネジメントプラットフォーム(DMP)の開発を担当し、日本初のDMPのサービスをローンチ。
2012年、プライベートDMP「owldata」のサービスを提供する株式会社オウルデータの代表取締役社長に就任。
2013年、日本初のオープンなデータエクスチェンジ「owldata Exchange」をローンチ。 2013年、株式会社スペイシーズの取締役に就任(現職)
17:00〜17:50
データの収集・管理から、売り上げにつながる『データの活用』へ
DMPの効果を最大限に引き出すDAP(Data Activation Platform)とは?
?2013年までのウェブ改善のテクノロジーの御紹介
?ユーザーに刺さるメッセージの構築方法
?DAP(Data Activation Platform):ユーザーインサイトとビッグデータが結びつく、次世代型マーケティングの事例と展望
といったテーマで、DMPがウェブ改善にいかに活用されているかを現場のコンサルタントの視点からお話しさせていただきます。

山本 覚
プロフィール
データアーティスト株式会社 代表取締役社長
東京大学博士過程在籍時にアイオイクス株式会社のLPO事業に参画し、導入社数300社超のLPOツール「DLPO」の全アルゴリズムを開発。
データマイニングを用いたウェブページの改善実績100社以上。
論理化されたものはシステムで処理し、人が人にしかできない営みに集中する環境を作ることを理念として、データアーティスト株式会社代表に就任。

MarkeZine Day 2014 Premium DMP(以下、本イベント)へご興味をもっていただき、誠にありがとうございます。 お申込みにあたって本規約に同意・承諾いただけない場合は、本イベントに参加することはできません。 予めご理解の程よろしくお願いいたします。本イベントは、登録者の方々の個人情報を会期当日までに協賛いただいた企業へ提供することを前提とさせていただいております。
MarkeZine MarkeZine Day運営事務局 E-mail:mzday_info@shoeisha.co.jp

「ビッグデータ・オープンデータ利活用推進セミナー」総務省北海道総合通信局、北海道テレコム懇談会 

http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2014/0421d.html

「ビッグデータ・オープンデータ利活用推進セミナー」を開催

北海道総合通信局(局長 杉浦 誠(すぎうら まこと))は、北海道テレコム懇談会(会長 小柴 正則(こしば まさのり))との共催により、ICTの利活用に関するセミナーを次のとおり開催します。

ブロードバンド環境の整備やスマートフォンに代表される情報端末の急速な普及により、多様で膨大なデジタルデータがネットワーク上で生成・流通・蓄積される時代を迎え、これらビッグデータを活用した新産業・新サービス創出が注目されています。
また、国や市町村等が保有する様々な公共データを二次利用可能な形で公開するオープンデータの取り組みも始まっています。
本セミナーではこれら「ビッグデータ・オープンデータ」の利活用の取り組みについて広く理解を深めていただくために開催します。
1 日時
平成26年5月27日(火曜日) 14時から17時まで(開場13時30分)
2 場所
ホテルポールスター札幌 2階 コンチェルト(札幌市中央区北4条西6丁目)
(セミナー参加者の駐車場は確保しておりませんので、公共交通機関をご利用ください。)
3 主催
総務省北海道総合通信局、北海道テレコム懇談会
4 対象者
どなたでもご参加いただけます。
5 定員等
定員100名(参加費無料)
6 プログラム
別紙のとおり                     
7 お申込み方法
参加ご希望の方は「ビッグデータ・オープンデータ利活用推進セミナー参加希望」と記入し、氏名、団体名、所属、連絡先(電話番号等)を明記の上、ファックス又電子メールにてお申込みください。
(定員になり次第、締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。)
<お申込み・お問い合わせ先>
北海道総合通信局 情報通信部 情報通信振興課
ファックス:011-709-2482
電子メール:hok-ict_atmark_soumu.go.jp
※ スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。送信の際には、「@」に変更してください。
電話:011-709-2311(内線 4718)
(電話によるお問い合わせは、土曜日、日曜日、祝日を除く、8時30分から12時まで、13時から17時までです。)
※個人情報の取扱いについて
※当サイト内のメールアドレスへの特定電子メールの送信を禁止します。


連絡先

情報通信部 情報通信振興課
電話:011-709-2311(内線4712)

別紙 プログラム

13時30分 開場
14時 開会、主催者挨拶

14時5分
基調講演
演題: 「ビッグデータ活用でイノベーションを起こすには」
講師: 稲田 修一 (いなだ しゅういち) 氏
(東京大学先端科学技術研究センター 特任教授)

15時10分
講演1
演題: 「LODつながる“データシティ鯖江”」
講師: 牧田 泰一 (まきた やすかず) 氏
(鯖江市政策経営部 情報統括官)

パンフレット画像

【パンフレット】PDF

16時5分
講演2
演題: 「ビッグデータで社会価値創造を」
講師: 中村 慎二 (なかむら しんじ) 氏
(日本電気株式会社ビッグデータ戦略本部 本部長)


17時 閉会
                    

Linked Open Data初心者向け連続講座 第1回「オープンデータからLinked Open Dataへ」



詳細
いま、行政機関の持つデータをオープンにし利活用をすすめるオープンデータの波が全国で広がりつつあります。そのオープンデータを進める上で、重要な技術がLinked Open Data(リンクト・オープン・データ:LOD)です。
私たちリンクト・オープン・データ・イニシアティブ(LODI)では、5月からこのLODの連続講座を、「初心者向け」として全6回開催します。場所は、LODIの設立記念パーティーが行われ、オープンデータ先進地である横浜関内の「さくらWORKS<関内>」です。
今回はまず第1回講座の告知になります、みなさん是非お越しください。一緒に学びましょう。

■第1回 5/26(月)内容紹介
▼オープンデータからLinked Open Dataへ
Linked Open Data (LOD)の概要について講義します。
オープンデータの基本事項を紹介し、オープンデータの先進的技術としてLinked Open Data (LOD)の役割をまずみていきます。さらに、LODの基本的な仕組みや作り方、使い方までを一通り説明します。その上で、本連続講義の全体の枠組みを紹介します。

担当:武田英明
国立情報学研究所教授。総合研究大学院大学教授(併任)。専門は人工知能、Web情報学、設計学。古くからLOD技術の母胎であるセマンティックWebの研究に従事。内閣官房オープンデータ実務者会議構成員など。工学博士。

■以降の予定
6/2(月)▼情報の構造化(大向)
6/9(月)▼RDF入門(小出)
6/23(月)▼スキーマとURI(加藤)
6/26(木)▼LODの作り方・使い方(松村)
7/7(月)▼LODシステム実践紹介(小林)

<開催概要>
日時:5月26日(月) 19:30〜21:00
会場:さくらWORKS<関内>右側多目的スペース(横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2階)
参加費:(資料代・場所代等)
一般:2000円
自治体等行政職員の方:1000円(受付時にお名刺を一枚いただきます)
一般一括申込み割引:初回時に6回分をお申し込みの場合、合計12,000円のところ、10,000円に割引します。

参加申込み:このページでチケットをお申し込みください。
主催:NPO法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ
協力:NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ

沼津マッピングパーティ

http://connpass.com/event/5924/


沼津マッピングパーティ
主催 : 沼津マッピングパーティ実行委員会
募集内容
Attendee Type 1
無料、もしくは会場払い
9人
イベントの説明
みんなで作れる自由なインターネット地図、オープンストリートマップをご存知でしょうか。インターネット地図といえば企業が主体となって作成しているGoogleMapなどが有名です。オープンストリートマップは、それとは異なり、みなさんが住んでいる、行ったことのある、あるいは興味がある場所について、みなさんご自身がボランティアベースで作成するという特徴があります。地図にそれほど興味の無くても、散歩や旅行のついでにちょっと貢献してみる、というスタンスで参加することができます。肩肘張らず、楽しむのが一番。

オープンストリートマップジャパンのホームページ。オープンストリートマップについての日本語の情報が集まっています。
http://osm.jp
オープンストリートマップのホームページ。日本に限らない一般的な情報が書かれているので、最初は上のリンクを見るほうがいいと思います。
http://www.openstreetmap.org

このイベントは、有志が集まってオープンストリートマップに沼津駅近辺の情報を追加するというものです。同日沼津港では、ぬまづ港バルというイベントが開催されているため、本イベント終了後は沼津バルに参加して、JAZZを聞いたり、お酒を飲んだり、新鮮な魚介類を食べたりと、沼津の魅力をたっぷり満喫していただくことも可能です。

過去の類似のイベント(リンク先の、「過去のイベント」セクションを参照)
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:JapanOSM
ぬまづ港バルのホームページ(本イベントが勝手に開催日を合わせているだけで、共催ではありません)
https://www.facebook.com/NUMAZU.MINATO.BAR

一見難しそうですが、専門的な知識は必要なく、パソコンやスマホがなくても参加可能です(あるほうが、より楽しめますが)。ぜひこの機会に、オープンストリートマップに触れ、みなさん自身が地図を作るノウハウを覚えてもらえればと思います。沼津に縁のあるかたも、ないかたも、たくさんの方々の参加をお待ちしてます。

■目的
沼津の魅力を知る
自分自身で地図を作る楽しみを知る
マッピングパーティ後にぬまづ港バルを楽しむ(任意)。例年、駅前から沼津港へは無料シャトルバスが定期的に運行しています(詳細が分かり次第追記)。

■実施要領
日時:
2014年5月24日(土) 10:00開始
集合場所:
沼津駅南口、西側「イーラde」1Fのミスタードーナツ前
場所:
(フィールドワーク) 沼津駅近辺。"Links"に記載のエリア分割マップに従い、マッピング予定。
(講義)静岡県沼津市 沼津市民文化センター第一会議室
   JR東海道線沼津駅南口から徒歩15分程度。参加人数が少なければ自動車で送迎可能かも。
参考資料:
後述の"Links"を参照ください。
定員:
20名
参加費:
無料

■当日のスケジュール
10:00 自己紹介
マッピングのための情報収集方法についての簡単な説明。
班分け
スマフォやPCが無いかたでもマッピングができるように、情報記録用のウォーキングペーパーという紙を配布
http://walking-papers.org
10:30 フィールドワーク開始(ウォーキングペーパーに情報を記録)
   昼食は、班ごとに適宜とる。
14:00 沼津市民文化センター前に再集合、講義室に移動
マッピング(ウォーキングペーパーに書いた情報をオープンストリートマップに記録)作業方法についての講義。
マッピング作業の準備(wifi接続やPC起動)
14:30 マッピング作業
15:45 班ごとに成果発表
16:30 終了(事務所に16:30に鍵を返す必要があるので、延長不可)
17:00 有志懇親会。次回イベントの打ち合わせなど。開催場所は以下(歩くには遠いので、恐らく車で移動)

瑞節庵(4/13 現在、ホームページに記載の住所は移転前のもの)
   http://www.zuisetuan.com
4/13 現在の場所
http://www.openstreetmap.org/node/2768987012#map=15/35.0996/138.8483

18:30 沼津駅に移動してから、解散。後は自由行動。Enjoy Numazu!

■当日持参いただきたいもの
【必須】メモ書きに使う筆記用具 (ウォーキングペーパーは主催者が事前に人数分を用意します)
【推奨】インターネットに接続可能なノートPC
【推奨】スマートフォンやタブレットなど。iOS端末(iPhone,iPadなど)/Android端末どちらも可
【推奨】電源タップ(パソコンやスマフォ、タブレットの電源用)

■ 備考

TOICAエリア外(例えば熱海以東)から電車でお越しのかたは、切符を買われることを推奨します。
SUICAなどのICカードをお使いの場合、沼津駅で改札から出られません(出してはもらえますが、
色々手続きに時間がかかります)。

http://toica.jr-central.co.jp/area/

■参考資料

沼津市観光WEB
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/index.htm

オープンソースカンファレンス2014 Okinawa - オープンソースの文化祭!

http://www.ospn.jp/osc2014-okinawa/

日程:2014年5月24日(土) 10:00-17:00(展示は15:30まで)

会場:沖縄コンベンションセンター 会議棟B OSC受付:会議場B1(B棟2F)
    [アクセス詳細] (那覇空港からバス50分〜80分) (那覇バスターミナルよりバスで40分)

費用:無料

内容:オープンソースに関する最新情報の提供
   ・展示 - オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
   ・セミナー - オープンソースの最新情報を提供

主催:オープンソースカンファレンス実行委員会

企画運営:株式会社びぎねっと


OSC2014 Okinawaタイムテーブル
10:00-10:45
オープンデータもFOSS4Gで超簡単!

担当:OSGeo財団日本支部

講師:林 博文(OSGeo財団日本支部副代表)

Code for Namie - アイデアソン in 福島

http://codefornamie.org/post/85681810970/code

【参加者募集】浪江町の避難住民のためのタブレット活用アイデアソン、ハッカソンを開催します! #codefornamie
アイデアソンとは「アイデア」+「マラソン」の造語。IT技術者だけでなく多様な人々が集い、テーマに沿ってチームでアイデアを出し合い、まとめあげていくワークショップ。今回のアイデアソン・ハッカソンでは、浪江町民、浪江町役場の職員も参加。エンジニアやデザイナーなどIT関係者はもちろん、NPOなど社会課題解決に携わる方など、多様な参加者を募集します!

5/24の福島を皮切りに、6/20の東京まで全6回アイデアソンを開催。そこで生まれたアイデアを元に、エンジニアがプロトタイプを開発する2DAYSイベント「ハッカソン」を6/21〜22に福島、6/28〜29に東京で開催します。
なんと!交通費と謝金が出ます!是非、福島にもご参加ください。

また、NTT コミュニケーションズさんが主催で、WebRTC をテーマに使ったアイデアソン/ハッカソンも合わせて開催していただくことになりました。そちらも是非参加をご検討ください。


 
▽開催スケジュール

アイデアソン in 福島

第1回 5月24日(土)14:00-17:00 (二本松市民交流センター)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11108

第2回 6月14日(土)14:00-17:00 (いわき市生涯学習プラザ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11109
アイデアソン in 東京
第1回 5月29日(木)19:00-22:00 (コクヨ・エコライブオフィス品川)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11110

第2回 6月8日(日) 14:00-17:00 (調整中)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11111

第3回 6月10日(火)19:00-22:00 (KDDIウェブコミュニケーションズ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11112

第4回 6月20日(金)19:00-22:00 (コクヨ・エコライブオフィス品川)
申し込み>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11113
ハッカソン in 東京&福島
6月21日(土)〜22日(日)@福島 (二本松市民交流センター)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11492

6月28日(土)〜29日(日)@東京 (サムライスタートアップアイランド)申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11114

※開催日の約4日前までの受付。
※※ハッカソンは、原則としてアイデアソン参加者対象。


WebRTCを使って復興支援アプリを作ろう〜WebRTC アイデアソン〜
5月31日(土)@東京
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11305

WebRTCを使って復興支援アプリを作ろう〜WebRTC ハッカソン〜
6月7日(土)@東京 (リクルートメディアテクノロジーラボ)
申し込みサイト>http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11422
▽参考:【浪江町フェローシップについて】2014年4月4日プレスリリース
コード・フォー・ジャパン初、自治体への民間技術者派遣プログラムをスタート

▽参考:【浪江町役場プレスリリース】2014年5月12日プレスリリース
浪江町とコード・フォー・ジャパン、タブレット配布で町民やIT技術者と協働イベント

▽問い合わせ
一般社団法人コード・フォー・ジャパン(関)info@code4japan.org

<ライター:おおのさとみ>

自治体総合フェア2014 (第18回)主催 一般社団法人 日本経営協会

http://www.noma.or.jp/lgf/2014/conference/02.html#t-6

5月23日(金)14:30 16:40
T-6オープンデータ利活用セミナー

■講演? 14:30〜15:30
オープンデータから社会イノベーションへ
佐賀県特別顧問
IT総合戦略本部電子行政オープンデータ実務者会議構成員 
川島 宏一 氏
2012年7月、IT総合戦略本部が「電子行政オープンデータ戦略」を策定した。2013年12月、日本政府は政府データカタログサイト試行版「DATA.GO.JP」を公開し、公共情報の原則解放(Open by Default)に大きく舵を切った。自治体も、データポータルサイト公開に乗り出した。市民社会でも、OPen Knowledge Foundation JapanやCode foe Japan等が全国規模で活動を展開している。1年半を振り返り、オープン・データ運動は、何を実現し、何を実現できなかったのか? これからどこへ向かおうとしているのか? この分野の先駆者が過去から未来を展望します。

■講演? 15:35〜16:05
統計におけるオープンデータの高度化について
総務省
統計局統計情報システム課 
課長補佐 松下 和正 氏
総務省統計局及び独立行政法人統計センターは、大量・多様な統計データを容易に取得可能なAPI機能や地図上での分析等が可能な統計GIS機能の提供など、統計におけるオープンデータの高度化を推進しており、その取組状況や今後について紹介します。

■講演? 16:10〜16:40
流山市のオープンデータへの取り組み
〜オープンデータトライアル事業〜
流山市 
 総合政策部行政改革推進課
 主事 三好 洋久 氏
 市民生活部防災危機管理課
 主事 近藤 英之 氏
流山市は、独立行政法人防災科学技術研究所とオープンデータに関する共同研究を実施しております。共同研究から生まれたサービス「eコミ流山」と、それを地域防災へ繋げる取り組みについて紹介します。
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR