FC2ブログ

オープンデータによる地域振興 和歌山県情報化推進協議会

http://www.wida.jp/H25ubiquitous.htm#

平成25年度ICT利活用普及部会

オープンデータによる地域振興

ICTを活用した地域産業振興において注目される行政データのオープン化、
地域のリアルなデータの活用によって生まれる、地域に根差したサービスの実現について考えます。

【日 時】 平成26年 2月 4日(火) 13:30〜16:15
【場 所】 和歌山県立情報交流センター ビッグ・ユー 研修室2
                 (〒646-0011 和歌山県田辺市新庄町3353-9)

プログラム
◆基調講演(13:30〜14:30
    『オープンデータを活用した地域の総合プロモーション〜横浜の取り組みから〜』
      関口 昌幸(せきぐち まさゆき)氏 《横浜市 政策局 政策課 担当係長》

休憩(14:30〜14:45)

◆パネルディスカッション(14:45〜16:15)
 オープンデータに関連する活動をパネリストの方からご紹介いただき、地域力向上に向けたサービスの実現について議論します。

  パネリスト
      関口 昌幸 氏
      関  治之 氏(CODE for JAPAN 代表)

  コーディネーター
      満田 成紀(和歌山大学准教授 和歌山県情報推進協議会 ICT利活用普及部会長)
【主 催】 和歌山県情報化推進協議会(WIDA)
 【講師のご紹介】
関口 昌幸(せきぐち まさゆき)氏 (横浜市 政策局 政策課 担当係長)
1988年横浜市入庁。横浜市の政策情報誌である調査季報や市民生活白書の編集発行に携わる。
2002年以降は都市経営局にて全市の総合的な政策立案を担当し、市民協働や人口減少社会をテーマにした政策指針や長期ビジョンの作成に関与。
2006年に「こども青少年局」の発足と同時に、同局の企画調整課に異動。ひきこもりやニートなど困難を抱える若者たちの自立を支援するための包括的な施策形成と事業推進を担当。
2012年4月1日より現職。
横浜市におけるオープンデータ推進のための官・民の体制づくりを担っている。

関   治之(せき はるゆき)氏 (Code for Japan 代表)
位置情報系シビックハッカー。「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をモットーに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。東日本震災時に sinsai.info という震災情報収集サイトの代表を務めて以降、Hack for Japan というエンジニア系プロボノ集団のメンバーとしてハッカソンなどの企画を主催してきたが、地域との長期的な関係構築をより組織的に行うことの必要性を感じ、2013年6月に Code for Japan を設立。Code for America と連携しながら運営を行っている。
内閣府IT戦略本部オープンデータ実務者会議委員なども務める。

◆申し込み・問い合わせ先
和歌山県情報化推進協議会事務局
(和歌山市橋丁21番地 N2ビル3F  NPO法人 市民の力わかやま内)
TEL/FAX : 073-428-2688
e-mail : info@wida.jp

こちらからも申し込みできます。 申し込みフォームへ>>

※詳細はこちらのパンフレットをご覧ください。
スポンサーサイト



オープンデータ記者説明会 〜兼 インターナショナルオープンデータデイ2014開催記者発表会〜

http://peatix.com/event/27584#

オープンデータ記者説明会 〜兼 インターナショナルオープンデータデイ2014開催記者発表会〜
インターナショナルオープンデータデイ2014開催を控え、世界のオープンデータ最新事情と、各地のコミュニティ活動の現状をお話しします
詳細
■申し込み方法
お手数ですが、チケットのボタンから「記者会見に参加」をクリックしてお申し込みいただくか、 info@okfn.jp まで、媒体名、お名前をご連絡ください。(本イベントは記者、メディア関係者向けのものです。一般の方のご参加はご遠慮くださいませ。)

■2014年は「オープンデータ」の年
2013年、G8首脳会議によるオープンデータ憲章、日本政府によるオープンデータカタログの開設や、ITコミュニティで市民による問題解決を図るCode for Japanの設立、千葉市や福井県鯖江市、横浜市などのオープンデータの活用事例が注目を浴びてきました。

2014年は「オープンデータ」の考え方などが広く浸透し社会情勢におけるキーワードの一つとなると考えられます。

そこで、日本のオープンデータの現状や最新事例、データカタログについて詳細説明や日本各地の活用事例などを紹介し、また、2014年2月22日に開催される世界同時開催で行うインターナショナルオープンデータデイ2014の開催概要を紹介するために、日本のオープンデータを推進する一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン(Open Knowledge Foundation Japan 以下、OKFJ)主催の記者会見を開催いたします。


■開催概要
日時:2014年2月4日14時〜15時(会場受付13時30分より)
会場:GLOCOM(東京都港区六本木6−15−21 ハークス六本木ビル2階)

■当日構成
・開会あいさつ(公共イノベーション代表取締役、OKFJ副理事長 川島宏一氏)
・OKFJの概要説明、日本のオープンデータの現状について(OKFJ代表 代表理事 庄司昌彦氏)
・日本全国のオープンデータ活用事例について(株式会社自動処理代表、CODE for JAPAN 副理事長、OKFJ技術顧問 高木祐介氏)
・2月22日開催のインターナショナルオープンデータデイについて(OKFJ代表 理事 庄司昌彦氏)
・質疑応答
・閉会あいさつ・個別質問


■主催 一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン
協力 一般社団法人 コードフォージャパン
   国際大学GLOCOM社会イノベーションラボ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR