オープンデータカフェ@みやぎ 「〜Code for Miyagiの可能性を探る〜 」

http://opendatacafe.blogspot.jp/2014/01/blog-post_28.html#Message-complete

【お知らせ】オープンデータカフェ@みやぎを開催致します。
今月1月30日木曜日に、オープンデータカフェ@みやぎを開催致します。

テーマは
「新たなIT×行政の形、オープンガバメント
   〜Code for Miyagiの可能性を探る〜 」です。



みなさんは「Code for America」という団体の仕組みをご存知でしょうか。
Code for Americaとは、自治体にプログラマーを派遣し、市民と地域が抱える問題を解決するためのアプリやサービスを開発する取り組みです。

日本では、その団体の仕組みを日本各地の「地域」で転用していこう、という取り組みが行われています。現在、宮城県でも有志のメンバーが集まって、「Code for Miyagi」の立上を目指し、その立上準備会が発足されました。

今回のオープンデータカフェでは、Code for Americaの取り組みを参加者同士で学び、またその宮城県版の可能性についてディスカッションしていきます。

以下詳細です。

■日時:2014年1月30日(木)19時〜21時


■会場:データコム株式会社 会議室
(宮城県仙台市青葉区本町1-13-22 仙台松村ビル6F)
  
■参加費:無料 ■定員:30名

■主催:株式会社CCL、Code for Miyagi 立上準備会

■共催:みやぎモバイルビジネス研究会

■申込方法:
 以下リンク先フォームに必要事項をご入力下さい。
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/749035d1268944

■イベントページ
https://www.facebook.com/events/227470644107801/?ref_dashboard_filter=upcoming


<プログラム>

(1)CCLスタッフによるCode for Americaの取り組みの紹介

(2)みやぎ版の可能性を探るアイデアソン


※アイデアソンとは・・・・特定のテーマについてグループでアイデアを出し合い、それをまとめていく手法。アイデア(Idea)とマラソン(Marathon) を合わせた造語のこと


参加費は無料です。ITのみならず、さまざまな分野の方々の参加大歓迎です。
皆さんのアイディアで、みやぎを盛り上げていきましょう!!

ご参加、心よりお待ちしております!

■申込フォーム
 以下リンク先フォームに必要事項をご入力下さい。
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/749035d1268944

■イベントページ
 https://www.facebook.com/events/227470644107801/?ref_dashboard_filter=upcoming



また、オープンデータの公開グループ、「オープンデータ・カフェ」も実施しております。
参加自由ですので、是非ご活用ください。
https://www.facebook.com/groups/190123054483422/
スポンサーサイト

「オープンデータの動向と新たなビジネス創出の可能性」

https://event.atmarkit.co.jp/events/1656a71046fe4f2e4f8c94509c8cde80

「オープンデータの動向と新たなビジネス創出の可能性」〜ITによる官民連携の切り札!


このイベントは終了しました

イベント概要
「オープンデータの動向と新たなビジネス創出の可能性」
   〜ITによる官民連携の切り札!ソーシャル・イノベーションの実現に向けて〜
日時:2014年1月30日(木) 14:00-17:00(受付13:30より)
主催:一般財団法人関西情報センター(KIIS)
会場:グランフロント大阪 タワーB 10F ナレッジキャピタル カンファレンスルーム B06
参加費: 無料
参加申し込みURL:http://www.kiis.or.jp/trn/seminar/140130/
プログラム:
【基調講演】オープンデータ活用の先に広がる新たな経済・社会のすがた
  講師: 庄司 昌彦 氏(国際大学グローバル・コミュニケーションセンター 主任研究員・講師)
【講演1】オープンデータ先進地、データシティ鯖江が目指す未来
  講師: 福野 泰介 氏(株式会社jig.jp  代表取締役社長)
【講演2】千葉市が取り組むビッグデータ/オープンデータ施策群
  講師: 三木 浩平 氏(千葉市総務局次長 CIO補佐監)

開催日時 2014/01/30 14:00 - 17:00
会場
グランフロント大阪 タワーB 10F ナレッジキャピタル (大阪府)

会場住所 大阪府グランフロント大阪

オープンデータ・カフェ Vol.6「データセットを使ってみよう」

https://www.facebook.com/events/413872328745272

2014年1月28日
時間19:00
詳細
現在,公共データを広く公開・利用する「オープンデータ」への注目が高まっており,その目的や期待される効果は認知されつつあります.

一方で,実際に使う,作成する,という視点での情報はまだ十分ではありません. そこで,オープンデータを支える技術の総称である Linked Data の専門家をお招きして,参加者がオープンデータを使う・作成する体験ができるワークショップを「オープンデータ・カフェ Vol.4〜6」の全3回の日程で開催いたします.

▼ Vol.6「データセットを作ろう」(1月28日)

Linked Data を効率的に取得する SPARQLを利用したデータビジュアライゼーションやプログラミング言語からSPARQLを利用するワークショップを行います.これを通じて,Linked Data をサービス開発に活用する技術を身につけます.

▼ 注意事項
実際にデータを活用した簡易アプリケーションの開発を行います.SQL文(主にSELECT文)を書いたことのある方を対象とさせていただきます.
会場にはノートパソコンを若干台数用意いたしますが,ノートパソコンをお持ち方はご持参いただけますと幸いです.

▼ 講師
- 清水 小太郎氏 (岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科修士1年)
- 高屋敷 健 氏 (岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科修士1年)
※ 両氏は,児玉 英一郎 氏(岩手県立大学講師)らのもとでLinked Dataにまつわる研究活動を行っている.

▼ プログラム
19:00 - 19:30 講演「オープンデータとはなにか?」 (株式会社CCL 小松)
19:30 - 21:00 「Linked Data を使ってみよう(仮)」 (清水氏,高屋敷氏)

▼ 場所など
日程:1月14日
会場:岩手県立大学 共通講義棟 107講義室
時間帯: 19:00〜21:00 (18:45 開場)
参加費:無料

▼ その他の回のお知らせ
- Vol.4「Linked Data を知ろう」(1月14日)
申込URL : https://www.facebook.com/events/234675076713512/

- Vol.5「データセットを使ってみよう」(1月21日)
申込URL : https://www.facebook.com/events/1381404118785211

二次利用及び改変可能な3Dモデルデータ公開事業-Ark Project-キックオフイベント」

http://www.dcaj.or.jp/news/2014/01/cgvfxark-project-.html

公開シンポジウム

平成25年度我が国情報経済社会における基盤整備事業(CG・VFX産業クラウド活用・高連携実証事業)
における二次利用及び改変可能な3Dモデルデータ公開事業-Ark Project-キックオフイベント」開催のお知らせ



 (一財)デジタルコンテンツ協会では、経済産業省受託事業「平成25年度我が国情報経済社会における基盤整備事業(CG・VFX産業クラウド活用・高連携実証事業)の一環としてはじまった二次利用及び改変可能な3Dモデルデータをクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき公開・共有する試み「Ark Project」を行っております。
 今回のシンポジウムでは、「Ark Project」のキックオフイベントとして、データを公開・共有するにあたり、世界各国での取り組み、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づいたライセンス処理、実際のCGキャラクターの利用事例と問題点、及びデータ共有に関する先進事例を紹介します。
 また、課題解決の方策を導く契機とするため、参加者全員でグループディスカッションを行います。



[日時] 平成26年1月25日(土) 13:00-18:00
[場所] 東京大学駒場第?キャンパス(生産技術研究所内) An棟 301・302会議室
*生産技術研究所へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html
*キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html
[次第]
13:15-13:35  開会挨拶・プロジェクト概要説明
  今村 理人  マーザ・アニメーションプラネット(株)

13:35-14:05  オープンデータの取り組み紹介
   講師:庄司 昌彦  国際大学GLOCOM 主任研究員
                     (一社)オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン 代表理事

14:05-14:35  クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによる公開コンテンツの権利処理の取り組み
   講師:渡辺 智暁  クリエイティブ・コモンズ・ジャパン NPO法人コモンスフィア 常務理事
          国際大学GLOCOM 主幹研究員/准教授
14:35-15:05  東京大学空間情報科学研究センターにおける情報共有事例
  講師:柴崎 亮介  東京大学空間情報科学研究センター 教授

15:05-15:30 休憩

15:30-16:30   パネルディスカッション 「CGキャラクターの利用事例と問題点について」
          <司会>
            今村 理人(マーザ・アニメーションプラネット(株))
          <パネリスト>
            新間 敏雄((一社) 日本コンテンツ振興機構 / (株)スタジオディーン プロデューサ)
            犬山 秋彦(キャラクター研究家 /(株)アイアカデミー「大崎一番太郎プロジェクト」)
            秋山 貴彦((一社)VFX-JAPAN 代表理事/ (一財)デジタルコンテンツ協会 技術部 主幹)
            北田 能士((株)冬寂 代表取締役)

16:30-17:30   質疑・応答

17:40       挨拶

18:00       懇親会 (有料2000円・当日会場で徴収)

[参加費]     ◆シンポジウム 無料
           ◆懇親会    有料2,000円 ※当日会場に徴収させていただきます。

[申込方法]  お申し込みは こちら から

[問合せ先]  (一財)デジタルコンテンツ協会 技術部 須藤・中村
          TEL 03-3512-3902

[主催] マーザ・アニメーションプラネット株式会社
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会
     東京大学 空間情報科学研究センター

[協力]株式会社冬寂
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 社会イノベーションラボ
     クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

【1/18,25】福井県オープンデータ アイデアソン&ハッカソン

http://kokucheese.com/event/index/135849/#

ふくい産業支援センターは、福井県の協力を得て、1月18日(土)、25日(土)の両日、福井県が整備したオープンデータを利用したアプリ開発イベント「福井県オープンデータ アイデアソン&ハッカソン」を開催いたします。

福井県のオープンデータを利用したアプリコンテスト(福井県主催)が開催!
また、福井県のオープンデータを利用したアプリコンテストが、福井県主催で実施されます。2月3日募集開始で2月28日締め切りということですので、是非本イベントに参加してコンテストに応募しましょう。




【開催日時】
平成26年
 1月18日(土) 10:00-16:00 =アイデアソン(アイデアを考える)
 1月25日(土) 13:00-17:30 =ハッカソン(ソフトを作る)、発表

※1日目(1/18)は主催者でお弁当を用意します。
※開発作業をされない方は、[1日目の全時間]+[2日目の16時から終了まで]の時間で 是非ご参加ください。

【開催場所】 福井県産業情報センター(坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16)
【参 加 料】 1,000円(税込み、昼食費込み)
【定  員】 30名
【主  催】 公益財団法人ふくい産業支援センター
【後  援】 福井県IT産業団体連合会
【協  力】 CODE for FUKUI

【メンターについて】
 地元有志にて行われるハッカソンイベント等で経験豊富な4名の技術者/デザイナーにメンターとしてご支援いたします。

山森 美穂さん フリーランス デザイナー
Web制作会社でWebデザイン、モバイルアプリUIのデザインなど幅広く手掛ける。全国規模のコンテストでデザインを担当したアプリが2年連続でファイナルに進出。

木村 秀敬さん 株式会社jig.jp ソフトウェアエンジニア
携帯アプリ会社にてソフトウェア開発業務を行うかたわら、地元有志にて行われるハッカソンイベントにて運営を担当。

中西 孝之さん 株式会社ignote 代表取締役
ソフトウェアエンジニア。モバイルアプリ、Webアプリ・サービスの開発・販売が主な業務。全国最大級の開発コンテスト・Mashup Awards7で最優秀賞を受賞。

山越 崇裕さん 株式会社jig.jp ソフトウェアエンジニア
携帯アプリ会社にてサーバ開発、TML5+JavaScriptでの開発を担当する傍ら、地元のハッカソンイベントにて運営を担当。

<アイデアソン・ハッカソンとは>
 ハッカソンとは、ある開発テーマの技術に興味のある開発者同士が、ノートPC等を持参して開発を行い、最後に開発したアプリケーションやサービスを参加者全員の前でプレゼンするイベントのこと。「Hack(開発)」と「Marathon(マラソン)」をあわせたIT関連の造語です。最近では今回のようにハッカソンの前にソフトのアイデアを考えるアイデアソンを組み合わせることが多くなっています。

<オープンデータとは>
 オープンデータとは、これまでは官公庁など限られた場所で利用されていたデータを、一般の利用者がいつでも取り出して利用できるよう公開したもので、民間企業が持つデータと組み合わせ、新サービスを生み出すと考えられています。福井県は鯖江市を筆頭に日本でも積極的な地域と言われています。福井県では今年中にオープンデータを整備することになっており、今回のイベントではそのデータを使用します。
<ふくいご当地アプリ開発プロジェクトについて>
 ふくい産業支援センターでは、「ふくいご当地アプリ開発プロジェクト」と題し、開発イベントの実施、それ契機として生まれた福井県産アプリの展示会・イベント等、学生向けのプログラミングコンテスト、全国規模のアプリコンテスト関連イベント等を開催します。本プロジェクトを通じ、本県のIT技術者・Web制作者の更なるスキルアップ・ビジネス機会の創出を目指します。

【タイムスケジュール】

【1日目】(1月18日(土) 10:00〜16:00)
10:00 開会
10:05  オリエンテーション(進め方説明)
10:25  福井県担当者からのオープンデータの説明
11:05  オープンデータを使ったアプリの紹介
11:30  自己紹介・グループ分け
12:00  昼食
13:00  アイデア出し
15:00  アイデア発表、講評
15:30  交流・意見交換
16:00 閉会

【2日目】(1月25日(土) 13:00〜17:30)
  ※10:00から開場しますので必要に応じて作業いただいて結構です
13:00 開会、開発作業
16:45 成果物発表、講評
17:30 閉会
 ※その後、場所を移して懇親会(希望者のみ)

【持参していただくもの】
 ・開発機(1日目は不要)
 ・筆記用具
 ・スマートフォン、タブレット端末(必要あれば)

■本件に関するお問い合わせ・お申し込み先■
公益財団法人 ふくい産業支援センター
販路開拓支援部 Eビジネス支援グループ  担当:大木
電話:0776-67-7411 e-mail:ebiz-g@fisc.jp

ICT研究交流フォーラム第10回技術セミナー(四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラム)

http://shikoku-ict.jp/?p=4189

【部会】ICT研究交流フォーラム第10回技術セミナーの開催
(26.1.24 徳島市)
2013 年 イベント
1 開催日時
平成26年1月24日(金) 13:20-16:40 (12:50から受付開始)
(情報交流会 16:50-17:50)
2 開催場所
ホテル千秋閣 7階 鳳の間 (徳島県徳島市幸町3-55)
(情報交流会 ホテル千秋閣 6階 孔雀の間)
3 講演内容
【講演1】
演題:「オープンデータ、IoT(Internet of Things)時代のビッグデータ活用技術」
講師:国立大学法人東京大学大学院 情報学環 教授 越塚 登 氏
【講演2】
演題:「医療、農業、環境分野におけるビッグデータ分析技術の研究開発」
講師:国立大学法人東京農工大学 農学府農学部 特任教授 石井 一夫 氏
【講演3】
演題:「ビッグデータ、シミュレーション、ソーシャルメディア分析を用いた都市運営」
講師:日本アイ・ビー・エム(株) 東京基礎研究所 Smarter Cities Solutions 課長 牟田 英正 氏
【講演4】
演題:「学術IDとライフログ(IDデータ)連携 信州大学実証実験システム〜ビッグデータ時代のID管理〜」
講師:SCSK(株) ITエンジニアリング事業本部 課長代理 吉田 柳太郎 氏
4 募集定員
100名(先着順で定員になり次第受付を終了します)
5 参加費
セミナー及び情報交流会ともに無料(どなたでも参加いただけます)
6 主催
四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラム、総務省四国総合通信局
7 お申込み方法
■参加申込
下の「参加申込用フォーム」をご利用ください。
お申込みの際にお知らせいただいた個人情報は、本イベントを実施する目的以外には使用せず、開催後は速やかに破棄します。
なお、お申込みに対して、定員を超えるなど参加いただくことが困難な場合を除き、こちらからはご連絡を差し上げませんので、あらかじめご了承ください。
※申込期限:平成26年1月17日(金)
この下に(つづきを読む…)が表示されているときは「参加申込用フォーム」が隠れた状態です。この表示をクリックすると現れます。
 
【参加申込用フォーム】
 
セミナー終了後、16時50分から17時50分の間、四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラム主催の情報交流会を開催します。
場所はホテル千秋閣6Fの孔雀の間です。立食形式にて簡単な飲食物をご用意いたします。参加者間の懇親を深める場としてご利用ください。【参加費無料】
 
※ 情報交流会への参加可否もお知らせください。
 

第三回 WikipediaTOWN in YOKOHAMA「横浜みなとみらいホールでWikipediaTOWN」

https://www.facebook.com/events/597680920321954/

2014年1月23日
時間16:00
詳細
第三回 WikipediaTOWN in YOKOHAMA
「横浜みなとみらいホールでWikipediaTOWN」

今回のWikipediaTOWNでは「横浜みなとみらいホール」協力のもと、バックステージツアーとWikipedia編集ワークショップ、そして、パイプオルガンの1ドルコンサート鑑賞を合わせた企画を実施します!
バックヤードツアーでは普段見る機会の少ないホールの設備を案内いただき取材を行います。
その後、撮影した写真や調べた内容についてWikipediaやWikimedia Commonsに投稿。
そして、最後はパイプオルガンによるコンサートを鑑賞して終了します。
http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2014/01/220141231930.php

■日時:1月23日(木)16:00〜(開場15:30)
■場所:横浜みなとみらいホール
■集合場所:楽屋口(1F外)から入ってエレベーターで6階のレセプションルームへ上がってください
■地図:http://www.yaf.or.jp/mmh/access/pdf/color-j.pdf
■持ち物:デジタルカメラ、筆記用具、ノートPCやモバイル無線LANルーターの持参もお勧めします
■参加費:100円(コンサートの鑑賞料)
■主催:
WikipediaTownコミュニティ
横浜オープンデータソリューション発展委員会
■協力:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 

■タイムスケジュール
15:30 開場(楽屋口から6階レセプションルームへ)
16:00 開始
諸説明
バックステージツアー
・大ホール パイプオルガン“ルーシー” アーティストラウンジ 楽屋
・ピアノ庫  3種類のピアノ ポジティプオルガン“スージー”をメインに見学いただき、
・リハーサル室
・ホワイエ(銅鑼・芝山漆器)
・練習室
・屋上庭園
などを見学いただきます。
17:00〜18:00 Wikipedia編集(写真や記事などをWikipediaにアップします)
18:30〜19:00 まとめ
19:30〜20:30「夜も1ドルコンサート」鑑賞
解散

オープンデータ 開発者ミーティング(鳥取県)

http://www.pref.tottori.lg.jp/224746.htm

オープンデータの考え方を学び、今後の県での取組紹介や開発者による意見交換を行う「開発者ミーティング」を開催します。
 参加を希望される方は、下記申込書に必要事項を記入の上、お申込みください。


対象者

オープンデータの取組に関心がある県内ICT企業の皆様をはじめとして、どなたでも参加できます。
※申込み多数の場合は、抽選にて参加者の調整をさせて頂くことがあります。

日時・場所

日時:平成26年1月23日(木)午後3時30分〜午後5時
場所:鳥取県庁第2庁舎 4階 第32会議室

プログラム

1 プレゼンテーション
  (株式会社公共イノベーション代表取締役 川島 宏一 氏)
   ・オープンデータとは
   ・オープンデータに関する国内外の動向
   ・オープンデータを活かした今後の社会  等

2 県の取組紹介
  (鳥取県 地域振興部情報政策課、商工労働部経済産業総室産業振興室)
   ・データ公開、啓発イベント、人材育成等の取組について

3 意見交換

プレゼンター紹介

株式会社公共イノベーション代表取締役 川島 宏一 氏

 佐賀県特別顧問(元佐賀県CIO)、大阪府市特別参与。
 国土交通省、インドネシア住宅省、北九州市、世界銀行を経て現在に至る。
 内閣官房IT戦略本部電子行政タスクフォース構成員
 地域情報化アドバイザー等 複数の立場から社会課題解決に取り組む。

オープンデータ活用推進フォーラム2014(青森県新産業創造課)

http://www.pref.aomori.lg.jp/sangyo/energy/od_forum2014.html#Message-complete

オープンデータ活用推進フォーラム2014を開催します
更新日:2013年12月24日 新産業創造課
オープンデータは青森県に何をもたらすのか?
オープンデータの最新動向と青森県における可能性と課題を探る
オープンデータ活用推進フォーラムチラシイメージ
 世界的にオープンデータ推進の流れがスタンダードになりつつあり、日本においても、新しいIT戦略が閣議決定され、2015年度末には、他の先進国と同水準の公開内容を実現することとされています。
 本県においても、新時代ITビジネス研究会に「オープンデータ活用検討部会」を設置し、オープンデータの活用推進に向けた取り組みが始まっています。
 そこで、オープンデータの意義や可能性の理解を深め、活用を推進するために開催するるのが、「オープンデータ活用推進フォーラム2014」です。
開催日時
平成26年1月23日(木)
13:00〜17:00
※開場12:30
【スケジュール】
13:00 あいさつ、講師紹介
13:10 基調講演1
14:10 基調講演2
15:10 〜休憩〜
15:20 青森県におけるオープンデータ活用への取り組み
17:00 閉会
開催場所
青森県観光物産館アスパム 6階「八甲田」
住所:青森市安方1-1-40
電話:017-735-5311
周辺地図

大きな地図で見る
第1部 基調講演
【基調講演1】「オープンデータ戦略に関する政府の取組み」(仮題)
総務省信越総合通信局長 黒瀬 泰平 氏
総務省信越総合通信局長
黒瀬 泰平 氏
<プロフィール>
総務省信越総合通信局長。
内閣官房IT担当室内閣参事官、総務省総合通信基盤局データ通信課長、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授、総務省情報流通行政局情報流通振興課長、情報通信研究機構総務部長等を経て現職。情報流通振興課長時代に政府のオープンデータ戦略の企画立案、オープンデータ流通推進コンソーシアムの立上げ支援等を担当。
【基調講演2】「オープンデータ活用の先に広がる新たな地域経済・社会のかたち」
国際大学GLOCOM 庄司 昌彦 氏
国際大学GLOCOM
庄司 昌彦 氏
<プロフィール>
国際大学GLOCOM主任研究員、一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事。オープンデータ流通推進コンソーシアムや経済産業省等の委員を務めるほか、毎月開催している「オープンデータ・トーク」を通じた国内のオープンデータコミュニティの育成や海外のコミュニティとの橋渡し、政策提言などを行っている。
第2部 青森県におけるオープンデータ活用への取り組み
青森大学のオープンデータ活用への取り組み
オープンデータ活用検討部会からの発表とディスカッション
参加料
無料
申込方法
FAXによる申込み
チラシの裏面下部の参加申込書欄をご記入の上、新産業創造課(FAX:017-734-8115)に、裏面のみ切り取らずに送信してください。
電子メールによる申込み
メールの表題を「オープンデータ活用推進フォーラム参加申込」、本文に「企業名・団体名」、「氏名(ふりがな)」、「連絡先電話番号」を記載の上、新産業創造課あて送信してください。
チラシのダウンロード
オープンデータ活用推進フォーラムチラシ PDFファイル313KB
お問い合わせ

新産業創造課 情報産業振興グループ
電話:017-734-9418  FAX:017-734-8115
sozoka@pref.aomori.lg.jp

オープンデータ・カフェ Vol.5「データセットを作ろう」

https://www.facebook.com/events/1381404118785211

2014年1月21日
時間19:00
詳細

現在,公共データを広く公開・利用する「オープンデータ」への注目が高まっており,その目的や期待される効果は認知されつつあります.

一方で,実際に使う,作成する,という視点での情報はまだ十分ではありません. そこで,オープンデータを支える技術の総称である Linked Data の専門家をお招きして,参加者がオープンデータを使う・作成する体験ができるワークショップを「オープンデータ・カフェ Vol.4〜6」の全3回の日程で開催いたします.

▼ Vol.5「データセットを作ろう」(1月21日)

linkdata.org で公開されているシステムを利用し,岩手県にまつわるオープンデータを作成・公開するワークショップを行います.
これによって,Linked Data を作るスキルを身につけます.

▼ 注意事項
実際にデータを作成するため,Excel の基本操作ができる方を対象とさせていただきます.
会場にはノートパソコンを若干台数用意いたしますが,ノートパソコンをお持ち方はご持参いただけますと幸いです.


▼ 講師
- 清水 小太郎氏 (岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科修士1年)
- 高屋敷 健 氏 (岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科修士1年)
※ 両氏は,児玉 英一郎 氏(岩手県立大学講師)らのもとでLinked Dataにまつわる研究活動を行っている.

▼ プログラム
19:00 - 19:30 講演(1)オープンデータとはなにか?」 (株式会社CCL 小松)
19:30 - 21:00 講演(2)「Linked Data を作ってみよう(仮)」 (清水氏,高屋敷氏)

▼ 場所など
日程:1月21日
会場:岩手県立大学 共通講義棟 107講義室
時間帯: 19:00〜21:00 (18:45 開場)
参加費:無料

▼ その他の回のお知らせ
- Vol.4「Linked Data を知ろう」(1月14日)
申込URL : https://www.facebook.com/events/234675076713512

- Vol.6「データセットを使ってみよう」(1月28日)
申込URL : https://www.facebook.com/events/413872328745272
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR