Asia Open Data Hackathon

http://odhack.asia/

Asia Open Data Hackathonとは?

2015年に初開催されたアジアオープンデータハッカソンは、アジアのオープンデータを活用して共通課題の解決を目指しています。
2017年からは日本も参加し、素晴らしい存在感を示しました!(昨年のレポートブログ››

2年目となる本年のハッカソンでは、日本、台湾、韓国のオープンデータを使って、「観光」と「市民の安全」をテーマにした課題解決を目指します。 日々の生活で感じているモヤモヤ。
旅行に行った時に感じた不便だったこと。

自分の中に眠っていたそんな小さな"問題意識"を育てて、初めて出会うエキサイティングなチームで、形にしてみませんか?

ハッカソンに初めて参加する方、非エンジニアの方でも大歓迎!
エンジニアはもちろん、データサイエンティスト・デザイナー・プランナー・ディレクターの方の挑戦を、お待ちしています!

テーマ

本ハッカソンの目的はアジア共通の課題を解決することです。
各国共通テーマは、「観光」と「市民の安全(地震・火山噴火・干ばつ・大気汚染などからの安全、日常生活の中での子供の安全など)」

「言葉の壁がある現地の人とのコミュニケーションを促進するには?」
「被災した時にオープンデータをどう活用するのか?」

など、両テーマに5つずつ設定されたお題から、好きなものを選んで解決に取り組んでいただきます。

Citizens Safety

Utilize open data to create some innovative service, in order to prevent and protect citizen from disaster and danger, as well as to improve life quality. Please also consider business oppotunities of this service

  • How to improve Early-Warning system for earthquake, tsunami and volcaniceruption?
  • How to improve air pollution (eg.fine dust) forecast skill and takeactions?
  • How to utilize open data to disaster?
  • How to apply open data to drought prevention?
  • How to utilize open data to prevent safety accident of children?

Tourism

To fully understand the demand for sightseeing behavior, in order to create some innovative sertvice, as well as to promote tourism industry business opportunities.

  • How to utilize open data to experiential tourism?
  • How to utilize open data for individual customized travel?
  • How to utilize open data to language barriers?
  • How to utilize open data to help travelers who got sick while traveling?
  • How to utilize open data to boost tourism industry of Asia?

賞金

最優秀チーム
US$ 1000
優秀チーム
US$ 700
チームズチョイス賞
US$ 100
台湾国際スポンサー賞
US$ 1000

その他、各国の1位・2位のチームから一名ずつ、11月の韓国での表彰式にご招待します。


※7/21-22のイベントでは賞金は発生しませんのでご留意ください。

スケジュール

  • 2018/7/21・7/22

    Hackathon(渋谷・流山)

  • 2018/9/1

    Demo Day(東京)

  • 2018/11 予定

    Summit(韓国)

ハッカソンは、東京(渋谷)と千葉(流山)での同時開催となります。
なお、全国から参加したい方のためにオンライン公募も実施します。
流山会場では託児も受け付けていますので、子連れの方や女性のご参加もぜひ!

  • 渋谷会場Branding Engineer

    • DAY1(7/21)

      10:30
      開場・受付
      11:00
      イントロダクション
      11:15
      提供Data、API(台湾提供)の説明
      11:30
      個人エントリー者向けアイデアソン&チームビルド
      18:00
      進捗発表
      21:30
      退出
    • DAY2(7/22)

      11:00
      再開
      16:40
      終了
      17:00
      プレゼン&デモ
      19:00
      懇親会
      20:00
      解散
  • 流山会場Trist Airport

    • DAY1(7/21)

      9:30
      開場・受付
      10:00
      イントロダクション
      10:30
      提供Data、API(台湾提供)の説明
      11:00
      個人エントリー者向けアイデアソン&チームビルド
      18:00
      進捗発表
      21:30
      退出
    • DAY2(7/22)

      10:00
      再開
      16:40
      終了
      17:00
      プレゼン&デモ
      19:00
      懇親会
      20:00
      解散

参加方法

ハッカソンへ直接参加いただく方法と、オンラインで成果物をお送りいただく方法があります。
詳しくは下記をご参照ください。

ハッカソン参加申し込み(別ウィンドウで申し込みページが開きます)
渋谷会場 流山会場
オンライン参加
オンラインでの参加方法

参加者への提供資料

当日使用するデータセット等、7/10公開予定

政府が各自治体に対し明示している「推奨データフォーマット」で収集されたデータを英語に直したものをサンプルデータとして公開する予定です。
さらに、参加国のオープンデータを活用するにあたり、日本国内予選会場では、台湾語と韓国語をサポートできるスタッフをアサインします。

審査基準

審査員

審査員情報は7/10公開予定です

作成物の国際水準

1
自国のオープンデータと台湾または韓国のデータを組み合わせることを推奨しています
2
日本会場予選では選考を実施し、5チームのみデモデイに進出していただきます(都内開催)
3
国内ハッカソンのスクリーニング結果は8月10日頃までに発表します
4
原則チームエントリーです(2名ー5名)
5
デモデイは英語で実施します
6
他の大会等で表彰を受けたものを提出してはいけません

オンライン公募について

オンライン提出も募集しています!
東京・千葉で開催する国内予選ハッカソンへの参加が難しい方も、オンラインでのご応募が可能です。
ハッカソン終了時間までに、
・スライド
・ソースコード
・説明動画
をアップし、facebook group上にリンクを記載してポストして下さい。
チームでのお申し込みはもちろんのこと、団体や企業様で、独自にハッカソンを開催して連携することも可能です(zoomルームを共有するので、会場を連携させながら進めましょう)。
その際はぜひ運営までご連絡下さい。

オンラインエントリーからは1チームを選考します(選考結果ゼロである可能性もあります)。
なお、選考をクリアされたチームの代表者1名は東京で実施するDemoDayへの旅費を実費支給します(上限往復5万円以内)

運営お問い合わせ先:infohackcamp.jp


続きを読む

スポンサーサイト

北海道のオープンデータを活用したアイディアソン&ハッカソン - 北海道が抱える問題の解決 -

opendata.doorkeeper.jp/events/70342


北海道のオープンデータを活用したアイディアソン&ハッカソン - 北海道が抱える問題の解決 -

2018-03-17(土)09:00 - 2018-03-18(日)18:00

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 

札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル11F


(2018/03/09 11:00 情報更新)
上位優秀者への賞金 情報追加
17日のみ参加OK 情報追加
イベント当日の 情報更新

北海道のオープンデータを活用した、アイディアソン・ハッカソンを開催します。
テーマは、「北海道が抱える問題の解決」です。

ハッカソンでは、アプリケーションを開発するに加えて、データの利活用を促進するにあたり、
データ分析や解析、オープンデータ利活用におけるツール開発なども対象として開催致します。

ハッカソン&アイディアソンは、2018/03/17-18 2日間、
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 会議室にて行い、
約1か月間の企画・開発期間を経て、2018/04/14 発表&表彰式を行います。

イベント初日の17日(土)に基調講演として、
札幌市 まちづくり政策局 政策企画部 ICT戦略推進担当 課 長 中村 敦哉 氏
室蘭市役所 企画財政部 ICT推進課 課長 丸田 之人 氏
北海道森町役場総務課情報管理係 係長 山形 巧哉 氏
をお招き致しまして、各自治体におけるオープンデータ利活用の取組についてご講演いただきます。

(アイディアソン・ハッカソンにおけるサポート)
・アィディアソン・ハッカソンでは、本イベントで活用可能な、GitHub(ソースコード共有)やSlack(メッセージ、チャット、コミュニケーションツール)※1を準備する予定です。
・アィディアソンでの参加者はアイディアのみのエントリー可能ですが、1日目の基調講演後参加者同士のマッチングを行う予定です。
・オープンデータの使い方などガイドラインを準備する予定です。
※1 2018/04/14 発表&表彰式迄利用公開致し、ご不明な点等ありましたら運営がサポート致します。

[NEW 上位優秀者(グループ)に賞金と賞状を授与]
【賞金】
ハッカソン部門
最優秀賞 \30,000-
優秀賞 \10,000-

アイディアソン部門
部門賞 \10,000-

【対象者】
オープンデータを利用した社会課題の解決に関心がある方
(学生、エンジニアやデータサイエンティスト等大歓迎)

【参加費】
無料
※昼食、ドリンク、お菓子、懇親会費用全てご用意しています。

【参加方法】
ご参加には本ページ(DoorKeeper)よりお申込み下さい

【日程】
■2018/03/17-18 2日間 基調講演、アイディアソン・ハッカソン
※17日のみ参加頂く事も可能です。

会場:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 会議室
□2018/03/17
09:00 開場
09:30-13:00 基調講演、パネルディスカッション
09:30-10:00 - 札幌市 まちづくり政策局 政策企画部 ICT戦略推進担当 課 長 中村 敦哉 氏
10:00-10:30 - 室蘭市役所 企画財政部 ICT推進課 課長 丸田 之人 氏
10:30-11:40 休憩
10:40-11:10 - 北海道森町役場総務課情報管理係 係長 山形 巧哉 氏
11:10-11:20 休憩&切替
11:20-11:50 - 札幌市、室蘭市、森町、パネルディスカッション
11:50-13:00 昼食
13:00-13:30 千歳科学技術大学 深町先生のお話し
13:30-14:00 テーマ確認、マッチング
14:00-17:00 ハッカソン&アイディアソン
17:00-18:00 途中経過発表
18:00-20:00 会場内懇親会(キンキンに冷えたビールをご用意!)

□2018/03/18
1000- 開場
1030-1200 ハッカソン&アイディアソン
1200-1300 昼食
1300-1600 ハッカソン&アイディアソン
1600-1700 中間発表と今後の説明
※18日は合わせて「GitHUBなどの開発ツール講座」も予定しています。

■2018/04/14 発表&表彰式
会場:調整中
15:00-17:00 発表&表彰式

【主催】
一般社団法人北海道オープンデータ推進協議会

【共催】
一般社団法人LOCAL

【後援】
札幌市、室蘭市、森町、一般財団法人 札幌産業振興財団


学術情報APIハッカソンin鳥取(地域の研究課題を発掘しよう編)

https://code4tottori.connpass.com/event/74465/?utm_campaign=event_publish_to_follower&utm_source=notifications&utm_medium=email&utm_content=title_link

2017/12/16(土)10:00 〜 18:00

学術情報APIハッカソンin鳥取(地域の研究課題を発掘しよう編)

主催 : Code for Tottori

ハッシュタグ :#code4tottori
募集内容

一般

無料

先着順
2/10

イベントの説明

開催趣旨

学術情報はオモシロネタの宝庫です!しかし、普段の生活の中では学術情報にアクセスする機会はあまり無いかも知れません。学術情報は研究者を主対象として整備されており、なかなか普段の生活の中に学術情報が入ってくることは無いように思います。

本イベントはそんな学術情報と鳥取の地域情報をICT技術を使って結び付け、学術情報を身近な生活に結び付けたり、新たな研究テーマを発掘したり、地域課題の発見したりして、鳥取をより面白く・楽しくすることを目的としたハッカソンです。

ハッカソンの前には、学術情報の探し方と地域情報の探し方をガイダンスします。研究者が普段、どのようにして学術情報を探しているかの解説や、学術情報のマニアックな楽しみ方も解説します。

API及びデータセット

ハッカソンでは下記のようなAPIやデータセットの利用を想定しています。そのほか、学術情報と鳥取の地域情報を結びつけるものであれば、他のAPIやデータセットを使っても構いません。

参加資格

  • 短時間で作成できる小規模な作品のプロトタイピングを想定しています。このためグループ分けはせず全て個人での参加とします。
  • 作品形式はアプリケーションまたはデータとします。
  • 個人で上記の作品を創作できる方とします。

著作権

成果物の著作権は著者に帰属します。ライセンスは特に理由(作品に使用したデータのライセンスに制限がある等)がない場合は オープンソースライセンスやオープンデータライセンスの採用を推奨します。

スケジュール

時間内容
9:30-10:00受付開始
10:00-10:10開会挨拶、趣旨説明、諸連絡
10:10-11:00ガイダンス(学術情報と地域情報の探し方)
11:00-17:00ハッカソン
17:00-17:30発表会
17:30-18:00作品の各種エントリー及び登録

ガイダンス(学術情報と地域情報の探し方)

  1. 学術情報の探し方: 研究者が普段どのように学術情報を探しているのかを解説します。また、学術情報にプログラムからアクセスするためのAPIをいくつか紹介します。
  2. 地域情報の探し方: 地域のオープンデータの探し方を解説します。

作品の各種エントリー及び登録

参加者の方はハッカソン終了後に作品を下記にエントリー及び登録をお願いします。

  1. UDC2017への作品エントリー
  2. Knowledge Connectorへの登録
  3. 鳥取県オープンデータポータルサイトへの登録

RESAS APIをご利用の方は、趣旨が合致していれば下記のコンテストにも応募可能ですのでご案内します。(※本ハッカソンとは関係の無いコンテストです。)

持ち物

  • パソコン、通信環境、お昼ご飯等

※会場は飲食可能です。

※電源あります。

※WiFiは検討中ですがおそらく提供は難しいと思います。

会場アクセス

場所: 鳥取大学コミュニティ・デザイン・ラボ 住所: 鳥取市湖山町南4丁目101 (鳥取大学広報センター内)

JRでお越しの方はJR鳥取大学前駅下車徒歩3分です。

自家用車でお越しの方は鳥取大学の第1駐車場を利用できますが下記駐車料金が必要です。

駐車料金は、入構後1時間までは無料、1時間以上2時間未満は100円、以後1時間を経過するごとに100円を加算します。24時間毎の最高限度額は500円です。 https://www.tottori-u.ac.jp/item/14028.htm

イベント用チャット

Code for TottoriでGitterのチャットルームを用意しています。参加者間の連絡などに活用します。

Gitter: code4tottori/events

運営体制

  • 主催: Code for Tottori
  • 共催: アーバンデータチャレンジ2017実行委員会

発表者

大阪港開港150年記念イベント「フェリーハッカソン」

www.facebook.com/events/527995570870753/


詳細ページはこちら
http://code4.osaka/ferry-hack/

参加申し込みはconnpassで受け付けております。
https://code4osaka.connpass.com/event/67997/
facebookで参加表明をいただいても受付とはなりませんのでご注意ください。

船中2泊の弾丸ハッカソンです。
12月1日(金)19時 南港ATC集合
12月2日(土)別府滞在
12月3日(日)14時 南港ATC解散
寄港先の別府で10時間ほどの自由時間があります。

お子様連れでの参加も歓迎いたします。


【ハッカソン概要】

日程:12月1日(金)~12月3日(日)
テーマ:(仮)船旅をHACKせよ!
ハッカソン参加募集⼈数︓40⼈〜50⼈
   参加者多数の場合 抽選
   イベント情報サイトconnpassで募集
   https://code4osaka.connpass.com/event/67997/
   1チーム4〜5⼈、8〜10チーム
ハッカソン参加者募集対象︓
   船旅、フェリーに興味がある方
   ソフトウェアエンジニア、システムエンジニア
   プランナー、デザイナー
参加費:
   4000円を予定(渡航費、保険費用含む)
   ※学生は無料
主催:Code for OSAKA
全面協力:大阪市 株式会社フェリーさんふらわあ 

参加申し込みはconnpassで受け付けております。
https://code4osaka.connpass.com/event/67997/
facebookで参加表明をいただいても受付とはなりませんのでご注意ください。

========================
お問合せ・ご連絡
Code for OSAKA 実行員会
info@code4.osaka



『GovHack 生駒市』〜LINE@を活用したあなたのアイデアで自治体をもっと身近に〜

https://hackcamp.doorkeeper.jp/events/66076

『GovHack 生駒市』〜LINE@を活用したあなたのアイデアで自治体をもっと身近に〜

2017-10-27(金)18:30 - 2017-10-28(土)18:30
久保 仁詩 田村弘昭 Takuya Nozu Yoshiharu Ikutani + 3人の参加者
申し込む
参加費無料
申込締切 10月27日 16:30
参加費無料・原則両日の参加をお願いしております。
あと23人参加できます。

LINE@を活用して、自治体と市民または市民間のコミュニケーションを活発にするサービスを創るハッカソン!生駒市ver(BBQ付き)

2017年10月より「LINE@」アカウントが自治体向けに無償で提供されることに先んじて、自治体でLINEを活用すればどのようなものが生み出せるのかを探るハッカソン!生駒市バージョンです!

企業やイベントの告知・問い合わせにどんどん活用の幅が広がっている「LINE@」。
この活用を進めている自治体はどんどん増えてきています。

しかし自治体からのお知らせや防災情報だけが送られてくるだけでは、市民の目線で「使いたくなるサービス」とは言えません。

例えば、問い合わせたい内容を自治体がLINE上で返信してくれるサービスがあれば、面倒な電話をかける手間が無く、気軽にやりとりが出来ます。
LINE@ならそういったサービスが比較的手軽につくれます。

生駒市で実際にみんなが使えるサービスを、自治体の人たちと一緒に作りませんか?
ハッカソンはチームで役割分担して取り組みます。
プレゼンを考える人、サービスに使う画像を探す人、デザインする人、データを準備する人などプログラムが書けない人も含めて人手が必要になる場面は多々あります!ですので、ハッカソンに参加したことの無い方も是非ご参加ください!

懇親会は奈良先端科学技術大学院大学でバーベキュー!レアな機会なのでお見逃しなく♪
※参加は任意です

Code for Ikoma × LINE × 生駒市 × Mashup Awards × NAIST

このハッカソンは、市民の力と技術で地域をよりよくする活動をする『Code for Ikoma』と、『生駒市役所』、『奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)』、「LINE@」を提供する『LINE株式会社』、そしてエンジニアの国内最大級の祭典『Mashup Awards』の共同企画です!

ここで作られるサービスには2つの特典があります。
そして優勝者・準優勝者には賞品もご用意しております!

1.「LINE@」プロ(API)を無償で提供

本来、LINE株式会社から有料で提供されているバージョンの「LINE@」が無料で提供されます。
ここで作られた、新たな地域コミュニケーションの創出に繋がる等で自治体で活用できると思われる作品については、最大2年間無償で提供(32,400円/月x24か月相当)!
これによって、初期コストの負担が大きく下がるため、実際に市民の力で自治体と一緒に作っていくことが出来ます。

2.「Mashup Awards 2017」シード権

より複雑なシステムや、Webサービスの連携など、エンジニアの方々の力は非常に重要です。
ここで作られたサービスは上述の「Mashup Awards 2017」で、「LINE GovHack賞」というシード権にチャレンジすることができるので、堅実なサービスを開発された方でも、このエンジニアの祭典でご活躍いただくことが出来ます。
※MAについて、詳しくはこちらから

これまで、GovHackは神戸市・千葉市で開催されています。
GovHack公式サイトも参考にしてください!
http://hackcamp.jp/govhack/

開催概要

[日時]
2017年10月27日〜28日
10月27日(金)Day1:インプット+アイデアソン 19:00〜22:00(受付 18:30〜)
10月28日(土)Day2:ハッカソン 10:00〜18:30(受付 9:30〜、懇親会19:00〜)

[場所]
10月27日(金)Day1:イコマド (https://ikoma-do.com/)
10月28日(土)Day2:奈良先端科学技術大学院大学(NAIST) (http://www.naist.jp/accessmap/)
※NAIST 情報科学研究科棟(赤い棟)の4階になります

[参加対象者]
・自治体職員の方(生駒市の職員さんがメインで参加します)※生駒市以外の周辺自治体の方も勿論参加OKです。
・シビックテックに関心のある方(エンジニアさんじゃ無くても大歓迎!)
・ハッカソンに興味のある方
・地域をより良くしたいという想いのある方 など

[参加費]
無料(PCやスマホなど必要なツールはご持参ください)
※ハッカソンの日の昼食は、NAISTの学食または学内のコンビニが利用可能です

[懇親会]
懇親会は、ハッカソン終了後NAISTのBBQスペースでBBQを行います。是非ご参加ください!
(参加費別:1500円)
優秀作品を開発したチームには、神戸牛がシェアされます

[Day1] プログラム
時間 項目
18:30 開場・受付
19:00 開始・イントロダクション
19:10 「LINE@」やAPI等のインプット
19:30 「LINE@」と連携できるwebサービスや事例を紹介
19:50 アイデアソン(自治体の課題等のインプットも含む)
21:40 アイデアプレゼン
21:50 チームビルディング&作戦会議
22:00 退出

仕事終わりに集まって、今自治体側で発信している情報や、多く問い合わせされている情報等をインプット。そして、LINE@や各種API(最近話題のBotの作成や、LINEビーコンの活用など)のインプットも。その後は、利活用シーンや面白い実装方法を考えるためのアイデアソンを様々なメソッドを用いて実施いたします!
※当日出されたアイデアを元に、チームビルディングを行います
※10/27(金)に宿泊をご希望の方は、NAISTのゲストハウスまたは生駒市内の旅館に斡旋いたします

[Day2] プログラム
時間 項目
9:30 受付開始
10:00 ハッカソン開始
16:00 プレゼン&デモ
17:00 審査
17:30 審査結果発表
18:00 懇親会
20:00 解散

前日にチームビルディングされたチームで実際の開発を行っていただきます。それぞれ作業分担をしながら、プロトタイプの作成を目指します!

[賞品]

優勝:GovHack生駒賞
副賞:(調整中)

準優勝
LINE Payカードをプレゼント!(調整中)

[審査員]

(調整中)

[主催]

Code for Ikoma

[協力]

生駒市(予定)

奈良先端科学技術大学院大学

[協賛]

LINE株式会社

[技術協賛]

(調整中)

[運営]

Code for Ikoma

イコマド(10/27)、奈良先端科学技術大学院大学(10/28)
奈良県生駒市高山町8916-5
Google マップで見る
地図データ ©2017 ZENRIN
コミュニティについて
HackCamp

HackCamp

HackCampとは? キャンプを楽しむように、ものづくりを楽しもう。 HackCamp は、楽しみながら新しいものを生み出したい、全てのハッカー/クリエイターの為のハッカソンコミュニティです。 課題解決の為のハッカソンや、新技術を使ってみるハッカソン、多様な人が集まり発想するアイデアソン。世の中には様々なハッカソン型イベントが増えてきました。 HackCampでは、ものづくりを楽しみた...

 コミュニティに参加
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR