Code for OSAKA リサイクルハッカソン

https://code4osaka.connpass.com/event/43970/
より引用


Code for OSAKA リサイクルハッカソン

アイデアをリサイクルせよ!

主催 : Code for OSAKA

募集内容

一般・学生

1000円(会場払い)

先着順
15/60

イベントの説明

アイデアをリサイクルせよ!埋もれたアイデアに光を!

リサイクルハッカソンはCode for OSAKAが主催するハッカソンイベントです。

テーマは「アイデアのリサイクル」

過去ハッカソンやアイデアソンで出てきたアイデアやビジネスモデルでローンチ・プロダクト化されてないものを、「資源」であると考え、これらにもう一度光を当て、日の目を見るものに再生させることを目的に行うハッカソンです。

詳細についてはイベント紹介ページをご覧ください。

対象

  • プランナー・エンジニア・デザイナー
  • シビックテックに関心のある方

参加費

お一人につき1000円 ※会場払い

会場・日時

1日目、2日目どちらかだけの参加も可能です。

  • ハッカソン1日目 12/3(土) 10:00 - 17:00 大阪市・八尾市・松原市環境施設組合 舞洲工場
  • ハッカソン2日目 12/4(日) 9:30 - 19:00 大阪イノベーションハブ

タイムスケジュール

1日目(大阪市・八尾市・松原市環境施設組合 舞洲工場 大阪市此花区北港白津1丁目2−48)

  • 9:00 開場
  • 10:00 ~ 開始・API説明
  • 11:00 ~ 大阪市・八尾市・松原市環境施設組合 舞洲工場見学・チームビルド
  • 12:00 ~ 昼食(※お弁当を用意します)
  • 13:00 ~ 作業開始
  • 16:30 ~ 中間成果発表(@3分)
  • 17:00 終了

2日目(大阪イノベーションハブ 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 北館7階)

  • 9:00 開場
  • 9:30 ~ 開始
  • 16:00 ~ 成果発表
  • 17:30 ~ 懇親会開始(※飲み物、軽食を用意します)
  • 18:00 ~ 表彰式
  • 19:00 終了

賞品

  • Code for OSAKAオリジナルTシャツ(優勝チーム、準優勝チーム)
  • API賞

審査員

  • 角 勝さん(Filament inc 代表取締役)
  • 中道 忠和さん(大阪市ICT戦略室ICT戦略担当課長代理)
  • 牧野 成将さん(GVH マネージャー)

メンター

  • 古崎晃司さん(大阪大学)
  • 鈴木鉄平さん
  • 松本雅博さん

協賛企業

  • 株式会社アプレッソ
  • チームラボ株式会社

共催

  • 大阪イノベーションハブ

協力

  • 大阪市
  • 関西大学ミライズ

提供API

  • DataSpider
  • RESAS-API
  • kintone
  • Yahoo! myThings
  • ドコモデベロッパーサポート
  • デバイスコネクトWebAPI
  • Twilio
  • Monaka
  • さくらのクラウド
  • オムロンHVC

スポンサーサイト

農村でハッカソン

www.town.ikeda.fukui.jp/gyousei/gyousei/1941/p002299.html

より引用



「農村でハッカソンin池田町」を開催します

最終更新日 2016年11月11日

 

ページID 002299

 

印刷

      
  • LINEで送る

「農村でハッカソン」in池田町 開催決定

ハッカソンちらし

平成28年10月13日木曜日に開催された、「まちおこしアイデアソンinいけだ」で出されたアイデアをもとに、1泊2日でアプリを作るコンテスト「農村でハッカソン」を開催します。

開催要項

日程

平成28年11月26日(土曜日)午後1時30分~平成28年11月27日(日曜日)午後4時30分

場所

福井県今立郡池田町菅生23-42

農村de合宿キャンプセンター(新しいウインドウが開きます)

(廃校をリノベーションした合宿施設です。)

定員

30人

持ち物

パソコン

(キャンプセンター食堂にWifi環境はありますが、一度に数台がインターネットにつなげると重くなります)

参加費

  • 宿泊しない方は無料です。(2日目のお弁当付)
  • 宿泊者は7000円です。(宿泊費と夕食・朝食代として)

最寄駅からの送迎について

遠方からJRで来られる方はご相談ください。(送迎のご案内をいたします。)

賞金

優秀賞1作品:賞金3万円(商品券)

その他、特別賞を設けます。

※なお、受賞作品は、オープンアプリ(CC-BY)として、ソースコードを公開していただきます。

その他

アプリの製作には、公共クラウド(観光オープンデータ)のデータを使用すること。

公共クラウド(新しいウインドウが開きます)とは、全国の自治体の観光情報をオープンデータとして提供するシステムです。

タイムスケジュール

1日目

午後1時~ 開場・受付

午後1時30分~午後2時 観光情報の紹介、ハッカソン説明、参考アプリ紹介など

午後2時~午後2時30分 マッチング(アイデアの整理、チーム編成)

午後2時30分~午後6時30分 チーム作業

午後6時30分~午後7時30分 夕食

午後7時30分~午後9時30分 チーム作業

2日目

午前8時~午前9時 朝食

午前9時~正午 チーム作業

正午~午後1時 昼食(お弁当)

午後1時~午後3時 チーム作業

午後3時~午後4時 成果発表

午後4時~午後4時30分 投票と賞発表、記念撮影

参加申込等

以下の申込フォームからお申込みください。

https://goo.gl/forms/m66XIGVcTQDzqcvk1(新しいウインドウが開きます)

申込締切

平成28年11月22日(火)

「まちおこしアイデアソン」で出された課題やアイデアはこちら

10月13日に開催した「まちおこしアイデアソン」のアイデアなどを公表します

関連情報

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。

第3回オープンデータ・ハッカソンin鳥取(防災・減災アプリを作ろう編)

code4tottori.doorkeeper.jp/events/53951

第3回オープンデータ・ハッカソンin鳥取(防災・減災アプリを作ろう編)

2016-11-12(土)09:00 - 2017-01-22(日)16:00


24人の参加者 Hitoshi  Narikiyo Hisateru  Itano 西岡大穂 むらたけんすけ Rikito Seki SAKAGUCHI Takashi Junko Takeuchi kmt_t (実際ぱっぱらぱー) Masayuki Higashino + 15人の参加者
申し込む
参加費無料
申込締切 1月31日 0:00
あと26人参加できます。

第3回オープンデータ・ハッカソンin鳥取(防災・減災アプリを作ろう編)

開催趣旨

第3回目となる今回の「オープンデータ・ハッカソンin鳥取」のテーマは 「防災・減災」です。

オープンデータを地域の防災・減災に活用し、地域課題の解決と地域の情報化を推進することを目的としたハッカソンを開催します。

本ハッカソンは、アーバンデータチャレンジ2016実行委員会の協賛を頂いており、アーバンデータチャレンジ2016(UDC 2016)への作品の応募を目指します。

UDC 2016の応募部門 には、アプリケーション部門、データ部門、アイデア部門、アクティビティ部門がありますが、本イベントはハッカソンですので、アプリケーション部門またはデータ部門への応募を原則とします!

面白いアプリ・役に立つアプリはエンジニアだけが作るものではありません。社会的な面においては、課題意識のある方、課題意識のある方、現場でリアルな状況を知っている方、現場で実際に利用する方、様々な人々が関わることで初めて作れるものです。また、技術的な面においても、アプリはプログラミングだけではできず、アプリ内の文書やイラストを考える方、エクセルなどでデータを作る方、インターネットで情報を集めて整理する方、実際に利用して使用感をフィードバックする方、プレゼンする方など、様々な人が関わって作られるものです。

また、中高生大学生の参加も大歓迎です。これからの社会の主役です。ぜひ一緒に取り組んでください✨

テーマ

  • 地域の防災または減災

参加対象者

  • 防災または減災に関心がある方
  • 地域課題の解決に関心がある方
  • 楽しい・面白いものを作りたいエンジニアの方
  • 美しいアプリをデザインしたいデザイナーの方
  • ちょっと様子を見てみたい方
  • 中高生、大学生、会社員、行政職員、NPO職員、どなたでもご参加いただけます。
  • ふらっと立ち寄りでもOKです。

(重要)アイデアの取り扱い

  • 今回のハッカソンでは、本当に実現したいと思ったアイデアは実現を目指して取り組むこととします。これまでのハッカソン(第1〜2回)のように、投票による取捨選択は行いません!ただし、似たアイデアの統合や、チーム横断的な協力は、積極的に推奨します。
  • 今回のハッカソンでのアウトプットは特に理由(個人情報を伏せたい、プライバシーに関わる等)がない場合は、事前にアウトプットした方に確認の上、基本的に全てオープンデータとして扱うことをご了承ください。またそのライセンスは特に理由(作品に使用したデータのライセンスに制限がある等)がない場合はCC BYの採用を推奨します。

日程

重要日程

日付Code for TottoriUDC 2016
2016年11月12日(土)アイデアソン@cafe SOURCE BANQUET
2016年12月23日(金)作品概要の応募〆切
2017年1月21日(土)・22日(日)ハッカソン@cafe SOURCE BANQUET
2017年1月27日(金)作品の応募〆切

定期もくもく会

もくもく会とは、コワーキングスペースやカフェなどに集まって各自もくもくと勉強したり作業したり本を読んだりする会のことです。基本的に自分のことをしているだけでも良いですし、当該日時に来なければならないといった制約もなく自由です。もちろん作品の応募に向けて準備しても良いです。ゆる〜い会です。各チームやチーム間の交流のきっかけにお役立てください。「今週、カフェで本でも読もうかな。」「あ、私も行きますよ〜。」「そういえばハッカソンの応募作品を少し進めてみますか〜。」といったイメージです。

  • 期間: 11月10日(木)〜1月26日(木)の毎週木曜日 だいたい16:00〜18:00くらい。
  • 場所: 適宜決定(もくもく会場をご提供してくださるスポンサー様を募集中です🙇)
もくもく期間会場
#111月17日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#211月24日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#312月01日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#412月08日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#512月15日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#612月22日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#701月05日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#801月12日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#901月19日(木) 16:00?〜18:00?(未定)
#1001月26日(木) 16:00?〜18:00?(未定)

スケジュール

今回のハッカソンの全体的な流れ

  1. (イベントその1)アイデアソン
    1. 各自が課題や問題を発表して共有する
    2. 共有した課題や問題の解決方法をまず各自が考えて共有する
    3. チームビルディング
      1. 興味がある・似たアイデアの人でチームを作る
      2. 人数の少ないチームは協力者を募集する(他チームからの引き抜きも!?)
    4. 各チームで課題・問題のアイデアの整理
    5. 各チームでアイデアの発表
  2. アーバンデータチャレンジ2016に作品概要の応募
  3. 「インターネット」と「定期もくもく会」でアイデアのブラッシュアップとアプリ化をじわじわ進める
  4. (イベントその2)ハッカソン
    1. アイデアのアプリ化
    2. 作品の発表
    3. 作品の公開
  5. アーバンデータチャレンジ2016に作品を応募
  6. アーバンデータチャレンジ2016の1次選考を通過したチームはさらに2次選考での発表へ

(イベントその1)アイデアソン: 2016年11月12日(土)

時刻内容
09:00開場及び受付
09:30開始挨拶・イベントの説明・全体連絡
10:00アイデアソン
12:00昼食休憩
13:00アイデアソン
15:00発表会
16:00終了

(イベントその2)ハッカソン: 2017年1月21日(土)・22日(日)の2日間

2017年1月21日(土)

時刻内容
09:00開場及び受付
09:30挨拶・全体連絡
10:00ハッカソン
12:00昼食休憩
13:00ハッカソン
16:00終了

2017年1月22日(日)

時刻内容
09:00開場及び受付
09:30挨拶・全体連絡
10:00ハッカソン
12:00昼食休憩
13:00発表会
16:00終了

会場施設

cafe SOURCE BANQUET(カフェソース バンケット)

〒680-0831 鳥取県鳥取市栄町401−3F(Google Maps

http://banquet.cafe-source.com/

cafe SOURCE BANQUET Web Site

持ち物

アプリを作るために必要な道具をみんなで持ち寄りましょう!

  • ノートパソコン
  • 発表する方はHDMIケーブル
  • 必要であれば無線ルータやモバイルルータ
  • 電源タップ・延長コード(お持ちの方は持参をお願いいたします。)
  • 文房具(筆記用具、スケッチブック、付箋紙、など)
  • その他の小道具
  • ハードウェアや関連機材などお持ちいただいても構いません。

運営組織

  • 主催
    • Code for Tottori
  • 共催
    • アーバンデータチャレンジ2016実行委員会(一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会)
    • 鳥取県

GIS教育認定

このイベントの初日「(イベントその1)アイデアソン: 2016年11月12日(土)」はアーバンデータチャレンジ2016実行委員会(一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会)共催のもと、地理情報システム学会のGIS教育認定を受けております。GIS上級技術者の資格に必要な教育達成度のポイント加算の証明になる参加証を発行可能ですので、必要な方は当日にCode for Tottoriの代表までお問い合わせください。

オープンデータ

お問い合わせ先

ご不明な点やご要望などありましたら下記URLのフォームよりご連絡ください。

https://code4tottori.doorkeeper.jp/contact/

Q&A

Q: 1日だけや数時間だけの参加でも良いですか?

A: 大丈夫です。1日だけや数時間だけであっても人数の把握のためDoorKeeperの参加申込をお願いいたします。

Q: プログラミングやアプリについて詳しくないのですが参加しても良いですか?

A: はい。どなたでもご参加いただけます。当イベントのテーマに関する地域課題の解決に興味がある方や、身近に地域課題があり困っている方など、幅広く募集しておりますので、お気軽にお越しください。

任意団体「Code for Tottori」とは?

Code for Tottoriはテクノロジーを活用して市民の力で鳥取県を良くしたい思いを持つ人々の集まりです。そんな気持ちがあればどなたでもお気軽にご参加ください。

現在Code for TottoriではFacebookグループで連絡を取っております。Code for Tottoriに参加するにはhttps://www.facebook.com/groups/code4tottori/ にて参加申請を行ってください。

活動履歴(過去のハッカソン)

HPH 2016 林業 x IT ハッカソン in Sapporo

https://hph2016.doorkeeper.jp/events/48624


2016-09-03(土)09:00 - 2016-09-04(日)18:00


■HPH2016 第一産業ハッカソンとは?
北海道札幌市で、林業とITで新しい未来をつくるイベントを開催します!
日時は9月3日(土)~4日(日)、場所は北海道札幌市となります。

プログラマーやIT関係者のみならず、もちろん林業従事者やデザイナー、
企画をお持ちの方、一般市民、学生さんなど広い業種や年代で共有するアイデアを
出しあい、林業の未来の姿を考える2日間です。

テーマ「低コスト・効率化林業を実現するにはどうしたらよいか?」

林業業界と最先端IT技術とではかなりのIT格差が進んでいます。そこで、昨年度は
ビーコン(BLE)・GPS・クラウドといったIT業界でのトレンドと組み合わせることで
何かのアイデアが生まれないだろうか?といった取り組みをしました。
結果的にいくつもの素敵な発想やアプリが出来上がり、継続的に開発を進めている方もおります。
今年はITとの親和性の高い、林業業界の大きな課題の一つである「低コスト・効率化」をテーマとしました。

■連絡事項
2016/08/08 追記
北海道の森林情報のオープンデータが開始したようです!自由に使えますよ!
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/srk/OPD.htm

2016/08/25 追記
バスの変更により、定員を35名に変更しました。残り少ないのでお申込みはお早めに。

■ハッカソンとは
ハッカソンとはハックとマラソンを組み合わせた造語(wikipedia)。
参加者同士でワークショップ形式でアイデア出しの為のワークを取り入れたアイデアソンというものを行います。
事前の知識や経験などは無くても問題ありません、与えられたテーマや課題からアイデアを出します。
1日の後半から2日目にかけて行われるハッカソンはアプリケーションやサービスなどを開発するイベントです。

■みどころ
【参加特典】 [体験] 普段は、入れない国有林の中に入れる!
→携帯電波の届かない(?)リアルな自然を体験しましょう!
→これだけでも来る価値アリ!!
→林業のリアルな雰囲気の中で思う存分アイデアを膨らませて、ハッカソンをやりましょう!

【参加特典】 [体験]実際の林業の伐採現場を見ることが出来る!
→なんと林業の現場へバスツアーを予定! 
→ 大型重機で切り倒すのを間近で見れるチャンスはなかなかない!
※雨天時や前日に雨量が多かった場合には、雨天時のコースに変更になります。
※長靴など、汚れても構わない靴でお越しください。

【参加特典】 [講演] テーマ 「造材」 低コスト林業とあるべき未来(予定)
→国有林・民有林共通の林業の課題を理解する

■スケジュール(変更される場合があります)
9月3日
08:45~09:00 林業バスツアーへ出発!!
集合場所:ICCは開いていないので、向かいの1Fスペース「情報産業スクエア」で集合します
map
square
※札幌市産業振興センター内の1Fスペース「情報産業スクエア」(ICCの向かい側のスペース)
※20160/24 定山渓に変更になりました。
→ 恵庭「盤尻地区」の国有林から、定山渓の林野内に変更になりました。

09:00~10:30 道内の林業現場へ移動
pic7

10:30~12:00 現場到着、伐倒、見学
pic4
pic5

12:00~13:30 ICCに移動
※バス内で昼食等を取れるようにコンビニ等によります。

13:30~14:00 会場設営・休憩
14:00~15:00 [講演]インプットワーク
林野庁北海道森林管理局様
pic3

15:00~15:30 [講演]インプットワーク 喜多耕一さん
15:30~15:40 休憩(予定)
15:40~17:20 アイデアソン
17:20~17:40 チームビルディング
17:40~21:00 ハッカソン(会場は21:00頃まで使用可能)
※チームごとに作業を行います。

9月4日(日)
09:00~14:00 開場、ハッカソン
14:00~15:00 発表プレゼン準備
15:00~16:30 成果発表会
16:30~18:00 ビアバッシュ
18:00~19:00 片付け・解散

■当日使用可能な機材・デバイスの紹介
PHANTOM 3 ADVANCED
PHANTOM 3 ADVANCED
話題のドローン!Phantom 3の標準モデル。毎秒60フレームで鮮明な1080HD映像の撮影が可能。
Follow Me, Point of Interest, Way Pointなどの自動飛行モードの他、柔軟性の高いコントロールシステムにより、誰でも高度な空撮を楽しむことができます。4K動画撮影以外の全てはProfessionalと同じ性能を持ちます。
http://www.dji.com/jp/product/phantom

estimote beacon
estimote beacon
http://estimote.com/

mesh bundle 4
mesh bundle 4
http://meshprj.com/jp/

theta s
theta s
https://theta360.com/ja/about/theta/s.html

TR-313J 3G/GPSトラッカー
TR-313J 3G/GPSトラッカー
http://www.trackers.jp/products_tr313j.html

■Q&A
Q.技術が無いのですが参加可能ですか?
A.基本的にはハッカソンも含めての参加を推奨しておりますが、チームを作りますので技術がなくても参加チーム内でのプレゼン作成等など出来ることは沢山あります。

Q.チームでの参加(3名)を希望しておりますが、9/3について1名午後より参加を希望させていただきたく、途中参加は可能でしょうか。
A.はい、可能です。チーム参加であればその中で調整ください。

Q.ハッカソンにて利用する製品以外に、想定される製品や技術(プログラミング言語、環境等)はありますでしょうか。
A.基本的に使用されるものは自由です。例えば、無料期間が設定されているクラウドサービスを使用するのは有益かと思います。

サーバー等
Microsoft Windows Azure / Amazon AWS / IBM Bluemix / さくらインターネット

モバイルバックエンド等
Nifty Cloud mBaas / Firebase

モバイル等
Android Studio / XCode / Cordova / Xamarin / NativeScriptなど

Q.アイディア創出やハッカソンの作業を行う際に必要となるPCは、持込が前提でしょうか。またネット環境は利用可能でしょうか。
A.はい、持ち込み前提です。プレゼンも自前のPCを接続して頂くことになります。
ネット環境につきましては、会場でのWifi接続をご利用頂ける予定ですが複数人数の接続により不安定になることが予想されます。自前のモバイルルーター等をご利用になるなど、代替え手段があったほうが無難です。

Q.ハッカソンで利用する製品を触ったことがないメンバーのため、ハッカソンの作業で製品の導入から開始すると考えています。そのため、アイデア創出までで作業が終わってしまい、アプリ開発が完了しないことが想定されますが、問題ないでしょうか。
A.はい、すべてをハッカソンの期間中に作り込む必要はありませんし、使用してみたい機材があれば運営の担当がサポートを致します。

例えば、メンバーの一人がコア機能を実装、メンバーの一人はプレゼンを担当、メンバーの一人はアプリの外枠を担当、などチームで役割を分けて実施することになるかと思います。下記は運営側の経験的なものですがわかりやすいかもしれません。

「アイデア創出」 ⇒ 「企画立案」 ⇒ 「"プロトタイプでどこまで見せるか"検討」 ⇒ 「"コア機能の作り込み"」 ⇒ 「全体のプレゼン」

一泊二日なので、すべてを作りきるには大変な労力です。なので、自分たちのアプリのどこが素晴らしいのかどこを動かせば魅力が伝わるかを考え、そこの機能のみ実装することでも十分に価値は伝わります。

もちろん、ハッカソンでノンコーディングで作る方もいらっしゃいます。既存サービスの組み合わせでプログラムレスで作成可能なケースもあります。自分たちのアイデアに合わせて工夫して頂ければと思います。

蛇足になりますが、業務プログラムとは違いますのでソースコードの提出などはいりません。
動く部分だけをプレゼンして頂ければ十分で、可読性やセキュリティ対応などの対応をする時間があればコアの機能にのみ注力するのが上手な時間の使い方です。

Q.午前中のバスツアーの様子を、録画(主に伐採作業中)したいと考えています。
A.ビデオは参加者へ配慮してもらえればOKです。要は参加者が映らない、または許可のもと写すのであればオッケーです。
A2.スタッフは当日撮影まで手が回らないので、運営にもコピーして頂けると記録映像として助かりますので是非お願いしたいです(運営@北原)

Q.領収書は発行可能ですか?
A.はい、可能です。第一産業ハッカソン2016 代表の名義で発行致します。

Q.バスツアーのみ、講演のみの参加は可能ですか?
A.いいえ、できません。両日参加できる方を対象としています。
ただし、講演からの参加やハッカソンからの参加は可能です。

■注意事項
・チームでの参加も可能ですが登録は各個人でお願いします。
・両日とも昼食の提供はありません。各自で持参してください。
(※帰りに一度コンビニ等に立ち寄ります)。
・一日目の林業ツアーでは足場が悪い場合もあります。長靴等は各自でご準備ください。
・宿泊場所の提供はありません。

■主催
ネオス株式会社 / 北海道第一次産業ハッカソン 2016

■協賛
澄川工作所 / BREAK THROUGH / Ramupirika

■後援
林野庁北海道森林管理局
北海道
一般社団法人 LOCAL



ISWC2016@KOBE連携ハッカソン【8/20(土),9/3(土)@神戸】

sites.google.com/site/sigswo15/papers/iswc2016hackathon

ISWC2016@KOBE連携ハッカソン
-オープンデータを使って「ISWC参加者向けLODアプリ」を開発しよう!(仮称)-

■開催日程・会場
・2016年8月20日(土)10:00-18:00(予定) アイデアソン 
    会場:神戸市・三宮駅近くの会場(近日中に案内します)
    参加申し込みサイト http://peatix.com/event/189054
・2016年9月3日(土)10:00-18:00(予定) ハッカソン
    会場:神戸市・三宮駅近くの会場(近日中に案内します)
    参加申し込みサイト http://peatix.com/event/189126
   
■主催:人工知能学会・セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会

■開催概要
セマンティックWeb技術やLinked Dataなどに関するトップカンファレンスであるISWC2016(The 15th International Semantic Web Conference)が,今年の10月に12年ぶりに日本(神戸市)にて開催されます.

このISWC2016の神戸開催の連携企画として,Linked Open Data(LOD)の活用した「ISWC参加者向けアプリ」を開発するハッカソンを開催します.
テーマは,世界各国から集まる「ISWC2016の参加者が,日本(神戸)滞在を楽しむ」ためのアプリケーションです.

使用するデータは,DBPediaをはじめとするLODや,神戸市などが公開しているオープンデータに加え,NHKさんがNHK Worldのコンテンツに関するメタデータをLinked Dataにして提供して下される予定です.

またハッカソンの優秀作品は,SWO研究会の参加者等からの意見を受けてブラッシュアップをした後,ISWC2016国内委員会が提供する公式アプリとして,参加者に利用していただく予定です.

■参加対象
・LODやオープンデータを活用したアプリケーション開発に関心をお持ちの方
・NHK Worldのコンテンツを利用したアプリを開発してみたい方
・外国人向けのサービスやアプリに関心のお持ちの方
・LODを他のデータやコンテンツ(例:NHK World)と連携させて利用する技術に関心のある方
※プログラムの開発経験があることが望ましいですが,アイデア出し,データ作成など,
 エンジニア以外の方でもご参加いただけます.

■イベント内容
<1日目:8月20日(土)アイデアソン>
・NHKさんから提供いただくNHK Worldのメタデータをはじめ,今回のハッカソンで利用できる
データおよびツールの説明をします.
・チーム編成,および,開発するアプリのアイデアを議論する「アイデアソン」を行います.

<2日目:9月3日(土)ハッカソン>
・アイデアソンの成果をもとに,アプリのプロトタイプを開発する「ハッカソン」を行います.
・最後に成果発表を行い「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」や,その他の特別賞などを決定します.

※1日目のアイデアソンと,2日目のハッカソンの間の期間は,グループ毎に必要に応じて打ち合わせ,
 事前作業を進めていただきます.
※2日間ともに参加できることが望ましいですが,いずれか1日のみの参加も歓迎します.

<後日:9月6日(火)ブラッシュアップ(東京にて開催)>
・ハッカソンで「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」として選ばれたアプリ
 からの意見も聞いて,ブラッシュアップの方針を検討します.
・その後,検討した方針に沿ってアプリのブラッシュアップを行い,最終版をISWC2016の参加者向けに公開します.

※9/6に行うブラッシュアップの議論については,参加は必須ではありませんが,9/5-6に開催される
 第39回SWO研究会と合わせて,参加をご検討いただけますと幸いです. 
※ブラッシュアップの作業をどのように行うかの詳細は,追って案内しますが,ハッカソンで選ばれたアプリの
 開発者だけではなく,本イベントとして,開発をサポートする体制を用意する予定です.


■成果物の扱い
・本イベントで発表された成果(アイデア,アプリ)は,原則として,オープンなライセンスで公開するものとします.
・ただし,それらの成果をもとに発展させたものを学会(国際会議,研究会,全国大会など)や学術論文として
 発表することは,妨げません.
 →その際は,貢献度に応じて共著者にすることや謝辞で述べるなど,適切な対応を行ってください.
・「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」として選ばれたものは,ブラッシュアップの後,オープンソースソフト
 ウェアとして公開する予定です.
 その際のライセンス等は,アプリの開発に携わったメンバーで調整の上,決定します.


■参加申し込み
下記のサイトからお願いします.
・1日目:8月20日(土)アイデアソン
    http://peatix.com/event/189054
・2日目:9月3日(土)ハッカソン

※9月6日(火)ブラッシュアップ議論への参加申し込みは不要です.
 詳しくは,第39回SWO研究会の参加案内をご覧ください.

■お問い合わせ先
・セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会
 sigswo-kanji@ai-gakkai.or.jp
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR