オープンソースカンファレンス2016 Kyoto

www.ospn.jp/osc2016-kyoto/modules/eventrsv/


11:00-11:45オープンデータで田舎をイノベーション(続編)ほか

担当:オープンデータ京都実践会

講師:高木 治夫・かとゆこ・鈴木 大輔・青木 和人
OSC2015

OSC2016 Kyoto 7/30(土) 2日目タイムテーブル

    1号館4F    
サイエンスホール
    1号館4F    
AV会議室
    1号館4F    
会議室A
    1号館4F    
会議室B
    1号館4F    
会議室C
    1号館4F    
会議室D
    1号館4F    
会議室E
アトリウム(受付の建物)
オープンスーペース
9:40
-
10:00







「第4回 OSCアワード」表彰式

担当:オープンソースカンファレンス実行委員会 

講師:宮原 徹(OSCアワード実行委員会 委員長) 


10:00
-
10:45
Elasticsearch、Kibana、Logstashではじめるログ解析入門

担当:Elastic 

講師:大谷 純 


CMS初心者Webデザイナーがconcrete5コミュニティに飛び込んでオリジナルデザインのテーマを完成させた話

担当:concrete5関西ユーザーグループ 

講師:松田 和広 


京都発! オープンソースなかな漢字変換の変遷

担当:おーぷん万葉 

講師:橋本 雅彦・京橋 ひよわ 






オープンストリートマップで京都観光を楽しもう!

担当:OpenStreetMap Japan

講師:山下 康成 


11:00
-
11:45
OpenStackの概要と最新動向

担当:日本OpenStackユーザ会 

講師:ユーザ会有志 


ロケットや自動車にも搭載!高品質な組込み向けオープンソースを開発するTOPPERSプロジェクトのご紹介

担当:NPO法人TOPPERSプロジェクト 

講師:安積 卓也(大阪大学・TOPPERSプロジェクト) 


オープンデータで田舎をイノベーション(続編)ほか

担当:オープンデータ京都実践会 

講師:高木 治夫・かとゆこ・鈴木 大輔・青木 和人 


Samba4を「ふつうに」使おう!Samba4によるファイルサーバ構築テクニック

担当:日本Sambaユーザ会 

講師:たかはしもとのぶ 


Drupalハンズオン!~初めての人も歓迎! ローカルでDrupalを動かしてみよう。D8を体験できます!

担当:Drupalユーザーグループ 

講師:紀野 恵(Drupalユーザーグループ(g.d.o/japan) co-manager) 


ふりかえってみよう、オープンソース

担当:特定非営利活動法人オープンソースソフトウェア協会 

講師:林 香(理事・事務局) 



KMC(京大マイコンクラブ)学習発表会

担当:KMC(京大マイコンクラブ) 

講師:KMC部員 


12:00
-
12:45
今注目のOSSプロジェクトのご紹介。 OpenStack(IBM BlueBox) & Hyperledger(IBMブロックチェーン)

担当:日本アイ・ビー・エム株式会社 

講師:太田 充(日本アイ・ビー・エム/クラウド・テクニカル・サービス )・高城 勝信(日本アイ・ビー・エム) 


Hadoop/Sparkの今、そしてこれから

担当:株式会社NTTデータ 

講師:楠本 真弘(株式会社NTTデータ) 


Tensorflowで始める簡単ディープラーニング

担当:株式会社ボイドルーターシステムズ 

講師:藤岡 拓己(株式会社ボイドルーターシステムズ 取締役CTO) 


オープンソースの地理空間ソフトウェアFOSS4Gによる2D/3Dデータ可視化入門

担当:OSGeo財団日本支部 

講師:長瀬 興 


バグ報告・翻訳・パッケージング・コード修正・広報活動などなど―OSS に貢献してみるには?

担当:日本 openSUSE ユーザ会 

講師:武山 文信 


オープンソース!Open Flow 1.3 対応!日本発のネットワークスイッチOS「Lagopus Switch」

担当:Lagopus Users Community 

講師:益谷 仁士 


ラズベリーパイで動作するアニメ作成フリーソフト「9VA-pi」とカスタマイズ方法

担当:9VA-pi 

講師:大和団次郎 


東海道らぐ 京都LT大会 ~ 東海道の夏、ておくれる夏。 ~

担当:東海道らぐ 

講師:島田 啓史・橋本 雅彦 ほか 


13:00
-
13:45
Docker管理もHinemosで! ~監視・ジョブ機能を併せ持つ唯一のOSS「Hinemos」のご紹介~

担当:株式会社 NTTデータ 

講師:石田 純一(株式会社 NTTデータ) 


ビッグデータ最前線 ~Apache NiFi / Hadoop / Sparkで実現するデータフローの管理と高度な分析~

担当:ホートンワークスジャパン株式会社​ 

講師:今井 雄太(ホートンワークスジャパン株式会社) 


そこにあるサーバーにサクッと入れて使える!小規模から始められるソフトウエアベースストレージの魅力と使い方

担当:EMCジャパン株式会社 

講師:吉田 尚壮(EMCジャパン株式会社 アドバイザリーシステムズエンジニア) 


jus研究会京都大会「ITコミュニティの運営を考える」

担当:日本UNIXユーザ会 

講師:重兼 史尚(NSC運営事務局)・藏野 文子(GDG京都)・榎 真治(日本UNIXユーザ会/LibreOffice日本語チーム)・法林 浩之(日本UNIXユーザ会) 


手軽に買える機器をハックして、 メーカが提供している以上の機能、性能を引き出そう!!

担当:山下 康成(個人) 

講師:山下 康成 


次期バージョン先取り情報も! コーポレートサイトにちょうどいい国産CMS「baserCMS」で出来る、あんなことこんなこと

担当:baserCMSユーザー会 

講師:森川 徹志(baserCMSユーザー会) 


Vine Linuxの最新動向―Vine Linux 6.5と7について―

担当:Project Vine 

講師:Project Vine 


mikutter会議2016

担当:mikutter 

講師:浅井 俊昭 


14:00
-
14:45
【基調講演】平成生まれのための「Unix考古学」~GitHubなしでどうやって開発していたの?~(15:00終了)

担当:OSC京都実行委員会 

講師:藤田 昭人(「Unix考古学」著者) 


HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1ポイント解説無料セミナー

担当:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン 

講師:岡本 雄樹(アシアル株式会社 スクール事業マネージャー) 

EC-CUBEのご紹介と最新情報をお届け!

担当:EC-CUBEユーザーグループ 

講師:遠藤 良(株式会社ロックオン EC-CUBE事業部) 


ついに出る! NetCommons3の全貌とNetCommonsの学校ホームページ事例

担当:特定非営利活動法人コモンズネット 

講師:永原 篤(特定非営利活動法人コモンズネット) 


All about Ubuntu 16.04 LTS

担当:Ubuntu Japanese Team 

講師:あわしろいくや 


LEGO Mindstorms の遊び方

担当:LEGO Mindstormsで遊ぼう!(個人) 

講師:古川 信男 


ダイナミックDNSを10年以上やってみて

担当:Future Versatile Group/MyDNS.JP 

講師:T.Kabu 


Linuxデスクトップ入門

担当:小江戸らぐ 

講師:羽鳥 健太郎(主宰) 


15:15
-
16:00
さくらインターネットの Docker 戦略

担当:さくらインターネット株式会社 

講師:横田 真俊(さくらインターネット株式会社 エバンジェリスト) 


いまさら聞けない Linux コンテナの基礎

担当:lxc-jp 

講師:加藤 泰文 


HAクラスタでできること! Pacemakerの構築運用に役立つノウハウを紹介!

担当:Linux-HA Japan Project 

講師:平田 和照(Linux-HA Japan Project) 


MySQL 5.7最新機能+αのご紹介

担当:日本MySQLユーザ会 

講師:やまさき よしあき 


現役IT担当者が語る! 中小企業のIT化には見える化と共有化しかない!!

担当:オープンソース(OSS)で中小企業のIT化 

講師:菅 雄一 


残念な例から学ぶLibreOfficeの導入案 / Drawを少し便利に使おう

担当:LibreOffice日本語チーム 

講師:中村 倫・榎 真治 


Contao Open Source CMSの最新動向

担当:日本Contaoの会 

講師:神戸 隆博(世話役) 


Android タブレットにLinuxを入れて色々と遊んでみよう 続き その2

担当:Netwalker実験所 

講師:Kapper 


16:10
-
17:50
ライトニングトーク(募集中)&閉会式

司会:岩嵜 有紗(京都ノートルダム女子大学/学部生) 閉会挨拶:吉田 智子(OSC京都 実行委員長/京都ノートルダム女子大学)・宮下 健輔(OSC京都 実行副委員長/京都女子大学) 











スポンサーサイト

わかやまITカーニバル

https://wakayama-it-carnival.org/


大学・行政

国土地理院、大阪大学

ハンズオン

CoderDojo(子供向けプログラミング教室)AWSハンズオンLocalWikiパーティRubyボードハンズオン


オープンソースカンファレンス2015 Kansai@Kyoto

https://www.ospn.jp/osc2015-kyoto/modules/eventrsv/?id=2&noform=1





OSC2015 Kansai@Kyoto 2日目タイムテーブル
1号館4F
    サイエンスホール    
1号館4F
AV会議室
1号館4F
会議室A
1号館4F
会議室B
1号館4F
会議室C
1号館4F
会議室D
1号館4F
会議室E
アトリウム1F
(オープンスーペース)
10:00
-
10:45
OpenStackの概要と最新動向

担当:日本OpenStackユーザ会 

講師:ユーザ会有志 

オープンソース!Open Flow 1.3 対応!日本発のネットワークスイッチOS「Lagopus Switch」

担当:Lagopus Users Community 

講師:益谷 仁士 

DNS初めの一歩とダイナミックDNSの今&GVCによるオープンハード・オープンソースでの遠隔操作の紹介

担当:Future Versatile Group/MyDNS.JP 

講師:T.Kabu(代表) 

WP-APIを使ったNo PHPなWordPressサイトを考える

担当:WordBench京都 

講師:岡本 秀高 

Wikipedia の情報をもっと有効活用する Wikipedia Word Analyzer を開発するに当たって

担当:Wikipedia Word Analyzer 

講師:窪田 優(代表) 

中古コンデジを活用して勉強会の面白さ・楽しさを伝える

担当:小江戸らぐ 

講師:羽鳥 健太郎 

【ローカル企画 / ハンズオン/定員12名】かわいくておしゃれな電子ブロック littleBits で遊びながらコンピュータの原理を学ぼう!

担当:BitsGirls 

講師:大橋、田代、増田、他


満員
11:00
-
11:45
FirefoxとWebの未来 - Mozillaはこれから何にフォーカスしていくのか

担当:一般社団法人Mozilla Japan 

講師: 浅井智也(Mozilla Japan モバイル&エコシステムマネージャ) 

新入社員のための大規模ゲーム開発入門 サーバサイド編

担当:株式会社インフィニットループ 

講師:佐々木 亨基 

「コーポレートサイトにちょうどいい」baserCMSの機能とコミュニティのこれから

担当:baserCMSユーザー会

講師:権藤 隆行(baserCMSユーザー会) 

地理空間オープンデータの可視化を、オープンソースGISで簡単に!

担当:OSGeo財団日本支部 

講師:長瀬 興 

Raspberry Pi+Pifaceでホームセキュリティとホームエレクトロニクスを実現させます。

担当:PepoLinux 

講師:山内 勇 

LibreOfficeの最新動向/LibreOfficeの使いどころ

担当:LibreOffice日本語チーム 

講師:近藤 昌貴、中村 倫 

Debian Updates (Jessie, Stretch, Buster)

担当:関西 Debian 勉強会 

講師:佐々木 洋平 

【ローカル企画】セキュリティ競技CTFって何?~CTFを通じて楽しくセキュリティとふれ合おう~

担当:OSC京都ローカルスタッフ有志 

講師:市岡 将、中島 将太、中村 暢宏 

12:00
-
12:45
インフラエンジニア、アプリ開発者集まれ!今注目のクラウド 「Bluemix」、「SoftLayer」をはじめよう!

担当:日本アイ・ビー・エム株式会社 

講師:北瀬 公彦(日本IBM クラウド・エバンジェリスト ) 

Samba4を「ふつうに」使おう!Samba4によるファイルサーバ構築テクニック

担当:日本Sambaユーザ会 

講師:たかはしもとのぶ 

東海道らぐ真夏のLinuxライトニングトーク大会@ておくれない

担当:東海道らぐ 

講師:島田 啓史・橋本 雅彦 ほか 

Drupalハンズオン!~初めての人も歓迎! ローカルでDrupalを動かしてみよう

担当:Drupalユーザーグループ 

講師:紀野 恵(Drupalユーザーグループ(g.d.o/japan) co-manager) 

とことん紹介!OpenStreetMapとその活用事例

担当:OpenStreetMap Japan 

講師:久保田 優子 

xrdpのご紹介 ~シンクライアントとの組み合わせでVDI~

担当:日本xrdpユーザ会 

講師:岩男 皓一朗 

KMC(京大マイコンクラブ)学習発表会

担当:京大マイコンクラブ 

講師:京大マイコンクラブ部員 

13:00
-
13:45
【パネルディスカッション】今こそ語るエンジニアの幸せな未来~OSC京都編~

担当:さくらインターネット株式会社 

講師:パネリスト田中 慎司(株式会社はてな)宮原 徹(日本仮想化技術株式会社)モデレータ:田中 邦裕(さくらインターネット株式会社) 

コンテナ(Docker)時代のインフラ技術・運用管理に迫る!

担当:オープンクラウドキャンパス 

講師:オープンクラウドキャンパス有志 

HTML5レベル1ポイント解説セミナー

担当:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン 

講師:福田 浩之(LPI-Japanアカデミック認定校 株式会社ケイ・シー・シー 西日本センターユニット ITラーニングセンター) 

『会員サイト』を簡単に作っちゃおう。国産CMSネットコモンズのススメ。

担当:特定非営利活動法人コモンズネット 

講師:長澤 啓一(有限会社はなまちや) 

手軽に買える機器をハックして、 メーカが提供している以上の機能、性能を引き出そう!!

担当:山下 康成(個人) 

講師:山下 康成 

Contao Open Source CMSの最新動向 ~ バージョン3.5 LTSと4.0

担当:日本Contaoの会 

講師:神戸 隆博(世話役) 

TIBCO Jaspersoft概要 / JasperReportsでエクセルシートを作った事例

担当:Japan JasperServer Users Group 

講師:吉田 悟、岩満 

ロケットや自動車にも搭載!高品質な組込み向けオープンソースを開発するTOPPERSプロジェクトのご紹介

担当:NPO法人TOPPERSプロジェクト 

講師:高瀬 英希(京都大学) 

14:00
-
14:45
【基調講演】異なる領域を組み合わせたものづくりを文化として根付かせるには~ArduinoやPICマイコンでIoTやアートを楽しもう~(15:00終了予定)

担当:テクノ手芸部 

講師:かすやきょうこ・よしだともふみ 

クラウド時代を生きぬくためのITエンジニアとシステムインテグレータの OSS活用!

担当:TIS株式会社 

講師:倉持 健史(TIS株式会社 OSS推進室) 

次世代ECプラットフォーム「EC-CUBE 3」に迫る!「3」で何が変わったのか!?

担当:EC-CUBE関西ユーザーグループ 

講師:高橋 慎一 

Ubuntuがこの先、生きのこるには

担当:Ubuntu Japanese Team 

講師:柴田 充也 

Android Nexus7でLinuxを色々と遊んでみよう

担当:Netwalker実験所 

講師:Kapper 

Vine Linux の最新動向―最新安定版 Vine Linux 7 "Ausone" の紹介―

担当:Project Vine 

講師:Project Vine 

----------「オープンデータで田舎をイノベーション」他

担当:オープンデータ京都実践会 

講師:高木 治夫、鈴木 大輔、青木 和人 

15:15
-
16:00
分散処理基盤Apache Hadoop入門とHadoopエコシステムの最新技術動向

担当:株式会社NTTデータ 

講師:鯵坂 明 

新しくなったクラウドプラットフォーム「ConoHa」を使ってみよう!

担当:GMOインターネット株式会社 - ConoHa 

講師:斉藤 弘信(GMOインターネット テクニカルエバンジェリスト) 

jus研究会京都大会「IT系女子大生の育て方」

担当:日本UNIXユーザ会 

講師:宮下 健輔(京都女子大学) 

司会: 法林浩之(日本UNIXユーザ会) 

現役IT担当者が語る!中小企業のIT化を行なう上で重要な事とは!

担当:オープンソース(OSS)で中小企業のIT化 

講師:菅 雄一 

オープンソースを活用したIoTの活用方法について

担当:話せばわかるコンピュータの会 

講師:千葉 忠悦(話せばわかるコンピュータの会 副会長) 

LEGO Mindstorms の遊び方

担当:LEGO Mindstormsで遊ぼう!(個人) 

講師:古川 信男 

いまさら聞けない Linux コンテナの基礎

担当:lxc-jp 

講師:加藤 泰文 

16:10
-
17:50
ライトニングトーク(募集中)&閉会式

司会:白坂 珠梨(京都ノートルダム女子大学/学部生)閉会挨拶:吉田 智子(OSC京都 実行委員長/京都ノートルダム女子大学) 

                                                                      

FOSS4G 2015 Hokkaido


https://sites.google.com/site/foss4ghokkaido/foss4g-2015-hokkaido


FOSS4G(フォス・フォー・ジー)とは

FOSS4GとはFree Open Source Software for GeoSpatialの略で、オープンソースの地理情報ソフトウェア(GIS)群です。
FOSS4Gはソースコードも含めて無償で公開され入手・再配布が自由であり、導入・運用が低コストで行えるだけではなく、利用者が自らソフトウェアの検証・改善・メンテナンスを行うことが出来ます。
FOSS4Gは国際非営利組織のOSGeo財団により支援され、日本における公式の支部としてOSGeo財団日本支部(OSGeo.JP)が活動しています。

FOSS4G 2015 Hokkaidoとは

FOSS4Gのコミュニティ活動としてFOSS4Gカンファレンスが世界各地で行われ、国内でもOSGeo.JPにより東京・大阪を中心としてカンファレンス、勉強会が行われています。
特に2008年からはFOSS4G Tokyo/Osakaとして国内外、多分野からの参加者を集めています。

北海道では2012年から開催され、道内外からたくさんの方にお越し頂きました。

今年もフリー&オープンソースGISの祭典 - FOSS4G 2015 Hokkaido - を開催致します。
北の大地のGISコミュニティをより活発化していきましょう。


【日程・会場】

 

2015/7/2(木) 旭川プレセミナー(15:00 - 17:00)

北海道地図(株) 本社(旭川市)にて地図調製現場の見学、講演等を予定しています。

会場:北海道地図(株)様のウェブサイトにてご確認ください。

2015/7/3(金) コアデイ(10:00より)

          北海道大学札幌キャンパスにて基調講演、事例発表、懇親会(+ライトニングトーク)を予定しています。
詳細はこちら

会場:北海道大学 農学部本館4F 大講堂(札幌市北区北9西9)

2015/7/4(土) ハンズオンデイ(9:00より)

FOSS4Gツールを実際に操作しながら学べる、ハンズオン(体験学習)セミナーです。
GIS教育認定(GISCA)の対象講座となります。
詳細はこちら

会場:札幌市産業振興センター  (札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)

コアデイ、ハンズオンデイの会場には無料駐車場はございません。公共交通機関でお越し下さい。
北海道は観光ハイシーズンに入っております。宿泊、交通手配はお早めに。

【費用】

プレセミナー及びコアデイの講演と事例発表は無料、
懇親会(LT)と
ハンズオンデイは有料となります。

【持ち物】

  • ハンズオンセッションに参加される方はWindowsノートPCをお持ち下さい。電源は各自に用意いたします。(準備が難しい方はご連絡ください)
  • いずれの会場にも空調はありますが、夏に相応しくクールビズカジュアルな服装でどうぞ!

【お申し込み】

下記のPeatixページからお申し込みください。

  • 7/3(金) コアデイ/懇親会  (http://foss4g2015hkdcore.peatix.com/)

    7/3(金) コアデイ

    基調講演、事例発表共にGIS初心者向けから開発者・コアユーザ向け、教育・研究・企業活動と、幅広い内容を予定しています。
    基調講演・事例発表は申し込み不要、無料(入退出自由)です。

    タイムテーブル

    基調講演・事例発表(申し込み不要・無料)
    9:30開場
    10:00 - 10:10
    開会の挨拶
    10:10 - 10:50特別講演
    (タイトル調整中)
    一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事 関治之
    休憩
    11:00 - 11:20事例発表
    メイキング・オブ・ザ・さっぽろ保育園マップ
    …Code for Sapporo 鈴木祐亮
    11:20 - 11:40事例発表
    d3.jsによる学級閉鎖データの地理空間上への可視化
    北海道大学 大学院情報科学研究科 遠藤隆浩氏
      休憩
    11:50 - 12:10事例発表
    OpenStreetMapを用いた防災マップの作成について
    NPO法人伊能社中 山内 啓之氏、海本 卓矢氏、氏田 洵悠氏
    12:10 - 12:30事例発表
    地域イベント情報の再利用可能な共有(LocaNow API)
    有限会社たま 松浦伸也
     昼食休憩
    13:00 - 13:40ランチセッション
    LeafletでWebGIS入門
    …株式会社三洋コンサルタント 桐本靖規
    昼食休憩
    14:00 - 14:40基調講演
    FOSS4Gが必要な時代がきたかもしれない
    …OSGeo.JP/朝日航洋 嘉山陽一
    14:40 - 15:20基調講演
    (タイトル調整中)
    FOSS4G Korea Byeong-Hyeok Yu氏
     休憩
    15:30 - 15:50事例発表
    E2D3
    E2D3 大友翔一
    15:50 - 16:10事例発表
    Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化について
    ノーザンシステムサービス株式会社 和山亮介氏
     休憩
    16:20 - 16:40事例発表
    地図調製とウェブ地図
    一般財団法人日本地図センター 竹村和広氏
    16:40 - 17:00事例発表
    港湾業務での地図サーバ利用事例
    …サンビットシステム 佐々木伸幸
    17:00 - 17:20事例発表
    Geopaparazziを持ってフィールドに出よう
    北海道後志総合振興局 森林室 喜多耕一氏
    17:20 -閉会の挨拶
    懇親会・ライトニングトーク
    18:00 - 20:00
    懇親会
    各自5分間のライトニングトーク(LT)
    懇親会・ライトニングトークは有料です。
    事前のお申し込み(Peatix)は3,000円、当日お申し込みは3,500円となります。
    懇親会のお申し込み・お支払いはこちら (http://foss4g2015hkdcore.peatix.com/)

    詳細内容

    FOSS4Gが必要な時代がきたかもしれない…OSGeo.JP/朝日航洋 嘉山陽一
    オープンデータ、オープンソース、オープンガバメントの動きが本格的になり公開されたデジタルデータを市民がどう使うかが問われる時代になってきました。
    公開データの中には地理空間情報も多数存在するし、それ以外のデータも地理空間的インデックスで利用する場合が多数あります。
    そのようなデータを扱うためのツールとしてFOSS4G(Free and Open Source Software for Geoapatial)の利用はとても重要になります。
    そのような「新しい公共」をジオとITCでパワーアップするためのツールとしてのFOSS4Gの可能性について解説します。

    (タイトル調整中)FOSS4G Korea Byeong-Hyeok Yu氏

    (タイトル調整中)一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事 関治之
    地理空間情報が支えるシビックテック。あなたもシビックハッカーになろう!
    地域住民が行政と共に街を住みやすくするためのテクノロジー活用、シビックテックの世界では、FOSS4Gが活躍しています。
    各地の事例を交えながら、シビックハッカーになるためのステップをご紹介します。

    メイキング・オブ・ザ・さっぽろ保育園マップ…Code for Sapporo 鈴木祐亮
    「さっぽろ保育園マップ」の開発とリリースまでの過程と、リリース後の反響についてまとめます。

    d3.jsによる学級閉鎖データの地理空間上への可視化北海道大学 大学院情報科学研究科 遠藤隆浩
    札幌市が公開してるインフルエンザによる学級閉鎖情報をJavaScriptライブラリである「d3.js」を用いてブラウザ上で地理空間上に可視化した事例を紹介します。
    d3.jsでインタラクティブな操作が可能になり、日付を変化させることで感染が広がる様子を見ることができます。

    OpenStreetMapを用いた防災マップの作成についてNPO法人伊能社中 海本 卓矢氏、氏田 洵悠氏
    神戸市垂水区星陵台中学校の防災学習におけるOpenStreetMapの活用事例の紹介です。
    NPO法人伊能社中では、学校教育を豊かにすることを目標に、教育現場にICTを活用した教材やカリキュラムの提供を行っています。
    星陵台中学校では防災教育として学校周辺地域を対象とし、災害発生時に必要なものをキーワードに生徒が調査を行いました。
    その成果を伊能社中が電子化し、防災マップを作成しました。

    地域イベント情報の再利用可能な共有(LocaNow API)有限会社たま 松浦伸也
    イベント共有のプラットフォームLocaNowをご紹介。
    行政の縦割りで分散化されている情報の統合と再利用の方法を提案。登録した地図情報は簡単なコード埋め込みでホームページでも再利用できます。
    イベント情報を囲い込まず、再利用可能な形で公開する新しい形。無償で情報発信でき、世界にリーチできる仕組みを作成しています。
    これらすべてをリアルタイムで実現できます。

    LeafletでWebGIS入門…株式会社三洋コンサルタント 桐本靖規
    オープンソースのマップクライアントライブラリであるLeafletを使用して、Web上で地理空間情報を表示する方法の入門編をご紹介します。

    E2D3
    E2D3 大友翔一
    エクセルを使って表現豊かなデータビジュアライゼーションを簡単に実現する。こんな便利なアプリがE2D3です。
    マイクロソフトのエクセル上で使える無料アプリで、さまざまな企業のエンジニアが自主的に集まって開発を進めています。
    アプリのブラッシュアップを目的としたハッカソンが既に三度も開催され、開発が本格化しています。

    Cesiumを用いた3次元リアルタイムデータの可視化についてノーザンシステムサービス株式会社 和山亮介氏
    昨今ドローン等のUAVから取得される3次元ジオデータが飛躍的に増加しています。
    そのようなデータを可視化する際は、Google EarthやArcGIS等のデスクトップ製品等を利用するのが一般的でしたが、WEB上で可視化する場合の手法は限られていました。
    今回プラグインを使用しないWebブラウザで3D地図や2D地図を描画するCesiumと言うJavascriptライブラリで、ドローン等から取得された3次元リアルタイムデータを可視化する手法をご紹介します。

    地図調製とウェブ地図一般財団法人日本地図センター 竹村和広氏
    河川と地形を主題とした「川だけ地形地図」を作成、公開しました。
    一目で地勢を把握できるよう地形表現を工夫し、また小縮尺のズームレベルにおいても表現を損なわないように心掛けました。
    その「地図調製」の具体的な手法について紹介します。
    港湾業務での地図サーバ利用事例…サンビットシステム 佐々木伸幸
    2015年4月から稼働を開始した自治体の港湾業務システムの紹介と、その中で使われている電子地図の実装(Mapserver+OpenLayers)、データの作成方法などの事例を紹介します。

    Geopaparazziを持ってフィールドに出よう北海道後志総合振興局 森林室 喜多耕一氏
    GeopaparazziというAndroid用の地図アプリがあります。
    オフラインでも地図を表示できるため、電波の届かない山の中でも地図を表示して現地調査などに利用できます。
    また、SpatialiteというGISデータを表示、編集できるので、QGISなどともデータの連携が比較的簡単にできます。
    このGeopaparazziの現地での使い方などを紹介したいと思います。
  • 7/4(土) ハンズオンデイ (http://foss4g2015hkd.peatix.com/)

    7/4(土) ハンズオンデイ

    GIS教育認定(GISCA)の対象講座となります。
    ハンズオンセッション
    9:00 受け付け開始
    9:30 - 12:30QGIS初級編
     - さわってみようQGIS
    Cesium入門講習会PostGIS初級編
    - 空間情報データベースを作ってみよう
    12:30 - 13:30昼食休憩 
    13:30 - 16:30QGIS印刷編QGIS中級実践編RでGIS

    セッション概要・ターゲット

    QGIS初級編 - さわってみようQGIS

    概要初心者を対象として、GISを利用する上で必要な基本知識、データの表示等の基本操作について、QGISを利用して実習します。GIS(QGIS)でどのようなことができるのか、体験を交えて紹介します。
    必要知識 PCの扱いについての基礎知識を必要とします。
    事前準備事前にQGIS2.8のインストールをお願い致します。
    対象民間企業社員, 地方自治体職員, 中学高校の教職員, 大学生にお勧めです。     
    募集定員20名
    講師道総研・環境科学研究センター 福田陽一朗氏

    QGIS中級実践編

    概要日経ビッグデータに掲載された「ホッピーの店の場所が一目瞭然で行きやすい! 地図とデータを用いて営業支援の武器を作った」を北海道版にアレンジしてハンズオンを行います。
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/bigdata/20150226/278030/?P=1
    必要知識 QGISの基礎知識、操作経験を必要とします。
    事前準備事前にQGIS2.8のインストールをお願い致します。
    対象民間企業社員, 地方自治体職員, 中学高校の教職員, 大学生にお勧めです。 
    募集定員10名
    講師大友翔一氏

    QGIS印刷編

    概要QGISの印刷機能である「コンポーザー機能」をじっくり勉強します。
    拡大図と全体図の表示、一括PDF出力も扱う予定です。
    必要知識 QGISの基礎知識、操作経験を必要とします。
    事前準備事前にQGIS2.8のインストールをお願い致します。
    対象民間企業社員, 地方自治体職員, 中学高校の教職員, 大学生にお勧めです。 
    募集定員20名
    講師北海道地図株式会社 朝日孝輔氏

    Cesium入門講習会

    概要本ハンズオンではCesium入門として、KMLもしくはCZML形式のデータの表示を行います。
    Cesiumはフリーで商用利用が可能なだけでなく、HTML5とWebGLで構成されているため、ハードウェアやブラウザによる制限が少ないという特徴があります。
    2Dや3Dの全球マップを表示することができ、地理空間情報分野、環境科学分野など、様々な分野で活用されています。
    必要知識 HTML、CSS、JavaScript
    事前準備GitHubアカウント、テキストエディター
    対象Google Earth APIから移行したい方
    募集定員10名
    講師伊能社中 海本卓矢氏

    RでGIS

    概要Rは統計解析のためのフリーでオープンなプログラミング言語で、様々な空間統計解析のパッケージが利用できます。
    本ハンズオンでは、Rで空間情報を扱うために必要な”sp”クラスの基礎と、GISデータのインポートから空間解析までの手順を解説します。
        必要知識 GISの基礎知識(座標系など)を必要とします。
    事前準備
    対象空間統計解析に興味のある方、研究・ビジネスに活用したい方におすすめです。
    募集定員10名
    講師道総研・環境科学センター 濱原和広氏

    PostGIS初級編 - 空間情報データベースを作ってみよう

    概要PostGISとは、空間データをPostgreSQLデータベースに格納しSQLで扱うための拡張機能です。
    本ハンズオンではPostGISの説明とデータ作成、空間演算・結合の実習を行います。
    また、PostGISに蓄積されたデータを活用するための周辺ソフトウェアの紹介を行います。
    必要知識 GISの基礎知識(座標系など)、DBの基礎知識(基本的なSQLの理解)を必要とします。
    事前準備PostgreSQL(EnterpriseDB版)をインストールしてください。
    QGIS(バージョン問わず)もインストールしてください。
    対象空間データを効率的に管理・処理・共有したい方にお勧めです。
    募集定員10名
    講師北海道地図株式会社 原田英夫氏

    事前準備について

    各ハンズオンで使用するソフトウェアの事前インストールをお願いします。
    詳細については後日掲載いたします。
    (当日はインターネット回線の混雑が予想されますので、事前のダウンロード・インストールをお願いします)

    持ち物

    • 上記「事前準備」に断りが無ければ、Windowsノートパソコン(Windows7以降を推奨)を各自でご用意下さい
    • 各種設定の変更、アプリケーションの追加・削除が必要な場合があります。「管理者権限」でPCが扱えるようにご準備下さい。
    • データをお渡しできるよう、USBポート(or DVDドライブ)が使えるようにご準備下さい。

    費用・申し込み方法

    事前のお申し込み・お支払いをお願いします
    お申し込みはこちら
     (http://foss4g2015hkd.peatix.com/)
    • 各セッション 4,000円です。
    • Digital北海道研究会、OSGeo日本支部の団体会員は2セッションまで無料で受講できます。
    • Digital北海道研究会の個人会員は無料で受講できます。
    • OSGeo日本支部の個人会員は無料で受講できます。(年会費は一般6,000円、学生3,000円)。
    • ハンズオン申込時にOSGeo日本支部へ入会できます(OSGeo個人会員の期間は当年4/1~翌年3/31)。

    OSGeo日本支部の規約・申し込み方法はこちらを参照下さい→活動概要と入会のご案内


    上記の内容、時間帯等は変更される場合があります。
    募集定員は応募状況によって増減する場合があります。
    予めご了承下さい。


【お問い合わせ】
お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

【主催】

SNSでもFOSS4G!
Facebookページ https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
twitter ハッシュタグ #foss4gj




記事のタイトルを入力してください(必須)

http://www.ospn.jp/osc2014-kyoto/#

日程:2014年8月1日(金)・2日(土)

会場:京都リサーチパーク(KRP)  
   ・JR嵯峨野線(山陰線)「丹波口駅」より西へ徒歩5分
   ・「京都駅/西院駅/大宮駅/五条駅」からタクシーで約10分
    [交通・アクセスマップ] 

費用:無料

内容:オープンソースに関する最新情報の提供
   ・展示 - オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
   ・セミナー - オープンソースの最新情報を提供

主催:オープンソースカンファレンス実行委員会

企画運営:株式会社びぎねっと
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR