FC2ブログ

学術野営2020 in 奥州市

amane-project.jp/post-1111/

合同会社AMANEでは国立歴史民俗博物館「総合資料学の創成」事業と共同で、2020年7月11日(土)・12日(日)に「学術野営2020 in 奥州市」を開催します。新型コロナウイルスの影響を鑑み、発表・議論・巡見をオンラインにて行います。

第2回目となる今回は、岩手県奥州市とオンライン空間を結び、地震などの大規模自然災害(有時)および過疎化・人口減少(平時)双方を原因とした資料消失について、その現状や対策を一体的に議論することを試みます。さらに、新型コロナウイルスの世界的な流行による地域資料継承への影響や今後の展望についても、参加者全員で考えたいと思っております。

詳細は下記のとおりです。
※FBのイベントページからも詳細をご覧いただけます。
https://www.facebook.com/events/204313724147304/

参加は無料です。
オンラインに必要な機材・環境は各自でご準備いただき、参加申込みの上議論にご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1. 会場

オンライン(Google Meetを利用)

2. 主催・共催

主催:合同会社AMANE、国立歴史民俗博物館「総合資料学の創成」事業
共催: 奥州市教育委員会、えさし郷土文化館
大学共同利用機関法人人間文化研究機構
挑戦的研究(萌芽)18K18525、基盤研究(B)20H01382
地域歴史資料学を機軸とした災害列島における地域存続のための地域歴史文化の創成19H05457

3. 内容およびスケジュール

7月11日(土)【昼間の部】 13:00〜18:00
司会:堀井洋(AMANE)・後藤真(国立歴史民俗博物館)
13:00〜13:30 開催挨拶・趣旨説明・問題提起(堀井/後藤)

13:30〜14:00 奥州市所在の史資料に関する現状と課題
高橋和孝(奥州市教育委員会)

14:00〜14:10 休憩

14:10〜15:30 新型コロナウイルス流行後の社会における資料保存・活用について
司会:川邊咲子(国立歴史民俗博物館)

15:30〜15:40 休憩

15:40〜18:00 各座における議論
【壱ノ座】「災害を超えて資料を「喪失」より救う-大規模自然災害と地域資料の保全・活用-」
座主:川内淳史(東北大学災害科学国際研究所)
【弐ノ座】「縮退化するコミュニティ、失われゆく資料」
座主:山内利秋(九州保健福祉大学)
【参ノ座】「ミュージアム起点のものづくりー好奇心と学びをデザインするー」
座主:原嶋亮輔(Root Design Office)
※各座の話題提供者、タイトル・アブストは追ってお知らせいたします。

7月11日(土)【夜間の部】
19:00〜    オンライン懇親会(全体討論)
・日中の議論の総括および今後に向けた各参加者からの意見表明

7月12日(日)【オンライン巡見】
①えさし郷土文化館
https://www.esashi-iwate.gr.jp/bunka/
②奥州市牛の博物館
http://www.isop.ne.jp/atrui/mhaku.html
③後藤新平記念館
http://www.city.oshu.iwate.jp/shinpei/
※オンライン巡検の詳細は追ってお知らせいたします。

4. 参加対象者

自ら議論に参加する意志があること。
※詳しくは下記を御覧ください。※
https://docs.google.com/…/11sZLFBOA_8HuiKBz_iHnTGEi5i…/edit…

5. 参加申し込み方法

申込みは、下記のフォームからお願いいたします。
FBのアカウントがある方は、下記フォームに加え、イベントページで「参加予定」にしていただけるとありがたく存じます。

https://forms.gle/St6n9F9QrURhAxxo8

フォームから申込みの方をメーリングリストに追加いたします。詳細なURLなどはそちらからお知らせいたします。

6.お問い合わせ先

ご不明な点は、下記、またはFBのメッセージにてお問い合わせください。
info@amane-project.jp


page: 2

資料調査現場における新型コロナウイルス感染予防対策

合同会社AMANEでは、6月より本格的に資料調査・撮影を再開いたしました。再開にあたりましては、新型コロナウイルス感染のリスクを分析し、感染予防対策を実施した上で、慎重に進めてまいります。
資料現場調査における新型コロナウイルス感染予防対策


page: 3

「学術野営2020 in 奥州市」要旨のお知らせ


学術野営2020@奥州市(2020年7月11日開催)の、各セッション・各座の話題提供者、要旨が決定いたしました。

趣旨説明:堀井洋(合同会社AMANE) 後藤真(国立歴史民俗博物館)

「奥州市所在の史資料に関する現状と課題」
司会:高橋和孝氏(奥州市教育委員会)

岩手県奥州市には、公有・民有を問わず、中世から現代までの数多くの史資料が残されている。しかしながら、昨今の社会情勢の変化により、民有の史資料の散逸が急激に進行しており、それらの保護が喫緊の課題となっている。また、公有の史資料についても、目録の整備が行き届いているのはごく一部であることが最近の調査で判明し、これらの追加調査も課題として浮上してきている。本報告では、これらの課題に対する奥州市教育委員会の取り組みを紹介しつつ、今後の方策を検討したい。

 

「新型コロナウイルス流行後の社会における資料保存・活用について」
司会:川邊咲子(国立歴史民俗博物館)

私たちの社会は今、新型コロナウイルスの影響により、経済、教育の在り方から生活様式まで、新しいスタイルへの柔軟で早急な移行が求められている。そうした状況において、歴史・文化資料を取り巻く状況もこれまで通りとはいかなくなっている。今を乗り越えれば元に戻れるとは限らず、ウイルスとの共存の必要性から、部分的にせよ全く新しいスタイルをつくり出し定着させていかなければならない可能性が高い。もしウイルス流行が完全に終息し社会が元通りになったとしても、今後同じようなことが繰り返されない保証はない。こうした状況にある今、そしてこれからを、私たちはどのように見通し、いかなる資料の保存・活用の新しいスタイルを見出していけるだろうか。本セッションでは、現時点で言えること、考えていることを共有し合い、今後の進むべき道筋を模索したい。
<本セッションの流れ>
・導入
新型コロナウイルスで歴史・文化資料を取り巻く状況はどう変わった?
・本題
歴史・文化資料を取り巻く現状 → 今これから求められる資料保存・活用の在り方とは?
1.資料調査・収集
2.資料保全・現地保存
3.資料活用・情報発信
※活発で自由な意見交換の場となるよう、参加者には他者の意見を尊重しつつ積極的に発
言する姿勢を求めます。(コメント欄やTwitterからの発言も可)

 

●壱ノ座
「災害を超えて資料を「喪失」より救う-大規模自然災害と地域資料の保全・活用-」
座主:川内淳史(東北大学災害科学国際研究所)

【話題提供者】
・小野塚航一(神戸大学大学研究員/史料ネット事務局)
・松岡弘之(岡山大学/岡山史料ネット)
・白水智(中央学院大学/地域史料保全有志の会)

【要旨】
周知の様に、大規模自然災害の頻発する日本社会においては、地域資料は常に喪失のリスクにさらされている。大規模自然災害時における地域資料の救出保全活動は、阪神・淡路大震災以来全国的かつ組織的な展開を見せ、現在、全国に20以上組織された「資料ネット」をはじめとし、地域の歴史資料や文化財に関わる多くの人びとの連携によって進められている。一方、大量にレスキューされた資料について、災害後の社会においてどのように活用し、またつないでいくかについては、各地で試行錯誤が行われている。また、災害から救われた地域資料の活用と同時に、災害で産み出された資料(災害資料)をどのように保存し、活用していくかについても検討されねばならない。
本セッションでは、災害時の資料救出・保全活動を踏まえて、救出資料の保全活用や災害資料の保存について、各地で実際にとりくまれている方々より事例をご紹介いただき、災害を超えて地域資料を後世へ遺し、つないでいく方法について議論したい。

 

●弐ノ座
「縮退化するコミュニティ、失われゆく資料」
座主:山内利秋(九州保健福祉大学)

【話題提供者】
・大本敬久(愛媛県歴史文化博物館 専門学芸員)
「地域の危機・文化の再構築-愛媛県の事例-」
地域の民俗行事や文化活動について、過疎、少子高齢化及び西日本豪雨による変容の現況と課題を紹介する。
・佐藤宏之(鹿児島大学)
「島嶼地域からみる歴史資料の過去・現在・未来」
鹿児島県の県域は南北600㎞。そこには26の有人離島が広がる。島は海に囲まれ、独自の自然、文化、社会経済システムが存在する一方で、さまざまな環境変動の影響を強く、しかも迅速に受ける地域でもある。本報告では、島嶼地域から歴史資料保全の、さまざまな環境変動に対する適応策を過去から未来に向けて考えてみたい。

【要旨】
人口減少や超高齢化という日本社会の縮退化から逃れる事は、現状のままではもはや困難であろう。また、こうした社会において、我々は様々な資料が失われている状況をも目の当たりにもしてきた。だが我々は一方で、この<社会と資料が衰退・散逸している現象>の一端のみを捉えて、単に資料をまもる事自体を目的化してしまってはいないだろうか。そうした疑問から、ここでは、今一度地域コミュニティと資料との関係性について議論してみたい。

 

●参ノ座
「ミュージアム起点のものづくりー好奇心と学びをデザインするー」
座主:原嶋亮輔(Root Design Office)

【話題提供者】
・大澤夏美(札幌市・ミュージアムグッズ愛好家)
・内村彰(株式会社 フェリシモ)

【要旨】
ミュージアムに集う「学術資料」。その価値を何としてどのよう活用されるべきなのか。人を引きつけ、学びを与えてくれる情報資源を、アートと学術それぞれの視点から見るときの「好奇心」や「学びの質」に感じる差異は、掛け合わせることで新たな魅力を生み出す可能性を秘めていると感じています。社会環境が急変する時代に、ミュージアムを起点にした文化を再起動するために、私たちができるものづくりの在り方を議論したいと思います。

———————————–

参加は無料です。
オンラインに必要な機材・環境は各自でご準備いただき、参加申込みの上議論にご参加ください。

申込みは、下記のフォームからお願いいたします。
FBのアカウントがある方は、下記フォームに加え、イベントページで「参加予定」にしていただけるとありがたく存じます。

https://forms.gle/St6n9F9QrURhAxxo8

フォームから申込みの方をメーリングリストに追加いたします。詳細なURLなどはそちらからお知らせいたします。

スポンサーサイト



博物館におけるオープンデータを考える

http://www.metaresource.jp/20180207dh/

下記の通り、公開にて人文情報ユニットの研究会を実施します。

博物館におけるオープンデータを考える
国立歴史民俗博物館では、現在「総合資料学の創成」事業を行なっており、大学・博物館における歴史資料のデジタル化やそれを通じた様々な資料の新たな可能性についての研究を進めている。とりわけ、人文情報ユニットでは、全体の基盤となりうる、様々な歴史資料のデジタル化とネットワーク構築、その活用を含めた展開を行なっている。

特に歴史資料をコンピュータ等で活用し、より高度な利用を行うためには、データの再利用可能性という観点を欠かすことはできない。それは、ライセンス等の問題を超えて、いかに機械で使うようにできるか、再現性を確保することができるようにデータにアクセスできるかというデータとシステムの構造を考えることにつながる。それらの検討を経て改めて「使える」データの構築という点を整理したい。

すでに歴史的な資料については、オープンデータ化の試みは行われており、いくつかの蓄積があるが、今回の研究会では、博物館資料を「モノ」として扱う際のデータの再利用可能性を中心に考えることとしたい。オープンサイエンスの観点から様々な資料へのアクセスについての可能性を述べていただき、大学等の資料のデジタル化とオープン化・再利用可能性、そして博物館のデータについて検討を加えることとする。



日時:2018年2月7日(水)  13:30〜16:45

場所:メルパルク京都 4階 第3研修室

内容

13:30〜13:45 趣旨説明

13:45〜14:25 一方井祐子氏(滋賀大学)、小野英理氏(京都大学)

「クラウドサイエンスの広がり:KYOTOオープンサイエンスミートアップの活動にもとづく考察」

14:25〜14:45 天野絵里子氏(京都大学)

「研究成果の発信とオープンアクセス:文献、データ、その他いろいろ」

(休憩)

15:00〜15:40 田良島哲氏(東京国立博物館)

「博物館コレクション情報の公開に際しての課題」

15:50〜16:45 討論

16:45〜16:50 閉会

公開・入場無料・事前登録等不要

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR