京都大学貴重資料デジタルアーカイブと二次利用自由化の取り組み

www.nal-lib.jp/events/reikai/2018/338invit.html


第338回研究例会

京都大学貴重資料デジタルアーカイブと二次利用自由化の取り組み



研究例会は会員以外の方も含め、どなたでも自由にご参加いただけます。ぜひお越しください。


日 時:2018年5月12日(土)15:00~16:30
テーマ:京都大学貴重資料デジタルアーカイブと二次利用自由化の取り組み
発表者:大村明美氏(京都大学附属図書館)
要 旨:京都大学では,2017年12月1日より京都大学貴重資料デジタルアーカイブを正式公開し,インター
    ネット上で公開している貴重資料(附属図書館所蔵)画像の二次利用を自由化した。これは,京都大学が
    進めるオープンアクセス推進事業の一環として,貴重資料等の一次資料の電子化と公開・流通を推進し,
    より円滑な画像の利用を促進する取り組みである。システム構築やデータ移行に関わる課題をどのように
    解決したか,学内で部局ごとに方針が異なる中,二次利用自由化に必要な規則改正をどのように進めたか,
    具体的な取り組みや今後の展望についてお話したい。
会 場:大阪大谷大学ハルカスキャンパスLectureRoom A
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43  あべのハルカス23F
    ・近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅西改札口
    ・JR「天王寺」駅中央改札口
    ・地下鉄御堂筋線「天王寺」駅西改札口
    ・地下鉄谷町線「天王寺」駅南西・南東改札口
    ・阪堺電軌上町線「天王寺駅前」駅よりすぐ




Copyright(C) 1997- 日本図書館研究会(Nippon Association for Librarianship)
スポンサーサイト

IAAL講習会. 第2回: IIIF入門

http://www.iaal.jp/news/105_list_detail.shtml

「IAAL講習会」について

 NPO法人大学図書館支援機構 (IAAL)では,大学図書館業務実務能力認定試験を通して,図書館員のスキルアップの目標を設定して10年が経ちます。そこで,一層研修機会が望まれることから,新たに「IAAL講習会」を始めることにしました。団体会員の協力のもと,継続的に国際標準や国際規格を意識したテーマで講習会を行っていきます。
 

今回のテーマ

 IIIF(トリプルアイエフ)はデジタルアーカイブにおいて画像を公開し共有するための国際的枠組みです。IIIFによって画像データやそれに対する注釈情報等のコンピュータ間でのやりとりの仕方を各機関の間で一元化し,利用者が様々な使い方を自由に選べるようになってきています。(参照:永崎研宣. 大学図書館とデジタル人文学. 大学図書館研究104 (2016) p. 1-10  https://doi.org/10.20722/jcul.1439 )
 学術情報を提供するもしくは入手・活用を支援する立場で,IIIFに基づいたデジタルアーカイブの利用についての基礎知識を得たいと思っている方,また,資料のアーカイブを考える立場で,その国際的枠組みについて学びたいと思っている方,貴重な機会です!是非ご参加ください。

 

開催日 2018年4月19日(木) 13:30-16:30  受付開始13:15-

会場 日本図書館協会 2階 研修室

講師 永崎 研宣氏(人文情報学研究所)

定員    50名(定員になり次第締め切ります)

詳細はこちら

 

シンポジウム 「映像コンテンツの国際展開と情報基盤の構築」

www.kc.tsukuba.ac.jp/lecture/symposium/2018.html


シンポジウム 「映像コンテンツの国際展開と情報基盤の構築」

日時:2018年3月30日(金) 14:00 - 17:00 (13:30受付開始)
場所:筑波大学 東京キャンパス文京校舎119講義室 (交通アクセス)  
主催:筑波大学図書館情報メディア系/図書館情報メディア研究科/知的コミュニティ基盤研究センター

※ポスター(PDF, A4)のダウンロードは画像を右クリック後、
「対象をファイルに保存」を選択してください。

参加申込みはこちらから。
※当日のご参加も可能ですが、お席を確保するために、登録フォームより、事前にご登録いただければ幸いです。

概要

筑波大学図書館情報メディア系、図書館情報メディア研究科、知的コミュニティ基盤研究センターは、このたび、筑波大学東京キャンパス文京校舎(茗荷谷)において、シンポジウム「映像コンテンツの国際展開と情報基盤の構築──知的資源としての映像を、いかに活用するか」を開催いたします。

このシンポジウムは、日本の文化や歴史に関わる資料映像等、知的資源としての映像コンテンツについて、国際展開と情報基盤構築の観点から考察するもので、図書館情報学を始め各分野の研究者の発表に加え、ヤフーおよびNHKからも講師を招いて、講演とパネルディスカッションをおこないます。訪日客や留学生の増加とともに、言語の壁を越える可能性を持つ映像資料の活用は喫緊の課題となっており、その現状と今後の展開を考察する今回の試みは、多くの方々にとって貴重な知見を得る機会となるかと存じます。

参加費は無料で、どなたでも御参加いただけます。当日のご参加も可能ですが、お席を確保するために、登録フォームより、事前にご登録いただければ幸いです。ご来場をお待ちしております。

プログラム

13:30-    受付開始
14:00-14:05 開会の挨拶
14:05-14:20 イントロダクション
14:20-14:40 講演「国際交流と文化の伝播──カナダ日系人収容所の事例から」
          筑波大学図書館情報メディア研究科長 溝上智恵子
14:40-15:00 講演「浮世絵画像のインタラクティヴ展示とインバウンド需要への対応」
          筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター長 綿抜豊昭
15:00-15:20 講演「映像コンテンツのインターネット展開とサイト連携──東日本大震災アーカイブおよび戦争証言アーカイブ」
          ヤフー株式会社メディア事業本部エグゼクティブ・プロデューサー 宮本聖二
15:20-15:50 講演「放送とインターネットによる映像コンテンツ国際発信の最前線」
          NHK国際放送局専任局長 高井孝彰
          NHK国際放送局国際企画部副部長 西川美和子/堀亨介
15:50-16:00 休憩
16:00-16:55 パネルディスカッション「映像コンテンツの国際展開と情報基盤の構築──研究と実務の連携がもたらす可能性をめぐって」
          パネリスト:筑波大学教授 呑海沙織
          ヤフー株式会社メディア事業本部エグゼクティブ・プロデューサー 宮本聖二
          NHK国際放送局専任局長 高井孝彰
          NHK国際放送局国際企画部副部長 西川美和子/堀亨介
          ファシリテーター:筑波大学教授 辻泰明
1655-1700 閉会の挨拶

問い合わせ先

筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター
〒305-8550 茨城県つくば市春日1-2 TEL 029-859-1524 FAX 029-859-1544

文化庁・立命館大学 共同研究キックオフ・シンポジウム「新たな文化芸術創造活動の創出」

www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/app/news/pc/002308.html


立命館大学は、このたび文化庁との共同研究事業を開始することになり、下記の通りキックオフ・シンポジウムを開催します。
是非ご参加ください。

文化庁・立命館大学 共同研究キックオフ・シンポジウム
「新たな文化芸術創造活動の創出」

20180224_A4.jpg

2018年3月24日(土)
10:30-17:00

立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
参加費無料、事前申し込み不要

【主催】文化庁 地域文化創生本部、立命館大学アート・リサーチセンター

※一般の方もインターネットでご参加いただけます。

 
Live streaming by Ustream



《プログラム》

10:30-10:35開会挨拶
立命館大学 アート・リサーチセンター長  細井浩一
10:35-10:40趣旨説明
文化庁 地域文化創生本部 事務局長   松坂浩史
10:40-11:05Introduction on Ukiyo-e.org : 
Database and Image Similarity Analysis Engine

Japanese Woodblock Print Search(Ukiyo-e.org)  John Resig
11:05-11:30無制限に使ってもらうためのデジタルアーカイブ
立命館大学アート・リサーチセンター  赤間 亮
11:30-12:00― 質疑応答 ―
12:00-13:00― ランチ・意見交換会 ―
13:00-13:25「バーチャル京都」の構築とその利活用
立命館大学アート・リサーチセンター  矢野桂司
13:25-13:50ルーヴル-DNPミュージアムラボ
(フランス国立図書館)BnF×DNPミュージアムラボの取り組み

大日本印刷株式会社 C&I事業部  久永一郎
13:50-14:15情報の扉の、そのまた向こう:
渋沢栄一記念財団情報資源センターの活動

渋沢栄一記念財団 情報資源センター長  茂原 暢
14:15-14:30― 休憩 ―
14:30-14:55学習ベースの市民参加型翻刻プロジェクト
国立歴史民族博物館 テニュアトラック助教  橋本雄太
14:55-15:20デジタルアーカイブのつなぎ方
国立情報学研究所  高野明彦
15:20-15:30― 休憩 ―
15:30-16:45ディスカッション
16:45-16:50閉会挨拶

デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会

digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/2nd_program#

デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会
「デジタルアーカイブの産業化」

2018 年 3 月 9 日 (金)

東京大学本郷キャンパス鉄門記念講堂

開会挨拶 (14:00 – 14:15)

会長 長尾 真

基調講演 (14:15 – 15:15)

「コンテンツ産業とデジタルアーカイブ (仮題)」
角川 歴彦 (株) KADOKAWA 取締役会長

パネルディスカッション (15:30 – 17:30)

デジタルアーカイブ産業の未来を拓く (仮題)

  • 緒方 靖弘  (寺田倉庫メディアグループリーダー)
  • 高野 明彦 (国立情報学研究所 教授) (モデレーター)
  • 野口 祐子  (グーグル合同会社 法務部長)
  • 他 1 名予定

懇親会

中国料理 後楽園飯店 (後楽園ホールビル2階) (18:30-20:00)

2018 年 3 月10 日 (土)

東京大学法学政治学系総合教育 (ガラス棟)

 研究発表セッション 1 (10:00 – 11:40)

A2: 人々の営みのデジタルアーカイブB1: ミュージアムとデジタルアーカイブC1: グローバルな視点とローカルな視点
A11: Web ラジオによる社会デザインとソーシャルイノベーションの可能性 (長坂 俊成 立教大学)B11: 自然史標本データベース「サイエンス・ミュージアムネット」の現状と課題 (細矢 剛 国立科学博物館)C11: オープンソースを使用した市町村立図書館におけるデジタルアーカイブ構築 (山口 学 佐野市立図書館)
A12: “災害アーカイブを用いた地域コミュニティの再生の取り組み (北村 美和子 東北大学)B12: 江戸時代の歌舞伎興行に関する資料のデジタルアーカイブの充実化を目指して (木村 涼 岐阜女子大学)C12: 佐賀デジタルミュージアムの構築 (河道 威 佐賀大学)
A13: 地方大学の歩みを記録するデジタルアーカイブ (皆川 雅章 札幌学院大学)B13: ウェブブラウザでの3Dデータ資料表示(土屋 紳一 早稲田大学演劇博物館)C13: 地域学習を遍く支援する分散型デジタルコモンズの概念 (前川 道博 長野大学)
A14: 地域新聞からみる地域特有のメタデータ (石橋 豊之 稚内北星学園大学)B14: デジタル・アーカイブがもたらす「博物館資料」x「学術成果情報」間のクロスリファレンスの可能性 (大西 亘 神奈川県立生命の星・地球博物館)C14: 国際的な画像共有の枠組みIIIFの課題と展望 (永崎 研宣 人文情報学研究所)

ライトニング・トーク (11:40 –  12:10)

プロダクト・レビュー、ポスターセッション発表者

 休憩・昼食 (12:10 – 13:30)

研究発表セッション 2 (13:30 – 15:10)

A1: コミュニティとアーカイブB2: デジタルアーカイブの活用C2: 市民から見たデジタルアーカイブ
A21: 労働史オーラルヒストリー・プロジェクト (谷合 佳代子 エル・ライブラリー)B21: IIIFの研究活用と課題 「顔貌データセット」構築を事例に (鈴木 親彦 人文学オープンデータ共同利用センター)C21: 「日本ニュース」は何を伝え、何を伝えなかったのか (宮本 聖二 ヤフー株式会社)
A22: 地域文化資源デジタルアーカイブの方法論 (宮本 隆史 東京大学)B22: 子どもデジタルアーキビスト講座の取り組み (塩 雅之 常磐大学)C22: デジタ地域資料をアーカイブする手法としてのウィキペディアタウン、またはウィキペディアとウィキメディア・コモンズ (日下九八)
A23: 伝統技術継承者によるデジタルアーカイブ化の実例と課題 (金城 弥生 日本織物文化研究会)B23: 地域デジタル映像アーカイブの教育活用に関する実践的研究 (北村 順生 立命館大学)C23: Lesson learned from the Aceh Tsunami of 2004: (Nurjanah Jane Tokyo Metropolitan University)
A24: 自然災害により被災した動的映像資料の災害対策 (鈴木 伸和 株式会社東京光音)B24: 日本語デジタルテキストの「正書法」を探求した青空文庫 (大久保 ゆう 本の未来基金/青空文庫)C24: 市民とデジタルアーカイブの関係性構築 (田村 賢哉 首都大学東京大学院)

 休憩 (15:10 – 15:20)

 研究発表セッション 3 (15:20 – 16:10)

A3: デジタルアーカイブの理論 (1)B3: デジタルアーカイブの手法 (1)C3: デジタルアーカイブの手法 (2)
A31: オープンサイエンス政策と研究データ同盟(RDA)が進める研究データ共有とデジタルアーカイブの接点に関する一考察 (林 和弘 科学技術・学術政策研究所)B31: 非接触式イメージスキャナ「オルソスキャナ」の開発 (一ノ瀬 修一 アイメジャー株式会社)C31: 地方自治体が公開する例規集アーカイブの構築と横断検索システムの構築 (原田 隆史 同志社大学)
A32: デジタルアーカイブに関する評価方法の検討 (西川 開 筑波大学大学院)B32: Cyberforest: 原生自然の環境感性情報の配信とアーカイブの利用 (下徳 大祐 東京大学大学院)C32: 飛騨高山匠の技デジタルアーカイブを活用した地域課題の解決手法の実践的研究 (久世 均 岐阜女子大学)

 休憩 (16:10 – 16:20)

 研究発表セッション 4 (16:20 – 17:35)

A4: デジタルアーカイブの理論 (2)
A41: コミュニティアーカイブの現状と課題 (坂井 知志 常磐大学)
A42: アーカイブズの語源アルケイオンをオンライン・ソースで調べてみる (筒井 弥生)
A43: 服飾分野における機関横断型デジタルアーカイブ構築に向けて (金井 光代 文化学園大学)

 企画パネル (16:20 – 17:35)

    1. デジタルアーカイブ機関の評価手法を考える
      後藤真 (国立歴史民俗博物館) 田良島哲(東京国立博物館)
    2. 資料発掘と利活用 -アーカイブサミット2017in 京都へのリプライ-
      福島幸宏(京都府立図書館)、江上敏哲(国際日本文化研究センター)

 ラップアップ (17:35 – 18:00)

ポスター・セッション (ライトニングトーク 11:40-12:10)

      • P01: 我が国における地方紙のデジタル化状況に関する調査報告 (平野 桃子 東京大学大学院情報学環)
      • P02: 日本古典籍に関する総合データベースの構築と展開 (岡田 一祐 国文学研究資料館)
      • P03: 自然史博物館で動画をアーカイブする際に想定される課題 (石田 惣 大阪市立自然史博物館)
      • P04: 半世紀前の岩波科学教育映画、保存と活用 (長谷川 智子 映像と科学教育の研究会)
      • P05: マンガ・アニメ・ゲーム作品の横断的アーカイブのための作品間関係LODデータセット開発 (大石 康介 筑波大学)
      • P06: デジタルアーカイブにおけるDOI活用の可能性 (住本 研一 国立研究開発法人科学技術振興機構<)/li>
      • P07: 若年層の地域理解を促進するためのシリアスゲームの提案 (山浦 徹也 首都大学東京大学院)
      • P08: 米国大学に所蔵されている対日文化政策に関する占領期資料のデジタル化及び公開 (小泉 真理子 京都精華大学)
      • P09: デジタルアースを用いた地域におけるドローン活用を支援するコンテンツの提案 (渡邉 康太 首都大学東京)
      • P10: 戦争を日中両国の視点から捉えるためのデジタルアーカイブ (シン テンカ 首都大学東京)
      • P11: 学び手志向の平和学習教材の制作 (秦 那実 首都大学東京大学院)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR