デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会

digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/2nd_program#

デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会
「デジタルアーカイブの産業化」

2018 年 3 月 9 日 (金)

東京大学本郷キャンパス鉄門記念講堂

開会挨拶 (14:00 – 14:15)

会長 長尾 真

基調講演 (14:15 – 15:15)

「コンテンツ産業とデジタルアーカイブ (仮題)」
角川 歴彦 (株) KADOKAWA 取締役会長

パネルディスカッション (15:30 – 17:30)

デジタルアーカイブ産業の未来を拓く (仮題)

  • 緒方 靖弘  (寺田倉庫メディアグループリーダー)
  • 高野 明彦 (国立情報学研究所 教授) (モデレーター)
  • 野口 祐子  (グーグル合同会社 法務部長)
  • 他 1 名予定

懇親会

中国料理 後楽園飯店 (後楽園ホールビル2階) (18:30-20:00)

2018 年 3 月10 日 (土)

東京大学法学政治学系総合教育 (ガラス棟)

 研究発表セッション 1 (10:00 – 11:40)

A2: 人々の営みのデジタルアーカイブB1: ミュージアムとデジタルアーカイブC1: グローバルな視点とローカルな視点
A11: Web ラジオによる社会デザインとソーシャルイノベーションの可能性 (長坂 俊成 立教大学)B11: 自然史標本データベース「サイエンス・ミュージアムネット」の現状と課題 (細矢 剛 国立科学博物館)C11: オープンソースを使用した市町村立図書館におけるデジタルアーカイブ構築 (山口 学 佐野市立図書館)
A12: “災害アーカイブを用いた地域コミュニティの再生の取り組み (北村 美和子 東北大学)B12: 江戸時代の歌舞伎興行に関する資料のデジタルアーカイブの充実化を目指して (木村 涼 岐阜女子大学)C12: 佐賀デジタルミュージアムの構築 (河道 威 佐賀大学)
A13: 地方大学の歩みを記録するデジタルアーカイブ (皆川 雅章 札幌学院大学)B13: ウェブブラウザでの3Dデータ資料表示(土屋 紳一 早稲田大学演劇博物館)C13: 地域学習を遍く支援する分散型デジタルコモンズの概念 (前川 道博 長野大学)
A14: 地域新聞からみる地域特有のメタデータ (石橋 豊之 稚内北星学園大学)B14: デジタル・アーカイブがもたらす「博物館資料」x「学術成果情報」間のクロスリファレンスの可能性 (大西 亘 神奈川県立生命の星・地球博物館)C14: 国際的な画像共有の枠組みIIIFの課題と展望 (永崎 研宣 人文情報学研究所)

ライトニング・トーク (11:40 –  12:10)

プロダクト・レビュー、ポスターセッション発表者

 休憩・昼食 (12:10 – 13:30)

研究発表セッション 2 (13:30 – 15:10)

A1: コミュニティとアーカイブB2: デジタルアーカイブの活用C2: 市民から見たデジタルアーカイブ
A21: 労働史オーラルヒストリー・プロジェクト (谷合 佳代子 エル・ライブラリー)B21: IIIFの研究活用と課題 「顔貌データセット」構築を事例に (鈴木 親彦 人文学オープンデータ共同利用センター)C21: 「日本ニュース」は何を伝え、何を伝えなかったのか (宮本 聖二 ヤフー株式会社)
A22: 地域文化資源デジタルアーカイブの方法論 (宮本 隆史 東京大学)B22: 子どもデジタルアーキビスト講座の取り組み (塩 雅之 常磐大学)C22: デジタ地域資料をアーカイブする手法としてのウィキペディアタウン、またはウィキペディアとウィキメディア・コモンズ (日下九八)
A23: 伝統技術継承者によるデジタルアーカイブ化の実例と課題 (金城 弥生 日本織物文化研究会)B23: 地域デジタル映像アーカイブの教育活用に関する実践的研究 (北村 順生 立命館大学)C23: Lesson learned from the Aceh Tsunami of 2004: (Nurjanah Jane Tokyo Metropolitan University)
A24: 自然災害により被災した動的映像資料の災害対策 (鈴木 伸和 株式会社東京光音)B24: 日本語デジタルテキストの「正書法」を探求した青空文庫 (大久保 ゆう 本の未来基金/青空文庫)C24: 市民とデジタルアーカイブの関係性構築 (田村 賢哉 首都大学東京大学院)

 休憩 (15:10 – 15:20)

 研究発表セッション 3 (15:20 – 16:10)

A3: デジタルアーカイブの理論 (1)B3: デジタルアーカイブの手法 (1)C3: デジタルアーカイブの手法 (2)
A31: オープンサイエンス政策と研究データ同盟(RDA)が進める研究データ共有とデジタルアーカイブの接点に関する一考察 (林 和弘 科学技術・学術政策研究所)B31: 非接触式イメージスキャナ「オルソスキャナ」の開発 (一ノ瀬 修一 アイメジャー株式会社)C31: 地方自治体が公開する例規集アーカイブの構築と横断検索システムの構築 (原田 隆史 同志社大学)
A32: デジタルアーカイブに関する評価方法の検討 (西川 開 筑波大学大学院)B32: Cyberforest: 原生自然の環境感性情報の配信とアーカイブの利用 (下徳 大祐 東京大学大学院)C32: 飛騨高山匠の技デジタルアーカイブを活用した地域課題の解決手法の実践的研究 (久世 均 岐阜女子大学)

 休憩 (16:10 – 16:20)

 研究発表セッション 4 (16:20 – 17:35)

A4: デジタルアーカイブの理論 (2)
A41: コミュニティアーカイブの現状と課題 (坂井 知志 常磐大学)
A42: アーカイブズの語源アルケイオンをオンライン・ソースで調べてみる (筒井 弥生)
A43: 服飾分野における機関横断型デジタルアーカイブ構築に向けて (金井 光代 文化学園大学)

 企画パネル (16:20 – 17:35)

    1. デジタルアーカイブ機関の評価手法を考える
      後藤真 (国立歴史民俗博物館) 田良島哲(東京国立博物館)
    2. 資料発掘と利活用 -アーカイブサミット2017in 京都へのリプライ-
      福島幸宏(京都府立図書館)、江上敏哲(国際日本文化研究センター)

 ラップアップ (17:35 – 18:00)

ポスター・セッション (ライトニングトーク 11:40-12:10)

      • P01: 我が国における地方紙のデジタル化状況に関する調査報告 (平野 桃子 東京大学大学院情報学環)
      • P02: 日本古典籍に関する総合データベースの構築と展開 (岡田 一祐 国文学研究資料館)
      • P03: 自然史博物館で動画をアーカイブする際に想定される課題 (石田 惣 大阪市立自然史博物館)
      • P04: 半世紀前の岩波科学教育映画、保存と活用 (長谷川 智子 映像と科学教育の研究会)
      • P05: マンガ・アニメ・ゲーム作品の横断的アーカイブのための作品間関係LODデータセット開発 (大石 康介 筑波大学)
      • P06: デジタルアーカイブにおけるDOI活用の可能性 (住本 研一 国立研究開発法人科学技術振興機構<)/li>
      • P07: 若年層の地域理解を促進するためのシリアスゲームの提案 (山浦 徹也 首都大学東京大学院)
      • P08: 米国大学に所蔵されている対日文化政策に関する占領期資料のデジタル化及び公開 (小泉 真理子 京都精華大学)
      • P09: デジタルアースを用いた地域におけるドローン活用を支援するコンテンツの提案 (渡邉 康太 首都大学東京)
      • P10: 戦争を日中両国の視点から捉えるためのデジタルアーカイブ (シン テンカ 首都大学東京)
      • P11: 学び手志向の平和学習教材の制作 (秦 那実 首都大学東京大学院)
スポンサーサイト

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター キックオフ・シンポジウム 「デジタルアーカイブが開く東アジア文化研究の新しい地平」

https://www.facebook.com/events/187685075154682/

このたび、2017年度文部科学省私立大学研究ブランディング事業に「オープン・プラットフォームが開く関大の東アジア文化研究」が採択されました。
2017年4月には「関西大学アジア・オ-プン・リサーチセンター(KU-ORCAS)」を立ち上げ、本学の東アジア研究の学術リソースを基盤とする東アジア文化研究のデジタルアーカイブを構築し、世界に開かれたオープン・プラットフォームを形成し、「世界的な東アジア文化研究を牽引する関西大学」というイメージを本学のブランドとして定着させることを目指します。
採択を記念し、キックオフ・シンポジウムとして、デジタルアーカイブにおいて権威のある研究者の先生方を国内外からお招きし、ご講演をいただきます。
参加ご希望の方は下記の参加フォームからお申込下さい。

【日 時】
2月17日(土)13:00~17:00
2月18日(日)10:00~17:00

【場 所】
関西大学千里山キャンパス 以文館4階 セミナースペー
...
【プログラム】日英同時通訳
■2月17日(土)
13:00~13:05 開会挨拶 芝井 敬司 関西大学学長
13:05~13:30 趣旨説明 内田 慶市 (Keiichi Uchida)
関西大学 アジア・オープン・リサーチセンター長
        
13:30~17:30 Nathalie Monnet フランス国立図書館
  「フランス国立図書館におけるデジタルアーカイブの現状と未来」  
         楊 暁捷 (X Jie Yang) カルガリー大学
  「デジタル技術が古典画像にもたらしたもの−「デジタル展示:からいと」の制作をてがかりに」
         Hilde De Weerdt ライデン大学
  「MARKUS, VISUS & COMPARATIVUS: Developing a Text Analysis Infrastructure for East Asian Languages」
         下田 正弘 (Masahiro Shimoda) 東京大学
  「デジタル・アーカイブ時代における日本の人文学の課題」
■2月18日(日)
10:00~11:30 永崎 研宣 (Nagasaki Kiyonori) 人文情報学研究所
  「研究者による研究者のためのオープン・プラットフォームに向けて ――機械ではなく人が決めるルールの集積としてのデジタルアーカイブを通じて――」
         二階堂善弘 関西大学文学部
  「漢字文献情報処理研究会 と研究者コミュニティ」
11:30~12:30 昼食休憩
12:30~17:00 山本 和明 国文学研究資料館
  「歴史的典籍NW事業:その現状と目指すべき未来」
         藤田 髙夫 関西大学文学部
  「木簡の「表情」―中国古代木簡に見る字体と文書の関連性」 
        安岡 孝一 (Koichi Yasuoka) 京都大学人文研情報研究センター
  「東アジア人文情報学研究の現在―漢字処理から漢文処理へ―」
        武田 英明 (Hideaki Takeda) 国立情報学研究所
  「オープンサイエンスとオープンデータ〜ちょっと先の研究のあり方を考える〜」



*事前申し込み要 申し込みフォーム http://qq2q.biz/HXdt


【お問合せ先】 
関西大学 KU-ORCASプロジェクト事務局
ku-orcas@ml.kandai.jp
TEL 06-6368-0653
FAX 06-6339-7721

お問合せ先 
関西大学 KU-ORCASプロジェクト事務局
ku-orcas@ml.kandai.jp
TEL 06-6368-0653
FAX 06-6339-7721

デジタルアーカイブ学会 第 4 回定例研究会

digitalarchivejapan.org/reikai#


定例研究会

学会員の研究成果の発表と会員間の交流・意見交換を目的とした定例研究会を、2か月に1回を目処に開催いたします。

第 4 回定例研究会

お申込みはこちら

    1. 日時:2018 年 2 月 9 日(金)午後 4 時~ 7 時
    2. 場所:東京大学本郷キャンパス工学部
      2 号館 9 階 92B
    3. プログラム
      1. 学会活動の状況について(16:00-16:10)
        • 総務担当理事 柳与志夫(東京大学)
      2. 発表
        1. 産業日本語研究会の活動と今後の方向(16:10-17:30)
          • 井佐原均(豊橋技術科学大学)
        2. 服飾分野におけるデジタルアーカイブ構築に向けての現状と課題(17:35-18:55)
          • 田中直人(文化学園大学)
      3. お知らせ(18:55-19:00)
        • 第 2 回研究大会の開催(2018年3月9日、10日at 東京大学)
        • シリーズ『デジタルアーカイブ・ベーシックス』の発刊
        • その他

      司会:総務担当理事 柳与志夫 (東京大学)

    4. 参加費:会員は無料。非会員は参加費1,000円を会場でいただきます。お申し出ください。
    5. 定員:80名(先着順)
    6. お申し込みはこちら(定員になりましたら締め切らせていただきます。)

#デジタルアーカイブ IN北海道&岐阜 (2018/2/8)

digitalarchivejapan.org/1784#

デジタルアーカイブIN北海道&岐阜 (2018/2/8)

デジタルアーカイブ学会人材養成部会とコミュニティーアーカイブ部会は 2018 年2月8日にイベント「デジタルアーカイブin北海道&岐阜」を開催します。 奮ってご参加ください。

趣旨

地域・コミュニティーアーカイブの振興、その過程での人材養成の在り方などについて、北海道博物館、及び札幌学院大学を会場に研修会&研究会を開催します。また、研究会は Zoom を使い岐阜女子大学会場 (文化情報研究センター) と同時開催します。

期日・会場

2018年2月8日 (木)

主催

スケジュール

  • 研修会: 北海道博物館
    • 9:20 集合(正面玄関入ったカフェ前)
    • 9:30 博物館資料のDB化の現状説明(30分)
    • 10:00 アイヌ語アーカイブに関する講話(1時間)
    • 11:00 収蔵庫の見学(1時間)
    • 12:00 展示室見学{案内あり}(30分)
    • 12:30~ 昼食・自由見学
    • 移動 北海道博物館 → 札幌学院大学(タクシー利用が便利)
  • 講演・研究会: 札幌学院大学 (及び岐阜女子大学 (Zoom 経由で遠隔参加))
    • 15:00 基調講演「北海道のデジタルアーカイブについて」(B201 教室) 札幌学院大学教授 皆川雅章(上級デジタルアーキビスト)
    • 15:30 ~ 17:30 研究会

参加申し込み

  • 北海道博物館ツアー(定員20名)所属・氏名・メルアドレスとともに岐阜女子大学井上までお知らせください。
  • 研究会 北海道会場、岐阜会場別を明示し、所属・氏名・メルアドレスを岐阜女子大学井上までお知らせください。

研究発表申し込み

タイトル、概要、発表会場 (北海道または岐阜) を1月20日まで岐阜女子大学井上までお知らせください。なお、2月2日までにA4一枚のレジメを作成していただきます。(発表時間15分質疑5分を予定)

北海道博物館

  • 北海道開拓記念館(1971 年開館)と道立アイヌ民族文化研究センター(1994 年開所)という2つの道立施設を統合して2015年4月新たに開設されました。2つの施設が築き上げてきた伝統や優れた業績を継承した北海道を代表する「総合博物館」です。
  • アクセス
    • 9:00 新札幌バスターミナル発「開拓の村」行き(JR北海道バス)
    • 9:08 JR森林公園駅経由
    • 9:13 北海道博物館下車

【1月19日(金)開催】第16回サイエンスカフェ「平賀譲文書 ― デジタルアーカイブを利用した歴史学の研究手法とそれを支える情報技術」

https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/kashiwa/news/20180105

【1月19日(金)開催】第16回サイエンスカフェ「平賀譲文書 ― デジタルアーカイブを利用した歴史学の研究手法とそれを支える情報技術」

第16回サイエンスカフェポスター

 

柏図書館では、カフェのような雰囲気の中で専門家と語り合う
サイエンスカフェを開催しています。

第16回のゲストは、海上・港湾・航空技術研究所理事長の大和裕幸名誉教授と
東京大学情報基盤センターの中村覚助教です。

現在、柏図書館2階で開催している第11回企画展示「ふね遺産『平賀譲文書』」
との連動企画となっています。

皆さまお誘いあわせの上、是非お越しください!


第16回サイエンスカフェ
「平賀譲文書 ― デジタルアーカイブを利用した歴史学の研究手法とそれを支える情報技術」

 ゲスト(講演):大和裕幸(東京大学名誉教授、海上・港湾・航空技術研究所理事長)
         中村覚(東京大学情報基盤センター 助教)
 カフェホスト :味埜 俊 柏図書館長(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)

 日時 :2018年1月19日(金) 16:00~17:30 (受付開始 15:45)
 会場 :柏図書館1階コミュニティサロン
 定員 :25名(予約不要・先着順)
 会費 :無料

第13代東京帝国大学総長・海軍技術中将である平賀譲が遺した
資料「平賀譲文書」のデジタル画像を公開するシステムが
平賀譲デジタルアーカイブです。
本発表では平賀譲文書を用いて平賀譲の生涯を追うとともに、
本デジタルアーカイブを例とした歴史学の研究手法と
それを支える情報技術について説明します。


カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR