FC2ブログ

デジタルアーカイブ学会第3回研究大会 研究発表セッション

digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/3rd/3rd_program

2019 年 3 月 16日 (土)

研究発表セッション 1 (9:20 – 11:20)

A1 文化財B1 デジタルアーカイブと技術企画セッション (4)
[A11] 大阪市立図書館デジタルアーカイブのオープンデータの利活用促進に向けた取り組み(大阪市立中央図書館,澤谷 晃子)
[B11] グローバルなテーマ志向デジタルアーカイブの構築に向けて:IIIFの推進とその活用手法について (一般財団法人人文情報学研究所 永崎 研宣)災害資料保存とデジタルアーカイブ
[A12] 民族学博物館収蔵資料の継承とデジタルアーカイブ化にかかる諸問題(国立民族学博物館 伊藤 敦規)[B12] IIIFとオープンデータを活用した『君拾帖』内容検索システムの開発(東京大学 中村 覚)
[A13] デジタルアーカイブ所在情報による文化財防災の可能性:「お地蔵さん」の所在調査を例として(独立行政法人国立文化財機構京都国立博物館 近藤 無滴)[B13] 最新映像機器によるデジタルアーカイブ~360度カメラを利用した実写VRコンテンツ~(国立大学法人 佐賀大学 河道 威)
[A14] 行政における文化財情報の電子化と発信:埋蔵文化財行政のデジタル技術活用の動向(国立文化財機構奈良文化財研究所 高田 祐一)[B14] 長期的なデジタル文化資源運用のためのシステムマイグレーションフローチャートの構築に向けて:森正洋デザインアーカイブを例として(札幌市立大学 須之内 元洋)
[A15] 民俗芸能3Dデータアーカイブの活用による継承支援(株式会社ニコン 中川 源洋)[B15] 全国紙における大量のコンテンツ制作管理とアーカイブ化:毎日新聞社コンテンツ管理システムの全面刷新を事例として(サイフォン合同会社 大橋 正司)
[A16] 博物館の「思い出」をアーカイブする:神奈川県博開館50周年記念プロジェクト「みんなの神奈川県博アーカイブ」(神奈川県立歴史博物館 千葉 毅)[B16] 学術論文出版からみる研究データへのDOI付与とその粒度の考え方の課題(国立研究開発法人国立環境研究所 尾鷲 瑞穂)

休憩 (11:20 – 11:30)

ライトニング トーク (NSホール) (11:30 – 12:10)

昼食・休憩 (12:10 – 13:20)

研究発表セッション 2 (13:20 – 15:00)

A2 デジタルアーカイブと制度的問題B2 コミュニティ・アーカイブ企画セッション (5)
[A21] マラウイ共和国の視聴覚資料保存:~電力の供給が不安定な国・地域のデジタルアーカイブを考える~(株式会社東京光音 鈴木 伸和)[B21] あなたのフィルムが歴史をつくる:ホームムービーのデジタルアーカイブ(Filmarchiv Austria (フィルムアルヒーフ・オーストリア) 常石 史子)日本文化資源としてのMANGAをアーカイブする~京都/関西における活動と課題
[A22] 我が国における地方紙のデジタル化と活用の促進に向けた課題抽出:法制度的・倫理的、社会的、技術的、経済的・制度的な課題について(東京大学大学院情報学環 平野 桃子)[B22] インデペンデントコミュニティアーカイブ の英国での事例研究(東北大学工学科 北村 美和子)
[A23] 災害発生後の災害資料の収集・整備・発信とデジタルアーカイブ構築に向けての提案:被災地図書館、国会図書館、研究機関の取り組みをふまえて(国立研究開発法人 防災科学技術研究所 三浦 伸也)[B23] 市民団体によるデジタルアーカイブ構築・運営・利活用の方法と課題:しでんの学校の実践から(しでんの学校 大西 智樹)
[A24] デジタルアーカイブの制度分析の方法論(筑波大学大学院 西川 開)[B24] WikiMediacommonsへの伊丹市酒造り歌の市民参加型オープンデータデジタルアーカイブ(オープンデータ京都実践会・京都府立大学 青木 和人)
[A25] デジタルコンテンツへの DOI付与のすすめ:日本をつなぐ ~アクセスをいつまでも~(国立研究開発法人科学技術振興機構 桜井 有里)[B25] スマホ・アーカイブサービスを適用した地域学習モデル「蓼科学アーカイブ」(長野大学 前川 道博)

休憩 (15:00– 15:30)

研究発表セッション 3 (15:30– 17:10)

A3 歴史研究とデジタルアーカイブB3 地域研究企画セッション (6)
[A31] 2010年代における日本音楽の世界伝播の変遷~J-MELOリサーチを通じて~(①NHK ②明治大学 原田 悦志)[B31] 廃集落アーカイブ(首都大学東京システムデザイン学部 吉野 浩賢)アーカイブの継承
[A32] スペイン史研究のためのウェブリソースポータルの構築とその背景(関西大学 菊池 信彦)[B32] 北海道における地域の歴史公開サイトの現状と課題:デジタルアーカイブの視点からの1考察(札幌学院大学 皆川 雅章)
[A33] 西北タイ歴史文化調査団蒐集8mm動的映像資料の「再資料化」の試み:データベース消費の観点から(東京大学 藤岡 洋)[B33] デジタルアーカイブ化による地域研究資源の活性化:輪中に関する地域資料のデジタルアーカイブ化(岐阜女子大学 林 知代)
[A34] 国書刊行会刊「近代日本彫刻史」における人名および事項索引作成(国立国会図書館 保坂 涼子)[B34] 地域包括的支援サービスを志向した意思伝達のための語彙収集に関する研究(稚内北星学園大学 石橋 豊之)
[A35] データサイエンス時代の歴史情報基盤の構築(名古屋大学 佐野 智也)[B35] 個人アーカイブから想起のコミュニティへ:前川俊行による『異風者からの通信』と三池炭鉱の記憶(東京大学 宮本 隆史)

休憩 (17:10 – 17:15)

ラップアップ (17:15 – 17:30)

ポスターセッション (9:00 – 16:30)

      • [P01] デジタルアーカイブの教育への活用に関する2つの試み:AIによるカラー化の四位相実践と多文化共生認識拡張を支援するための異文化間議論基盤の構築 (SSコミュニティグループ 大井 将生)
      • [P02] 学校教育におけるデジタルアーカイブ利活用のために (大阪府立茨木工科高等学校 小森 一輝)
      • [P03] デジタルアーカイブをデザインする:「まだそこにいない」利用者に共感し本当に使われるサービスを作るために (サイフォン合同会社 大橋 正司)
      • [P04] 地域資源デジタルアーカイブにおける資料の保管方法の研究:飛騨高山匠の技におけるデータベースの構築 (岐阜女子大学 久世 均)
      • [P05] 政府情報アクセス・デジタルアーカイブ・専門職教育の接点を探る:北米2大学の大学院(iSchool)科目を通じての考察 (天理大学 古賀 崇)
      • [P06] デジタルアーカイブを横断した画像活用による研究実践:IIIFとIIIF Curation Platformを軸に (ROIS-DS 人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所 鈴木 親彦)
      • [P07] 中国における戦争映画のレビューとアーカイブ分析と視覚化 (東京大学 大学院 岑 天霞)
      • [P08] デジタルアーカイブ理論の変遷:デジタルアーキビスト養成におけるデジタルアーカイブ理論の変化 (岐阜女子大学 井上 透)
      • [P09] 文化財情報の総合データベースシステムの構築と運用 (独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 小山田 智寛)
      • [P10] データベースソフトを利用した自動生成による静的HTMLファイルの作成方法:~『件名で本を探す』『索引で本を探す』の構築から~ (NPO法人地域資料デジタル化研究会 丸山 高弘)
      • [P11] 『演劇博物館収蔵資料デジタル化ガイドライン』の公開と利活用についての取り組み (早稲田大学 坪内博士記念演劇博物館 中西 智範)
      • [P12] 市民によるデジタルアーカイブの構築と行政の役割:東大和市デジタルアーカイブの事例から (東京大学 時実 象一)
      • [P13] モノクロ写真のカラー化技術を活用した対話を促すコンテンツ制作:情報の多面的な表現手法の実践とクロスメディアによる情報発信 (首都大学東京大学院 與那覇 里子)
      • [P14] 月周回衛星かぐや搭載ハイビジョンカメラのデータアーカイブ:科学データとしての映像の長期保存 (宇宙航空研究開発機構 山本 幸生)
      • [P15] マンガ・アニメ・ゲームを対象とした作品と出版物間の構造を記述するLODデータセット開発 (筑波大学 情報学群 情報メディア創成学類 内海 祐希)
      • [P16] “逐次公開”の考え方に基づいた学術資料調査・整理・公開に関する考察 (合同会社AMANE 堀井 洋)
      • [P17] 蔵としてのデジタルアーカイブを繋ぐ数理的手法について:デジタルの蔵の街を巡る方法 (国立情報学研究所 高野 明彦)
      • [P18] ドローンユーザを補助する情報共有システムの開発 (首都大学東京 大学院 渡邉 康太)
スポンサーサイト



デジタルアーカイブ学会第3回研究大会

http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/3rd/3rd_program


2019 年 3 月 15 日 (金)

「情報発信の新たな展開に向けて~デジタルアーカイブの構築とIIIF~」を開催します(1/23)

https://www.lib.hokudai.ac.jp/2019/01/08/59981/?fbclid=IwAR3SRZjE3UK_f9vJV0XYZe8fDRpPE_fujZ4DXJq_P4XwTJSuHOSqCUEcEOg


情報発信はどのように展開していくのでしょうか?
近年では、IIIF(トリプルアイエフ:画像へのアクセスを標準化し相互運用性を確保するための国際的な規格)が広がりを見せています。
デジタルアーカイブによる情報発信は古いようで新しいテーマの1つと言えるのではないでしょうか。
この講演会では、資料保存・活用の観点からみたデジタルアーカイブ事業への取組みやIIIF導入の事例について、バゼル山本登紀子氏・永崎研宣氏からお話を伺います。
みなさまのご参加をお待ちしています。

参加を希望される方は以下のフォームからお申込みください。
※お申込みの締切りは1/18(金)17:00です。

日時:1月23日(水)14:00~ 17:00

場所:北海道大学附属図書館本館 大会議室(4階)

対象:デジタルアーカイブに関心のある方(研究者、図書館/文書館/博物館等にお勤めの方等)

講師
1.バゼル山本登紀子 氏(ハワイ大学マノア校図書館 アジアコレクション部部長)
2.永崎研宣 氏(一般財団法人人文情報学研究所 人文情報学研究部門主席研究員)

懇親会
講演終了後、講師を囲んで懇親会を開催します。参加は希望者のみで、事前申込みが必須です。場所は附属図書館本館横の「北大マルシェ」、会費は5000円です。懇親会の参加については、講演会と併せて下記の申込フォームからご回答ください。

京都大学貴重資料デジタルアーカイブと二次利用自由化の取り組み

www.nal-lib.jp/events/reikai/2018/338invit.html


第338回研究例会

京都大学貴重資料デジタルアーカイブと二次利用自由化の取り組み



研究例会は会員以外の方も含め、どなたでも自由にご参加いただけます。ぜひお越しください。


日 時:2018年5月12日(土)15:00~16:30
テーマ:京都大学貴重資料デジタルアーカイブと二次利用自由化の取り組み
発表者:大村明美氏(京都大学附属図書館)
要 旨:京都大学では,2017年12月1日より京都大学貴重資料デジタルアーカイブを正式公開し,インター
    ネット上で公開している貴重資料(附属図書館所蔵)画像の二次利用を自由化した。これは,京都大学が
    進めるオープンアクセス推進事業の一環として,貴重資料等の一次資料の電子化と公開・流通を推進し,
    より円滑な画像の利用を促進する取り組みである。システム構築やデータ移行に関わる課題をどのように
    解決したか,学内で部局ごとに方針が異なる中,二次利用自由化に必要な規則改正をどのように進めたか,
    具体的な取り組みや今後の展望についてお話したい。
会 場:大阪大谷大学ハルカスキャンパスLectureRoom A
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43  あべのハルカス23F
    ・近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅西改札口
    ・JR「天王寺」駅中央改札口
    ・地下鉄御堂筋線「天王寺」駅西改札口
    ・地下鉄谷町線「天王寺」駅南西・南東改札口
    ・阪堺電軌上町線「天王寺駅前」駅よりすぐ




Copyright(C) 1997- 日本図書館研究会(Nippon Association for Librarianship)

IAAL講習会. 第2回: IIIF入門

http://www.iaal.jp/news/105_list_detail.shtml

「IAAL講習会」について

 NPO法人大学図書館支援機構 (IAAL)では,大学図書館業務実務能力認定試験を通して,図書館員のスキルアップの目標を設定して10年が経ちます。そこで,一層研修機会が望まれることから,新たに「IAAL講習会」を始めることにしました。団体会員の協力のもと,継続的に国際標準や国際規格を意識したテーマで講習会を行っていきます。
 

今回のテーマ

 IIIF(トリプルアイエフ)はデジタルアーカイブにおいて画像を公開し共有するための国際的枠組みです。IIIFによって画像データやそれに対する注釈情報等のコンピュータ間でのやりとりの仕方を各機関の間で一元化し,利用者が様々な使い方を自由に選べるようになってきています。(参照:永崎研宣. 大学図書館とデジタル人文学. 大学図書館研究104 (2016) p. 1-10  https://doi.org/10.20722/jcul.1439 )
 学術情報を提供するもしくは入手・活用を支援する立場で,IIIFに基づいたデジタルアーカイブの利用についての基礎知識を得たいと思っている方,また,資料のアーカイブを考える立場で,その国際的枠組みについて学びたいと思っている方,貴重な機会です!是非ご参加ください。

 

開催日 2018年4月19日(木) 13:30-16:30  受付開始13:15-

会場 日本図書館協会 2階 研修室

講師 永崎 研宣氏(人文情報学研究所)

定員    50名(定員になり次第締め切ります)

詳細はこちら

 

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR