FC2ブログ

次世代基盤政策研究所(NFI) 緊急シンポジウム ポストコロナ時代の災害に次世代基盤政策が果たす役割とは

https://nfi-japan-symposium02.peatix.com/view

【開催要項】
1. 日 時 2020年7月18日(土)13:00〜17:00
2. 会 場  オンライン開催
3. 主 催  一般社団法人 次世代基盤政策研究所(NFI)
  共 催 一般社団法人 EpiNurse
一般社団法人 日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会
4. 参加費  無料(要事前登録)
5. その他  申込みはPeatixにて

【開催趣旨】
メインテーマ:ポストコロナ時代の災害に次世代基盤政策が果たす役割

新型コロナ感染症収束の道筋が見えない中で、2020年7月、九州地方を記録的な大雨が襲い、河川の氾濫や土砂崩れが発生し、多くの方が犠牲になっている。いくつもの災害が同時に発生してしまう複合災害の危険性は以前から指摘されてきたが、今、現実のものとなってしまった。最早、複合災害を前提とした備えが必要になっている。ポストコロナ時代には、今までの災害に対する考え方がそのままでは通用しない事例も多い。新しい課題に対して、新しい解決策が求められている。次世代基盤政策研究所、NFIは、このような中で、次世代基盤政策が果たす役割を考えるため、緊急シンポジウムを開催する。この議論を通じ、ポストコロナ時代の災害対策におけるデータ活用を進展させる一助としたい。

13:00
開会の挨拶 森田 朗 次世代基盤政策研究所(NFI) 代表理事

第1部:災害における様々な課題
13:05〜13:25(20分)
1.災害に対してNFIが果たす役割
  NFIにおける災害WGの活動
   森田 朗 NFI代表理事
13:25〜13:45(20分)
2.災害における継続的視点の重要性
  2018年岡山県倉敷市真備地区の水害から
   神原 咲子 (一社)EpiNurse代表理事、高知県立大学教授
13:45〜14:05(20分)
3.災害における意思決定と情報の利活用の重要性
   宮川祥子 (一社)IT DART/慶應義塾大学看護医療学部准教授
14:05〜14:25(20分)
4.災害とGIS
地理空間情報の災害活用事例を通じて 
   秋山 祐樹 東京都市大学准教授
14:25〜14:45(20分)
5.災害と個人情報
  災害時の名簿問題を通じて
   加藤 尚徳 NFI理事
   
14:45〜15:00 休憩(15分)

第2部:ポストコロナ時代の防災に次世代基盤政策が果たす役割
15:00〜16:40(100分)
1.パネルディスカッション
   司会:森田 朗 NFI代表理事
   神原 咲子 高知県立大学教授
   秋山 祐樹 東京都市大学准教授    
   宮川 祥子 (一社)IT DART/慶應義塾大学看護医療学部准教授
   加藤 尚徳 NFI理事
指定発言
   原孝 吏 倉敷市副市長
   平本 健二 内閣官房政府CIO補佐官、経済産業省CIO補佐官
   沼田 宗純 東京大学災害対策トレーニングセンター副センター長
   岡本 正  弁護士
   鈴木 正朝 NFI理事
16:40〜16:55(15分)
2.総括コメント
   河内山 哲朗 前松下政経塾 塾長

16:55 閉会の挨拶・NFIの今後の活動に関する告知
   森田 朗 NFI代表理事
スポンサーサイト



[1月31日@札幌] Sapporo Tech Bar #15 – いつもの挙動を勘案した時系列データ異常検知&地震オープンデータ分析

https://www.db-tech-showcase.com/events-seminars/db-tech-salon/20180131_sapporo_tech_bar

[1月31日@札幌] Sapporo Tech Bar #15 – いつもの挙動を勘案した時系列データ異常検知&地震オープンデータ分析

主催: 株式会社インサイトテクノロジー

概要

札幌でお酒を片手にテクノロジーを語り合う、「Sapporo Tech Bar」
データベース、データ分析の話題を中心に、緩い感じに集います。

今年最初のSapporo Tech Barでは、前半は、最近のIoTデータ活用としても注目を集める時系列データの異常検知について、最近のトピックを交えながら紹介します。後半は、東京公共交通オープンデータチャレンジというコンテストを通して感じた日本のオープンデータが抱える課題などについて言及するとともに、これらのデータでできそうなことについて皆さんと考えてみたいと思います。
学生の方も、今年入社した新人の方も、若手エンジニアの方も、熟練エンジニアの方も、エンジニアでない方も、興味を持って参加いただける方は大歓迎です。

日時

2018 年 1 月 31 日(水)18:30 – 21:00 (18:15~ 受付開始)

場所

株式会社インサイトテクノロジー 札幌開発センター
札幌市中央区北5条西6丁目2-2 札幌センタービル 14F

参加費

無料 (事前登録制)

定員

30名

タイムテーブル

18:30 – 18:35
オープニング

18:35 – 21:00

【第1部】
いつもの挙動を勘案しつつ時系列データから異常を検知するには?

株式会社インサイトテクノロジー Insight Lab 中村 良幸 / 小浦方 寛太
IoTなど刻々と蓄積される時系列データを活用して異常を検知するには、”いつもの正常な挙動” を勘案することが肝となってきます。
季節や曜日による変動、日中の変動などの “いつもの正常な挙動” をどう捉え、そこからのずれをどのように検知するか?デモも交えつつ、理論的な部分も含めご紹介します!


【第2部】
東京公共交通オープンデータで目指せ賞金100万円!
株式会社インサイトテクノロジー 平島 優樹
オープンデータの代表格である交通データ。いま東京公共交通オープンデータチャレンジというコンテストが開催され、鉄道、バス、航空のデータが公開されているのをご存知でしょうか?
どのようなデータが公開されているか、実際に触ってみて感じた日本のオープンデータが抱える課題などについて言及するとともに、どのようなアプリケーションがありそうか、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

(途中に15分程度の休憩があります)

BBAモバイルブロードバンドフォーラム 利活用部会 第6回研究会

http://bba.or.jp/ja/?p=1947#

BBAモバイルブロードバンドフォーラム 利活用部会 第6回研究会
「東日本大震災の教訓は生かされたのか? ~熊本地震におけるICT利活用実態報告~」

日時:2016年7月5日(火) 15:00-17:55  会場:明治大学 グローバルホール

ブロードバンド推進協議会利活用部会では7月5日(火)、明治大学 グローバルホールにて利活用部会 第6回研究会として「東日本大震災の教訓は生かされたのか? ~熊本地震におけるICT利活用実態報告~」を開催いたします。

13467877_10153694216086334_870550881_o4月14日夜および16日未明に熊本県を震央として発生した熊本地震は、未だに大きな被害の痕跡(こんせき)を残しています。震災発生から2カ月経った6月14日現在でも、124カ所の避難所に、合わせて6211人が避難しています。こうした避難生活を余儀なくされた際にその命綱となるのが通信インフラの確保とICTを通じた正しい情報の収集です。東日本大震災を教訓として、大規模災害発生時に災害情報や避難所情報などをインターネット上で提供する様々な仕組みやサービスが整えられました。また、通信インフラの確保という観点から大規模災害時に通信事業者の公衆無線LANを統一のSSIDに切り替え全てのユーザに開放する「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)のガイドラインが定められましたが、これが今回の熊本地震で初めて運用されました。

13460808_1372421122784630_304784578_oこうしたインターネットを通じた情報提供の仕組みや、通信インフラ解放などは的確に運用できたのでしょうか。

今回は、熊本地震発生直後いち早く被災地入りし、公衆無線LANの運用状況などの調査を行った九州大学大学院経済学研究院教授・実積寿也氏より、熊本地震における通信インフラの利活用状況についてご講演いただきます。

一方、被災者に対し、インターネットを通じた情報提供はどのように行われていたのでしょうか。国内最大のデジタル地図提供事業者である株式会社ゼンリンデータコムは、約15万件のデータを網羅した「全国避難所データベース」を持ち、これをAPI、ASPなどで各企業等に提供してきました。これが熊本地震の際にはどのように使われたのかを、株式会社ゼンリンデータコム ネットサービス本部Web-GIS事業部専任部長・佐藤雅史氏よりご解説いただきます。また、ヤフー株式会社は、熊本地震発生直後から「熊本地震災害支援」特別サイトを通じた、ニュース発信、避難所や給水所、無料入浴スポットなどの情報発信を行っていたほか、現地に入っての支援活動、支援物資のマッチングの取り組みなど、熊本地震においても多岐に渡る活動を実施しました。これら取り組みについて、ヤフー株式会社 社会貢献推進室長・妹尾正仁氏よりご紹介いただきます。

そして、有事の際の自治体間における支援協力として全国から注目を集めたのが、福岡市・髙島宗一郎市長の陣頭指揮による、支援物資供給の取り組みです。大災害発生直後は、多くの人たちの熱い思いが一気に行動として現れる一方で、東日本大震災の際には物資を運ぼうというメッセージがネットで発信されたところ想定をはるかに超える物資が集まってしまい、各地で大混乱が起こりました。また被災地で必要以上の物資を運ぶ車の渋滞が、逆に復旧を遅らせる要因にもなりました。こうした状況を鑑み、福岡市ではまとめて被災地へ届けることが望ましいと考え、被災地が真に必要とする品目に絞るかたちで物資の提供をソーシャルネットワークなどを通じて呼びかけました。これを福岡市中心部の旧大名小学校に取りまとめ、ここを拠点としてヘリコプターやトラックを活用して迅速に熊本へ輸送するという取り組みを行いました。こうした福岡市が臨んだ熊本支援の取り組みについて、福岡市市民局防災危機管理課 危機管理担当係長・松浦裕樹氏よりご講演いただきます。

大災害時に有効にICTを利活用して情報を共有し、また支援を行う手法について、改めてその有効性について考える機会にしたいと考えます。皆さまのご来場をお待ちしております。

<開催概要>

■日時: 2016年7月5日(火)15:00~17:55 (18:00から懇親会)
■会場: 明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント 1階 グローバルホール
    〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
    アクセスマップ:https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
    キャンパスマップ:https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
■共催: 一般社団法人ブロードバンド推進協議会、明治大学国際総合研究所
■定員: 60名
■参加費: セミナー参加費 無料 / 懇親会参加費 3,000円(税込) ※BBA正会員・賛助会員は無料
■対象: 自治体、ICT関連事業 のご関係者様

 

<お申し込み>
★お申し込みはこちら

 

<プログラム>

14:30  会場・受付開始

15:00  はじめに
      明治大学国際総合研究所 所長 林 良造 氏

15:10  開催趣旨説明
      BBA利活用部会 部会長/青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科 准教授 木暮 祐一 氏

15:20  ご講演①:大規模災害時の公衆無線LANの役割:熊本地震のケース
      九州大学大学院 経済学研究院 教授 実積 寿也 氏

16:00  ご講演②:熊本地震における全国避難所データベースの利活用状況について(仮)
      株式会社ゼンリンデータコム ネットサービス本部 Web-GIS事業部 専任部長 佐藤 雅史 氏

16:30  ~休憩~

16:40  ご講演③:熊本地震後のヤフーの対応と、新しい支援のかたちの可能性
      ヤフー株式会社 社会貢献推進室長 妹尾 正仁 氏

17:10  ご講演④:熊本地震における福岡市の避難所支援に関する取り組みについて
      福岡市 市民局防災危機管理課 危機管理担当係長 松浦 裕樹 氏

17:40  質疑

17:55  閉会

※懇親会は18時~19時まで
(明治大学学内 グローバルラウンジ にて開催、希望者参加 有料)

<講演概要・講師プロフィール>

ご講演①
大規模災害時の公衆無線LANの役割:熊本地震のケース
九州大学大学院 経済学研究院 教授 実積 寿也 氏

諸外国に先んじてブロードバンドインフラの全国展開を達成した日本において公衆無線LANの設置は、平時においては観光客に対し、緊急時においては地域住民を主たる対象として、円滑かつ高品質な通信手段を提供することを目的として進められてきました。とりわけ、後者の目的は、南海トラフ地震の可能性が声高に叫ばれる現時点において、大きな期待が寄せられています。しかしながら、これまでに行われてきた検討では、公衆無線LANが現実の大規模災害時においてどのように機能発揮するのか、またそれが被災者に対して十分な水準となっているのかについては実証データが存在せず、期待される効果はあくまでも「机上の空論」の域を出るものではありませんでした。本講演では、熊本地震における公衆無線LANの状況などについてご紹介し、災害時における通信手段確保について検討してみたいと思います。

実積先生講師プロフィール:
1963年、大阪府生まれ。1986年、東京大学法学部卒業、法学士。1991年、L. N. Stern School of Business, New York University 修了、MBA(Finance)。2003年、早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士後期課程修了、博士(国際情報通信学)。2007~2008年、Columbia Institute for Tele-lnformation at Columbia Business School, Columbia University, Visiting Scholar (平成18年度安倍フェロー) 。現在、九州大学大学院経済学研究院教授。

 

ご講演②
熊本地震における全国避難所データベースの利活用状況について(仮)
株式会社ゼンリンデータコム ネットサービス本部 Web-GIS事業部 専任部長 佐藤 雅史 氏

佐藤さん講師プロフィール:
前職の大手航測会社では、自治体向けGISの提案営業に従事。政令市の災害情報システムの立ち上げ、運用に携わる。Web-GIS黎明期に地図配信サービスの現職に転職。地図配信サービス(Z-NET-TOWN、ゼンリン住宅地図サービス)の事業企画、販売を担当した。いつもナビAPIの地図プラットフォーム製品の拡販のかたわら、㈱電通と全国避難所データの事業立ち上げ、提案活動に従事。

 

ご講演③
熊本地震後のヤフーの対応と、新しい支援のかたちの可能性
ヤフー株式会社 社会貢献推進室長 妹尾 正仁 氏

妹尾さん講師プロフィール:
東京都出身。2009年より森・濱田松本法律事務所で弁護士として知的財産・訴訟・企業法務を担当。2012年にヤフー株式会社入社、COO 室・M&A 戦略室などで経営戦略やM&Aなどに携わる。2015年10月より、同社社会貢献推進室室長となる。

 

 

ご講演④
熊本地震における福岡市の避難所支援に関する取り組みについて
福岡市 市民局防災危機管理課 危機管理担当係長 松浦 裕樹 氏

DSC05330講師プロフィール:
1978年福岡市生まれ。2001年福岡市消防局に採用。警防隊、救急隊及び法律等による規制事務等の業務を経験し、2015年より防災・危機管理課 危機管理担当係長。福岡市における各種危機管理事案への対応を担当するとともに、防災情報や気象情報などを市民に提供する各種情報システムの運用についても担当している。

 

 

開催趣旨説明
BBA利活用部会 部会長/青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科 准教授 博士(工学) 木暮 祐一 氏

木暮祐一プロフィール:
1967年、東京都生まれ。黎明期からの携帯電話業界動向をウォッチし、2000年に(株)アスキーにて携帯電話情報サイト『携帯24』を立ち上げ同Web編集長。2002年~2004年、携帯コンテンツ開発の(株)ケイ・ラボラトリー(現、KLab(株))で広報担当マネージャー兼産学官連携事業などを担当。2007年、「携帯電話の遠隔医療応用に関する研究」に携わり徳島大学大学院工学研究科を修了、博士(工学)。スマートフォンの医療・ヘルスケア分野への応用をはじめ、ICTの地域社会での活用に関わる研究に従事。2013年より現職。モバイル学会理事/副会長、ITヘルスケア学会理事。近著に『メディア技術史』(共著、北樹出版)など。1000台を超えるケータイのコレクションも保有している。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR