ちばレポまち歩き~ちばレポ×ポケモンgo~

https://www.facebook.com/events/336641336678115/

現在ちばレポでは、オープン!ちばからの依頼により「千葉市のおすすめスポット&説明文をレポートしよう!」の題目でテーマレポートを実施しています。

このレポートを行うことを目的に(もちろんちばレポ本来の街の課題レポートやポケモンゲットもありありで)、千葉駅から郷土博物館までのまち歩きを行うことになりました。

OpenStreetMapJapanの東事務局長も参加してくれますので、地図情報サービスのことなど語り合いながら、千葉の中心街のおすすめスポットを探してみませんか?

9/24 13:30 - 17:00
集合場所:千葉駅東口改札を出て左方向に歩いたコインロッカー周辺
集合時間:13:30
参加費:無料
主催:オープン!ちば(千葉地域でオープンデータを推進する市民有志の団体)

以下参考情報
【今回のテーマレポートの企画趣旨】
7月末にリリースされた位置情報ゲーム「ポケモンGO」を契機に、多くの人々が街を歩き・街を見直す動きが出てきたことは歓迎すべきことですが、同ゲームに登録されたポケストップやジムの多くは、名称・写真のみで、その由来等は分からないものがほとんどです。ポケストップなどで、そこの由来などが分かれば、さらに街への愛着形成に寄与できるのではと考えました。また、街中にはポケストップやジム以外にも、名刹、史跡、彫刻・モニュメントなどが多く点在しており、その多くには由来などを記した説明文も合わせて公開されています。
そこで、ポケストップ等に限らず、市内に点在する名刹、史跡、彫刻・モニュメントなどのお勧めスポットの情報をちばレポを使って収集し、市のオープンデータと組み合わせたデータセットを作成、スマホ等で市内のお勧めスポットを検索・参照できるアプリを作成します。(データは2020年に向け多言語化し、来訪外国人のおもてなしにも活用する予定です。)

【テーマレポートの投稿ルール】
1.市内にある史跡、彫刻・モニュメントなどの「おすすめスポット」をレポートしてください。
2.写真は、当該スポットの全景とおすすめポイント、当該スポットの説明文の写真を添付してください。
3.「タイトル」は、スポットを端的に表現してください。
4.「内容」には、以下の事項の入力をお願いします。
撮影年月:(2016年9月など)
分類:(史跡、モニュメント・・など)
分野:(歴史、アート・・など)
その他:(おすすめな点など)
スポンサーサイト

第1回 橋本創生☆政策立案ワークショップ

http://www.city.hashimoto.lg.jp/guide/somubu/somu/jouhouseisaku/1467590437856.html#

第1回 橋本創生☆政策立案ワークショップの開催について

橋本市の課題解決のための政策アイデアを競う橋本創生☆コンテストへの応募を支援するワークショップを実施します

resas

地域経済分析システム(RESAS)などのITデータを分析し、橋本市の課題解決のための政策アイデアを競う橋本創生☆コンテストが10月から開催されるにあたり、コンテストへの応募を支援するワークショップを実施します。

このワークショップでデータ分析を学び、政策立案のアイデアを練って、コンテストに応募してみませんか。

 

【日 時】 平成28年7月29日(金) 14:00~17:00
【場 所】 橋本市教育文化会館第1研修室( 橋本市東家1丁目627)

【主 催】 橋本市、和歌山県情報化推進協議会
【後 援】 内閣府(予定)、和歌山県(予定)、アーバンデータチャレンジ2015実行委員会、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会、一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED) 、NPO法人市民の力わかやま


スケジュール(予定)

・開会   ・趣旨説明、グループ編成  ・レクチャー  ・グループワーク&発表  ・閉会

講師

・新井イスマイル氏(奈良先端科学技術大学院大学 総合情報基盤センター / 情報科学研究科 准教授)
 ・花澤大輔氏(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局、内閣府地方創生推進室主査)

定員

先着30名程度

参加者に4~5名のグループを組んでいただきます。グループでの応募も可能です。

参加費

無料

持ち物

・パソコンまたはタブレット(ない場合は申込時にご相談ください。)

・モバイルルーター(お持ちの方)

お申込み方法

必要事項(氏名、所属または住所、電話番号、メールアドレス、グループの場合は全員の氏名)を添えて、以下の方法でお申込みください。

FAX : 必要事項を明記のうえ、下記番号あてへFAX送信してください。
E-mail : 必要事項を明記のうえ、下記アドレスあてに送信してください。
申し込みフォーム : こちらから申し込みできます。


【お申込み先】 和歌山県情報化推進協議会事務局  FAX:073-428-2688  E-mail:info@wida.jp

橋本創生☆政策アイデアコンテスト

橋本創生☆政策アイデアコンテストは10月に応募開始、12月に審査・表彰式の予定です。

※RESAS(リーサス)  https://resas.go.jp/  (ブラウザーはできるだけGoogle Chromeでご覧ください。

お問い合せ

和歌山県情報化推進協議会事務局
和歌山市橋丁23番地 N4ビル1F  NPO法人市民の力わかやま内
TEL/FAX : 073-428-2688
E-mail:info@wida.jp  

 ※詳細はこちらのチラシをご覧ください。

 

チラシ(PDF:713.2KB)

お問い合わせ先
橋本市 総務部 総務課
〒648-8585
和歌山県橋本市東家一丁目1番1号
電話:0736-33-1111(代) ファクス:0736-33-1665
問い合わせフォーム

「本当に?」「なぜ?」でひもとく地域の課題分析ワークショップ ~奈良市の問題をロジックツリーで分析する~

https://code4nara.doorkeeper.jp/events/47795

2016-07-17(日)10:00 - 17:00
会場 奈良女子大学 ディープ・アクティブ・ラーニング教室(Z103) 奈良市北魚屋東町

参加費無料
大学近辺にお店が少ないので、昼食はご持参ください。

・地域をよくするアイデアはあるけど、実現へ向けたプロセスが分からない
・アイデアが本当に正しいのかわからない

こんなことに困っていませんか?

思いつきのアイデアを分析して本当の課題を見つけ、具体的なプロジェクトを立てる手法を学ぶワークショップをCode for Naraが開催します。
分析するのは、過去に行ったフューチャーセッションやアイデアワークショップでのべ80名が出した「奈良市に感じている問題」。大学で地域の課題解決のプロジェクト演習を教えている貝増氏を講師に迎え、「原因→結果」を論理的に整理し、ロジックツリーで問題を見える化する手法を学びます。

自分たちの地域の課題をなんとかしたい、と思っている方は一日かけて分析手法を学びませんか?

▼こんな方におすすめ
・奈良が好きな方
・地域の課題をなんとかしたい方
・ロジカルシンキングを学びたい方
・フューチャーセッション・アイデアソンで出たアイデアの展開に悩んでいる方

日時: 7月17日(日) 10時~17時( 9:30受付開始)
場所: 奈良女子大学デープアクティブラーニング教室
最寄: 近鉄奈良駅(1番出口)から徒歩約5分

▼タイムテーブル
9:30 受付
10:00 オリエンテーション・説明
12:00 お昼
13:00 ワークショップ(1)
15:00 休憩
15:15 ワークショップ(2)・発表
17:00 終了

終了後に「懇親会」を予定しています。
出欠確認は当日行います。(費用別途)

講師:貝増匡俊
三重県生まれ、大阪市在住。
英国・バース大学(University of Bath)で開発学修士修了(MSc in Development Studies) 。マレーシア・オープン・ユニバーシティー大学(Open University Malaysia)でプロジェクト管理学修士課程修了(Master of Project Management)。
独立行政法人国際協力機構(JICA)ラオス・インドネシア・スリランカで企画調査員、業務調整員。
現在、神戸女子大学准教授(プロジェクト演習を教える)。

たんば・ひとアカデミー オープニングイベント

www.facebook.com/events/273475256334529/



大阪、神戸、京都、東京
大都市圏で暮らす人々に向けて

里山と田園風景広がるたんば地域のひとが語る自分らしい生き方。

たんば・ひとアカデミーではローカルキャリアカフェさんやミドリカフェさん、AIESECさんなど、地域と関わりの深い各団体さんと共催して、暮らしのこと、仕事のこと、女性向け、クリエイター向けなどのイベントを都市圏で開催していきます^^

そのオープニングイベントとして、共催していただく各団体さんにお集まりいただきます!!

地域のことに少しでも感心がある方、とても面白い人たちが集まる場になりますので、ぜひお気軽にお越しください^^

【イベント詳細】
日時:2016年7月2日(土)13:30〜16:30
場所:PINEBROOKLYN スペースB
住所:大阪府大阪市福島区福島1丁目2−35
参加費:無料
内容:
第一部:パネルディスカッション「転機について考える」
丹波の「人」「学び」に関わるヒトビトが登壇。
今を楽しく全力で生きている人たちに、どんな想いでどんなことをしているのか
自らの転機、学びの役割について会場の方々と一緒におおいに語ります!
パネリスト:
・橋田薫(篠山イノベーターズスクール)
農村で新しい価値を生み出し、仕事をつくる人のための篠山イノベーターズスクールを10月に開校。
・ウチダケイスケ(ミドリカフェ)
ランドスケープデザイナー。人と自然のミドリカフェを運営。
・浅野亮太(NPO法人AIESEC)
海外インターンを運営する学生団体AIESEC関西学院支部代表。
・川人ゆかり(ローカルキャリアカフェ)
地方で働くを提案できるキャリアコンサルタント。
・松村亮平(NPO法人コミュニティリンク)
地域ICTを企画推進していくシステムエンジニア。
・林健二(一般社団法人TSUMUGI)
地域活性に動き出したカフェのオーナー。篠山市移住相談窓口を担当。
・井口元(株式会社みんなの家)
丹波でシェアハウスブームを巻き起こしたみんなの家管理人。丹波市移住相談窓口を担当。
・小橋昭彦(株式会社ご近所)
社員が全員移住者のデザイン会社ご近所代表。

第二部:交流会「明日のタネはどこにある?」
地酒地消プロジェクト「晩酌女子」が大阪参上。丹波の地酒を、ちょこっと飲み比べ(1,000円)しながら、参加者同士、自由に交歓しましょう。(アテは自由にお持ち寄りください)
※お茶は無料で準備いたします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR