FC2ブログ

オープンデータとは

オープンデータとは,政府,自治体,公共機関等が保有する大量の情報を公開し,インターネットを通じて誰もが無料でアクセスしてダウンロードして利用でき,自由に再利用・再配布することができるデータのことです
民間がそれを活用することで地域振興やビジネス創出が期待されています。

オープンデータとは何か? ? Open Data Handbook
http://opendatahandbook.org/ja/what-is-open-data/index.html

総務省|オープンデータ戦略の推進|オープンデータとは:
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/opendata/opendata01.html

平成25年6月14日閣議決定された政府の「世界最先端IT国家創造宣言」では、目指すべき社会・姿を実現するための取り組みとして、オープンデータの活用推進が筆頭にあげられています。
世界最先端IT国家創造宣言
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20140614/siryou1.pdf

スポンサーサイト



ジオねこ@うじじすのブログ一覧

オープンデータ,オープンガバメント関連イベント情報を一覧で見たい場合は、下記リンクをクリックしてください。
ざっとイベントを探すときは、こっちの方が見やすいかも。

「ウィキペディアタウン イベント一覧は、 こちら!

「オープンデータ イベント一覧は、 こちら!


姉妹篇ブログ 「ジオねこ@うじじすのGIS,地理空間情報関連イベント予定「GIS(地理情報システム)活用推進ブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis)のツイートまとめ ブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis) はてなブックマーク」は、 こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) オープンデータ ブックマーク 」は、こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) オープンガバメント ブックマーク 」は、こちら!

オープンデータ・イベント・カレンダー

オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構 
オープンデータイベントカレンダー(暫定版)
2015年4月以降更新
https://www.google.com/calendar/embed?src=397j14ijr84cgjuraar65l929k@group.calendar.google.com&ctz=Asia/Tokyo


OKFJ オープンデータ・イベント・カレンダー
2015年3月まで更新
http://okfn.jp/home/events/eventcalendar/#

2019アーバンデータチャレンジ京都 in NDL関西館 ハッカソン

connpass.com/event/152528/



1 趣旨

地域課題解決のためのオープンデータの利活用を目的として、自治体の継続的なデータ公開や企業の参画を促進するコンテスト「アーバンデータチャレンジ2019」への応募を目指したイベントが全国各地で行われています。

UDC京都府ブロックでは、国立国会図書館(NDL)との共催で、国立国会図書館関西館(京都府精華町)においてアイデアソン、ハッカソンを開催します。京都府や京都市など京都府内の自治体が公開するオープンデータに加え、NDLが提供する「レファレンス協同データベース」に登録された全国の図書館・公文書館等についてのデータ、「国立国会図書館デジタルコレクション」に登録された古書等の画像データ、さらには2019年2月に公開された国の分野横断統合ポータル「ジャパンサーチ(試験版)」(https://jpsearch.go.jp/ )が提供する日本国内の美術館・図書館・公文書館・博物館分野のデータを利用して、地域課題解決のためのサービスのアイデアを練り、実際にアプリケーションやツールを試作します。

様々な分野・立場の人によるオープンコラボレーションで、より面白くより楽しくGLAMデータやオープンデータ使い倒しましょう!

2 主催及び協力(予定)

主催:国立国会図書館、アーバンデータチャレンジ2019 京都府ブロック

後援:京都府、京都市、精華町

3 日時・場所

<アイデアソン>

11月9日(土)10時から17時まで

https://connpass.com/event/152526/

<ハッカソン>

12月7日(土)10時から17時まで

https://connpass.com/event/152528/

場所 両日とも、国立国会図書館関西館(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)

アクセス https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/route.html

イベント当日は、正面の「利用者入口」から入りください。

4 定員・対象

30名程度

※応募者多数の場合は調整させていただきます。

※特に、以下のような方の参加を歓迎します!

京都地域の課題解決のために、自治体や図書館・公文書館・博物館等のオープンデータを使った新しいウェブサービスやスマートフォン用アプリを開発したいエンジニアの方京都地域の課題解決のために、自治体や図書館・公文書館・博物館等のオープンデータを使ってデータの可視化やマッシュアップを試みたい方

オープンデータを使った作品で「アーバンデータチャレンジ2019」に応募したい方 (NDLはデータ提供・支援拠点として、参加しています。)

5 参加費

無料

ただし、旅費や昼食費など参加に伴う費用は、参加者の負担となります。

6.参加条件

下記に同意の上、本イベントにお申込みください。

・ 本イベントで出されたアイデアについては、参加者の誰でもが利用できる公共財として取り扱います(公共財として取り扱うことを希望しないアイデアは出さないでください)。

・ 作成されたアプリケーションやサービスの知的財産権は、作成された方に帰属します。ただし、作成されたアプリケーションの名称・概要・作成者名等を、国立国会図書館が後日、国立国会図書館ホームページや刊行物等で紹介する場合があります。

・ 作成されるアプリケーションやサービスが、公序良俗に反する、あるいは第三者の知的財産権その他の権利を侵害することのないようにします。

・ 作成されるアプリケーションやサービスの形式は問いません(スマートフォンアプリ、ウェブアプリ、Windowsアプリ等、得意なプラットフォームで開発してください)。

・自由にご利用いただけるサーバ等は用意しておりませんので、ウェブサービスの開発公開に当たっては各自でインフラを用意してください。

7. プログラム(予定)

<12月7日(土)10時から17時>

9:30 受付開始

10:00-10:10 ハッカソン開会、イントロダクション

10:10-15:30 試作品の開発

昼食

15:30-16:45 各チームのデモ成果発表、参加者からのコメント、総評

16:45-17:00 クロージング

17:00 ハッカソン閉会

※タイムスケジュールは、変更することがあります。

8. 持ち物・その他

パソコンは、原則として、各自でご用意いただいたものをご使用下さい。Wi-fiはゲスト用のものをお使いいただけます。作業用モニタ、電源、筆記用具はご用意いたします。

昼食は、カフェテリアをご利用いただくことができます。ご持参のお弁当等をカフェテリアでお召し上がりいただくこともできます。

当日は、閲覧スペースも利用する予定です。登録利用者カードをお持ちの方は、ご持参ください。当日ご登録いただくことも可能です。ご希望の方は、本人確認書類が必要となりますので、必ずご持参ください。利用者登録に関する詳細は以下のページをご確認ください。 https://www.ndl.go.jp/jp/registration/index.html

2019アーバンデータチャレンジ京都 in NDL関西館 アイディアソン

https://udc-kyoto.connpass.com/event/152526/

1 趣旨

地域課題解決のためのオープンデータの利活用を目的として、自治体の継続的なデータ公開や企業の参画を促進するコンテスト「アーバンデータチャレンジ2019」への応募を目指したイベントが全国各地で行われています。

UDC京都府ブロックでは、国立国会図書館(NDL)との共催で、国立国会図書館関西館(京都府精華町)においてアイデアソン、ハッカソンを開催します。京都府や京都市など京都府内の自治体が公開するオープンデータに加え、NDLが提供する「レファレンス協同データベース」に登録された全国の図書館・公文書館等についてのデータ、「国立国会図書館デジタルコレクション」に登録された古書等の画像データ、さらには2019年2月に公開された国の分野横断統合ポータル「ジャパンサーチ(試験版)」(https://jpsearch.go.jp/ )が提供する日本国内の美術館・図書館・公文書館・博物館分野のデータを利用して、地域課題解決のためのサービスのアイデアを練り、実際にアプリケーションやツールを試作します。

様々な分野・立場の人によるオープンコラボレーションで、より面白くより楽しくGLAMデータやオープンデータ使い倒しましょう!

2 主催及び協力(予定)

主催:国立国会図書館、アーバンデータチャレンジ2019 京都府ブロック

後援:京都府、京都市、精華町

3 日時・場所

<アイデアソン>

11月9日(土)10時から17時まで

https://connpass.com/event/152526/

<ハッカソン>

12月7日(土)10時から17時まで

https://connpass.com/event/152528/

場所 両日とも、国立国会図書館関西館(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)

アクセス https://www.ndl.go.jp/jp/kansai/route.html

イベント当日は、正面の「利用者入口」から入りください。

4 定員・対象

30名程度

※応募者多数の場合は調整させていただきます。

※特に、以下のような方の参加を歓迎します!

京都地域の課題解決のために、自治体や図書館・公文書館・博物館等のオープンデータを使った新しいウェブサービスやスマートフォン用アプリを開発したいエンジニアの方京都地域の課題解決のために、自治体や図書館・公文書館・博物館等のオープンデータを使ってデータの可視化やマッシュアップを試みたい方

オープンデータを使った作品で「アーバンデータチャレンジ2019」に応募したい方 (NDLはデータ提供・支援拠点として、参加しています。)

5 参加費

無料

ただし、旅費や昼食費など参加に伴う費用は、参加者の負担となります。

6.参加条件

下記に同意の上、本イベントにお申込みください。

・ 本イベントで出されたアイデアについては、参加者の誰でもが利用できる公共財として取り扱います(公共財として取り扱うことを希望しないアイデアは出さないでください)。

・ 作成されたアプリケーションやサービスの知的財産権は、作成された方に帰属します。ただし、作成されたアプリケーションの名称・概要・作成者名等を、国立国会図書館が後日、国立国会図書館ホームページや刊行物等で紹介する場合があります。

・ 作成されるアプリケーションやサービスが、公序良俗に反する、あるいは第三者の知的財産権その他の権利を侵害することのないようにします。

・ 作成されるアプリケーションやサービスの形式は問いません(スマートフォンアプリ、ウェブアプリ、Windowsアプリ等、得意なプラットフォームで開発してください)。

・自由にご利用いただけるサーバ等は用意しておりませんので、ウェブサービスの開発公開に当たっては各自でインフラを用意してください。

7. プログラム(予定)

○11月9日(土)アイデアソン

9:30 受付開始

10:00-10:10 アイデアソン開会、イントロダクション

10:10-11:30 データ、データ活用事例の紹介

NDLデータ、ジャパンサーチ

NDLデータ等を活用した作品

レファレンス協同データベース

国立国会図書館デジタルコレクション

京都府のデータ

京都市のデータ

精華町のデータ

11:30-12:00 チーム分け、自己紹介、アイデア共有

12:00-13:30 関西館活用案内、昼食

13:30-16:00 アイデアソン

16:00-16:30 各チームの成果発表

16:30-17:00 ハッカソンに向けたツール紹介、アーバンデータチャレンジ2019の紹介

17:00 アイデアソン閉会

※タイムスケジュールは、変更することがあります。

8. 持ち物・その他

パソコンは、原則として、各自でご用意いただいたものをご使用下さい。Wi-fiはゲスト用のものをお使いいただけます。作業用モニタ、電源、筆記用具はご用意いたします。

昼食は、カフェテリアをご利用いただくことができます。ご持参のお弁当等をカフェテリアでお召し上がりいただくこともできます。

当日は、閲覧スペースも利用する予定です。登録利用者カードをお持ちの方は、ご持参ください。当日ご登録いただくことも可能です。ご希望の方は、本人確認書類が必要となりますので、必ずご持参ください。利用者登録に関する詳細は以下のページをご確認ください。 https://www.ndl.go.jp/jp/registration/index.html

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR