FC2ブログ

考古学・文化財データサイエンス研究集会「考古学ビッグデータの可能性と世界的潮流」

https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/event/332


考古学・文化財データサイエンス研究集会「考古学ビッグデータの可能性と世界的潮流」

【開催趣旨】
現代は高度情報化社会と言われています。情報化社会では、日々大量の情報が生み出され、物財にかわって情報や知識が重要な価値を占めます。日本考古学は着実な調査研究の推進によって膨大な成果を蓄積しました。情報や知識が重要となる情報化社会にとって、大きな情報資産群であるといえます。今まではストックに重点が置かれてきましたが、今後はフロー(情報流通)に着目することで、情報の「価値」が増し、さらなる社会還元や学術発展を見込めるようになります。昨今、ITの技術環境が急速に大衆化し、簡単に処理・情報検索・分析できるようになってきました。しかしデータを管理していくうえで思想をしっかりと確立し、デジタルデータならではの注意点を考慮する必要があります。
本研究集会では、ワシントン大学のBen Marwick氏を迎えて、今後の可能性と世界的潮流を講演いただき、全員参加型で可能性と課題を議論し共有します。

【日 時】
2019年9月10日(火)・11日(水)

【プログラム】
9月10日(火)
10:00~ 開会の辞 渡辺晃宏(奈良文化財研究所)
10:05~ 「考古学デジタルデータの課題と可能性」 高田祐一(奈良文化財研究所)
10:40~ Modern tools and approaches to scientific data management, analysis, visualization,
collaborationin archaeology and cultural heritage   Ben Marwick(逐次通訳あり)
12:00~ 休憩
13:15~ 「考古学のためのデータビジュアライゼーション」石井淳平(厚沢部町)
14:00~ Open science, transparency, reproducibility in archaeology and cultural heritage  Ben Marwick(逐次通訳あり)
15:00~ 休憩
15:20~ Workshop: Introduction to Git for science  Ben Marwick(逐次通訳あり)
※Workshopに使うPCはご持参ください。必要ソフトは後日ご案内します。

9月11日(水)
10:00~ 「遺物台帳・可視化・出版-「発掘調査報告」をめぐる課題/ Database, visualization and publication: the issues on archaeological excavation reports」野口 淳(奈良文化財研究所)
10:20~ Workshop: Reproducibility and transparency in archaeological science using R and related tools Ben Marwick(逐次通訳あり)

※アシスタント:Wan Liying(University of Washington)
※発掘調査・整理作業を通じて取得された遺物データ(分類、素材、計測値、位置座標等)をもとに、Rを利用して、透明性・再現性の担保された表・グラフを作成し、Gitにより公開・共有する手順をハンズオン形式で学びます。
※途中休憩1時間含みます。

【講 師】
Ben Marwick(University of Washington)
現在ワシントン大学教授(考古学)、オーストラリア出身
2008年 オーストラリア国立大学 博士号 (考古学・自然史)
専門:東南アジア・中国の旧石器時代、ジオアーケオロジー、統計解析 

【主 催】
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

【共 催】
考古形態測定学研究会、国立大学法人島根大学附属図書館

【会 場】
奈良文化財研究所 本庁舎
<ご来場には、公共交通機関をご利用ください>

【情報交換会】
 9月10日(火)17:30~ 参加費4000円程度
*情報交換会への参加は任意です。

【定 員】
・考古学研究や埋蔵文化財調査に従事する研究者・学生向けの研究集会です。
・参加受付者数:各日30名程度(予定)
※定員オーバーの場合、両日参加者を優先する場合があります。

【参加費】
無料

【申込方法】
8月31日(土)までにE-MAILにて 下記事項をご連絡ください。
氏名・所属・E-MAIL・参加する日程・情報交換会の出欠

E-MAIL soran★nabunken.go.jp (★を@に変更してください)
※事前申し込みをされていない場合は、ご参加いただけません。

Banner
主催独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
連絡先
【お問い合わせ先】
国立文化財機構 奈良文化財研究所 企画調整部 文化財情報研究室
E-MAIL soran★nabunken.go.jp (★を@に変更してください)

内容が似ている報告書

スポンサーサイト

医療ビッグデータ勉強会 第3回

http://peatix.com/event/79943

医療ビッグデータ勉強会 第3回
「5人のフロントランナーに聞く、医療ビッグデータの最前線 どんな未来を描くのか?」
詳細
医療のあり方を大きく変えつつあるビッグデータ。
今回は初めてのライトニングトーク形式!

いま医療・ヘルスケア分野で
ビッグデータを活用したビジネスや研究で注目される
5人のフロントランナーに登壇いただき
いま何が進んでいるのか?どんな未来を思い描いているのか?
お話しいただきます。

終了後は軽食と飲み物をお出しし、懇親会を実施します。
登壇者への質問に、参加者同士の交流に、ぜひご参加ください。

ご登壇者(登壇順)

1)星野 栄輔さん(ウエルネスデータ株式会社 代表取締役)
「健康資産の見える化」
自分の健康資産を見える化して日々の健康行動につなげる取組みについてお話します。
http://wellnessdata.jp/

2)永安 悟史さん(株式会社ミナケア CTO)
「データベースエンジニアがデータヘルスの2年間で見たもの(仮)」
略歴:
2004年、NTTデータ入社。データベース関連の研究開発、技術支援に携わる。2009年、アップタイムテクノロジーズ創業。2013年、ミナケアCTO。
2004年、慶應義塾大学政策メディア研究科修了。2012年、グロービス経営大学院修了(MBA)。
http://www.minacare.co.jp/

3)岡本 暁彦さん(株式会社ジーンクエスト 研究開発部)
「ジーンクエストの遺伝子解析サービス」
ジーンクエストの遺伝子解析事業や今後目指すものについてお話いたします。
https://genequest.jp/

4)松井 信智さん(IMSジャパン コマーシャルエフェクティブネスサービス プリンシパル)
「製薬企業における医療ビッグデータの活用」
略歴:
2000年アステラス製薬のMRからキャリアを開始し、2007年プライスウォーターハウスクーパースに参画。事業戦略/業務改革のコンサルティング業務に従事。
2010年からIMSジャパンにて医療ビッグデータビジネスの立上げを担当。保有資格は薬剤師と中小企業診断士。
http://www.imshealth.com/japan/

5)矢作 尚久さん(小児科医・次世代医療ICT基盤協議会構成員)
「臨床の感覚を可視化する」
〜プラットフォームとしての診療データマネジメントシステムは医療を変える〜
http://coffeedoctors.jp/doctors/1715/


タイムテーブル

19:00-21:00 ライトニングトーク形式の勉強会
21:00-22:00 懇親会

そのほか

ハッシュタグ:#mbdata-3
Feature image made by Keiichiro Ono.
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR