ビッグデータやデータサイエンスに関わる学生/研究者、企業の異分野異業種交流会

www.chitekirenkei.org/event/#


ビッグデータやデータサイエンスに関わる学生/研究者、企業の異分野異業種交流会

bigdata_ipac_20160131flyer

ビッグデータやデータサイエンスに関わる学生/研究者、企業の異分野異業種交流会 〜知と知の触発とデータ活用能力を活かしたキャリア発見〜

開催概要

主催一般社団法人 知的人材連携センター
共同主催統計数理研究所
(文部科学省委託 データサイエンティスト育成ネットワークの形成事業)
共催日本物理学会、日本天文学会、日本地球惑星科学連合(50学協会)、日本統計学会、生化学若い研究者の会
協賛電子情報通信学会、人工知能学会、日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本バイオインフォマティクス学会、応用物理学会、統計関連学会連合(6学会)
参加企業日本アイ・ビー・エム、デンソー、ソフトバンク、NTTコミュニケーションズ、リクルートコミュニケーションズ、日本電気(中央研究所)、構造計画研究所、みずほ情報総研、イオンマーケティング株式会社、株式会社ブレインパッド、国立天文台、他(決定次第更新します)
運営協力株式会社アカリク
開催日時2016年1月31日(日)13:00-(受付開始12:30)
会場東京大学 本郷キャンパス 山上会館
参加費学生・教職員は無料(情報交換会のみ有料)※ 企業参加はお問い合わせください。
参加対象ビッグデータやデータサイエンスに関わる学生、研究者

【こんな方は、ぜひご参加下さい!】

  • 研究で多量のデータを扱っている。統計解析を行っている。
  • データ解析能力を活かせる仕事に興味がある。ビッグデータや解析に関わる産業界の話を聞きたい。
  • データサイエンティストという仕事に興味がある。データ処理手法に関して異分野・異業種と交流し知見を広めたい。

【多種多様な分野からのご参加、大歓迎です!】

物理学、天文学、地震学、電気電子工学、脳科学、分子生物学、統計学、数学、情報工学(機械学習、人工知能、自然言語処理、データマイニング、ディープラーニングなど)など

趣旨

本イベントはビッグデータやデータサイエンスに関わる学生と研究者に対して、企業の皆様にご協力いただき、能力活用の具体的な事例や求められるスキル等、学生時代の専門と今の仕事をご紹介いただくことで参加者が自身の能力の活かし方を考えるキャリア教育の機会として開催をいたします。また、異分野異業種交流会ということで、データサイエンスの観点から学学間、産学間で情報交換と懇談を行います。

プログラム

12:30-受付開始
13:00-13:05開会挨拶
13:05-13:15基調挨拶
13:15-13:45基調講演1:情報通信研究機構 統合データシステム研究開発室 村山泰啓 室長
13:45-14:15基調講演2:ドワンゴ人工知能研究所 山川 宏 所長
14:25-14:50参加企業 ショートプレゼンテーション
14:50-15:40パネルディスカッション
「大学でのデータ取り扱いの経験や知見は活かせるか?研究とデータサイエンス関連の仕事の関係性」
モデレーター:日本統計学会 岩崎 学 会長
15:45-17:45企業と学生/研究者の座談会
18:00-20:00情報交換会(懇談会)(任意参加・会費制 社会人5000円 学生1500円)

参加申し込みについて

学生の方

申込フォーム(株式会社アカリク 提供)にてお申し込みください。

教職員の方

ビッグデータ交流会 教職員専用申込フォームよりお申込みください。

企業の方

企業様のご参加につきましては、一般社団法人 知的人材連携センター 事務局までお問い合わせください。
E-mail: ipac@chitekirenkei.org
Tel/Fax: 03-6383-0213

スポンサーサイト

ビッグデータへの知的財産アプローチ

http://www.jipdec.or.jp/topics/event/20150929.html#





今回は、「ビッグデータへの知的財産アプローチ」と題し、ビッグデータで取り扱う様々なデータについて、知的財産的アプローチのワークショップを行います。これまで、ビッグデータにおけるパーソナルデータの取扱いなどの議論は数多くありましたが、データに対し、その価値や知的財産の視点からの考察は事例がなく、今後のビッグデータビジネスを考える上でパーソナルデータと同様に重要なテーマであると考えられます。ワークショップ形式で直接意見交換ができるチャンスですので、是非、ご参加ください。

 なお、今回の内容は、WirelessWire News「特集:プライバシーとパーソナルデータ」で講演およびディスカッション内容を紹介するため、会場からのご質問についても、発言した方は特定できない形で掲載する可能性があることをご了承ください。

開催概要

主催一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
日時2015年9月29日(火)14:00-17:00(受付開始13:30)
場所六本木ファーストビル 1F JIPDEC会議室(東京都港区六本木1-9-9)
定員20名
(定員になり次第受付は締め切らせていただきます。)
参加費次世代フォーラム会員企業の方: 無料
一般: 5,400円(消費税400円込)
(当日会場にて現金でのお支払いをお願いいたします。
 領収書、受講証が必要な場合は、お申し込み時に備考欄にその旨お書き添え下さい。)
 会員企業の方はどなたでも無料でご参加いただけます。
 ・次世代電子情報利活用推進フォーラム参加組織一覧
お申し込みお申し込みはこちらから

プログラム

13:30受付開始
14:00-14:10開催挨拶
14:10-14:40

知的財産法の射程からみる問題点

 

 青山学院大学大学院法学研究科
 客員教授 川上 正隆 氏

 事業者がリソースを投じたビッグデータはどのような保護が可能なのか、従来のプライバシー論とは異なり、知的財産としての保護論とその問題点の提起を行います。

14:40-15:10

インテックが推進するIoTソリューションと課題について

 

 株式会社インテック
 社会システム戦略事業部プラットフォーム事業開発部 部長 堀 雅和 氏

 インテックがIoT向けに提供する「統合位置情報プラットフォーム i-LOP」と「IoT共通プラットフォーム」の紹介及び、これらのプラットフォームが扱う位置情報・ビッグデータを活用する際の課題について説明します。

15:10-15:20休憩
15:20-16:50参加者全員でのディスカッション

パネリスト:
 青山学院大学大学院法学研究科 客員教授 川上 正隆 氏
 株式会社インテック 部長 堀 雅和 氏
 特許業務法人信友国際特許事務所 所長 角田 芳末 氏
 株式会社オプテック 代表取締役会長 大原 茂之 氏
 株式会社企 代表取締役 クロサカタツヤ 氏
モデレータ:
 JIPDEC 常務理事 坂下哲也

16:50-17:00総括 まとめ

お問い合わせ

本イベントに関するお問い合わせは下記事務局宛てお願いいたします。
 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 電子情報利活用研究部

IoT時代のパーソナルデータの利用と保護 - セミナー/イベント - 日経テクノロジーオンライン

http://techon.nikkeibp.co.jp/article//SEMINAR/20150105/397128/?rt=nocnt#





健康志向の高まりで「ヘルスケア端末」として、スマートバンドのビジネスが拡大しているように、ウエアラブル端末の市場が活況です。世界市場規模が2015年にメーカー出荷台数ベースで1億台になる予測も出ているように、今後ますます多くのサービスが創出されることが期待されます。

一方で、センシングデータやパーソナルデータの活用によるプライバシーに関する懸念も顕在化しており、国内外でルール作りの動きが活発化しています。我が国においても、2012年6月に発表された「パーソナルデータの利活用に関する制度改正大綱」をベースに、通常国会に個人情報保護法の改正案が提出されました。2014年はIoTが大きく盛り上がり、産業界ではオンライン完結できる仕組みや、2016年1月から発行されるマイナンバー(社会保障と税番号)の取り扱いに対する対策、さらには2020年東京オリンピック・パラリンピックを視野に入れたパーソナライズ化したサービスの提供など、パーソナルデータの保護と利用に関する課題が山積しています。

本講義では、パーソナルデータに関する国内外の動向と今後の法改正を俯瞰的に説明すると共に、国内外の実例を踏まえ、消費者に信頼を与えるサービス提供の枠組みについて解説します。

【受講効果】
  • パーソナルデータにかかわる国内外の動向
  • 今後の法改正の予測
  • 求められる個人情報保護の方向性

概要

日時:2015年04月22日(水)13:00~17:00(開場12:30)予定
会場:化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格: 54,000円
  • 読者価格: 43,200円
  • 一般価格
    一般価格には「日経エレクトロニクス購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。ご送本開始は開催後になります。
  • 読者価格
    「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」「日経Automotive」定期購読者(いずれも「日経テクノロジーオンライン有料会員セット」での購読を含む)および「日経テクノロジーオンライン有料年間購読」の方は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • 日経エレクトロニクスPremium定期購読者は、Premium読者価格(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※ 一般価格に含む「日経エレクトロニクス購読」を登録させていただく方には、無料メルマガ「NEニュース」を配信設定いたします。
  • ※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

講師紹介

坂下 哲也 氏 (さかした てつや)

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 電子情報利活用研究部 部長

データベースエンジンやOSに係るシステム化計画の立案、要求定義の作成、基本設計など、上流工程の業務に従事後、2002年よりデータベース振興センターにて「gコンテンツ流通基盤整備」などの実施責任者を務める。2008年、日本情報処理開発協会(現JIPDEC) 電子情報利活用推進センター 副センター長就任。2013年4月より現職。
IT戦略本部 電子行政オープンデータ実務者会議データワーキンググループ構成員、ISO IEC JTC1 SC27/WG5エキスパートなど。

プログラム詳細

13:00 - 17:00

1. データ利用に関する国内外の動向

パーソナルデータ、オープンデータ、ビッグデータに関する国内外の利活用事例を通じて、制度面等で起きた課題を明示し、どのように対処したかを解説する。

2. 国内の制度等の動向

(1) 個人情報保護法改正案について

平成27年度通常国会で審議される予定の個人情報保護法改正案について解説し、事業者が気を付けるべき点などを提示する。

(2) 事業者における社会保障と税番号の管理について

平成28年1月より発行される社会保障と税番号の取り扱いについて解説する。

3. データ利用に向けた環境整備の推進状況

オンライン完結(オンラインで公的身分証明書を照会する仕組み、マイポータルとの連携)に向けて推進されている取り組みを解説する。

(1) ID(アイデンティティ)連携トラストフレームワーク
(2) マイガバメント・トラストフレームワーク
(3) 分散型個人記録利用
(4) 情報銀行

4. まとめ(課題と展望)

  • ※途中、午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

第2回情報銀行コンソーシアムシンポジウム

http://www.information-bank.net/symposium2015.html

2015年1月20日(火)

プログラム
12:30 受付開始
13:00 挨拶
インフォメーションバンクコンソーシアム代表 柴崎亮介

13:05-14:05 基調講演

「集めないビッグデータ: 分散PDSと情報銀行との連携に向けて」
東京大学大学院情報理工学系研究科ソーシャルICT研究センター
橋田浩一教授

概要
個人が特定の事業者に依存せずに本人のデータを管理する仕組みである
分散PDSおよびその一種としてのPLRについて紹介し、個人データを集めて流通
させる仕組みである情報銀行とPLRとの関係を論ずる。

14:05-15:05 インフォメーションバンクコンソーシアム活動報告
技術WG
山内正人 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)

利活用WG
金杉洋 (東京大学地球観測データ統融合連携研究機構)

社会受容性WG
柴崎亮介 (東京大学空間情報科学研究センター)

15:05-15:20 休憩

15:20-17:00
パネルディスカッション
「安心安全なパーソナル情報利活用へ向けて」
コーディネーター: 柴崎亮介 (東京大学)

17:30 情報交換会
会費5,000円予定
会場
慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
北館ホールの場所はこちらを参照願います。地図の1番が北館です。この1Fにホールがあります。
参加申し込み
シンポジウムに参加される方は、できるだけこちらからお申し込み願います。
登録頂いた情報は、本コンソーシアムへの参加案内、次回のシンポジウム案内等、本コンソーシアムからの連絡のために使わせて頂き、他の用途への利用は致しません。
登録をご希望されない場合は、直接会場へお越し下さい。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

opendata

Author:opendata
オープンデータ、オープンガバメント関連eventを紹介するブログなのだ。
右下カレンダーの日付がイベント予定日です。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR